ルイ・アグアス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
この名前は、ポルトガル語圏の人名慣習に従っています。第一姓(母方の)はロペス第二姓(父方の)はアグアスです。
ルイ・アグアス Football pictogram.svg
名前
本名 ジョゼ・ルイ・ロペス・アグアス
José Rui Lopes Águas
ラテン文字 Rui Águas
基本情報
国籍 ポルトガルの旗 ポルトガル
生年月日 (1960-04-28) 1960年4月28日(56歳)
出身地 リスボン
身長 179cm
体重 74kg
選手情報
ポジション FW
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1981-1982 ポルトガルの旗 セジンブラ - (-)
1982-1983 ポルトガルの旗 アトレティコCP - (-)
1983-1985 ポルトガルの旗 ポルティモネンセ 46 (10)
1985-1988 ポルトガルの旗 ベンフィカ 74 (35)
1988-1990 ポルトガルの旗 ポルト 64 (30)
1990-1994 ポルトガルの旗 ベンフィカ 99 (42)
1994 ポルトガルの旗 エストレラ・アマドーラ 9 (4)
1995 イタリアの旗 レッジャーナ 12 (0)
代表歴
1985-1993 ポルトガルの旗 ポルトガル 31 (10)
監督歴
1999-2001 ポルトガルの旗 ヴィトーリア・セトゥーバル
2003-2006 ポルトガルの旗 ブラガ (アシスタント)
2014- カーボベルデの旗 カーボベルデ
1. 国内リーグ戦に限る。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

ジョゼ・ルイ・ロペス・アグアスJosé Rui Lopes Águas, 1960年4月28日 - )は、ポルトガルの首都・リスボン出身の元ポルトガル代表サッカー選手。ポジションはFW

経歴[編集]

ポルトガルのリスボンで生まれ、地元のGDセジンブラポルトガル語版でキャリアをスタートさせ、翌年はアトレチコCPポルトガル語版でプレーした。

1985年にSLベンフィカに移籍すると1年目に12ゴールを決めるなどチームの3冠に貢献した。1988年にはUEFAチャンピオンズカップ決勝まで勝ち進んだが決勝でPSVアイントホーフェンに敗れた。

1988年の夏に、FCポルトに移籍し2年目には17得点を決めた。わずか2年でベンフィカに戻り25得点を決め得点王を獲得した。その後CFエストレラ・アマドーラに移籍。1995年1月にイタリアのレッジャーナに移籍し、そのシーズンの後に現役を引退した。

引退後の2000年にヴィトーリアFCの監督に就任し、2003年にはSCブラガのアシスタントコーチを務めた。

代表歴[編集]

ポルトガル代表として、1985年4月3日にイタリア代表戦でデビューを果たした。その後1986 FIFAワールドカップメンバーにも選ばれた。1993年11月17日の1994 FIFAワールドカップ予選イタリア代表戦が最後の代表戦となった。

人物[編集]

父親は1950年代から60年代にかけてのSLベンフィカやポルトガル代表でプレーしたストライカーのジョゼ・アグアスがいる。また姉のレーナ・ダグアはポルトガル最初の女性ロック歌手で、「日本帝国」というヒット曲がある。いとこにはサッカーの選手及び監督経験のあるラウル・アグアスがいる。

タイトル[編集]

クラブ[編集]

SLベンフィカ
FCポルト
  • スーペル・リーガ : 1989-90

個人[編集]

外部リンク[編集]