カルロス・カルヴァリャル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
この名前は、ポルトガル語圏の人名慣習に従っています。第一姓(母方の)はソアレス・ダ・コスタ第二姓(父方の)はファリア・カルヴァリャルです。
カルロス・カルヴァリャル Football pictogram.svg
Carvalhal.JPG
ベシクタシュJK監督時のカルヴァリャル (2012年)
名前
本名 カルロス・アウグスト・ソアレス・ダ・コスタ・ファリア・カルヴァリャル
Carlos Augusto Soares da Costa Faria Carvalhal
ラテン文字 Carlos Carvalhal
基本情報
国籍 ポルトガルの旗 ポルトガル
生年月日 (1965-12-04) 1965年12月4日(53歳)
出身地 ブラガ
身長 178cm
選手情報
ポジション DF
ユース
1978-1983 ポルトガルの旗 SCブラガ
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1983-1985 ポルトガルの旗 SCブラガ 7 (0)
1985-1986 ポルトガルの旗 GDシャヴェス 28 (0)
1986-1988 ポルトガルの旗 SCブラガ 60 (4)
1988-1989 ポルトガルの旗 FCポルト 1 (0)
1989-1990 ポルトガルの旗 SCベイラ・マル 23 (0)
1990-1992 ポルトガルの旗 SCブラガ 33 (0)
1992-1993 ポルトガルの旗 FCティルセンセ 14 (0)
1993-1995 ポルトガルの旗 GDシャヴェス 44 (3)
1995-1999 ポルトガルの旗 SCエスピーニョ 49 (0)
代表歴
1985-1987 ポルトガルの旗 ポルトガル U-21 9 (0)
監督歴
1998-1999 ポルトガルの旗 SCエスピーニョ
1999-2000 ポルトガルの旗 SCフレムンデ
2000 ポルトガルの旗 FCヴィセラ
2000-2001 ポルトガルの旗 CDアヴェス
2001-2002 ポルトガルの旗 レイションイスSC
2003-2004 ポルトガルの旗 ヴィトーリアFC
2004-2005 ポルトガルの旗 CFベレネンセス
2005 ポルトガルの旗 SCブラガ
2006 ポルトガルの旗 SCベイラ・マル
2007-2008 ポルトガルの旗 ヴィトーリアFC
2008 ギリシャの旗 アステラス・トリポリスFC
2009 ポルトガルの旗 CSマリティモ
2009-2010 ポルトガルの旗 スポルティングCP
2011-2012 トルコの旗 ベシクタシュJK
2012 トルコの旗 イスタンブール・バシャクシェヒルFK
2015-2017 イングランドの旗 シェフィールド・ウェンズデイFC
2017-2018 ウェールズの旗 スウォンジー・シティAFC
1. 国内リーグ戦に限る。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

カルロス・アウグスト・ソアレス・ダ・コスタ・ファリア・カルヴァリャルCarlos Augusto Soares da Costa Faria Carvalhal , 1965年12月4日 - )は、ポルトガルブラガ出身の元サッカー選手、サッカー指導者。

来歴[編集]

選手時代[編集]

1983年に地元のSCブラガでプロデビュー。以降、プリメイラ・リーガの数々のチームでプレー。1989-90シーズンはFCポルトでプレーしたものの、1試合の出場で終了。ブラガやGDシャヴェス、SCエスピーニョなどで主力として活躍し、1999年に引退した。

監督歴[編集]

1998-1999シーズン途中から、SCエスピーニョで監督業を開始、レイションイスSCを率いていた2001-02シーズンには、当時3部リーグに属していたチームをタッサ・デ・ポルトガルで決勝戦まで導き (決勝戦はスポルティングCPに1-0で敗退)、2002-03シーズンのUEFAカップ出場権をもたらした。2009-10シーズンにはスポルティングCPの監督を務めたものの、リーグ4位に終わり、1シーズンで退任。

2011年8月、トルコの強豪ベシクタシュJKの監督に就任するも、前2010-11シーズンの八百長騒動に巻き込まれるなど、不遇を囲い、シーズン途中で解任された。

2015年7月、イングランドフットボールリーグ・チャンピオンシップ (実質2部リーグ) のシェフィールド・ウェンズデイFCの監督に就任[1]。2015-16シーズンは前シーズン13位で終わったチームを6位まで引き上げ、更に翌2016-17シーズンは4位で終え、プレミアリーグ昇格プレーオフ戦に導くも、1回戦でハダーズフィールド・タウンFCにPK戦の末に敗れ、プレミアリーグに導くことは出来なかった[2]

2017-18シーズンは中位で苦しみ、2017年12月24日にシェフィールド・ウェンズデイFCの監督を辞任[3]。しかしその4日後の同月28日に、プレミアリーグの下位に苦しむスウォンジー・シティAFCの監督に電撃就任[4]。初采配となった31日のワトフォードFC戦で、同じポルトガル人監督のマルコ・シウバ監督との対決を2-1で制し、勝利をもたらした[5]

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]