ピーター・ウタカ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ピーター・ウタカ Football pictogram.svg
名前
本名 ピーター・マドゥアブチ・ウタカ
Peter Maduabuci Utaka
ラテン文字 Peter Utaka
基本情報
国籍 ナイジェリアの旗 ナイジェリア
 ベルギー
生年月日 (1984-02-12) 1984年2月12日(33歳)
出身地 エヌグ州エヌグ
身長 178cm
体重 79kg
選手情報
在籍チーム 日本の旗 FC東京
ポジション FW (CF, RWG)
背番号 9
利き足 右足
ユース
1997 ナイジェリアの旗 UNTHナイジェリア
1999-2000 クロアチアの旗 ディナモ・ザグレブ
2000-2004 ナイジェリアの旗 UNTHナイジェリア
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2003-2004 ベルギーの旗 マースメヘレン 35 (17)
2004-2007 ベルギーの旗 ウェステルロー 73 (12)
2007-2008 ベルギーの旗 ロイヤル・アントワープ 46 (26)
2008-2012 デンマークの旗 オーデンセ 108 (52)
2012-2013 中華人民共和国の旗 大連阿爾濱 43 (27)
2013-2014 中華人民共和国の旗 北京国安 25 (8)
2014 中華人民共和国の旗 上海申鑫 (loan) 12 (2)
2015-2016 日本の旗 清水エスパルス 28 (9)
2016 日本の旗 サンフレッチェ広島 (loan) 33 (19)
2017- 日本の旗 サンフレッチェ広島
2017- 日本の旗 FC東京 (loan)
代表歴2
2010-2012 ナイジェリアの旗 ナイジェリア 9 (3)
1. 国内リーグ戦に限る。2016年12月21日現在。
2. 2015年2月21日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

ピーター・マドゥアブチ・ウタカPeter Maduabuci Utaka, 1984年2月12日 - )は、ナイジェリアエヌグ出身の元同国代表プロサッカー選手FC東京所属。ポジションはフォワード(FW)。

来歴[編集]

クラブ[編集]

プロ入り[編集]

1984年にナイジェリアエヌグで生まれたウタカは、1997年に地元の大学病院・UNTHナイジェリア(University of Nigeria Teaching Hospital)でキャリアを始めた[1]。兄のジョン・ウタカと共にプレーすることになるが、程なくして兄がエジプトアラブ・コントラクターズSC英語版と契約すると、その後を追うように同じ町を拠点とするアル・イスマイリーSCのトライアルに参加[2]。その後、ヨーロッパでプレーしたい想いから、兄と兄の代理人の助けを借り、1999年の16歳の時にクロアチアNKディナモ・ザグレブの下部組織に入団。ディナモでは、後にクロアチア代表でプレーすることになるエドゥアルドとクラブが提供するアパートで共に生活をしたことから親交を結び、エドゥアルドがアーセナルFCへ移籍してからも連絡を取る仲になった[3]。それから1年後に古巣へ戻り2003年まで在籍した[2]

ベルギー時代[編集]

2003年にベルギー・セカンドディビジョンパトロ・アイスデン・マースメヘレン英語版と契約。マースメヘレンでの活躍が認められ、1部KVCウェステルローに引き抜かれた。2007年1月に2部のロイヤル・アントワープFCに加入するとすぐさま主力となり、翌シーズンは22得点で得点王となる活躍を見せ、チームをプレーオフ圏内の2位へ導いた。

デンマーク時代[編集]

2008年8月30日、デンマークオーデンセBKに移籍[4]。1年目で得点ランク4位タイとなる12得点を挙げ、2年目は33試合18得点で得点王に輝いた[5]。また、オーデンセの選手としては2004-05シーズンに20得点を挙げたシュテフェン・ホイヤー英語版以来の得点王となった。

中国時代[編集]

2012年1月、中国大連阿爾濱に移籍。 ハイペースで得点を重ね14節から23節までの10試合で12得点を記録する爆発力をみせた。最終的にチーム得点王となる20得点を挙げる。 2013年もゴールを量産すると同7月には同じく中国の北京国安に完全移籍。この際の移籍金は4億7000万円で、中国リーグ間での移籍金としては史上最高額となった。 しかし2014年は前年までの得点力が影を潜め、同7月に上海申鑫にレンタル移籍となるが、上海でも復調せず同シーズン計25試合で3得点と中国移籍後もっとも低調な年となった。

清水エスパルス[編集]

2015年2月、清水エスパルスへ完全移籍[6]。清水では攻撃の軸として28試合で9得点を記録したが、チームはJ2降格を喫した。

サンフレッチェ広島[編集]

2016年、サンフレッチェ広島へ期限付き移籍。移籍当初はシャドーのポジションでプレーしていたが、佐藤寿人から1トップのレギュラーの座を奪うと得点を量産してリーグ最速の10点を決め、19得点でヴィッセル神戸のレアンドロと共にJ1得点王に輝いた。なお、ベストイレブンには選出されなかった。得点王を獲得しながらも、ベストイレブンに選出されなかったのは、Jリーグでは1994年シーズンのジェフ市原フランク・オルデネビッツ以来、2人目である。

FC東京[編集]

2017年は得点王を獲得したことで年俸が高騰し、年齢が高いこともあって広島・清水両クラブとも契約更新が難航しており[7]、最終的に所有権を広島に移した上でFC東京に期限付き移籍することとなった[8]。2017年3月15日、ルヴァンカップ第1節のベガルタ仙台戦では移籍後初の途中出場から、PKを含む1得点1アシストの活躍をみせた。3月18日、4節の川崎フロンターレ戦では途中出場から1得点1アシストの活躍でリーグ戦デビューを飾り、2点にからむ活躍を見せた。

代表[編集]

2009年9月21日、2010 FIFAワールドカップ・アフリカ予選モザンビーク戦に向けてシェイブ・アモドゥ英語版監督に初招集されるも出番はなかった[9]。2010年3月3日のコンゴ民主共和国戦でラーシュ・ラーゲルベック監督の下ナイジェリア代表デビューを果たし、代表初得点となる先制点を挙げ5-2の勝利に貢献した[10]。また、この試合前にナイジェリアサッカー協会はウタカと連絡がつかなかったため、ウタカの母親に連絡をし招集の件を伝えてもらった[11]

2010年5月、2010 FIFAワールドカップに向け暫定30人のメンバーに兄と共にリスト入りしたが[12]、本大会のメンバーには兄だけが選ばれたため兄弟一緒にプレーすることは叶わなかった。

人物[編集]

兄のジョン・ウタカも同じくサッカー選手でナイジェリア代表としてもプレーしている。

個人成績[編集]

年度 クラブ 背番号 リーグ 出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点
ベルギー リーグ ベルギー杯 CL EL 期間通算
2003-04 マースメヘレン ドゥズィエーム 35 17 - -
2004-05 ウェステルロー 21 JPL 24 4 -
2005-06 9 30 5 -
2006-07 19 3 -
2006-07 Rアントワープ ドゥズィエーム 12 4 -
2007-08 11 24 22 -
デンマーク リーグ リーグ杯 デンマーク杯 CL EL 期間通算
2008-09 オーデンセBK 7 スーペルリーガ 27 12 - - 0 0 - 27 12
2009-10 33 18 - - 3 4 3 2 39 24
2010-11 32 14 - - 1 0 10 6 43 20
2011-12 16 8 - - 0 0 9 1 25 9
中国 リーグ リーグ杯 中国FAカップ ACL 期間通算
2012 大連阿爾濱 11 CSL 28 20 - - 1 0 - - 29 20
2013 15 7 - 0 0 - 15 7
北京国安 15 12 7 - - 3 4 0 0 15 11
2014 13 1 - - 0 0 7 3 20 4
上海申鑫 35 12 2 - - 1 2 - 13 4
日本 リーグ ルヴァン杯 天皇杯 ACL 期間通算
2015 清水 18 J1 28 9 1 0 0 0 - 29 9
2016 広島 9 33 19 2 0 1 1 2 0 38 20
2017 FC東京 0 0 -
合計 ベルギー2部 71 43
ベルギー1部 73 12
デンマーク 108 52 0 0 4 4 22 9 134 65
中国 80 37 0 0 5 6 7 3 92 46
日本 61 28 3 0 1 1 2 0 67 29
総通算 393 172 3 0 10 11 31 12 437 195

その他の公式戦

タイトル[編集]

チーム[編集]

サンフレッチェ広島

個人[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]