ダニー・ブリント

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ダニー・ブリント Football pictogram.svg
Danny Blind looking up.jpg
名前
ラテン文字 Danny BLIND
基本情報
国籍 オランダの旗 オランダ
生年月日 (1961-08-01) 1961年8月1日(57歳)
出身地 オースト・ソーブルフ
選手情報
ポジション DF
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1979-1986 オランダの旗 スパルタ・ロッテルダム 165 (18)
1986-1999 オランダの旗 アヤックス・アムステルダム 372 (27)
代表歴
1986-1996[1] オランダの旗 オランダ 42 (1)
監督歴
2005-2006 オランダの旗 アヤックス
2009-2011 オランダの旗 アヤックス(コーチ)
2012-2015 オランダの旗 オランダ(コーチ)
2015-2017 オランダの旗 オランダ
1. 国内リーグ戦に限る。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

ダニー・ブリントDanny Blind, 1961年8月1日 - )は、オランダ出身の元同国代表サッカー選手、サッカー指導者。ファースト・ネームの実際の発音はデニー。

来歴[編集]

選手時代[編集]

アヤックスではキャプテンを務め[2]、チームの精神的支柱となるリベロ[2]、冷静な判断と粘り強いチェックで守備の要でありながら[2]、大胆なオーバーラップで攻撃もサポートした[2]。ライカールト引退後は守備的MFでプレーすることもあった[3]。また周囲からの信頼の厚く[2]、アヤックス時代の監督であったルイス・ファンハールは「ACミランのフランコ・バレージ、当時レアルマドリードのミカエル・ラウドルップと同じ位の価値がある選手である。」と最大限の信頼を置いていた[3]

スパルタ・ロッテルダムを経て1986年アヤックス・アムステルダムに移籍。アヤックスでは13年間プレー、ヨーロッパ三大タイトル(UEFAチャンピオンズリーグUEFAカップUEFAカップウィナーズカップ)やトヨタカップ、オランダリーグ優勝など、多くのタイトル獲得に貢献した。また1995年のトヨタカップでは好プレーを見せ、大会MVPに選ばれた。

1994年には契約が切れるブリントを獲得しようと、プレミアリーグのチームやガラタサライなどが破格の条件で獲得を打診したが[3]、新たに2年契約を結びチーム愛を示した[3]

長年オランダ代表にも名を連ねたが[3]、同じポジションにロナルド・クーマンが居たため出場は少なかった[3]94年のワールドカップにも参加した[3]。ワールドカップ後30代半ばながら、クーマンの代表引退でようやくレギュラーとしてプレーする様になったが[3]、代表監督のヒディングがかつてPSVで指導したクーマンに代表復帰を打診すると[3]、それなら自分はもう代表でプレーしない宣言[3]、結局クーマンの代表復帰はなくなった[3]96年のユーロではレギュラーとしプレーした。

指導者[編集]

2005-06シーズン前にアヤックスの監督に就任したが、リーグ戦4位で終わりシーズン終了後解任された。

2012年夏からオランダ代表でルイ・ファン・ハールのアシスタントを務めており、2014年3月28日、2014 FIFAワールドカップ後にオランダ代表監督に就任するフース・ヒディンクのアシスタントも引き続き事が行うことが決定、同時にEURO 2016後にオランダ代表監督に就任する事も決定していたが[4]、2015年6月29日付でヒディンクが退任したのを受けて7月1日にオランダ代表監督に就任した。だが同年10月、オランダ代表はEURO 2016予選で敗退となった。

2018 FIFAワールドカップロシア大会を目指す予選でもオランダ代表は苦戦し、スウェーデンとのアウエーゲームで不運な形で引き分け、フランスとのホームゲームで敗れた後、2017年3月25日のブルガリア戦とのアウエーゲームでは右利きCBのフィルジル・ファン・ダイクジェフリー・ブルマステファン・デ・フライが怪我でプレーできなかったことでブリントはアヤックスでトップチームにデビューして間もない17歳のマタイス・デ・リフトをスタメンで代表にデビューさせたが、開始20分で2失点に絡んで0-2の敗戦。翌日にKNVBが解任を発表[5]。3年前のヒディンク-ブリントの同時任命が失敗だったことを会見で認めた[6]。後任にはディック・アドフォカートが就いたが、結局オランダはロシアW杯への出場を逃している[7]

息子のデイリー・ブリントアヤックス・アムステルダム所属のサッカー選手であり、オランダ代表でもプレーしている。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ “Danny Blind - International Appearances” (英語). The Rec.Sport.Soccer Statistics Foundation. http://www.rsssf.com/miscellaneous/blind-intl.html 
  2. ^ a b c d e TOYOTA CUP 1995 16回大会 パンフレット p.15
  3. ^ a b c d e f g h i j k TOYOTA CUP 1995 16回大会 パンフレット p.22
  4. ^ “オランダ代表、ヒディンク氏の監督復帰を正式発表”. Goal. (2014年3月28日). http://www.goal.com/jp/news/3637/%E3%82%AA%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%83%80/2014/03/28/4714966/%E3%82%AA%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%83%80%E4%BB%A3%E8%A1%A8%E3%83%92%E3%83%87%E3%82%A3%E3%83%B3%E3%82%AF%E6%B0%8F%E3%81%AE%E7%9B%A3%E7%9D%A3%E5%BE%A9%E5%B8%B0%E3%82%92%E6%AD%A3%E5%BC%8F%E7%99%BA%E8%A1%A8?ICID=HP_BN_1 2014年3月28日閲覧。 
  5. ^ http://www.knvb.nl/nieuws/oranje/nederlands-elftal/25196/knvb-en-blind-uit-elkaa
  6. ^ http://www.ad.nl/home/knvb-heeft-spijt-van-dubbelbenoeming-hiddink-en-blind~a1c77050/
  7. ^ “オランダ、“アムステルダムの奇跡”起こらず…最終戦勝利も7点は遠くロシア行き逃す”. Goal英語版. (2017年10月11日). http://www.goal.com/jp/%E3%83%8B%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%82%B9/%E3%82%AA%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%83%80%E3%82%A2%E3%83%A0%E3%82%B9%E3%83%86%E3%83%AB%E3%83%80%E3%83%A0%E3%81%AE%E5%A5%87%E8%B7%A1%E8%B5%B7%E3%81%93%E3%82%89%E3%81%9A%E6%9C%80%E7%B5%82%E6%88%A6%E5%8B%9D%E5%88%A9%E3%82%827%E7%82%B9%E3%81%AF%E9%81%A0%E3%81%8F%E3%83%AD%E3%82%B7%E3%82%A2%E8%A1%8C%E3%81%8D%E9%80%83%E3%81%99/1dwcdt3fnox5y1mjzdie0m6qaf 2017年10月11日閲覧。 

外部リンク[編集]