ウンベルト・スアソ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
この名前は、スペイン語圏の人名慣習に従っています。第一姓(父方の)はスアソ第二姓(母方の)はポンティボです。
ウンベルト・スアソ Football pictogram.svg
Humberto Suazo headshot.jpg
名前
本名 ウンベルト・アンドレス・スアソ・ポンティボ
Humberto Andrés Suazo Pontivo
愛称 El Chupete (おしゃぶり)
ラテン文字 Humberto SUAZO
基本情報
国籍  チリ
生年月日 (1981-05-10) 1981年5月10日(36歳)
出身地 サン・アントニオスペイン語版
身長 173cm
体重 62kg
選手情報
ポジション FW (CF)
利き足 両足
ユース
1987-1996 チリの旗 クルブ・トリノ
1996-2000 チリの旗 ウニベルシダ・カトリカ
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2000 チリの旗 ニュブレンセ (loan)  ? (?)
2001 チリの旗 マガジャーネス  ? (?)
2002 チリの旗 サン・アントニオ・ウニド  ? (?)
2003 チリの旗 サン・ルイス・デ・キジョータ 32 (40)
2004-2005 チリの旗 アウダックス・イタリアーノ 62 (40)
2006-2007 チリの旗 コロコロ 54 (52)
2007-2014 メキシコの旗 モンテレイ 219 (102)
2010 スペインの旗 サラゴサ (loan) 17 (6)
2015 チリの旗 コロコロ 17 (3)
通算 401 (243)
代表歴2
2006-2013 チリの旗 チリ 60 (21)
1. 国内リーグ戦に限る。2016年7月16日現在。
2. 2013年3月13日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

ウンベルト・アンドレス・スアソ・ポンティボHumberto Andrés Suazo Pontivo, 1981年5月10日 - )は、チリバルパライソ州出身の元サッカー選手チリ代表であった。現役時代のポジションはフォワード

経歴[編集]

6歳のときサンティアゴクルブ・トリノでサッカーを始めた。1995年12月、ウニベルシダ・カトリカのユースチームに移籍した。2000年、CDニュブレンセスペイン語版に移籍しプロ契約を結んだ。デビュー戦となったCDマガジャーネス戦でプロ初ゴールを決めている。シーズンの終わりに腓骨を負傷し7カ月間戦列を離れ、2001 FIFAワールドユース選手権を欠場した。2001年の終わりにCDマガジャーネスに移籍し6試合に出場し、2002年はCSDサン・アントニオ・ウニドスペイン語版に移籍したが出場機会はなかった。2003年に3部リーグのサン・ルイス・デ・キジョータスペイン語版に移籍し、32試合で40ゴールを決める活躍をした。

活躍が認められアウダックス・イタリアーノに移籍し、2シーズンで62試合に出場し40ゴールを決め、チリ屈指の強豪チームであるCSDコロコロへと移籍した。

コロコロ時代のスアソ

2006年、コパ・リベルタドーレスに出場したが、チームは早々と敗退してしまった。しかしスアソはCDグアダラハラ戦ではハットトリックを達成しその能力の高さを示した。プリメーラ・ディビシオンでは37試合で34得点を挙げる活躍をし、国内リーグ前後期完全優勝を果たした。コパ・スダメリカーナでは12試合で10ゴールを挙げた。準々決勝のクラブ・デ・ヒムナシア・イ・エスグリマ・ラ・プラタ戦ではハットトリックをした。チームは決勝でCFパチューカに敗れ準優勝に終わった。2007年のプリメーラ・ディビシオン前期リーグでは17試合で18得点し前期リーグ得点王になった。

2007年6月、メキシコのCFモンテレイに800万ドルで移籍した。プリメーラ・ディビシオン前半戦では12試合で3ゴールしか決められず移籍の話がでたがチームに残留した。2008年4月6日、CDティブローネス・ロホス・デ・ベラクルススペイン語版戦で4ゴールを挙げチームはが7-2で勝利した。後半戦では調子を上げ最終的にこのシーズン31試合で19ゴールを決めた。2008シーズン前半戦で13ゴールを決め前半戦得点王となった。最終的にこのシーズン32試合で14ゴールを決めた。

2009年12月13日、前半戦21試合で11ゴールを決め、さらに前半戦の優勝決定戦で活躍し優勝を飾った。同年にはウルグアイのエル・パイス紙による南米ベストイレブンに選ばれた[1]

2010年1月8日、レアル・サラゴサにシーズン終了までの期限付き移籍することが決まった[2]。この期限付き移籍には買い取りオプションが付加されている。2010年1月24日、ビジャレアルCF戦でデビューを果たし、1週間後のCDテネリフェ戦で初ゴールを決めた。2010年2月27日に行われたヘタフェCF戦で2得点した際は、アンダーシャツに書かれた「Fuerza Chile(チリよ、強くあれ)」という文字を見せて、チリ地震に遭った母国を励ました[3]。移籍後の半年で6得点を決めてプリメーラ・ディビシオン(1部)残留に貢献したが、財政難のサラゴサは買い取りオプションを行使せず、再びモンテレイに戻った[4]

2015年10月にCSDコロコロを退団し無所属となっていたが、2016年1月15日に代理人を通じて現役引退を表明した[5]CFモンテレイは、スアソが同クラブ所属時に背負っていた26番を永久欠番にすることを発表した[6]

代表歴[編集]

チリ代表では2005年にデビューした。2006年に代表とクラブの国際試合でピーター・クラウチより1ゴール多い17ゴールを挙げ国際サッカー歴史統計連盟から“年間最多得点選手”に認定された。このとき代表では4ゴールを挙げこれはすべて親善試合での得点であった。

コパ・アメリカ2007に出場し3ゴールを挙げた。2010 FIFAワールドカップ・南米予選では、ブラジル代表ルイス・ファビアーノの9ゴールを上回る10ゴールをマークし、チリの2010 FIFAワールドカップ出場に貢献している。パラグアイ戦では本来のポジションではなく右サイドバックで起用された[7]。本大会に出場するメンバーにも順当に選ばれたが[8]、5月30日のイスラエル戦で左足太股を負傷した[9]

タイトル[編集]

クラブ[編集]

コロコロ
モンテレイ

個人[編集]

個人成績[編集]

クラブ シーズン リーグ コパ・
リベルタドーレス
コパ・
スダメリカーナ
インテルリーガ 通算
出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点
CSDコロコロ 2006A 21 19 2 3 - - - - 23 22
2006C 16 15 - - 12 10 - - 28 25
2007A 17 18 7 5 - - - - 24 23
CFモンテレイ 2007-08 31 19 - - - - 2 1 33 20
2008-09 32 14 - - - - - - 32 14
2009-10 22 11 - - - - - - 22 11

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ ワールドサッカーダイジェスト、日本スポーツ企画出版社、2010年2月4日号、80頁
  2. ^ H・スアソがサラゴサに加入Goal.com、2010年1月12日
  3. ^ H・スアソ、母国チリを心配Goal.com、2010年3月1日
  4. ^ モンテレー会長、H・スアソ売却の意思なしlivedoorスポーツ、2010年6月3日
  5. ^ Humberto Suazo anunció su retiro del fútbol”. Goal.com (2016年1月15日). 2016年7月15日閲覧。
  6. ^ Rayados de Monterrey retira el dorsal 26 de Humberto Suazo”. Goal.com (2016年1月15日). 2016年7月16日閲覧。
  7. ^ W杯選手名鑑:ウンベルト・スアソGoal.com
  8. ^ FWスアソら選出 MFバルデスは外れるmsn産経ニュース、2010年6月2日
  9. ^ M・ゴンサレス、負傷中のH・スアソについてコメントGoal.com、2010年6月9日

外部リンク[編集]