パウロ・アントニオ・デ・オリベイラ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
パウリーニョ Football pictogram.svg
名前
本名 パウロ・アントニオ・デ・オリベイラ
Paulo Antônio De Oliveira
愛称 パウちゃん
カタカナ パウリーニョ
ラテン文字 Paulinho
基本情報
国籍 ブラジルの旗 ブラジル
生年月日 (1982-07-16) 1982年7月16日(34歳)
出身地 マットグロッソ州クイアバー市
身長 168cm
体重 62kg
選手情報
ポジション FW (ST, WG)
利き足 左足
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2001-2004 ブラジルの旗 アトレチコ-MG 56 (11)
2004 アラブ首長国連邦の旗 アル・アハリ (loan) 0 (0)
2004 メキシコの旗 ドラドス英語版 (loan) 13 (4)
2005-2009 日本の旗 京都サンガF.C. 127 (66)
2009 ブラジルの旗 スポルチ・レシフェ 4 (1)
2010-2011 日本の旗 ヴァンフォーレ甲府 61 (24)
2012-2013 日本の旗 ガンバ大阪 40 (14)
2015 ブラジルの旗 トゥピFC 0 (0)
2015-2016 日本の旗 大分トリニータ 2 (1)
1. 国内リーグ戦に限る。2016年11月27日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

パウリーニョことパウロ・アントニオ・デ・オリベイラ (ポルトガル語: Paulo Antônio De Oliveira1982年7月16日 - )は、ブラジルマットグロッソ州出身のプロサッカー選手ポジションフォワード

来歴[編集]

ボリビアと国境を接するブラジル中西部マット・グロッソ州の出身。18歳の頃にミナスジェライス州アトレチコ・ミネイロでプロデビュー。2004年にはサウジアラビアアル・アハリに、次いでメキシコドラドス・デ・シナロア英語版レンタル移籍する。この年、U-23ブラジル代表に選出されるも、最終的にアテネ五輪のメンバーには選ばれなかった。

2005年J2京都パープルサンガに完全移籍で加入し、エースとしてJ1昇格に大きく貢献。リーグ戦22得点を挙げ、J2得点王に輝いた。2006年は、初めてのJ1で得点ランク11位の14得点を記録。2007年には外国籍選手ながら京都の副キャプテンに指名され、J2に降格したチームを再びJ1に昇格させることに尽力する。個人としてもリーグ戦24得点(得点ランク3位)の活躍をみせた。

2008年、開幕早々の4月にアキレス腱断裂の重傷を負い、年内復帰が難しいことから6月に選手登録を抹消される。10月15日に再来日し、練習を再開する。

2009年は再び選手登録され、復活が期待されたが、起用法に悩まされ徐々に出場機会を失っていった。そして9月2日、スポルチ・レシフェへ1年契約で完全移籍した[1]。パウリーニョ獲得はJリーグで指揮を執った元大分トリニータ監督のシャムスカたっての希望といわれる[2][3]。しかし、スポルチでも出場機会に恵まれず、ブラジル全国選手権セリエAでは4試合出場で1得点に終わり、シャムスカの辞任したチームは結局セリエBに降格した。12月31日、契約満了でスポルチ・レシフェを退団。

2010年、J2のヴァンフォーレ甲府へ完全移籍した[4]。J2得点王に輝いたハーフナー・マイクと共に甲府の攻撃を牽引し、自身も14得点(得点ランク5位)を挙げて、J1昇格に貢献した。2011年もJ1で5シーズンぶりとなる2桁得点を挙げたが、クラブは16位の成績で1年でJ2へ降格した。

2012年ガンバ大阪に完全移籍で加入した[5][6]。G大阪では主にスーパーサブとして起用され、チーム3位の8得点を記録したがチームは17位に終わりJ2へ降格した。2013年は序盤こそスタメンで起用される機会は多かったものの、中盤以降は怪我に悩まされ、最終的に出場数はリーグ戦半数以下に留まった。シーズン終了後、契約満了に伴いG大阪を退団[7]

2015年1月、トゥピFCに1年のブランクを経て入団。 2002年に同じミナスジェライス州を本拠とする、アトレチコ-MGの新星としてキャリアが始まった事を紹介される[8]。 2ヶ月の練習参加を経て練習試合でも得点を取りアピールに成功。9月16日大分トリニータと契約を交わした[9]

人物・エピソード[編集]

  • 来日してから時間が経過したこともあり、日本語をだいぶ覚えたようである。以前は単語のみであったが、フレーズも覚えている。京都時代のお気に入りは、当時チームメイトだった田村仁崇から習った「機動戦士ガンダムアムロ・レイの台詞「ぶったね、親父にもぶたれたこと無いのに!」と秋田豊の口癖「やるやるとは聞いてたけども!」のふたつ[10]
  • ブラジル代表のロビーニョとはU-23ブラジル代表の時のチームメイトであり「ジャヴァン(ブラジルの人気歌手)」とアフロヘアをからかわれていた[11]
  • 京都時代の愛車は日産・ムラーノ350XV ホワイトパール(PZ50)であった。

所属クラブ[編集]

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度 クラブ 背番号 リーグ リーグ戦 リーグ杯 オープン杯 期間通算
出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点
ブラジル リーグ戦 ブラジル杯 オープン杯 期間通算
2001 アトレチコ-MG セリエA 0 0 0 0
2002 11 19 5 19 5
2003 30 6 30 6
2004 7 0 7 0
サウジアラビア リーグ戦 リーグ杯 オープン杯 期間通算
2004 アル・アハリ サウジ・プロ 0 0 0 0
メキシコ リーグ戦 コパMX オープン杯 期間通算
2004 ドラドス英語版 17 1部 13 4 13 4
日本 リーグ戦 リーグ杯 天皇杯 期間通算
2005 京都 10 J2 32 22 - 0 0 32 22
2006 J1 31 14 6 1 1 1 38 16
2007 J2 43 24 - 0 0 43 24
2008 J1 4 1 1 0 - 4 1
2009 20 17 5 4 0 - 21 5
ブラジル リーグ戦 ブラジル杯 オープン杯 期間通算
2009 スポルチ 43 セリエA 4 1 4 1
日本 リーグ戦 リーグ杯 天皇杯 期間通算
2010 甲府 15 J2 33 14 - 1 0 34 14
2011 10 J1 28 10 2 0 1 1 31 11
2012 G大阪 11 21 8 1 0 2 0 24 8
2013 J2 19 6 - 0 0 19 6
ブラジル リーグ戦 ブラジル杯 オープン杯 期間通算
2015 トゥピ 32 セリエC 0 0
日本 リーグ戦 リーグ杯 天皇杯 期間通算
2015 大分 43 J2 2 1 - 0 0 2 1
2016 11 J3 0 0 - 1 0 1 0
通算 ブラジル セリエA 60 12 60 12
サウジアラビア プレミア 0 0 0 0
メキシコ 1部 13 4 13 4
日本 J1 101 38 14 1 4 2 119 42
日本 J2 129 67 - 1 0 130 67
日本 J3 0 0 - 1 0 1 0
総通算
国際大会個人成績 FIFA
年度 クラブ 背番号 出場 得点 出場 得点
AFC ACL クラブW杯
2012 G大阪 11 3 0 -
通算 AFC 3 0 0 0

その他の公式戦

出場歴[編集]

タイトル[編集]

クラブ[編集]

京都サンガF.C.
ガンバ大阪
大分トリニータ

個人[編集]

  • J2リーグ得点王:1回 (2005年)

代表歴[編集]

脚注[編集]

  1. ^ パウリーニョ選手 スポルチ・レシフェ(ブラジル)へ移籍のお知らせ
  2. ^ 京都新聞2009年9月2日
  3. ^ Chamusca tem uma dúvida para duelo contra Galo Gazeta Esportiva (ポルトガル語) 2009年8月29日閲覧
  4. ^ パウリーニョ選手 加入内定のお知らせ VENTFORET KOFU - Official Web site 2010年1月15日閲覧
  5. ^ パウリーニョ選手 ガンバ大阪へ移籍のお知らせ VENTFORET KOFU - Official Web site、2011年12月28日
  6. ^ FWパウリーニョ選手 ガンバ大阪へ完全移籍のお知らせ ガンバ大阪オフィシャルサイト、2011年12月28日
  7. ^ パウリーニョ選手 契約満了のお知らせ ガンバ大阪オフィシャルサイト、2013年11月18日
  8. ^ Paulinho reconhece emoção em reencontrar o Atlético hojeemdia.com、 2015年1月27日
  9. ^ “パウリーニョ選手 加入のお知らせNEW” (プレスリリース), 大分トリニータ, (2015年9月16日), http://www.oita-trinita.co.jp/news/detail/index_1_3918.php 2015年9月16日閲覧。 
  10. ^ Oka's Room(2007/02/09付) MinobeNaohiko.com
  11. ^ 京都からロビーニョへエール/ビバW杯 日刊スポーツ、2006年6月20日

関連項目[編集]

外部リンク[編集]