ロマーリオ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ロマーリオ
2015年のロマーリオ
名前
本名 ロマーリオ・ジ・ソウザ・ファリア
Romário de Souza Faria
愛称 バイシーニョ
ラテン文字 ROMARIO
基本情報
国籍 ブラジルの旗 ブラジル
オランダの旗 オランダ
生年月日 (1966-01-29) 1966年1月29日(58歳)
出身地 リオデジャネイロ
身長 167cm
体重 70kg
選手情報
ポジション FW (CF)
利き足 右足(利き手は左)
ユース
1979-1980 ブラジルの旗 オラリア
1981-1985 ブラジルの旗 ヴァスコ・ダ・ガマ
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1985-1988 ブラジルの旗 ヴァスコ・ダ・ガマ 47 (17)
1988-1993 オランダの旗 PSV 107 (96)
1993-1995 スペインの旗 バルセロナ 46 (34)
1995-1996 ブラジルの旗 フラメンゴ 19 (8)
1996-1998 スペインの旗 バレンシア 11 (5)
1997 ブラジルの旗 フラメンゴ (loan) 4 (3)
1998-1999 ブラジルの旗 フラメンゴ 39 (26)
2000-2002 ブラジルの旗 ヴァスコ・ダ・ガマ 46 (41)
2002-2004 ブラジルの旗 フルミネンセ 60 (34)
2003 カタールの旗 アル・サッド (loan) 3 (0)
2005-2006 ブラジルの旗 ヴァスコ・ダ・ガマ 31 (22)
2006 アメリカ合衆国の旗 マイアミ・ユナイテッドFC 25 (19)
2006 オーストラリアの旗 アデレード・ユナイテッド 4 (1)
2007 ブラジルの旗 ヴァスコ・ダ・ガマ 6 (3)
2009 ブラジルの旗 アメリカ 0 (0)
通算 448 (309)
代表歴2
1985  ブラジル U-20 11 (11)
1988  ブラジル U-23 7 (8)
1987-2005 ブラジルの旗 ブラジル[1] 70 (55)
監督歴
2007-2008 ブラジルの旗 ヴァスコ・ダ・ガマ
獲得メダル
男子 サッカー
オリンピック
1988 ソウル サッカー
1. 国内リーグ戦に限る。2014年10月16日現在。
2. 2014年10月16日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

ロマーリオ・ジ・ソウザ・ファリアRomário de Souza Faria1966年1月29日 - )は、ブラジルリオデジャネイロ出身の元サッカー選手政治家。ポジションはフォワード1980年代後半から1990年代を代表するストライカーの一人。現在はブラジル上院議員を務める。

日本では一般的にロマーリオと多く表記されるが、彼の母語であるブラジルポルトガル語では、冒頭の Ro はホと読む場合も多い(地域・年齢などで異なる)。そのため現地リオの発音にしたがってホマーリオなどと表記される場合もある。

長男はサッカー選手で日本ツエーゲン金沢でもプレー経験のあるロマリーニョ

クラブ経歴[編集]

リオで塗装職人の長男として誕生[2]、名前の由来は著名なテレビ番組の登場人物に由来している[2]。ジャカレジーニョ地区で育つが[2]、小児喘息持ちで体の弱い子供であった[2]。9歳の時にエストレリーニャというクラブに入り、13歳でヴァスコ・ダ・ガマからも注目されたが、余りに背が小さいことが災いして加入は見送られた[2]。その後入団した2部のオラーリでの活躍でヴァスコ入団を果たした[2]

PSVで練習するロマーリオ (1989年)

1988-89シーズンPSVに移籍すると、シーズン中3度ハットトリックを決め、同シーズン12月11日開催のインターコンチネンタルカップ、ナショナル戦でもゴールを決め、在籍中は2度UEFAチャンピオンズリーグで得点王になるなど頭角を現した。

1993-94シーズンよりスペイン・FCバルセロナに移籍、再びロナルド・クーマンとチームメートとなった。「ここではフリスト・ストイチコフとは良好な関係を築いた[3]。9月5日デビュー戦となったレアル・ソシエダ戦でハットトリックを達成した。数試合連続で得点できないこともあったが[2]、10月30日のアトレティコ・マドリード戦、1994年1月の対レアル・マドリード戦、2月19日のオサスナ戦、3月12日のアトレティコ・マドリード戦でもハットトリックを達成するなど出場33試合で30ゴールという決定力を発揮して得点王を獲得、リーグ最終節のセビージャ戦では決勝ゴールを決めて、この結果首位のデポルティーボが引き分けたため、逆転でリーグ優勝を果たした[4]。「30ゴールを決めて見せる」と公約を掲げ、最終的に入団時に宣言したシーズン30ゴールを達成した[2]。しかしチャンピオンズリーグでは10試合2ゴールと振るわず、決勝ではACミランに0-4と敗れた。1994-95シーズンは不調でベンチに座ることもありシーズン途中にバルセロナを退団し、フラメンゴに移籍した。

フラメンゴでプレーしていた1998年初頭、ブラジル国内では、ヴェルディ川崎からの高額オファーに本人も移籍に前向きで、同年のワールドカップ終了後に移籍するのではないかと報じられていた[5]

2000年にはクラブ世界選手権を皮切りに5つの大会で得点王となり、ブラジルサッカー界の混乱が生み出した過密日程もあり、代表戦を含めて公式戦73試合で72ゴールという成績を残した。

2004年にフルミネンセFCを解雇されたが、その後に自らがデビューしたCRヴァスコ・ダ・ガマに移籍。2005年ブラジル全国選手権セリエAで22得点を決め、得点王に輝いた。2005年末までの現役続行の予定だったが、米国下位リーグのマイアミFCに移籍し、現役を続けることになった。マイアミでは19得点を上げ、リーグの得点王になる活躍を見せた。その後、オーストラリアAリーグアデレード・ユナイテッドFCに、リーグ戦4試合限定の「ゲストプレーヤー」として移籍することが決定[6]。前所属のマイアミFCとの親善試合なども契約に含まれている。

2007年から再び古巣のヴァスコ・ダ・ガマに復帰。1年間の内に2度移籍をしてはいけないというFIFAの規定によってFIFA側はその移籍を正式には認めていなかったが、ヴァスコ・ダ・ガマは「アデレード・ユナイテッド在籍は『招待』であり『移籍』ではない」と言う主張を掲げチームに帯同させ、試合にも出場させている。ちなみにその復帰初戦では、10分間でハットトリックを達成している。

なお、ロマーリオは、ペレに次ぐ世界2人目(アルツール・フリーデンライヒを含めれば3人目)の1,000ゴールをマークしている[7]。1,000ゴール目は2007年5月20日の全国リーグ・スポルチ・レシフェ戦でのペナルティーキック。1,000ゴール達成で引退するのではという噂もあったが、その後もプレーを続けて、さらにゴールを重ねた。

これまで幾度となく引退をほのめかしその度に発言を撤回しプレーし続けてきたが、2008年4月、プロキャリアでの911ゴールを収録したオフィシャルDVDの発売記念会見の場で「これは公式のアナウンスである。私はもうプレーしない」と、これまでの引退宣言とは一線を画し正式に引退する意思がある事を表明した。自身がプレーしたヴァスコ・ダ・ガマ、フルミネンセ、フラメンゴによる3クラブ共催の試合がエスタジオ・ド・マラカナンで予定されており、この試合で現役を引退することが伝えられた。

しかし、2009年11月にはリオデジャネイロ州選手権2部のアメリカFCで、試合に出場した。

代表経歴[編集]

1987年5月23日のアイルランド戦で代表デビューを飾るとレギュラーの座を掴み、1988年にオリンピックブラジル代表としてソウルオリンピック準優勝、1989年にはコパ・アメリカ優勝に貢献した。

しかし1990年のワールドカップ・イタリア大会ではカレカミューレルらのライバルにポジションを奪われ、1次リーグ最終戦のスコットランド戦、1試合出場に終わった。

ワールドカップ・アメリカ大会予選中、レギュラーとしてプレー出来ないならと代表招集を拒否していたが[8]、ミューレルが負傷したことで、代表に複帰し[8]、ワールドカップへの出場をかけて行われた、南米予選最終戦のウルグアイ戦で2ゴールを決めて本大会出場に貢献[9]、本大会ではグループリーグで3ゴールを決め、準々決勝のオランダ戦では先制ゴール、準決勝のスウェーデン戦で決勝ゴールを決めるなど、フリスト・ストイチコフに1点差で得点王のタイトルを逃したが、5得点を上げてブラジルの4度目の優勝に貢献。同大会のMVPと同年のFIFA最優秀選手に選出された。

1998年のワールドカップ・フランス大会は直前の怪我のために出場が叶わず、ブラジル代表は決勝でエース・ロナウドの不調が響きフランスに0-3で敗れ準優勝に終わった。

2002年の日韓共催ワールドカップでは地区予選で第八節のボリビア戦で3得点、第九節のベネズエラ戦で4得点を挙げるなど、リバウドと共にチーム最多の8得点だったが、本大会のメンバー選考でルイス・フェリペ・スコラーリ監督の構想から外れた。

2004年、ブラジル代表からの引退を表明。ホルヘ・カンポスと合同で代表引退試合を行った。

2005年、前年すでに代表引退試合を行っているにもかかわらず、1試合限りで代表に復帰した。試合前の宣言通り、有終の美となるゴールを決めて代表から引退した。

政治家として[編集]

2010年10月、ブラジル下院議員選挙にリオデジャネイロ州選挙区から立候補し、146,000票の得票で当選を果たした[10]

2014年10月、ブラジル上院議員選挙に当選、同月からはアメリカFCの会長に就任した[11]

1,000ゴール[編集]

ロマーリオは2007年5月20日のスポルチ・レシフェ戦で自称「1,000ゴール」を記録している。これについて「自己申告による1,000ゴール」と報道される場合もあったが、これは正しくなく、ロマーリオが公認する1,000ゴールは全て試合日と対戦相手が判明している[12]

1,000ゴールの内訳はユース以下の選手として77ゴール、プロの選手として923ゴールとなっている。しかし、ロマーリオ自身は通算ゴールに入れていないが、確認されているゴールもあり、Rec.Sport.Soccer Statistics Foundationによるとロマーリオがプロとして記録したゴール数は968である[13]

従って、確認されているもののロマーリオ自身が数えなかったゴールを加えれば、ロマーリオのゴール数は増え「1,000ゴール」をもっと早く記録していたことになる。なお、これらのゴール数には親善試合や公式戦以外の試合で記録したものも含まれているが、これはペレをはじめ1,000ゴール以上を記録している選手に共通していることである。

公式戦でのゴール数に限ればロマーリオはペレを超えており、確認できる選手としては史上最多である[14]

個人成績[編集]

年度 クラブ 1部リーグ 国内カップ 国際カップ その他[15] 期間通算
試合 得点 試合 得点 試合 得点 試合 得点 試合 得点
1985 ブラジル ヴァスコ・ダ・ガマ 7 0 21 11 28 11
1986 23 9 25 20 48 29
1987 17 8 24 16 41 24
1988 24 16 24 16
1988-89 オランダ PSV 25 19 3 4 5 3 33 26
1989-90 20 23 2 2 4 6 26 31
1990-91 25 25 2 5 2 0 29 30
1991-92 14 9 1 0 2 0 1 0 18 9
1992-93 26 22 1 3 9 7 1 0 37 32
1993-94 スペイン バルセロナ 33 30 2 0 10 2 2 0 47 32
1994-95 13 4 5 3 1 0 19 7
1995 ブラジル フラメンゴ 16 8 5 1 4 2 22 26 47 37
1996 3 0 5 1 29 32 37 33
1996-97 スペイン バレンシア 5 4 5 4
1997 ブラジル フラメンゴ 4 3 8 7 24 25 36 35
1997-98 スペイン バレンシア 6 1 1 1 7 2
1998 ブラジル フラメンゴ 20 14 4 6 3 4 13 11 40 35
1999 18 12 7 7 8 8 21 20 54 47
2000 ヴァスコ・ダ・ガマ 27 19 2 1 15 14 27 31 71 65
2001 19 22 9 5 11 13 39 40
2002 7 5 18 21 25 26
2002 フルミネンセ 26 16 26 16
2003 21 13 4 5 25 18
2003 カタール アル・サッド 3 0 3 0
2004 ブラジル フルミネンセ 13 5 2 2 9 6 24 13
2005 ヴァスコ・ダ・ガマ 32 24 2 1 10 7 44 32
2006 1 3 10 6 11 9
2006 アメリカ マイアミ 1 0 25 19 26 19
2006 オーストラリア アデレード・U 4 1 4 1
2007 ブラジル ヴァスコ・ダ・ガマ 6 3 3 2 1 0 9 10 19 15
2009 アメリカ 1 0 1 0
総通算[12] 426 294 59 51 77 54 332 295 894 694

代表国際試合での成績

  • ブラジル代表 70試合55ゴール
  • ブラジル五輪代表 8試合8ゴール
  • ブラジル20歳以下代表 11試合11ゴール

個人タイトル[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Romário de Souza Faria - Goals in International Matches
  2. ^ a b c d e f g h SPORTS GRAPHIC NUMBER NUMBER350 1994/10/13 p.40-41
  3. ^ ワールドサッカーダイジェスト 1996年2月号 日本スポーツ企画出版社 P.10-11
  4. ^ 週刊サッカーマガジン 1994年6月8日 no.457 p.106-107 ベースボールマガジン社
  5. ^ サッカーダイジェスト 1998年1月28日号 P.13
  6. ^ ロマーリオがアデレードに登場”. ゲキサカ (2006年10月17日). 2021年5月30日閲覧。
  7. ^ RSSSFによると、ゲルト・ミュラーヨーゼフ・ビカンも1,000ゴール以上記録している。
  8. ^ a b 週刊サッカーマガジン 1993年11月17日 no.430 p.126 ベースボールマガジン社
  9. ^ ジョルジーニョの告白 鹿島移籍時 ジーコは私をほしくはなかった その1”. sportiva.shueisha.co.jp. 2020年5月9日閲覧。
  10. ^ 代議士ロマーリオ誕生! - スポニチWorldSoccerPlus
  11. ^ ロマーリオ氏、リオのクラブの新会長に選出 - Goal
  12. ^ a b Goles de todos los colores
  13. ^ Best Goalscorers All-Time (Official Matches) ただしロマーリオが「ユースでのゴール」としている20歳以下代表でのゴールをrsssfは「プロでのゴール」としている。
  14. ^ Romario is the best goalscorer in history 尚rsssfとEl Gráficoのゴール数の違いは、rsssfがリオデジャネイロ州選抜での3得点と、1997年6月16日のメキシコ戦でのゴール(本人はゴール数に含めているが、オウンゴールとも記録されている)を含めているからであり、その他の合計では一致している。
  15. ^ リオデジャネイロ州選手権など。

外部リンク[編集]