ジェイ・ボスロイド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ジェイ・ボスロイド Football pictogram.svg
Jay Bothroyd 012010.jpg
名前
愛称 ジェイ
カタカナ ジェイ・ボスロイド
ラテン文字 Jay Bothroyd
基本情報
国籍 イングランドの旗 イングランド
生年月日 1982年5月7日(34歳)
出身地 Flag of the City of London.svg ロンドン
イズリントン・ロンドン特別区イズリントン
身長 190cm
体重 89kg
選手情報
在籍チーム 日本の旗 ジュビロ磐田
ポジション FW
背番号 8
利き足 左足
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2000-2003 イングランドの旗 コヴェントリー 72 (14)
2003-2004 イタリアの旗 ACペルージャ 28 (5)
2004-2005 イングランドの旗 ブラックバーン (Loan) 11 (1)
2005-2006 イングランドの旗 チャールトン 18 (2)
2006-2008 イングランドの旗 ウルヴァーハンプトン 55 (12)
2008 イングランドの旗 ストーク・シティ (Loan) 4 (0)
2008-2011 ウェールズの旗 カーディフ・シティ 116 (41)
2011-2013 イングランドの旗 QPR 25 (3)
2012-2013 イングランドの旗 シェフィールド・W (Loan) 14 (1)
2014 タイ王国の旗 ムアントン・ユナイテッド 16 (6)
2015- 日本の旗 ジュビロ磐田 32 (20)
代表歴2
1999 イングランドの旗 イングランド U-16 2 (1)
2000-2001 イングランドの旗 イングランド U-18 2 (0)
2001-2002 イングランドの旗 イングランド U-20 2 (0)
2001 イングランドの旗 イングランド U-21 1 (1)
2010 イングランドの旗 イングランド 1 (0)
1. 国内リーグ戦に限る。2015年2月10日現在。
2. 2012年6月11日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

ジェイ・ボスロイドJay Bothroyd, 1982年5月7日 - )は、イングランドイズリントン出身の元同国代表サッカー選手。ポジションはフォワード。タイリーグやJリーグでの登録メンバー表記、及びユニフォーム名は”JAY”(ジェイ)

経歴[編集]

アーセナル下部組織出身(1998年 - 2000年)。イングランドU-16・18・19・21代表歴があるが、アーセナルのトップチームへの昇格は無かった。マーティン・キーオンは、アーセナルの若手として必要なものをすべて持っていたが、態度が悪く自信過剰な面があった事がトップ昇格へ繋がらなかったと語っている[1]。2000年にコヴェントリー・シティFCでプロ生活をスタート。カーディフ・シティFC在籍時の2010年フル代表に選ばれ、11月17日親善試合フランス戦でデビュー。

2015年Jリーグジュビロ磐田へ完全移籍[2]。イングランド代表での出場経験のある選手のJリーグ加入は1993年 - 1994年名古屋グランパスエイトに在籍したゲーリー・リネカー以来2人目となる[3]。登録名は、ジェイ[4]3月8日に行われた開幕戦のギラヴァンツ北九州戦でJリーグ初ゴールを含む2得点を挙げ、チームの勝利に貢献した[5]8月8日に行われた京都サンガF.C.戦で来日初ハットトリックを達成した[6]。8月は、ハットトリックした試合を含め6得点を記録し、8月のJ2最優秀選手に選ばれた[7]。怪我もあり欠場する試合も多かったが、怪我でリハビリ中も決起集会を提案するなど試合以外でもチームに貢献[8]。10月25日に行われた第38節 ロアッソ熊本戦で得点を挙げ、自身初の1シーズン20得点を記録した[9]。2015年シーズンは32試合で20得点を挙げてJ2得点王にも輝き、ジュビロの3年ぶりのJ1復帰へ大きく貢献した。

2016年シーズン、開幕戦は怪我で欠場したが3月6日に行われた浦和レッズ戦で69分に途中出場でJ1デビューし、82分にJ1初ゴールを決めて、チームはJ1復帰後初白星を挙げた[10]

エピソード[編集]

  • 10人兄妹(7兄弟3姉妹)[11]
  • 2015年3月8日に行われた開幕戦のギラヴァンツ北九州戦でマン・オブ・ザ・マッチに選ばれ賞金10万を獲得したが、東日本大震災の復興支援に寄付し[12]、6月6日の対ツエーゲン金沢戦での賞金も寄付[13]、13日には被災地を訪問した。
  • 2015年8月8日に行われた京都サンガF.C.戦では、試合日の日付とジェイの背番号8をかけて「ジェイの日」と銘打って、試合が開催された[14]。来場者先着1万人にジェイの顔をかたどったお面が配られ、1点目を決めた際にはサポーターからお面を借りて自分のお面をつけるパフォーマンスをした。その後、2得点を挙げて「ジェイの日」に来日初ハットトリックを達成した。
  • 2016年3月8日に浦和戦でJ1初得点を挙げたジェイにかつてJリーグでプレーした元イングランド代表のリネカーがツイッターで「私よりもたくさんのゴールを決めてほしい。そんなに時間はかからないだろう。」という祝福の言葉を送っている[15]。リネカーはJリーグで4得点を挙げており、ジェイは1stステージ第6節・アルビレックス新潟戦で2得点を挙げ、リネカーの得点数を超えた。

所属クラブ[編集]

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度 クラブ 背番号 リーグ リーグ戦 リーグ杯 オープン杯 期間通算
出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点
イングランド リーグ戦 FLカップ FAカップ 期間通算
2000-01 コヴェントリーC 21 プレミア 8 0 1 0
2001-02 リーグ1 31 6 2 0
2002-03 33 8 3 2
イタリア リーグ戦 イタリア杯 オープン杯 期間通算
2003-04 ペルージャ 9 セリエA 26 5
2004-05 セリエB 2 0
イングランド リーグ戦 FLカップ FAカップ 期間通算
2004-05 ブラックバーン 27 プレミア 11 1 1 0
2005-06 チャールトン 38 18 2 3 1
2006-07 ウルヴァーハンプトン 10 チャンピオンシップ 33 9 0 0
2007-08 22 3 0 0
ストーク 29 4 0
2008-09 カーディフ 8 11 1 2 0
2009-10 9 40 11 2 1
2010-11 37 18 2 2
2011-12 QPR 10 プレミア 21 2 1 0
2012-13 シェフィールドW 24 チャンピオンシップ 14 1
2012-13 QPR 37 プレミア 4 1 0 0
タイ リーグ戦 リーグ杯 FA杯 期間通算
2014 ムアントン・U 9 タイ・プレミア 16 6 - - 16 6
日本 リーグ戦 ルヴァン杯 天皇杯 期間通算
2015 磐田 8 J2 32 20 - 0 0 32 20
2016 J1 2 1 0 0
通算 イングランド プレミア 62 6
イングランド リーグ1 64 14
イングランド チャンピオンシップ 161 42
イタリア セリエA 26 5
イタリア セリエB 2 0
タイ プレミア 16 6 - - 16 6
日本 J1 2 1 0 0 2 1
日本 J2 32 20 - 0 0 32 20
総通算 363 93

タイトル[編集]

個人

脚注[編集]

  1. ^ ボスロイドに可能性を感じていたキーオン”. GOAL (2010年11月16日). 2016年3月16日閲覧。
  2. ^ “ジェイ・ボスロイド選手の加入内定について” (プレスリリース), ジュビロ磐田, (2015年2月10日), http://www.jubilo-iwata.co.jp/newslist/detail/?nw_seq=4051 2015年2月10日閲覧。 
  3. ^ リネカー以来!磐田 元イングランド代表FWボスロイド加入を発表”. スポニチアネックス (2015年2月10日). 2015年2月10日閲覧。
  4. ^ 磐田、元イングランド代表FWジェイと正式契約「J1昇格信じる」/静岡直行便”. サンスポ (2015年2月27日). 2015年2月27日閲覧。
  5. ^ 元英代表FWジェイが衝撃の2ゴールデビュー…磐田が開幕戦を制す”. サッカーキング (2015年3月8日). 2015年3月8日閲覧。
  6. ^ ジュビロ磐田 ジェイ初ハットもドロー”. 中日新聞 (2015年8月9日). 2015年8月9日閲覧。
  7. ^ 8月のJ2最優秀選手は磐田のジェイ! J1は“ハマのメッシ”横浜FM齋藤”. フットボールチャンネル (2015年9月10日). 2015年9月10日閲覧。
  8. ^ 磐田J1復帰へ決起集会 リハビリ中ジェイが提案”. 日刊スポーツ (2015年11月12日). 2015年11月12日閲覧。
  9. ^ 磐田ジェイ20号&太田弾 9戦負けなし2位守る”. 日刊スポーツ (2015年10月26日). 2015年10月26日閲覧。
  10. ^ 磐田、ジェイの決勝ゴールで今季初白星…浦和は新婚・柏木の同点弾実らず”. サッカーキング (2016年3月6日). 2016年3月6日閲覧。
  11. ^ プロフィール”. ジュビロ磐田公式サイト. 2015年9月21日閲覧。
  12. ^ 磐田ジェイ MOM賞金、復興支援に寄付”. 日刊スポーツ (2015年3月13日). 2015年3月13日閲覧。
  13. ^ 磐田FWジェイ 自ら希望し被災地訪問「他の外国人選手も来てほしい」”. スポニチアネックス (2015年7月14日). 2015年7月14日閲覧。
  14. ^ 「ジェイの日」に来日初ハットも…磐田は3度のリードを守れず痛恨ドロー”. ゲキサカ (2015年8月8日). 2015年8月8日閲覧。
  15. ^ 磐田ジェイが英雄激励に決意「彼の記録を超える」”. 日刊スポーツ (2016年3月9日). 2016年4月19日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]