マルコス・パウロ・ソウザ・リベイロ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
この名前は、ポルトガル語圏の人名慣習に従っています。第一姓(母方の)はソウザ第二姓(父方の)はリベイロです。
マルコス Football pictogram.svg
名前
本名 マルコス・パウロ・ソウザ・リベイロ
カタカナ マルコス
ラテン文字 MARCOS Paulo Souza Ribeiro
基本情報
国籍 ブラジルの旗 ブラジル
生年月日 (1974-03-21) 1974年3月21日(45歳)
出身地 ブラジル
身長 189cm
体重 75kg
選手情報
ポジション FW
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

マルコス(MARCOS)ことマルコス・パウロ・ソウザ・リベイロ(MARCOS Paulo Souza Ribeiro、1974年3月21日- )はブラジル出身の元プロサッカー選手サッカー代理人。現役時代は主にフォワードとしてプレーした。

来歴[編集]

2001年に来日すると1年目からゴールを量産、ベガルタ仙台をJ1昇格に導き、この年のJ2得点王に輝いた。J1昇格した翌2002年もゴールを量産したが、2003年以降は度重なる故障で満足に働けず、同年夏に登録抹消→2004年に再登録されるも6月に契約を解除された。警告・退場が多いのが欠点だった。なお、退団時ホームゲームの前に行われた退団セレモニーではベガルタ仙台およびサポーターへあふれんばかりの感謝の気持ちを述べ、多くの人が涙した。サポーターに愛された外国人選手の一人。

現在は現役を引退し、第二の人生としてサッカー選手の代理人を務めている。2009年から2年間仙台でプレーしたDFエリゼウは契約選手の一人。

仙台時代の応援歌の原曲はHi-STANDARDの『Saturday Night』。

ベガルタ仙台退団セレモニー[編集]

ベガルタ仙台退団時、サポーターに向けたマルコスのスピーチは以下のとおりである。

「みなさん、長い間マルコスを応援ありがとうございました!仙台サポーターすばらしい!仙台スタジアムすばらしい!マルコスはベガルタ仙台思い出たくさん。ベガルタサポーター親切ありがとう。こんなによくしていただいて感謝です。ベガルタ仙台に神様のご加護がありますように。サポーターのみなさんありがとう!!」

所属クラブ[編集]

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度クラブ背番号リーグ リーグ戦 リーグ杯オープン杯 期間通算
出場得点 出場得点出場得点 出場得点
ブラジル リーグ戦 ブラジル杯オープン杯 期間通算
1991 ボタフォゴ 0 0
1992 0 0
1993 9 0
1994 0 0
1995 0 0
1996 ジョインヴィレ
1997 グレミオ
1997 クリシューマ 7 1
1998
1999 ジョインヴィレ
2000 バイーア 6 0
日本 リーグ戦 リーグ杯天皇杯 期間通算
2001 仙台 9 J2 40 34 0 0 3 3 43 37
2002 J1 24 18 2 0 0 0 26 18
2003 3 3 3 1 - 6 4
2004 J2 1 0 - - 1 0
ブラジル リーグ戦 ブラジル杯オープン杯 期間通算
2005 ジョインヴィレ
2006
2007
通算 ブラジル
日本 J1 27 21 5 1 0 0 32 22
日本 J2 41 34 0 0 3 3 44 37
総通算

個人タイトル[編集]