パウロ・フットレ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
この名前は、ポルトガル語圏の人名慣習に従っています。第一姓(母方の)はドス・サントス第二姓(父方の)はフットレです。
パウロ・フットレ Football pictogram.svg
名前
本名 パウロ・ジョルジュ・ドス・サントス・フットレ
Paulo Jorge dos Santos Futre
ラテン文字 Paulo Futre
基本情報
国籍 ポルトガルの旗 ポルトガル
生年月日 (1966-02-28) 1966年2月28日(52歳)
出身地 モンティジョポルトガル語版
身長 175cm
体重 72kg
選手情報
ポジション FW / MF
ユース
1974-1975 ポルトガルの旗 モンティジョ英語版
1975-1983 ポルトガルの旗 スポルティングCP
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1983-1984 ポルトガルの旗 スポルティングCP 21 (3)
1984-1987 ポルトガルの旗 ポルト 81 (25)
1987-1993 スペインの旗 アトレティコ・マドリード 163 (38)
1993 ポルトガルの旗 ベンフィカ 11 (3)
1993 フランスの旗 マルセイユ 8 (2)
1993-1995 イタリアの旗 レッジャーナ 13 (5)
1995-1996 イタリアの旗 ミラン 1 (0)
1996-1997 イングランドの旗 ウェストハム・U 9 (0)
1997-1998 スペインの旗 アトレティコ・マドリード 10 (0)
1998 日本の旗 横浜フリューゲルス 13 (3)
通算 320 (79)
代表歴2
1983-1995 ポルトガルの旗 ポルトガル 41 (6)
1. 国内リーグ戦に限る。
2. 2017年6月29日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

パウロ・ジョルジュ・ドス・サントス・フットレポルトガル語: Paulo Jorge dos Santos Futre, 1966年2月28日 - )は、ポルトガル・モンティージョ出身の元サッカー選手。ポジションはFW(ウインガー)、MF(攻撃的MF)、鋭いドリブルを武器とした[1][2]

経歴[編集]

1983年スポルティングCPでデビューと同時にポルトガル代表に17歳で選出。ポルトガル代表では、41試合で6ゴールを記録、1986 FIFAワールドカップにも出場した。

1984シーズンにはFCポルトへ移籍し鋭いドリブルをみせるなど能力を発揮し、1984-85・1985-86シーズンのリーグ連覇、UEFAチャンピオンズカップ 1986-87優勝にそれぞれ貢献。1987年のUEFA欧州最優秀選手賞の投票ではルート・フリットに次ぐ2位に選出され、「欧州のマラドーナ」と称された。

1987-88シーズンからはアトレティコ・マドリードへ移籍。ここでも1990-91シーズンと1991-92シーズンのカップ連覇を果たした。さらに1992-93シーズンにはベンフィカへ移籍し、その後もマルセイユからレッジャーナに移籍、移籍後初の試合でゴールを決めたが、その試合で負傷し、シーズンを終えた。その後ACミランに移籍したが、怪我の影響もあり、最終節のクレモネーゼ戦で途中出場したのみに終わった[3]

その後はウェストハムなどに移籍したが、10番以外の番号でのプレーを拒否した[4]、怪我も有り9試合のみの出場に終わる。アトレティコ・マドリードへの復帰を経て、1998年に移籍した横浜フリューゲルスでは16試合3得点の成績を残し、同シーズン終了後に引退した。

エピソード[編集]

2014年11月、ポルトガルの新聞『レコルトポルトガル語版』においてアトレティコ・マドリード時代に八百長を当時のアトレティコ会長ヘスス・ヒルより持ち掛けられたことを告白した[5]

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度クラブ背番号リーグ リーグ戦 リーグ杯オープン杯 期間通算
出場得点 出場得点出場得点 出場得点
ポルトガル リーグ戦 リーグ杯ポルトガル杯 期間通算
1983-84 スポルティングCP リーガ 21 3
1984-85 ポルト 30 6
1985-86 26 7
1986-87 25 12
スペイン リーグ戦 国王杯オープン杯 期間通算
1987-88 A・マドリード プリメーラ 35 8 3 1
1988-89 28 5 7 0
1989-90 26 10 2 0
1990-91 26 3 6 1
1991-92 31 6 6 5
1992-93 16 5 2 0
ポルトガル リーグ戦 リーグ杯ポルトガル杯 期間通算
1993 ベンフィカ リーガ 11 3 2 2
フランス リーグ戦 F・リーグ杯フランス杯 期間通算
1993 マルセイユ アン 8 2
イタリア リーグ戦 イタリア杯オープン杯 期間通算
1993-94 レッジャーナ セリエA 1 1
1994-95 12 4
1995-96 ミラン 1 0
イングランド リーグ戦 FLカップFAカップ 期間通算
1996-97 ウェストハム プレミア 9 0
スペイン リーグ戦 国王杯オープン杯 期間通算
1997-98 A・マドリード プリメーラ 10 0 0 0
日本 リーグ戦 リーグ杯天皇杯 期間通算
1998 横浜F 31 J 13 3 3 0 0 0
通算 ポルトガル リーガ 113 31
スペイン プリメーラ 172 37
フランス アン 8 2
イタリア セリエA 14 5
イングランド プレミア 9 0
日本 J 13 3
総通算 329 78

代表での成績[編集]

出典[6]


ポルトガル代表国際Aマッチ
出場得点
1983 1 0
1984 4 0
1985 4 1
1986 4 0
1987 2 0
1988 1 0
1989 4 1
1990 1 0
1991 8 2
1992 3 0
1993 8 2
1994 0 0
1995 1 0
通算 41 6

代表での得点[編集]

個人タイトル[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Paulo Futre, il Maradona lusitano” [Paulo Futre, the Lusitanic Maradona] (Italian). Sport Review. 2015年9月10日閲覧。
  2. ^ Ecco I campioni poveri ma belli” [Here are the poor but beautiful champions] (Italian). La Repubblica (1987年5月29日). 2015年9月10日閲覧。
  3. ^ Capello si congeda col Milan a forza 7” [Capello leaves Milan with a strong 7 goal display] (Italian). Corriere della Sera (1996年5月13日). 2015年9月10日閲覧。
  4. ^ Harry leaves his legacy”. BBC Sport (2001年5月9日). 2015年1月26日閲覧。
  5. ^ “フットレ氏、八百長の事実を改めて主張「勝てばボーナスもあった」。自身はプレーを拒否”. フットボールチャンネル. (2014年11月19日). https://www.footballchannel.jp/2014/11/19/post56892/ 2017年6月29日閲覧。 
  6. ^ Futre, Paulo”. National-Football-Teams.com. 2017年7月15日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]