ルイ・ジョルダン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
この名前は、ポルトガル語圏の人名慣習に従っています。第一姓(母方の)はトリンダーデ第二姓(父方の)はジョルダンです。
ルイ・ジョルダン Football pictogram.svg
Rui Jordão (1972).jpg
名前
本名 ルイ・マヌエル・トリンダーデ・ジョルダン
Rui Manuel Trindade Jordão
ラテン文字 Rui Jordão
基本情報
国籍 ポルトガルの旗 ポルトガル
アンゴラの旗 アンゴラ
生年月日 (1952-08-09) 1952年8月9日(67歳)
出身地 ポルトガル領西アフリカ
(現:アンゴラの旗 アンゴラ) ベンゲラ
身長 179cm
選手情報
在籍チーム 引退
ポジション FW
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1970-1971 アンゴラの旗 スポルティング・ベンゲラ 0 (0)
1971-1976 ポルトガルの旗 ベンフィカ 127 (81)
1976-1977 スペインの旗 レアル・サラゴサ 33 (14)
1977-1987 ポルトガルの旗 スポルティングCP 279 (187)
1987-1989 ポルトガルの旗 ヴィトーリア・セトゥーバル 63 (12)
代表歴
1972-1989 ポルトガルの旗 ポルトガル 43 (15)
1. 国内リーグ戦に限る。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

ルイ・マヌエル・トリンダーデ・ジョルダンRui Manuel Trindade Jordão1952年8月9日 - )は、アンゴラベンゲラ出身の元ポルトガル代表サッカー選手。ポジションはFW

経歴[編集]

ポルトガルの植民地時代のアンゴラで生まれ、アンゴラのスポルティング・ベンゲラでキャリアをスタートさせた。

1971年にSLベンフィカに移籍し、1975-76シーズンには28得点を挙げ得点王を獲得した。1年間スペインのレアル・サラゴサに在籍した後に、1977年8月28日、スポルティングCPに移籍した。1980年には自身2度目の得点王を獲得し、1982年にチームの3冠に貢献した。

1987年にヴィトーリア・セトゥーバルに移籍し、1988-89シーズン終了後36歳で現役を引退した。

ポルトガル代表としては、1972年11月23日にキプロス代表戦でデビューを果たした。その後エースストライカーとして活躍した。UEFA欧州選手権1984では3位に入賞したが、2-3でフランス代表に敗れた準決勝で2ゴールを決めた。

タイトル[編集]

クラブ[編集]

SLベンフィカ

個人[編集]

外部リンク[編集]