スポルティング・クルーベ・デ・ポルトゥガル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
スポルティングCP
原語表記 Sporting Clube de Portugal
愛称 Leões (ライオンたち),
Verde-e-Brancos (緑と白たち)
クラブカラー 緑と白
創設年 1906年
所属リーグ プリメイラ・リーガ
所属ディビジョン 1部
ホームタウン リスボン
ホームスタジアム エスタディオ・ジョゼ・アルヴァラーデ
収容人数 50,095
代表者 ポルトガルの旗 フレデリコ・ヴァランダス
監督 オランダの旗 マルセル・カイザー
公式サイト 公式サイト
ホームカラー
アウェイカラー
サードカラー
テンプレート(ノート)サッカークラブPJ

スポルティング・クルーベ・デ・ポルトゥガルポルトガル語: Sporting Clube de Portugal)は、ポルトガルの首都リスボンに本拠地を置きプロサッカークラブを保有、陸上競技選手を育成する総合スポーツクラブである。略称はスポルティングCP、あるいは単にスポルティング。ポルトガル国外ではスポルティング・リスボンの名で広く知られているが、クラブ自身はこの名称を「単なる誤解」であり「正したい」と述べている[1]。この項では主にフットボールクラブについて記述。

Estádio Sporting interior.jpg

ポルトガルサッカー界においてFCポルトベンフィカとともに3強の一角を占める。1940年代から1950年代にかけて国内タイトルを数多く獲得した。

ユースアカデミーからはパウロ・フットレルイス・フィーゴシモン・サブローザリカルド・クアレスマクリスティアーノ・ロナウドナニらを輩出してきた。

スポルティング・クルーベ・デ・ポルトゥガルの最大のライバルは同じリスボンを本拠地とするSLベンフィカである。この2チームの対戦はオ・デルビー・デ・リスボア(リスボン・ダービー)と言われている。このベンフィカ、スポルティング・クルーベ・デ・ポルトゥガルとの対戦はクラシコと見なされている。またポルトガルのビッグ3の1つ、FCポルトともライバル関係にある。ポルトガルで3番目に人気のあるクラブである。

歴史[編集]

スポルティングの創設者達
エスタディオ・ジョゼ・アルバラーデ

スポルティング・クルーベ・デ・ポルトゥガルの正式な創設年月日は1906年7月1日だが、前身とも言うべき2つのクラブの存在があった。

1902年シントラの避暑地ベーラスで休暇中だった上流階級の人々によってスポート・クラブ・デ・ベーラス (Sport Club de Belas) が創設された。同クラブはわずか1試合を行ったのみで休暇状態に入ったが、リスボンに帰ったメンバー達は1904年にカンポ・グランデ地区でカンポ・グランデ・フットボール・クラブ (Campo Grande Football Club) を改めて創設した。しかし1906年にクラブで内部分裂が起き、その際の脱退者らが創設したクラブがスポルティングである。

ジョゼ・オルトレマン・ロケッテ(ジョゼ・アルバラーデ)は、祖父から資金と土地の援助を受けてスポルティングの創設を助け、初代会長を務めた。スポルティングの本拠地エスタディオ・ジョゼ・アルバラーデの名は彼に因む。

1938年にはポルトガルでも全国規模のリーグ戦が開始された。スポルティングは1940年代から1950年代にかけて最初の黄金期を迎え、この20年で10回の優勝を果たした。1940年代後半のフェルナンド・ペイロテオら5人によって構成された攻撃陣は「5人のヴァイオリン弾き (Cinco Violinos)」と譬えられた。

1963-64シーズンにはクラブにとって唯一のヨーロッパタイトルであるUEFAカップウィナーズカップを獲得した。決勝のMTKブダペストとの試合は延長戦でも勝負がつかず、翌々日の再試合に勝った末の優勝だった。2004-05シーズンのUEFAカップでは決勝に進出したがロシアのCSKAモスクワに敗れた。

2018年4月にはヨーロッパリーグ準々決勝・アトレティコ・マドリード戦での敗戦によりブルーノ・デ・カルバリョ会長がFacebook上で個々の選手を批判する内容の投稿をした。翌日、キャプテンのルイ・パトリシオやウィリアム・カルバリョなど19人の選手がインスタグラムに共同声明を投稿。「我々は、チームのために必死にプレーしているが、リーダーからの支援が欠けている」と、会長に対して反論する事態になり、これに激怒したデ・カルバリョ会長は、フェイスブック上で「我慢の限界だ。このメッセージに署名した選手は、即刻出場停止にする」と、主力選手への処分を発表。結局ジョルジュ・ジェズス監督が会長と話し合った結果、選手の出場停止処分は取り下げられた [2]

2018年5月、フーリガン約50人が練習場を襲撃し、選手やスタッフを襲撃する事件が発生した[3]。これによりバス・ドストらが負傷した。また、この事件の影響により、主力選手やユースから所属していた ルイ・パトリシオウィリアム・カルヴァーリョジェルソン・マルティンスら主力選手やユースから所属していた選手が退団した。

タイトル[編集]

国内タイトル[編集]

  • リーグ:18回
    • 1940-41, 1943-42, 1946-47, 1947-48, 1948-49, 1950-51, 1951-52, 1952-53, 1953-54, 1957-58,
      1961-62, 1965-66, 1969-70, 1973-74, 1979-80, 1981-82, 1999-00, 2001-02
  • カップ:20回
    • 1922-23, 1933-34, 1935-36, 1937-38, 1940-41, 1944-45, 1945-46, 1947-48, 1953-54, 1962-63,
      1970-71, 1972-73, 1973-74, 1977-78, 1981-82, 1994-95, 2001-02, 2006-07, 2007-08, 2014-15
  • リーグカップ:2回
    • 2017-18, 2018-19
  • スーパーカップ:8回
    • 1982, 1987, 1995, 2000, 2002, 2007, 2008, 2015

国際タイトル[編集]


過去の成績[編集]

シーズン ディビジョン タッサ・デ・ポルトガル タッサ・ダ・リーガ 欧州カップ
リーグ 順位
2000-01 プリメイラ・リーガ 3位 34 19 5 10 56 37 +19 62 準決勝敗退 - UCL 2000-01 GS敗退
2001-02 プリメイラ・リーガ 1位 34 22 9 3 74 25 +49 75 優勝 - UC 2001 3回戦敗退
2002-03 プリメイラ・リーガ 3位 34 17 8 9 52 38 +14 59 準々決勝敗退 - UCL 2002-03 予選3回戦敗退
UC 2002-03 1回戦敗退
2003-04 プリメイラ・リーガ 3位 34 23 4 7 60 33 +27 73 ベスト32 - UC 2003-04 2回戦敗退
2004-05 プリメイラ・リーガ 3位 34 18 7 9 66 36 +30 61 ベスト16 - UC 2004-05 準優勝
2005-06 プリメイラ・リーガ 2位 34 22 6 6 50 24 +26 72 準決勝敗退 - UCL 2005-06 予選3回戦敗退
UC 2005-06 1回戦敗退
2006-07 プリメイラ・リーガ 2位 30 20 8 2 54 15 +39 68 優勝 - UCL 2006-07 GS敗退
2007-08 プリメイラ・リーガ 2位 30 16 7 7 46 28 +18 55 優勝 準優勝 UCL 2007-08 GS敗退
UC 2007-08 準々決勝敗退
2008-09 プリメイラ・リーガ 2位 30 20 6 4 45 20 +25 66 ベスト32 準優勝 UCL 2008-09 ベスト16
2009-10 プリメイラ・リーガ 4位 30 13 9 8 42 26 +16 48 準々決勝敗退 準決勝敗退 UCL 2009-10 プレーオフ敗退
UEL 2009-10 ベスト16
2010-11 プリメイラ・リーガ 3位 30 13 9 8 41 31 +10 48 ベスト16 準決勝敗退 UEL 2010-11 ベスト32
2011-12 プリメイラ・リーガ 4位 30 18 5 7 47 26 +21 59 準優勝 3回戦敗退 UEL 2011-12 準決勝敗退
2012-13 プリメイラ・リーガ 7位 30 11 9 10 36 36 0 42 ベスト64 3回戦敗退 UEL 2012-13 GS敗退
2013-14 プリメイラ・リーガ 2位 30 20 7 3 54 20 +34 67 ベスト32 3回戦敗退 - -
2014-15 プリメイラ・リーガ 3位 34 22 10 2 67 29 +38 76 優勝 回戦敗退 UCL 2014-15 GS敗退
UEL 2014-15 ベスト32
2015-16 プリメイラ・リーガ 2位 34 27 5 2 79 21 +58 86 ベスト16 3回戦敗退 UCL 2015-16 プレーオフ敗退
UEL 2015-16 ベスト32
2016-17 プリメイラ・リーガ 3位 34 21 7 6 68 36 +32 70 準々決勝敗退 3回戦敗退 UCL 2016-17 GS敗退
2017-18 プリメイラ・リーガ 3位 34 24 6 4 63 24 +39 78 準決勝敗退 優勝 UCL 2017-18 GS敗退
UEL 2017-18 準々決勝敗退
2018-19 プリメイラ・リーガ 34 優勝 UEL 2018-19 ベスト32

現所属メンバー[編集]

2018-19シーズン 基本フォーメーション

Soccer Field Transparant.svg

2019年2月19日現在[4]
No. Pos. 選手名
3 ポルトガルの旗 DF チアゴ・イロリ (Flag of England.svg)
4 ウルグアイの旗 DF セバスティアン・コアテス (Flag of Uruguay.svg)
5 ブラジルの旗 DF ジェフェルソン・ナシメント
6 ポルトガルの旗 DF アンドレ・ピント
8 ポルトガルの旗 MF ブルーノ・フェルナンデス
9 アルゼンチンの旗 FW マルコス・アクーニャ
13 北マケドニア共和国の旗 DF ステファン・リストフスキ
16 アルゼンチンの旗 MF ロドリゴ・バタグリア
19 フランスの旗 GK ロマン・サラン
21 ブラジルの旗 FW ラフィーニャ (Flag of Italy.svg)
22 フランスの旗 DF ジェレミー・マテュー
23 マリ共和国の旗 FW アブドゥライ・ディアビ
24 ポルトガルの旗 MF フランシスコ・ジェラウデス
No. Pos. 選手名
25 セルビアの旗 MF ラドサヴ・ペトロヴィッチ
26 コロンビアの旗 DF クリスティアン・ボルハ
28 オランダの旗 FW バス・ドスト
29 ブラジルの旗 FW ルイス・フェリピ
37 ブラジルの旗 MF ヴェンデウ
40 ブラジルの旗 GK ヘナン・ヒベイロ
76 ポルトガルの旗 DF ブルーノ・ガスパール
77 カーボベルデの旗 FW ジョヴァネ・カブラル
81 ポルトガルの旗 GK ルイス・マキシミアーノ
86 セルビアの旗 MF ネマニャ・グデリ (Flag of the Netherlands.svg)
90 ポルトガルの旗 MF ミゲル・ルイス
98 コートジボワールの旗 MF イドリッサ・ドゥンビア

括弧内の国旗はその他の保有国籍を、星印はEU圏外選手を示す。

監督

ローン移籍[編集]

in
No. Pos. 選手名
40 ブラジルの旗 GK ヘナン・ヒベイロ (GDエストリル・プライア)
No. Pos. 選手名
86 セルビアの旗 MF ネマニャ・グデリ (広州恒大淘宝足球倶楽部)
out
No. Pos. 選手名
-- イタリアの旗 GK エミリアーノ・ヴィヴィアーノ (SPAL)
-- ポルトガルの旗 DF アンドレ・ジェラウデス (スポルティング・デ・ヒホン)
-- アルゼンチンの旗 DF ホナタン・シルバ (CDレガネス)
-- ポルトガルの旗 DF ドミンゴス・ドゥアルテ (デポルティーボ・ラ・コルーニャ)
-- ガーナの旗 DF ルモル・アグベニェウ (ギョズテペSK)
No. Pos. 選手名
-- クロアチアの旗 MF ヨシプ・ミシッチ (PAOKテッサロニキ)
-- ポルトガルの旗 MF ジョアン・パリーニャ (SCブラガ)
-- アルゼンチンの旗 FW アラン・ルイス (CAアルドシビ)
-- ポルトガルの旗 FW カルロス・マネ (1.FCウニオン・ベルリン)
-- ポルトガルの旗 FW マテウス・ペレイラ (1.FCニュルンベルク)

歴代監督[編集]

歴代所属選手[編集]

GK[編集]

DF[編集]


MF[編集]


FW[編集]


その他のスポーツ部門[編集]

上流階級によって作られたクラブだけあって、創設初期にはテニス乗馬の他に、社交パーティやピクニックなども行われていた。

現在はハンドボール陸上競技フットサル体操競技水泳卓球ビリヤードフルコンタクト空手重量挙げローラーホッケー柔術空手アマチュアレスリングスポーツフィッシング水球ボクシングテコンドー柔道クラヴ・マガカポエイラ射撃アーチェリーチェスの部門を持つ。

著名な選手に、陸上では1984年ロサンゼルス五輪男子マラソンで金メダルを獲得したカルロス・ロペスを筆頭にフェルナンド・マメーデフランシス・オビクウェルルイ・シルバナイデ・ゴメス、自転車ではジョアキン・アゴスティーニョがいる。

脚注[編集]

参考文献[編集]

外部リンク[編集]