斎藤大輔

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
斎藤 大輔 Football pictogram.svg
名前
愛称 ダイスケ
カタカナ サイトウダイスケ
ラテン文字 SAITO Daisuke
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 1974年11月19日(41歳)
出身地 愛知県名古屋市
身長 182cm[1]
体重 78kg[1]
選手情報
ポジション DF
利き足 右足
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

斎藤 大輔(さいとう だいすけ、1974年11月19日 - )は、愛知県出身の元サッカー選手。大学時代は、ユニバーシアード日本代表にも選ばれている。中央大学法学部卒。

経歴[編集]

ともにスキーの国体選手という両親のあいだに生まれる[2]。小学2年生のときに千種少年団でサッカーを始め[2]、中学、高校年代では愛知FCに所属[2]。高校生のころよりディフェンダーとしてプレーするようになる[2]中央大学3年生時にはユニバーシアード日本代表の一員としてユニバーシアード福岡大会に出場、優勝した[2]

卒業後の1997年にガンバ大阪入り[2]。1年目から3バックのストッパーとしてレギュラーを確保して31試合に出場した[2][3]。しかし2年目以降は怪我もあり出場機会は減った[3]

2000年にG大阪からセレッソ大阪に期限付き移籍[2]、2001年に完全移籍[2]して同シーズンのキャプテンを任された[4]。チームは同年のJ1リーグで最下位に終わりJ2に降格した。

2002年5月、C大阪からJ1・ジェフユナイテッド市原(2005年以降はジェフユナイテッド市原・千葉)に移籍[5]、そのシーズンにリーグ戦18試合に出場してレギュラーの座を掴む[2]。2003年に就任したイビチャ・オシム監督にもストッパーとして起用され続け、2005年、2006年にヤマザキナビスコカップを連覇した。

2008年途中より千葉の監督に就任したアレックス・ミラーの下ではボランチとしても起用された[6]。2009年11月25日に同シーズン限りでの現役引退を発表した[7][1]

引退後は千葉のクラブスタッフ入りし、アカデミーとジェフリザーブズのコーチ、企画・地域部門担当[8]、チーム統括[9]を歴任している。

所属クラブ[編集]

ユース経歴
プロ経歴

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度 クラブ 背番号 リーグ リーグ戦 リーグ杯 オープン杯 期間通算
出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点
日本 リーグ戦 ルヴァン杯 天皇杯 期間通算
1996 中大 - - - 2 1 2 1
1997 G大阪 3 J 31 0 3 0 3 0 37 0
1998 18 0 4 0 1 0 23 0
1999 J1 14 0 4 0 1 0 19 0
2000 C大阪 15 27 3 3 0 2 0 32 3
2001 3 28 2 2 0 5 0 35 2
2002 J2 6 0 - - 6 0
市原 32 J1 18 2 0 0 4 0 22 2
2003 J1 28 1 4 0 3 0 35 1
2004 3 25 1 5 1 1 1 31 3
2005 千葉 33 1 8 1 1 0 42 2
2006 28 1 9 0 0 0 32 1
2007 27 1 3 0 1 0 29 1
2008 13 1 5 1 0 0 18 2
2009 12 2 5 0 0 0 17 2
通算 日本 J1 313 15 58 3 25 2 362 20
日本 J2 6 0 - - 6 0
日本 - - 2 1 2 1
総通算 319 15 58 3 27 3 370 21

その他の国際公式戦

チームタイトル[編集]

ジェフユナイテッド市原・千葉

代表歴[編集]

指導歴[編集]

関連項目[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b c 斎藤大輔選手 現役引退のお知らせ(09.11.25)”. J’s GOALアーカイブ. Jリーグ.jp (2009年11月25日). 2015年12月3日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g h i j 「ウイークリー・インタビュー『止める・蹴る・しゃべる』 斎藤大輔(市原)」『週刊サッカーマガジン』ベースボール・マガジン社、2003年9月2日号 NO.937、57-59頁。
  3. ^ a b 『ガンバ大阪20年史』 ベースボール・マガジン社、2011年、48頁。
  4. ^ 記者会見のコメントについて - ウェイバックマシン(2005年3月10日アーカイブ分)
  5. ^ 斎藤大輔選手の移籍のお知らせ - ウェイバックマシン(2005年3月15日アーカイブ分)
  6. ^ 『2008Jリーグ総集編』 日本スポーツ企画出版社、2008年、123頁。
  7. ^ 千葉DF斎藤が引退J1通算313試合出場”. nikkansports.com (2009年11月25日). 2015年12月3日閲覧。
  8. ^ キャンプ地石垣島にて「夢の教室」実施”. ジェフユナイテッド市原・千葉 (2012年2月1日). 2015年12月3日閲覧。
  9. ^ ジェフユナイテッド市原・千葉レジェンドマッチ開催について”. ジェフユナイテッド市原・千葉 (2015年9月24日). 2015年12月3日閲覧。

外部リンク[編集]