ロドリゴ・テージョ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
この名前は、スペイン語圏の人名慣習に従っています。第一姓(父方の)はテージョ第二姓(母方の)はバレンスエラです。
ロドリゴ・テージョ Football pictogram.svg
Rodrigo Tello.JPG
名前
本名 ロドリゴ・アルバロ・テージョ・バレンスエラ
Rodrigo Álvaro Tello Valenzuela
ラテン文字 Rodrigo Tello
基本情報
国籍  チリ
生年月日 (1979-10-14) 1979年10月14日(40歳)
出身地 サンティアゴ
身長 170cm
選手情報
ポジション MF
ユース
チリの旗 ウニベルシダ・デ・チレ
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1999-2000 チリの旗 ウニベルシダ・デ・チレ 53 (7)
2001-2007 ポルトガルの旗 スポルティングCP 113 (8)
2007-2010 トルコの旗 ベシクタシュ 119 (19)
2010-2014 トルコの旗 エスキシェヒルスポル 94 (5)
2014 トルコの旗 エラズースポル 15 (2)
2014-2015 トルコの旗 シャンルウルファスポル 29 (2)
2015-2016 チリの旗 アウダックス・イタリアーノ 10 (0)
代表歴
2000-2010 チリの旗 チリ 36 (3)
1. 国内リーグ戦に限る。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

ロドリゴ・テージョRodrigo Álvaro Tello Valenzuela1979年10月14日 - )は、チリサンティアゴ出身の元サッカー選手。元チリ代表。ポジションはMF(左サイドハーフ)。

本来のポジションは左サイドハーフであるが、左サイドならウイングでもサイドバックでもプレー可能である。ミドルシュートが得意である。

経歴[編集]

1999年にウニベルシダ・チリからデビューすると、2000年には母国の最優秀ミッドフィールダーに選ばれた。2001年1月、同郷のマリオ・カセレスと一緒にポルトガルスポルティングCPに移籍金700万ユーロで移籍した。この移籍金はスポルティングのクラブレコードとなった。クラブの重要な選手の一人となったが、途中出場がメインであり、本職の左サイドハーフではなく左サイドバックとして起用されることもあった。2007年5月、トルコベシクタシュJKに移籍した。2008-09シーズンはリーグとカップの2冠に輝き、自身はリーグベストイレブンに選ばれた。

20代前半からチリ代表に選出された。2000年に出場したシドニーオリンピックでは銅メダルに輝いた。

トルコを渡り歩いた後は母国のアウダックス・イタリアーノでプレーし、2016年4月28日に現役引退を表明した。

タイトル[編集]

ウニベルシダ・チリ
スポルティングCP
ベシクタシュJK