2002年のJリーグ ディビジョン1

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Jリーグ ディビジョン1
シーズン 2002
優勝 ジュビロ磐田
降格 サンフレッチェ広島
コンサドーレ札幌
試合数 240
ゴール数 683 (1試合平均2.85)
得点王 高原直泰(磐田・26得点)
最大差勝利ホーム試合
G大阪 5-0 F東京(1st第6節・4月13日)
磐田 6-1 F東京(2nd第5節・9月22日)
最大差勝利アウェー試合
仙台 0-6 G大阪(2nd第8節・10月12日)
最多得点試合
磐田 5-4 G大阪(1st第12節・8月3日)
札幌 5-4 広島(2nd第15節・11月30日)
最多観客動員
57,902人 - 浦和 vs 磐田(1st第8節・7月13日)
最少観客動員
3,287人 - 市原 vs 仙台(2nd第4節・9月18日)
平均観客動員 16,368人
2001
2003

この項目では、2002年シーズンのJリーグ ディビジョン1(J1)について述べる。

概要[編集]

2部制導入後4年目のシーズンである。この年は日本でFIFAワールドカップが開催されたこともあり、この準備期間として3ヶ月近い中断期間が設けられるなど、例年とは異なる点が多数見られた。

2002年シーズンのJ1のクラブ[編集]

2002年シーズンのクラブは以下の通りである。この内ベガルタ仙台京都パープルサンガが前シーズンJ2リーグからの昇格クラブである。

レギュレーションの変更点[編集]

なし。

スケジュール[編集]

W杯の開催に伴い、本戦開催ベニュー以外のスタジアムも、練習用グラウンドとして大会前からFIFAによってキープされたため、多くのチームがこの制約を受ける事になった。又、日本サッカー協会でも、日本代表の事前合宿期間を確保する必要があった。このため、リーグは1stステージの途中で3ヶ月近い中断期間を設けることになった。

  • 3月2日 - 1stステージ開幕
  • 4月21日 - 1stステージ第7節、中断期間へ
  • 7月14日 - 1stステージ再開、第8節
  • 8月17日 - 1stステージ終了
  • 8月31日 - 2ndステージ開幕
  • 11月30日 - 2ndステージ終了

リーグ概要[編集]

1stステージは中断前の第7節終了時点で開幕から無敗を続ける横浜FMを1敗の磐田と仙台が勝ち点差1で追う展開となったが、ワールドカップを挟んだ第8節以降4連敗を喫した仙台が優勝争いから脱落、再開後も無敗を続ける横浜FMと磐田を6連勝で追い上げるG大阪を交えた優勝争いとなったが、G大阪は終盤4試合で1勝3敗となり、横浜FMも第14節で鹿島に痛い星を落とし、終盤4連勝の磐田が逆転で1stステージを制する。

2ndステージは序盤、順位がめまぐるしく入れ替わる混戦となるが、第9節終了時点で、9戦無敗(8勝1分け)の浦和が一歩抜け出す。しかし浦和は終盤6連敗で失速、これを追う東京V・G大阪・鹿島がいずれも勝ち点を思うように積み上げられず足踏みする中、第9節時点で浦和と勝ち点差4離されながらも7連勝フィニッシュとした磐田が第14節の時点で2位G大阪に勝ち点差5をつけてステージ優勝を決定。1stステージ、2ndステージの双方で磐田が優勝したため、Jリーグチャンピオンシップは開催されず、磐田が自動的に年間優勝となった。年間総合順位の2位も(チャンピオンシップの敗者ではなく)年間勝ち点の2位である横浜FMとなった。

一方、年間勝ち点で争われる残留争いは、年間を通じて低迷した札幌が2nd第11節の時点で14位との勝ち点差が13となり年間15位以下が決定。最終節を前に勝ち点差3の中にひしめく13位柏・14位神戸・15位広島で残留を争うこととなったが、90分で勝利した柏と神戸に対し、アウェイで札幌にVゴール負けを喫した広島の15位が決定。広島のJ2降格は過去にステージ優勝を飾ったチームとしては初めての降格となった。

順位表[編集]

1stステージ[編集]

開催期間:3月2日 - 8月17日

チーム 延勝
1 ジュビロ磐田 (A) 15 9 4 1 1 39 17 +22 36
2 横浜F・マリノス 15 8 3 3 1 28 11 +17 33
3 名古屋グランパスエイト 15 9 1 0 5 28 18 +10 29
4 ガンバ大阪 15 8 1 1 5 35 19 +16 27
5 鹿島アントラーズ 15 9 0 0 6 21 18 +3 27
6 京都パープルサンガ 15 5 4 1 5 26 18 +8 24
7 清水エスパルス 15 5 3 3 4 17 19 −2 24
8 ジェフユナイテッド市原 15 6 1 3 5 22 23 −1 23
9 ベガルタ仙台 15 6 1 0 8 23 27 −4 20
10 FC東京 15 5 0 2 8 23 27 −4 17
11 浦和レッズ 15 3 2 1 9 21 24 −3 14
12 東京ヴェルディ1969 15 2 3 1 9 15 24 −9 13
13 ヴィッセル神戸 15 3 1 1 10 12 22 −10 12
14 柏レイソル 15 3 1 0 11 20 31 −11 11
15 サンフレッチェ広島 15 3 0 1 11 14 26 −12 10
16 コンサドーレ札幌 15 2 0 0 13 15 35 −20 6

最終更新は2002年8月17日の試合終了時
出典: J.League Data Site
順位の決定基準: 1. 勝点; 2. 得失点差; 3. 得点数.

 

2ndステージ[編集]

開催期間:8月31日 - 11月30日

チーム 延勝
1 ジュビロ磐田 (A) 15 9 4 0 2 33 13 +20 35
2 ガンバ大阪 15 7 3 0 5 24 13 +11 27
3 鹿島アントラーズ 15 8 1 0 6 25 21 +4 26
4 東京ヴェルディ1969 15 6 2 2 5 26 19 +7 24
5 FC東京 15 6 2 0 7 20 19 +1 22
6 横浜F・マリノス 15 5 3 1 6 16 16 0 22
7 京都パープルサンガ 15 6 2 0 7 18 24 −6 22
8 浦和レッズ 15 4 4 1 6 20 14 +6 21
9 柏レイソル 15 6 0 3 6 18 17 +1 21
10 ヴィッセル神戸 15 5 1 2 7 21 22 −1 19
11 ジェフユナイテッド市原 15 6 0 0 9 16 19 −3 18
12 清水エスパルス 15 5 1 0 9 16 24 −8 17
13 名古屋グランパスエイト 15 5 0 1 9 21 23 −2 16
14 サンフレッチェ広島 15 4 1 2 8 18 21 −3 16
15 ベガルタ仙台 15 3 1 1 10 17 30 −13 12
16 コンサドーレ札幌 15 2 1 1 11 15 29 −14 9

最終更新は2002年11月30日の試合終了時
出典: J.League Data Site
順位の決定基準: 1. 勝点; 2. 得失点差; 3. 得点数.

年間総合順位[編集]

1st・2ndの両ステージを同一チームが制覇したため、チャンピオンシップは開催せずに順位が確定した。

チーム 延勝
出場権または降格
1 ジュビロ磐田 (C) 30 18 8 1 3 72 30 +42 71
2 横浜F・マリノス 30 13 6 4 7 44 27 +17 55
3 ガンバ大阪 30 15 4 1 10 59 32 +27 54
4 鹿島アントラーズ 30 17 1 0 12 46 39 +7 53
5 京都パープルサンガ 30 11 6 1 12 44 42 +2 46
6 名古屋グランパスエイト 30 14 1 1 14 49 41 +8 45
7 ジェフユナイテッド市原 30 12 1 3 14 38 42 −4 41
8 清水エスパルス 30 10 4 3 13 33 43 −10 41
9 FC東京 30 11 2 2 15 43 46 −3 39
10 東京ヴェルディ1969 30 8 5 3 14 41 43 −2 37
11 浦和レッズ 30 7 6 2 15 41 38 +3 35
12 柏レイソル 30 9 1 3 17 38 48 −10 32
13 ベガルタ仙台 30 9 2 1 18 40 57 −17 32
14 ヴィッセル神戸 30 8 2 3 17 33 44 −11 31
15 サンフレッチェ広島 (R) 30 7 1 3 19 32 47 −15 26 J2 2003へ降格 
16 コンサドーレ札幌 (R) 30 4 1 1 24 30 64 −34 15

最終更新は2002年11月30日の試合終了時
出典: J.League Data Site
順位の決定基準: 1. 勝点; 2. 得失点差; 3. 得点数.

得点ランキング[編集]

全日程終了時[1]

順位 選手 所属 得点
得点王 日本の旗 高原直泰 ジュビロ磐田 26
2 ブラジルの旗 マグロン ガンバ大阪 22
3 ブラジルの旗 ウェズレイ 名古屋グランパスエイト 20
4 ブラジルの旗 マルコス ベガルタ仙台 18
5 大韓民国の旗 崔龍洙 ジェフユナイテッド市原 16
ブラジルの旗 エジムンド 東京ヴェルディ1969
日本の旗 中山雅史 ジュビロ磐田

出典[編集]

  1. ^ 2002 Jリーグ ディビジョン1 2nd 得点順位表 【第15節】”. J. League Data Site. 2018年1月30日閲覧。