松波正信

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
松波 正信 Football pictogram.svg
名前
愛称 ミスターガンバ
カタカナ マツナミ マサノブ
ラテン文字 MATSUNAMI Masanobu
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1974-11-21) 1974年11月21日(44歳)
出身地 日本の旗 岐阜県岐阜市
身長 180cm
体重 76kg
選手情報
ポジション FW
利き足 右足
ユース
加納西小学校
1987-1989 境川中学校
1990-1992 帝京高等学校
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1993-2005 ガンバ大阪 280 (45)
代表歴
日本の旗 日本U-14/15
日本の旗 日本U-18
日本の旗 日本U-21/22/23
1994 日本の旗 日本 0 (0)
監督歴
2012 ガンバ大阪
2014-2015 ガイナーレ鳥取
1. 国内リーグ戦に限る。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

松波 正信(まつなみ まさのぶ、1974年11月21日 - )は、岐阜県岐阜市出身の元サッカー選手、サッカー指導者。現役時代のポジションフォワード(FW)

来歴[編集]

選手時代[編集]

岐阜県岐阜市出身。帝京高等学校時代の2年生次で出場した第70回全国高校サッカー選手権では7得点を挙げ大会得点王に輝き、同校を優勝に導いた大型ストライカーとして注目を集めた。3年時に一旦は大学進学を決めていたが、現地観戦した第1回ナビスコカップで盛り上がりを目のあたりをしてプロ入りを決断する[1]。開幕したばかりのJリーグの4クラブ(名古屋グランパスエイト鹿島アントラーズジェフユナイテッド市原[2])からオファーがあり、ガンバ大阪に加入。クラブ史上初めて入団会見が開かれた選手となった[3]

1993年5月22日のサントリーシリーズ第3節ジェフユナイテッド市原戦で70分から途中出場し、Jリーグ公式戦に初出場[4]。6月9日、サントリーシリーズ第11節サンフレッチェ広島戦で初先発、初得点を記録[3]。このゴールはJリーグ通算100ゴールとなった。以後、ルーキーながらコンスタント出場機会を掴み、リーグ戦29試合出場で7得点をマーク。19歳の誕生日前日の11月20日市原臨海競技場で行われたNICOSシリーズ第14節ジェフユナイテッド市原戦でキックオフから延長までフルタイム出場しハットトリックを達成、3点目は延長前半のサドンデス(Vゴール)であった。18歳と364日でのハットトリック達成は、現在もJ1リーグの最年少記録である[5][6](J2では2012年10月21日東京ヴェルディ中島翔哉が18歳59日でハットトリックを達成している)。 1994年Jリーグサントリーシリーズ第17節の平塚競技場で同年からJリーグ正会員となった湘南ベルマーレ戦で延長含めフルタイム出場し後半同点ゴールでJリーグ マン・オブ・ザ・マッチ選出、ファルカン監督時代の同年には、A代表にも選出されたが、怪我の為に辞退。結局以後の招集は無く、国際Aマッチへの出場はなかった。

1996年アトランタオリンピックではバックアップメンバーとして選出される。1997年にはパトリック・エムボマと2トップを組み、多くのチャンスを演出し、自身も初のリーグ戦2桁ゴールを挙げた。

以後、成績面では期待通りの活躍とまでいかなかったものの、年を追うごとに主に試合終盤に投入されるスーパーサブとしてチーム内で強烈な存在感を見せ、“ミスターガンバ”[7]としてサポーターから親しまれた。

ジェフユナイテッド千葉とのナビスコカップ決勝を翌日に控えた2005年11月4日、同シーズン限りでの現役引退を表明[8][9]。12月4日のJ1最終節川崎フロンターレ戦では、後半29分から途中出場し、クラブ初タイトルとなるリーグ優勝の瞬間をピッチ上で迎えた[10]

指導者時代[編集]

引退後の2006年からガンバ大阪ユースチームのコーチに就任し、2008年S級ライセンス取得講習に専念する島田貴裕に替わってユースチームの監督に昇格し、第16回Jユースカップではガンバ大阪ユースを6年ぶりの優勝に導いた。2009年はS級ライセンスを取得した島田がユース監督に復帰し、自身はコーチ職に戻った。この年、自身もS級ライセンスを取得。

2010年、ガンバ大阪トップチームのコーチに就任し、2年間西野朗の下でトップチームを指導した。

2012年3月26日、成績不振により解任されたジョゼ・カルロス・セホーンの後任として、クラブOB初・クラブ最年少でガンバ大阪監督に就任[11]。しかし、前監督からの悪い流れを断ち切れず、中盤以降はやや持ち直したものの最終節の磐田戦に敗れクラブ初のJ2降格となってしまった。期待された結果が出ず、今後の変化の期待も薄かったことから[12] シーズン終了後に解任が決まり、新設された初代ガンバサダーに就任[13]

2014年ガイナーレ鳥取の監督に就任[14]。2015年シーズン終了後、監督を退任[15]

2016年セレッソ大阪U-18のコーチに就任[16]

2018年よりガンバ大阪のアカデミーダイレクターに就任[17][18]。同年1月6日、ガンバ大阪選手OB会が正式に発足し、初代会長に就任[19]。同年8月、辞任した梶居勝志の後任として、アカデミーダイレクターとの兼任で強化アカデミー部長に就任した[20][21]

人物・エピソード[編集]

  • プロ入りまで関西に縁がなかった松波がガンバ大阪を選んだ理由は、帝京高校の先輩で当時ガンバに在籍していた礒貝洋光を慕ってのことである。また当時の監督で元日本代表のストライカーだった釜本邦茂から「お前を日本一のFWに育ててやる」と口説かれた事と当時のJリーグを代表するFW永島昭浩がガンバに居た事も入団の決め手となった。
  • 1997-1998年モデルのユニフォーム(スタンドカラーが特徴)になって以降、エリック・カントナよろしくユニフォームの襟を立てて着るのがトレードマークとなっていた[22]。ユニフォームの襟がなくなった2003年以降は特製の襟付きアンダーシャツを着用し、審判団に睨まれつつもそのスタイルを守り通した。
  • かつて自身のホームページ上に「俳句道場」というコーナーを持っており、ファンからの秀逸な俳句、川柳を掲載していた。最終回では、全投稿分をコメントつきで掲載した。

所属クラブ[編集]

ユース経歴
プロ経歴

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度クラブ背番号リーグ リーグ戦 リーグ杯オープン杯 期間通算
出場得点 出場得点出場得点 出場得点
日本 リーグ戦 リーグ杯天皇杯 期間通算
1993 G大阪 - J 29 7 4 1 1 2 34 10
1994 21 4 0 0 4 0 25 4
1995 15 0 - 4 0 19 0
1996 20 5 12 3 4 2 36 10
1997 11 32 13 6 1 3 0 41 14
1998 25 1 2 0 0 0 27 1
1999 24 J1 23 5 4 0 0 0 27 5
2000 29 4 4 2 4 0 37 6
2001 26 1 4 4 3 1 33 6
2002 11 23 5 6 0 1 0 30 5
2003 17 0 4 1 2 1 23 2
2004 9 0 2 0 1 1 12 1
2005 11 0 5 2 2 1 18 3
通算 日本 J1 280 45 53 14 25 8 358 67
総通算 280 45 53 14 25 8 358 67

代表歴[編集]

指導歴[編集]

  • 2006年 - 2013年 ガンバ大阪
    • 2006年 - 2007年 ユース:コーチ
    • 2008年 ユース:監督
    • 2009年 ユース:コーチ
    • 2010年 - 2012年 トップチーム:コーチ
    • 2012年 トップチーム:監督
    • 2013年 アンバサダー(ガンバサダー)
  • 2014年 - 2015年 ガイナーレ鳥取監督
  • 2016年 - 2017年 セレッソ大阪U-18:コーチ
  • 2018年 - ガンバ大阪
    • 2018年 - アカデミーダイレクター
    • 2018年8月 - 強化アカデミー部長

監督成績[編集]

年度 クラブ 所属 リーグ戦 カップ戦 備考
順位 勝点 試合 ナビスコ杯 天皇杯 ACL
2012 G大阪 J1 17位 38 31 9 11 11 ベスト8 準優勝 グループリーグ 就任(4節)以降の成績
2014 鳥取 J3 4位 53 33 14 11 8 - 2回戦 -
2015 6位 50 36 14 8 14 - 2回戦 -
総通算 - - 100 37 30 33 - - - -

タイトル[編集]

選手[編集]

ガンバ大阪

指導者[編集]

ガンバ大阪ユース

脚註[編集]

  1. ^ 「永島 昭浩 × 松波 正信 ストライカーが語るガンバ大阪の20年」 『ガンバ大阪20年史』 ベースボール・マガジン社、2011年、24-27頁。
  2. ^ 「Jリーグ・エクスプレス」 『サッカーマガジン』 ベースボール・マガジン社、1993年4月4日号 No.412、118頁。
  3. ^ a b 高村美砂 (2005年11月30日). “【今、大阪のJがアツい】“ミスターガンバ”松波正信の13年。”. J’s GOAL. https://www.jleague.jp/jsgoal_archive/jsgoal/detail.php?press_code=00026857 2018年10月17日閲覧。 
  4. ^ J. League Data Site”. Jリーグ. 2018年10月17日閲覧。
  5. ^ “東京V高3中島がJ最年少ハット/J2”. nikkansports.com. (2012年10月22日). https://www.nikkansports.com/soccer/news/p-sc-tp1-20121022-1035900.html 2018年10月17日閲覧。 
  6. ^ “Jリーグ最年長ハットトリック達成者はあの人! なんと40歳で偉業を達成!!”. フットボールチャンネル. (2013年10月4日). https://www.footballchannel.jp/2013/10/04/post9226/ 2018年10月17日閲覧。 
  7. ^ G大阪、セホーン監督の解任を発表…後任に“ミスターガンバ”松波氏 - ウェイバックマシン(2012年3月27日アーカイブ分) SOCCER KING、2012年3月26日
  8. ^ “FW松波正信選手 今季限りでの現役引退表明”. ガンバ大阪. (2005年11月4日). https://www.jleague.jp/jsgoal_archive/official/detail.php?press_code=00025690 2018年10月17日閲覧。 
  9. ^ 高村美砂. “【ヤマザキナビスコカップ:決勝 千葉 vs G大阪 G大阪プレビュー】『みんなを信じ、自分を信じて』G大阪イレブンが国立に立つ!”. J’s GOAL (2005-11-04). https://www.jleague.jp/jsgoal_archive/jsgoal/detail.php?press_code=00025706 2018年10月17日閲覧。 
  10. ^ G大阪松波、最高の花道/J1 - ウェイバックマシン(2007年4月25日アーカイブ分) なにわWEB 大阪日刊スポーツ新聞社 (2005年12月4日)
  11. ^ “ガンバ大阪 コーチングスタッフの解任ならびに新コーチングスタッフ体制の発表 ならびに強化本部長の辞任について”. ガンバ大阪オフィシャルサイト. (2012年3月26日). オリジナル2013年6月27日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20130627125533/http://www.gamba-osaka.net/news/news_detail.php?id=3816 2012年3月26日閲覧。 
  12. ^ 『輪になれナニワ:ガンバ大阪の光輝と蹉跌』 小学館、2013年、18頁。
  13. ^ “ガンバ大阪 松波正信監督の退任について”. ガンバ大阪オフィシャルサイト. (2013年1月1日). オリジナル2013年1月7日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20130107002753/http://www.gamba-osaka.net:80/news/news_detail.php?id=4495 2013年1月1日閲覧。 
  14. ^ “松波 正信氏 監督就任のお知らせ”. ガイナーレ鳥取オフィシャルサイト. (2013年12月26日). http://www.gainare.co.jp/news/detail/23824/ 2013年12月26日閲覧。 
  15. ^ “松波 正信監督 来季の契約について”. ガイナーレ鳥取オフィシャルサイト. (2015年11月22日). http://www.gainare.co.jp/news/detail/31578/ 2015年12月6日閲覧。 
  16. ^ “松波 正信氏 セレッソ大阪U-18コーチ就任のお知らせ”. セレッソ大阪オフィシャルサイト. (2016年3月14日). https://www.cerezo.jp/news/2016-03-14/ 2016年3月14日閲覧。 
  17. ^ 松波正信氏 ガンバ大阪アカデミースタッフ就任のお知らせ ガンバ大阪 2017年12月28日
  18. ^ 川原崇 (2018年1月25日). “「この仕事にやりがいを感じている」古巣に舞い戻ったミスターガンバの波乱万丈”. サッカーダイジェストWeb. http://www.soccerdigestweb.com/news/detail/id=35063 2018年10月17日閲覧。 
  19. ^ ガンバ大阪の選手OB会が発足…会長の松波正信氏「恩返ししていければ」 soccer-king
  20. ^ “強化体制変更のお知らせ” (プレスリリース), ガンバ大阪, (2018年8月8日), http://www.gamba-osaka.net/news/index/no/8239/ 2018年10月17日閲覧。 
  21. ^ 飯間 健 (2018年8月9日). “松波新GM誕生! ふたりの“ミスター”が舵を取る新生ガンバ、その期待と不安”. サッカーダイジェストWeb. http://www.soccerdigestweb.com/news/detail/id=45371 2018年10月17日閲覧。 
  22. ^ 5連敗セホーン監督解任! J最年少・松波監督で立て直し…G大阪 - ウェイバックマシン(2012年9月20日アーカイブ分) スポーツ報知、2012年3月27日

関連項目[編集]

外部リンク[編集]