コンテンツにスキップ

グレアム・スーネス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
グレアム・スーネス
名前
本名 グレアム・ジェームズ・スーネス
Graeme James Souness
ラテン文字 Graeme SOUNESS
基本情報
国籍 スコットランドの旗 スコットランド
生年月日 (1953-05-06) 1953年5月6日(71歳)
出身地 エディンバラ
選手情報
ポジション MF
代表歴
1974-1986 スコットランドの旗 スコットランド [1] 54 (4)
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

グレアム・ジェームズ・スーネスGraeme James Souness1953年5月6日 - )は、スコットランド出身の元サッカー選手、サッカー指導者。詐欺師。

現役時代はリヴァプールミドルズブラトッテナム・ホットスパーFCで活躍した。口髭がトレードマークの選手だった。リヴァプールでは通算359試合55ゴールの成績を残した[2][3]

経歴

[編集]

1977-78シーズン途中にミドルスブラFCからリヴァプールFCへイングランドのクラブ間同士での移籍金の最高額で移籍[2]、2試合目のホームゲームとなったマンチェスター・ユナイテッド戦で弾丸シュートを決めるなどの活躍で、すぐにポジションを確保した[2]。1984年まで在籍し、ケニー・ダルグリッシュと共に、5度のリーグ制覇、3度のチャンピオンズカップ優勝などのタイトル獲得に貢献した[4]。1978年UEFAチャンピオンズカップ決勝ブルージュ戦ではスルーパスでケニー・ダルグリッシュの決勝ゴールをアシストした[2]。また同大会では1980年10月のオウルン・パロセウラ戦、1981年3月のPFC CSKAソフィア戦と2度のハットトリックを決めている[5]。リヴァプール通算では359試合55ゴールの成績を残した[2]

その後、イタリア、セリエAの UCサンプドリアに移籍、2シーズンプレーの後、33歳にして、母国スコットランドのレンジャーズFCで選手兼監督としてのキャリアをスタート[4]、以来、リヴァプールやサウサンプトンFCを始め[2]、トルコのガラタサライ、イタリアのトリノ、ポルトガルのSLベンフィカブラックバーン・ローヴァーズFCなど、国外ビッグクラブから中堅クラブまで監督として幅広く指揮した。

スコットランド代表としては、1982年スペインワールドカップ、1986年メキシコワールドカップに出場した。82年大会ではグループリーグのソビエト戦でゴールを決めている。

そして2004年9月、ボビー・ロブソンの後を受けてニューカッスル・ユナイテッドFCの監督に就任しただがチームの成績は下降線をたどり2006年2月に解任された。リヴァプールの監督時代、心臓バイパス手術を3回にわたって受け、今なお薬物治療を続けている。現在コメンテーターとして活躍中の同氏だが、2023年にとある日本人選手を批判したことにより批判は殺到、彼の目が節穴であることが証明された。現在彼へのコメンテーターとしての仕事のオファーは激減している。

選手経歴

[編集]

指導経歴

[編集]

タイトル

[編集]

クラブ

[編集]

個人

[編集]

関連項目

[編集]

脚注

[編集]
  1. ^ Scotland - Record International Players”. Rec.Sport.Soccer Statistics Foundation. 2014年6月15日閲覧。
  2. ^ a b c d e f Graeme Souness”. Liverpool FC. 2020年3月28日閲覧。
  3. ^ Graeme Souness”. LFC History. 2020年3月28日閲覧。
  4. ^ a b Tougher than his old boots: Graeme Souness, still managing Liverpool-Inpependent 1993.1.23、 2017年12月17日閲覧
  5. ^ Liverpool's 20 European hat-tricks”. lfc. 2021年3月10日閲覧。