2009年のJリーグ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Jリーグ > 2009年のJリーグ
2009年のJリーグ
J1
期間 2009年3月7日 - 12月5日
優勝 鹿島アントラーズ
降格 柏レイソル
大分トリニータ
ジェフユナイテッド市原・千葉
J2
期間 2009年3月7日 - 12月5日
昇格 ベガルタ仙台
セレッソ大阪
湘南ベルマーレ
ヤマザキナビスコカップ
2008
2010

2009年Jリーグは、J1リーグ、J2リーグともに2009年3月7日に開幕、12月5日に閉幕した。

J2リーグのクラブ数が18に達したことにより、前年まで開催されていたJ1・J2入れ替え戦は廃止。J1リーグ下位3クラブとJ2リーグ上位3クラブによる自動入れ替え方式に変更され、J1リーグ・J2リーグ各18クラブずつの計36クラブが参加して行われた。この年よりJリーグ主催だったJサテライトリーグが廃止された。

J1リーグでの優勝は鹿島アントラーズ、J2リーグでの優勝はベガルタ仙台であった。

J1[編集]

2009年シーズンのJ1は、J2から昇格したサンフレッチェ広島モンテディオ山形を加えた18クラブにより争われた。

J1順位表[編集]

順位 クラブ名 勝点 得点 失点 備考
1 鹿島アントラーズ 66 20 6 8 51 30 +21 ACL2010出場権・優勝
2 川崎フロンターレ 64 19 7 8 64 40 +24 ACL2010出場権
3 ガンバ大阪 60 18 6 10 62 44 +18
4 サンフレッチェ広島 56 15 11 8 53 44 +9 ACL2010出場権(繰り上げ)
5 FC東京 53 16 5 13 46 38 +8
6 浦和レッズ 52 16 4 14 43 43 0
7 清水エスパルス 51 13 12 9 44 41 +3
8 アルビレックス新潟 50 13 11 10 42 31 +11
9 名古屋グランパス 50 14 8 12 46 42 +4
10 横浜F・マリノス 46 11 13 10 43 37 +6
11 ジュビロ磐田 41 11 8 15 50 60 -10
12 京都サンガF.C. 41 11 8 15 35 47 -12
13 大宮アルディージャ 39 9 12 13 40 47 -7
14 ヴィッセル神戸 39 10 9 15 40 48 -8
15 モンテディオ山形 39 10 9 15 32 40 -8
16 柏レイソル 34 7 13 14 41 57 -16 J2自動降格
17 大分トリニータ 30 8 6 20 26 45 -19
18 ジェフユナイテッド千葉 27 5 12 17 32 56 -24

J2[編集]

2009年シーズンのJ2は、J1から降格した東京ヴェルディコンサドーレ札幌と、前シーズンの日本フットボールリーグ(JFL)から昇格した栃木SCカターレ富山ファジアーノ岡山の3クラブを加えた18クラブにより争われた。

J2順位表[編集]

順位 クラブ名 勝点 得点 失点 備考
1 ベガルタ仙台 106 32 10 9 87 39 +48 J1自動昇格
2 セレッソ大阪 104 31 11 9 100 53 +47
3 湘南ベルマーレ 98 29 11 11 84 52 +32
4 ヴァンフォーレ甲府 97 28 13 10 76 46 +30
5 サガン鳥栖 88 25 13 13 71 51 +20
6 コンサドーレ札幌 79 21 16 14 74 61 +13
7 東京ヴェルディ 74 21 11 19 68 61 +7
8 水戸ホーリーホック 73 21 10 20 70 79 -9
9 徳島ヴォルティス 72 19 15 17 67 52 +15
10 ザスパ草津 65 18 11 22 64 76 -12
11 アビスパ福岡 65 17 14 20 52 71 -19
12 FC岐阜 62 16 14 21 62 72 -10
13 カターレ富山 61 15 16 20 48 58 -10
14 ロアッソ熊本 58 16 10 25 66 82 -16
15 愛媛FC 47 12 11 28 54 80 -26
16 横浜FC 44 11 11 29 43 70 -27
17 栃木SC 37 8 13 30 38 77 -39
18 ファジアーノ岡山 36 8 12 31 40 84 -44

入れ替え[編集]

J1→J2[編集]

J1リーグ16位の柏レイソル、17位の大分トリニータ、18位のジェフユナイテッド千葉がJ2リーグへ降格した。

J2→J1[編集]

J2リーグ優勝のベガルタ仙台、2位のセレッソ大阪、3位の湘南ベルマーレがJ1リーグへの昇格をした。

表彰[編集]

受賞者
最優秀選手賞 日本の旗 小笠原満男鹿島アントラーズ
得点王 日本の旗 前田遼一ジュビロ磐田
新人王 日本の旗 渡辺千真横浜F・マリノス
最優秀監督賞 ブラジルの旗 オズワルド・オリヴェイラ(鹿島アントラーズ)
優秀主審賞 日本の旗 西村雄一
優秀副審賞 日本の旗 相樂亨
フェアプレー賞 高円宮杯 ジュビロ磐田
J1フェアプレー賞 モンテディオ山形
J2フェアプレー賞 ベガルタ仙台
フェアプレー個人賞 日本の旗 川島永嗣川崎フロンターレ
日本の旗 服部公太サンフレッチェ広島
Jリーグベストピッチ賞 東北電力ビッグスワンスタジアム
埼玉スタジアム2002
アウトソーシングスタジアム日本平
功労選手賞 日本の旗 小村徳男
日本の旗 加藤望
日本の旗 名波浩
日本の旗 福西崇史
日本の旗 森岡隆三
日本の旗 森島寛晃
チェアマン特別賞 ベガルタ仙台
最優秀育成クラブ賞 浦和レッドダイヤモンズ

ベストイレブン[編集]

ポジション 選手名 受賞回数 所属クラブ
GK 日本の旗 川島永嗣 川崎フロンターレ
DF 日本の旗 岩政大樹 3 鹿島アントラーズ
DF 日本の旗 内田篤人 2 鹿島アントラーズ
DF 日本の旗 田中マルクス闘莉王 6 浦和レッドダイヤモンズ
DF 日本の旗 長友佑都 FC東京
MF 日本の旗 小笠原満男 6 鹿島アントラーズ
MF 日本の旗 石川直宏 FC東京
MF 日本の旗 中村憲剛 4 川崎フロンターレ
MF 日本の旗 遠藤保仁 7 ガンバ大阪
FW 日本の旗 岡崎慎司 清水エスパルス
FW 日本の旗 前田遼一 ジュビロ磐田
  • 同賞が日本国籍を持っている選手で占められるのは史上初。

記録[編集]

  • J1リーグ通算14,000ゴール
中山博貴(京都サンガF.C.、2009年11月28日 - 第33節 vs浦和レッズ @西京極競技場)
  • J2リーグ通算8,000ゴール
大西容平(ヴァンフォーレ甲府、2009年10月4日 - 第43節 vs東京ヴェルディ @国立競技場)

Jリーグ準加盟[編集]

全て日本フットボールリーグ所属

第11回日本フットボールリーグの成績により4位・北九州(翌年「ギラヴァンツ北九州」に改名)のJ2入会が認められた。

[編集]


関連項目[編集]