スティーブ・ペリマン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
スティーブ・ペリマン Football pictogram.svg
Steve Perryman (1981).jpg
名前
本名 スティーブン・ジョン・ペリマン
カタカナ スティーブ・ペリマン
ラテン文字 Steve Perryman
基本情報
国籍 イングランドの旗 イングランド
生年月日 (1951-12-21) 1951年12月21日(64歳)
出身地 ロンドン
選手情報
ポジション MFDF
代表歴
1982 イングランドの旗 イングランド 1(0)
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

スティーブ・ペリマンSteve Perryman1951年12月21日 - )は、イギリスイングランドロンドン出身の元イングランド代表サッカー選手、サッカー指導者。

経歴[編集]

選手時代は主にトッテナム・ホットスパーに在籍。長年に渡って主将を務め、リーグ戦854試合出場(カップ戦などを含めると994試合)のクラブ最多出場記録を持っている。1982年にはFWA年間最優秀選手賞を受賞、イングランド代表として1試合に出場した。

1998年シーズン途中から清水エスパルスの監督に就任。前監督のオズワルド・アルディレスの戦術を引き継ぎながら、選手には徹底したフェアプレーを要求した。このフェアプレー精神は相当なものであり、特に相手の反則を誘うための常套手段である「転倒した時に大げさに痛がる」ことを大変嫌っており、「フェアな試合をして勝つ能力がないことを露呈しているだけだ」という言葉を残している。また、オフサイドトラップを一切使わないのも特徴である。

ペリマン時代は現在に至るまで清水の黄金期であり、1999年には2ndステージを制している。サントリーチャンピオンシップで同年1stステージ優勝のジュビロ磐田に敗れ年間優勝は逃したが、年間の獲得勝点の合計では2位を大きく突き放しての1位だった。年間獲得勝点1位は清水の65、2位は柏の58、3位は名古屋の54。年間優勝となった磐田は49で年間獲得勝点では6番目であった。この経緯もあり、当時絶頂期に入りつつあった同じ静岡県のチームであるジュビロ磐田をライバル視する発言も多かった。ペリマンは当時のJリーグの年間優勝の決定方法も含め、試合日程や判定等でも磐田が他のチームよりも贔屓されていると考えていたようであり、「JリーグのJは“ジュビロのJ”だ」と発言したこともある。2000年は年間8位に沈み、同年で清水の監督を辞し離日。 しかし2001年途中に柏レイソルのヘッドコーチに招聘され再来日。同年1stステージ終了後に柏は西野朗が解任され、ペリマンが監督に昇格。しかし、その後も勝ちきれないゲームが続き、2ndステージは、1stステージよりも順位を上げる事ができず7位に終わる。翌2002年の1stステージでは、元ブラジル代表のセザール・サンパイオエジウソン・ダ・シルバ・フェレイラを獲得しながらも、チームをまとめきれず古巣清水エスパルス戦では、柏にとってワースト記録となる7連敗を喫し解任された。

柏レイソルを去った後、ジェフ市原からジョゼフ・ベングロシュ監督の辞任に伴い監督就任のオファーが届いたが、オファーを断った。

その後はイングランド1部リーグ、エクセター・シティで監督を務めた後、現在は同クラブでディレクター職に就いている。2012年5月、試合観戦中に心臓発作で倒れ、緊急手術を受けたことが明らかにされている[1]。その後健康が回復、2016年には来日しアルディレスとともに清水のホームスタジアムに姿を見せている[2]

自分の信念を曲げない人物であり、時としてそれにこだわりすぎるところもある。選手の起用法が好例で、完全にレギュラーを固定し、選手交替ですらも画一的であった。

選手経歴[編集]

指導歴[編集]

  • イングランドの旗 ブレントフォード 監督(選手兼任) 1987-1990
  • イングランドの旗 ワトフォード 監督 1990-1993
  • イングランドの旗 トットナム・ホットスパー 助監督 1993-1994
  • ノルウェーの旗 IKスタルト 監督 1995
  • 日本の旗 清水エスパルス ヘッドコーチ 1996-1998
  • 日本の旗 清水エスパルス 監督 1998-2000
  • 日本の旗 柏レイソル ヘッドコーチ 2001
  • 日本の旗 柏レイソル 監督 2001-2002
  • イングランドの旗 エクセター・シティ 2003

脚注[編集]

関連項目[編集]