中島翔哉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
中島 翔哉 Football pictogram.svg
名前
カタカナ ナカジマ ショウヤ
ラテン文字 NAKAJIMA Shoya
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 1994年8月23日(21歳)
出身地 東京都八王子市[1]
身長 164cm
体重 64kg
選手情報
在籍チーム 日本の旗 FC東京
ポジション MF[2]FW[3]
背番号 39
利き足 [1][4]
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2012-2013 東京ヴェルディ 29 (6)
2014- FC東京 5 (0)
2014 カターレ富山 (Loan) 28 (2)
2014-2015 Jリーグ・アンダー22選抜 3 (0)
代表歴
2011  日本 U-17
2013  日本 U-19
2014-  日本 U-21/22
1. 国内リーグ戦に限る。2014年12月25日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

中島 翔哉(なかじま しょうや、1994年8月23日 - )は、東京都出身のサッカー選手。JリーグFC東京所属。ポジションはMFFW

来歴[編集]

プロ入り前[編集]

6歳の時にサッカーを始める[4]。2004年より東京ヴェルディの下部組織に加入。2010年には東京都選抜の一員として国体で優勝。2011年にはクラブユース選手権で連覇を果たし、自身もベストヤングプレーヤーに選出された。また、2012年にはオランダアヤックス・アムステルダムに短期留学している[5]

東京ヴェルディ[編集]

2012年2月、2種登録選手に登録され[6]トップチームに帯同。同年9月より監督に就いた高橋真一郎によって抜擢され[7]天皇杯2回戦H大分戦で途中出場し、トップチーム初出場。同月14日のJ2第33節福岡戦でJリーグ初出場。同点となるゴールを挙げ、チームの連敗脱出に貢献した[8]。翌10月に東京Vとのプロ契約締結が発表された[9]。同月に行われたJ2第39節栃木戦ではハットトリックを記録[10]。18歳59日での達成により松波正信のJリーグ最年少記録を塗り替えた[11][1]。2013年は高橋の退任もあって先発出場が激減し、2得点に留まったが、そのいずれもが決勝点となった。J2第35節群馬戦で決めた得点は、同年のJ2最優秀ゴール賞に選出された[12][13][1]

カターレ富山[編集]

2014年、依然東京Vでは満足に出場が見込めないことから[1]、同クラブの新体制発表後[14]FC東京へ完全移籍し[15][2]、同時に中島の才を買う[1]カターレ富山へと期限付き移籍[2][16]。富山では中島の加入に合わせて急遽布陣が変更され[17]、FW[18]やトップ下[19][20]、左サイドハーフ[21]に配された。スピード溢れる[22]ドリブル突破で好機に絡み[23][24]前線からの守備に奔走するも[25][20]、味方のサポートが及ばずに孤立する場面も多く[26][27]自身のシュートミスも重なって[28]得点は伸びなかった。

FC東京[編集]

2014年8月25日[注 1]、FC東京へ復帰[31][32]。シーズン半ばを過ぎ主戦力が固まっている中、途中出場からのチャンスメークで貢献した[33][34]

2015年6月20日、第16節のサガン鳥栖戦でJ1初得点。

日本代表[編集]

2011年、U-17日本代表に選出されU-17ワールドカップに出場。準々決勝ブラジル戦では相手のスペースを巧みに突いて[35]得点を挙げた。

2014年、リオデジャネイロオリンピックを目指す日本代表に選出され、2014年1月開催のU-22アジアカップに背番号10を背負って出場[3]。切れ味鋭いドリブルで[36]相手DFを翻弄し[37]、3得点を記録した。

2015年、AFCアジアカップ2015のサポートメンバーとしてA代表に帯同。数合わせとしての参加ながら、得意のキレのあるドリブルで[38][39]控え組を盛り立てた[40]

2016年、AFC U-23選手権2016U-23日本代表として参加。準々決勝でU-23イラン代表と対戦。延長戦までもつれたが中島が2得点を挙げる活躍で勝利を収めた。決勝戦のU-23韓国代表戦では浅野拓磨の決勝点をアシストするなど活躍し、チームの優勝に貢献した。今大会の最優秀選手に選ばれた[41]

所属クラブ[編集]

ユース経歴
プロ経歴

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度 クラブ 背番号 リーグ リーグ戦 リーグ杯 オープン杯 期間通算
出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点
日本 リーグ戦 ナビスコ杯 天皇杯 期間通算
2012 東京V 36 J2 8 4 - 2 0 10 4
2013 7 21 2 - 2 0 23 2
2014 富山 33 28 2 - 2 0 30 2
FC東京 39 J1 5 0 - - 5 0
2015 12 1 2 1 2 0 16 2
通算 日本 J1 17 0 - 0 0 17 0
日本 J2 57 8 - 6 0 63 8
総通算 62 8 - 6 0 68 8

その他の公式戦

年度 クラブ リーグ 出場 得点
2015 J-22 J3 3 0
2016 F東23 0 0
通算 3 0

タイトル[編集]

東京都選抜
東京ヴェルディユース
日本の旗 U-23日本代表

個人[編集]

代表歴[編集]

脚注[編集]

注釈
  1. ^ Jリーグにおける選手登録期間は同月15日までとなっていたが[29]育成型期限付き移籍であったことにより、期間制限が緩和された[30]
出典
  1. ^ a b c d e f U21日本代表の10番・中島 FC東京移籍、即富山にレンタル スポーツニッポン (2014年1月26日)
  2. ^ a b c “中島翔哉選手 完全移籍加入およびカターレ富山へ期限付き移籍のお知らせ” (プレスリリース), FC東京, (2014年1月26日), http://www.fctokyo.co.jp/?p=182826 
  3. ^ a b AFC U-22選手権 オマーン 2013 U-21日本代表 メンバー・スケジュール 日本サッカー協会 (2013年12月11日)
  4. ^ a b 『Jリーグ選手名鑑 2014J1・J2・J3エルゴラッソ特別編集』 三栄書房2014年、217頁。
  5. ^ 覚醒の2ゴール U-23中島翔哉の決定力はオランダ仕込み YAHOO!ニュース 2016年1月23日
  6. ^ 登録選手 追加・変更・抹消のお知らせ Jリーグ (2012年2月24日)
  7. ^ 始めなければ始まらない=シリーズ東京ヴェルディ(7) スポーツナビ (2012年9月26日)
  8. ^ 選手出場記録 Jリーグ (2012年11月11日)
  9. ^ “中島 翔哉選手 プロ契約締結のお知らせ” (プレスリリース), 東京ヴェルディ1969, (2012年10月4日), http://www.verdy.co.jp/lancelot/cms/siteuser/newsdetail/user_id/f98c078b5e46cce02fd686fadbff9929/id/cfd7ffeb3efdac8acbc9590e270fa029 
  10. ^ 2012 Jリーグディビジョン2 第39節 中島 翔哉 選手(東京V)ハットトリック達成 Jリーグ (2012年10月21日)
  11. ^ 東京Vの高校3年生・中島がJリーグ史上最年少ハットトリックを達成”. ゲキサカ (2012年10月21日). 2014年1月26日閲覧。
  12. ^ J2 2013年J2最優秀ゴール賞のノミネートゴール一覧 スカパー!
  13. ^ 【2013Jリーグアウォーズ】J2最優秀ゴール賞 / 中島翔哉選手 (東京V)”. J's GOAL (2013年12月10日). 2014年1月26日閲覧。
  14. ^ 2014シーズン東京ヴェルディトップチーム新体制 東京ヴェルディ (2014年1月18日)
  15. ^ 中島翔哉選手移籍のお知らせ 東京ヴェルディ (2014年1月26日)
  16. ^ 中島翔哉選手 FC東京より期限付き移籍加入のお知らせ カターレ富山 (2014年1月26日)
  17. ^ 【J2:第1節 岡山 vs 富山】安間貴義監督(富山)記者会見コメント J's GOAL (2014年3月2日)
  18. ^ 【全40クラブ戦力分析レポ:富山】 J's GOAL (2014年2月25日)
  19. ^ 【J2:第6節 富山 vs 東京V】安間貴義監督(富山)記者会見コメント J's GOAL (2014年4月5日)
  20. ^ a b 【J2:第22節 富山 vs 讃岐】安間貴義監督(富山)記者会見コメント J's GOAL (2014年7月20日)
  21. ^ 【J2:第16節 熊本 vs 富山】レポート J's GOAL (2014年6月1日)
  22. ^ 【J2:第7節 愛媛 vs 富山】レポート J's GOAL (2014年4月14日)
  23. ^ 【J2:第8節 富山 vs 千葉】レポート J's GOAL (2014年4月21日)
  24. ^ 【J2:第9節 大分 vs 富山】プレビュー J's GOAL (2014年4月25日)
  25. ^ 【第94回天皇杯 2回戦 横浜FC vs 富山】安間貴義監督(富山)記者会見コメント J's GOAL (2014年7月13日)
  26. ^ 【J2:第2節 岐阜 vs 富山】レポート (2014年3月10日)
  27. ^ 【J2:第25節 横浜FC vs 富山】レポート J's GOAL (2014年8月4日)
  28. ^ 【J2:第24節 富山 vs 愛媛】試合終了後の各選手コメント J's GOAL (2014年7月30日)
  29. ^ 2014シーズン追加登録期限について Jリーグ (2013年12月17日)
  30. ^ 中島翔哉が復帰 東京中日スポーツ (2014年8月26日)
  31. ^ 中島翔哉選手 FC東京へ復帰のお知らせ カターレ富山 (2014年8月25日)
  32. ^ a b “中島翔哉選手 FC東京復帰のお知らせ” (プレスリリース), FC東京, (2014年8月25日), http://www.fctokyo.co.jp/?p=196934 
  33. ^ 武藤 アギーレ選出1発回答 同点“スター候補弾”で存在感 スポーツニッポン (2014年8月31日)
  34. ^ 東京0封負け 中島好機演出も「悔しい」 日刊スポーツ (2014年10月18日)
  35. ^ 【U-17】王者ブラジルに惜敗も観衆を魅了。見事な反撃が示した日本の進むべき道 スポルティーバ (2011年7月4日)
  36. ^ AFC U-22選手権 スーパーミドルの中島「ゴールを見て打ったら入らない」 ゲキサカ (2014年1月13日)
  37. ^ U-22アジア選手権、得点王を狙う手倉森ジャパンの小さなエース。 (2/4) Number (2014年1月20日)
  38. ^ [1] 日刊スポーツ (2015年1月8日)
  39. ^ 中島 豪州合宿から離脱も手応え「活躍すればA代表にも入れる」 スポーツニッポン (2015年1月9日)
  40. ^ 控え組中心で7発圧勝 練習パートナー・中島も活躍 スポーツニッポン (2015年1月7日)
  41. ^ 優勝の日本、中島が最優秀選手 サッカーアジア選手権 日経新聞 2016年1月31日
  42. ^ 第17回アジア競技大会 (2014/仁川) U-21日本代表 メンバー・スケジュール 日本サッカー協会 (2014年8月21日)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]