第95回天皇杯全日本サッカー選手権大会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
第95回天皇杯全日本サッカー選手権大会
開催国 日本の旗 日本
開催期間 2015年8月29日-2016年1月1日
参加チーム数 88
優勝 ガンバ大阪
準優勝 浦和レッズ
ACL2016出場 ガンバ大阪[注 1]
試合総数 87
2014
テンプレートを表示

第95回天皇杯全日本サッカー選手権大会(だい95かい てんのうはいぜんにほんサッカーせんしゅけんたいかい)は、2015年8月29日から2016年1月1日まで開催された天皇杯全日本サッカー選手権大会

ガンバ大阪が2大会連続5回目の優勝を果たした。

概要[編集]

2014年11月13日に開催された日本サッカー協会 (JFA) 理事会においてレギュレーションが正式決定した[1]。参加チームは前回第94回大会までと同じ88チームであるが、開催規程が一部変更され、レギュレーションに複数の大きな変更があった。2015年7月2日に大会実施概要が公表された[2]

日本サッカー後援会創立40年を記念し、この回から優勝チームには後援会が記念事業として寄贈した、「JFA杯」が贈られる。

決勝については、2016年1月1日味の素スタジアムで行われることが決まり、2年ぶりの『元日決勝』が復活することになった。決勝会場については、記者会見したJFA専務理事の原博実が「3ヶ所が開催に立候補した。条件を鑑みて味スタに決まった」と説明している[5]。3ヶ所が具体的にどこかは明らかにされていないが、日刊スポーツはJFA関係者の話として「今回は、味スタと吹田市の新しいスタジアムから申請があった」と報じている[7]。原は「(2016年以降は)新国立競技場が完成するまでは色々なところでやりたい。関西の可能性もある」と言及している[5]

本大会では、NHKが「テレビ放送の同時配信の試験的な提供(試験的提供A)」の一環として、決勝戦の模様をNHKスポーツオンライン天皇杯サイトおよびiOS/Androidスマートフォンタブレット向けアプリ「NHK SPORTS」で総合テレビと同内容の同時無料配信を行った[8]ほか、準決勝以降の3試合については同サイト・アプリで試合中のハイライトシーンを好みのアングルから再生できる「マルチアングルクリップ動画」や試合中のスタッツデータ・走行ランキングなどの「リアルタイム競技データ」を提供している。

本大会ではポスター等に用いるメインビジュアルに、サッカー漫画「GIANT KILLING」(ツジトモ)の登場人物である達海猛を起用している[9]

日程[編集]

日程としては第93回大会に近い形となり、前述の通り2年ぶりに『元日決勝』が復活する。原は「スケジュールについては色々議論している。来年については大幅に変えることはできない」とした上で、「第97回大会(3年後)以降から大きく変わる可能性がある」と説明しており、第96回大会までは現在の日程が大きく変わらないものの、以後は日程の抜本的見直しがあり得ることを示唆している[5]

試合 開催日 参加チーム数変動 備考
1回戦 8月29日、30日 72(2+22+1+47) → 36 2014年のJ2リーグ2位以下[† 1]、JFLシード、都道府県代表の参加
2回戦 9月5日、6日、9日[† 2] 48(36+12) → 24 2014年のJ2リーグ1位以上[† 3](シードチーム[† 4]除く)の参加
3回戦 10月10日、11日、14日 24 → 12
4回戦 11月11日、14日、15日 16(12+4) → 8 J1シードチーム[† 4]の参加
準々決勝 12月26日 8 → 4
準決勝 12月29日 4 → 2
決勝 1月1日 2 → 1
  1. ^ 2014年のJ2リーグ2位(松本山雅FC)、J1昇格プレーオフ勝者(モンテディオ山形)、および2015年のJ2リーグチーム。
  2. ^ Jリーグヤマザキナビスコカップ準々決勝に進出し、シードとなっていないJ1チーム(鹿島アントラーズヴィッセル神戸名古屋グランパスアルビレックス新潟の4チーム)の試合、および1回戦に勝利したJ3チームの試合が対象。
  3. ^ 2014年のJ1リーグ残留チーム(15位以上)および2014年のJ2リーグ1位チーム(湘南ベルマーレ)。
  4. ^ a b AFCチャンピオンズリーグ2015準々決勝に進出したガンバ大阪柏レイソル、およびJリーグヤマザキナビスコカップ準々決勝進出かつJ1リーグ1stステージ上位チームでJリーグから推薦された浦和レッズFC東京[2][6]の4チーム。

出場チーム[編集]

以下の「出場回数」についてはJFAの公式記録に基づくが、基本的には「前身となるチーム(クラブ化前の実業団チーム、など)からの通算回数」としている。ただし、一部に例外もある。

J1リーグ[編集]

2015年のJ1リーグ所属の全18チーム。

チーム 出場回数
ベガルタ仙台 22回目
モンテディオ山形 24回目
鹿島アントラーズ 32回目
浦和レッズ 51回目
柏レイソル 48回目
FC東京 22回目
川崎フロンターレ 32回目
横浜F・マリノス 38回目[備考 1]
湘南ベルマーレ 44回目
チーム 出場回数
ヴァンフォーレ甲府 24回目
松本山雅FC 10回目
アルビレックス新潟 24回目
清水エスパルス 24回目
名古屋グランパス 39回目
ガンバ大阪 35回目
ヴィッセル神戸 29回目
サンフレッチェ広島 64回目
サガン鳥栖 24回目[備考 2]

J2リーグ[編集]

2015年のJ2リーグ所属の全22チーム。

チーム 出場回数
コンサドーレ札幌 35回目
水戸ホーリーホック 20回目
栃木SC 18回目
ザスパクサツ群馬 13回目
大宮アルディージャ 21回目
ジェフユナイテッド千葉 51回目
東京ヴェルディ 41回目
横浜FC 17回目
ツエーゲン金沢 12回目
ジュビロ磐田 39回目
FC岐阜 10回目
チーム 出場回数
京都サンガF.C. 33回目
セレッソ大阪 47回目
ファジアーノ岡山 8回目
カマタマーレ讃岐 17回目
徳島ヴォルティス 27回目
愛媛FC 17回目
アビスパ福岡 24回目
ギラヴァンツ北九州 8回目[備考 3]
V・ファーレン長崎 9回目
ロアッソ熊本 16回目
大分トリニータ 20回目

JFLシードチーム[編集]

第17回日本フットボールリーグファーストステージ勝者。

チーム 出場回数
ヴァンラーレ八戸 4年連続5回目

都道府県代表[編集]

長崎・熊本・大分・鹿児島の4県代表は6月28日[10]に、福岡県代表は7月5日[11]に、島根・広島の2県代表は7月12日[12]に、香川県代表は8月1日[13]に、山梨・徳島・愛媛の3県代表は8月2日[14]に、岡山県代表は8月9日[15]に、沖縄県代表は8月12日[16]に、佐賀・宮崎の2県代表は8月16日[17]に、栃木・千葉・神奈川・愛知・三重・京都の6県代表は8月22日[18]に、それ以外の26都道府県代表は8月23日[19]に決定した。

都道府県 チーム 所属リーグ 出場回数
北海道 札幌大学 北海道学生1部 3年ぶり23回目
青森県 ラインメール青森 東北1部 初出場
岩手県 グルージャ盛岡 J3 8年連続9回目
宮城県 仙台大学 東北大学1部 10年ぶり2回目
秋田県 ブラウブリッツ秋田 J3 14年連続22回目
山形県 山形大学医学部 東北大学2部B 4年ぶり2回目
福島県 福島ユナイテッドFC J3 8年連続8回目
茨城県 流通経済大学 関東大学1部 5年ぶり8回目
栃木県 栃木ウーヴァFC JFL 3年連続7回目
群馬県 tonan前橋 関東1部 3年ぶり3回目
埼玉県 東京国際大学 関東大学2部 2年ぶり3回目
千葉県 順天堂大学 関東大学1部 5年ぶり15回目
東京都 FC町田ゼルビア J3 3年ぶり4回目
神奈川県 桐蔭横浜大学 関東大学1部 2年ぶり2回目
山梨県 韮崎アストロス 山梨県SPL 8年ぶり13回目
長野県 AC長野パルセイロ J3 4年連続5回目
新潟県 JAPANサッカーカレッジ 北信越1部 2年連続13回目
富山県 富山新庄クラブ 北信越1部 6年連続6回目
石川県 北陸大学 北信越大学1部 初出場
福井県 サウルコス福井 北信越1部 4年連続7回目
静岡県 藤枝MYFC J3 3年連続3回目[備考 4]
愛知県 FCマルヤス岡崎 JFL 12年ぶり2回目
三重県 四日市大学 東海学生1部 5年ぶり5回目
岐阜県 FC岐阜SECOND 東海1部 2年ぶり7回目
都道府県 チーム 所属リーグ 出場回数
滋賀県 MIOびわこ滋賀 JFL 2年ぶり4回目
京都府 立命館大学 関西学生1部 9年ぶり7回目
大阪府 FC大阪 JFL 2年連続2回目
兵庫県 関西学院大学 関西学生1部 4年連続25回目[備考 5]
奈良県 奈良クラブ JFL 7年連続7回目
和歌山県 アルテリーヴォ和歌山 関西1部 7年連続7回目
鳥取県 ガイナーレ鳥取 J3 16年連続18回目
島根県 松江シティFC 中国 3年ぶり2回目
岡山県 ファジアーノ岡山ネクスト JFL 5年連続5回目
広島県 広島経済大学 中国大学1部 4年ぶり4回目
山口県 レノファ山口FC J3 2年ぶり12回目
香川県 多度津FC 四国 2年連続2回目
徳島県 徳島大学ヒポクラテス 徳島県2部 初出場
愛媛県 FC今治 四国 7年連続7回目
高知県 高知大学 四国大学1部 13年連続20回目
福岡県 福岡大学 九州大学1部 5年連続30回目
佐賀県 佐賀LIXIL FC 九州 4年ぶり7回目
長崎県 三菱重工長崎SC 九州 3年連続9回目
熊本県 東海大学熊本 九州大学1部 初出場
大分県 ヴェルスパ大分 JFL 6年連続6回目
宮崎県 J.FC MIYAZAKI 九州 初出場
鹿児島県 鹿児島ユナイテッドFC JFL 2年連続2回目[備考 6]
沖縄県 FC琉球 J3 6年連続9回目

出場回数に関する備考

  1. ^ 日産自動車サッカー部→横浜マリノスからの出場回数を含む。なお、横浜フリューゲルス(1999年に統合)の出場回数(13回)は含まない。
  2. ^ 鳥栖フューチャーズの出場回数(5回)を含む(なお、鳥栖と鳥栖Fには組織としての連続性はない。当該項参照)。
  3. ^ 前身の三菱化成黒崎サッカー部の出場回数(4回)を含まない。
  4. ^ 前身の静岡FC(2回出場)の出場回数は含まない。
  5. ^ 関学クラブ(10回出場)および全関学(4回出場)の出場回数は含まない。
  6. ^ 前身のヴォルカ鹿児島(6回出場)およびFC KAGOSHIMA(1回出場、別に前身の鹿屋体育大学クラブで1回出場)の出場回数は含まない。

試合結果[編集]

1回戦[編集]

2回戦[編集]

注釈
  1. ^ 荒天のため73分16秒で中断し、そのまま中止となった(中断時点では1 - 1であった)。試合再開方法等について、JFAと主管サッカー協会が協議した結果、試合を中断した時点(73分16秒)からの再開とし、試合記録も引き継がれることに決定した。また、交代人数も中断時点での残りの人数を適用し、出場選手も怪我等の理由がない限り中断時と同じメンバーで行うことになった。再開試合は2015年10月11日の13:00から、会場をニッパツ三ツ沢球技場から日産スタジアムに変更して行われた[20]

3回戦[編集]

ラウンド16(4回戦)[編集]

ラウンド16(4回戦)の抽選は2015年10月22日日本サッカー協会ビル(JFAハウス)にて行われた[21]。今回の抽選では、これまでと異なりポットを2つ用いる方法で行われた。具体的には以下の方法で抽選が行われた。

  1. №73ホーム→№73アウェー→№74ホーム→…の順にトーナメントポジションに1から16の番号を割り当て、この番号の書かれたポット (A) を用意する。
  2. 3回戦勝者の12チーム+シード4チームの計16チームのチーム名の書かれたポット (B) の2つを用意する。
  3. まずAのポットを抽選し、続いてBのポットを抽選して、その時点でチーム名とトーナメントポジションを紐付ける。
  4. これを16回繰り返し、トーナメントの組み合わせを決定する。

試合日時・試合会場については抽選会翌日の2015年10月23日に発表された[22]

ドロワーは日本サッカー協会 (JFA) 副会長の田嶋幸三、JFA専務理事の原博実、元日本代表でNHKサッカー中継解説者の福西崇史の3人。立会人はJFA会長の大仁邦彌、天皇杯実施委員会委員長の佐々木一樹[23]

なお、今回の抽選会の模様の中継は2年ぶりにNHK BS1で生放送された[23]。中継のゲストは釜本邦茂、解説は宮澤ミシェル、進行役は一橋忠之宮崎瑠依[24]。番組にはFC町田ゼルビア監督の相馬直樹とゲームキャプテンの平智広がマスコットの「ゼルビー」と共に中継にて出演、また前回優勝のガンバ大阪監督の長谷川健太が電話出演した。

準々決勝[編集]

準々決勝以降のマッチスケジュールは2015年11月18日に発表された[25]

準決勝[編集]

決勝[編集]

決勝に駒を進めたのは、準決勝で柏に延長で勝利し9大会ぶりの優勝を狙う浦和と、準決勝でリーグ覇者の広島を破り連覇を目指すG大阪の顔合わせ。両者が天皇杯で顔を合わせるのは2010年の第90回大会準々決勝(G大阪が延長で勝利)以来5大会ぶりで、決勝での対戦は第86回大会(2007年元日、浦和が勝利)以来9大会ぶり。[26]。浦和とG大阪の両者は2015年シーズン5度目の対決で、ここまでG大阪の3勝1敗[注 2]であった[27]。浦和監督のミハイロ・ペトロヴィッチにとっては、未だ手にしたことのない年間タイトル獲得のチャンスとなる試合であり[28]、一方のG大阪にとっても前年は三冠を達成しながらこのシーズンはナビスコカップ・リーグ戦とも準優勝に終わっており、最後の「1冠」にかける試合となっていた[29]。また、G大阪監督の長谷川健太は現役時代を含めて7度目の元日天皇杯決勝で、過去の戦績は3勝3敗[注 3]ながらも監督となってからは元日の決勝に勝利したことがなく、自身の「元日勝ち越し」を願う試合ともなった[29]。また、この年のJ1リーグの結果によりG大阪のAFCチャンピオンズリーグ2016 (ACL2016) グループステージ進出と浦和のACL2016プレーオフ進出が決まっていたため、勝った方が天皇杯枠での出場権に振り替わり、浦和は天皇杯決勝の結果如何にかかわらずACL2016グループステージ出場に繰り上がって、リーグ戦4位のFC東京がACL2016プレーオフ進出になることが決定した[30]

この試合には日本代表監督のバヒド・ハリルホジッチが異例の視察に訪れた[31]。準決勝での負傷でMF柏木陽介を欠く浦和は試合開始早々にDF槙野智章がGK西川周作と接触し右手を負傷(試合後に20針縫う重症と判明)[32]。一方リーグ戦レギュラーのDF岩下敬輔とMF大森晃太郎を欠くG大阪も12分にDF米倉恒貴が足の負傷でMF井手口陽介と交代を余儀なくされる[33]など、お互いに満身創痍の中での立ち上がりとなった。前半32分、G大阪MF倉田秋がセンターライン付近から浦和DF陣の背後に浮き球を送ると、これにG大阪FWパトリックが反応して抜け出し、右サイドを快足を飛ばしてドリブル。最後は浦和DF森脇良太を振り切って右足でゴールを決め、G大阪が先制する[34]。しかし浦和もその4分後、MF梅崎司が上げたクロスボールを浦和FW李忠成が頭で合わせるも左ポストに嫌われるが、そのこぼれ球を浦和FW興梠慎三が決めて同点に追いつき[35]、前半は1-1で終える。

後半も一進一退の攻防が続く中、迎えた後半8分のコーナーキック。G大阪MF遠藤保仁のキックにファーサイドにいたFWパトリックが浦和DF槙野智章のマークを一瞬の動きで振り切り、ゴール正面でフリーとなって右足で合わせてG大阪が再び勝ち越す[34]。浦和はこの後関根貴大ズラタン高木俊幸と攻撃的な選手を立て続けに投入して何とか反撃を試みる[35]が、G大阪は勝ち越し直後に4-4-2にシステムを変えてGK東口順昭を中心に強固なブロックを敷いてこれを守り抜き、G大阪が2-1で連覇を達成した。

トーナメント表[編集]

ラウンド16(4回戦) 準々決勝 準決勝 決勝
                           
2015年11月14日            
 ヴィッセル神戸 1
2015年12月26日
 横浜F・マリノス 0  
 ヴィッセル神戸 0
2015年11月11日
   浦和レッズ 3  
 FC町田ゼルビア 1
2015年12月29日
 浦和レッズ 7  
 浦和レッズ (延長) 1
2015年11月14日
   柏レイソル 0  
 ベガルタ仙台 2
2015年12月26日
 松本山雅FC 1  
 ベガルタ仙台 3 (3)
2015年11月15日
   柏レイソル (PK) 3 (5)  
 柏レイソル (延長) 2
2016年1月1日
 ヴァンフォーレ甲府 1  
 浦和レッズ 1
2015年11月15日
   ガンバ大阪 2
 川崎フロンターレ 0
2015年12月26日
 ガンバ大阪 2  
 ガンバ大阪 3
2015年11月14日
   サガン鳥栖 1  
 サガン鳥栖 4
2015年12月29日
 モンテディオ山形 3  
 ガンバ大阪 3
2015年11月11日
   サンフレッチェ広島 0  
 FC東京 2
2015年12月26日
 水戸ホーリーホック 0  
 FC東京 1
2015年11月11日
   サンフレッチェ広島 (延長) 2  
 徳島ヴォルティス 1
 サンフレッチェ広島 2  

脚注[編集]

[ヘルプ]

注記[編集]

  1. ^ 優勝したガンバ大阪はJ1・2位でACL出場権を獲得していたため、J1・4位のFC東京が繰上げでACLプレーオフ出場権を獲得。
  2. ^ ゼロックス杯でG大阪が勝利、リーグ戦は1勝1敗、チャンピオンシップ準決勝でG大阪が延長戦勝利。
  3. ^ 「元日決勝」ではなかった前回大会を含めると4勝3敗。

出典[編集]

  1. ^ “天皇杯全日本サッカー選手権大会 大会形式等の変更について” (プレスリリース), 日本サッカー協会, (2014年11月13日), http://www.jfa.jp/news/00002582/ 2014年11月13日閲覧。 
  2. ^ a b c 第95回天皇杯全日本サッカー選手権大会 大会要項”. 日本サッカー協会 (2015年7月2日). 2015年7月2日閲覧。
  3. ^ 日本サッカー協会 2014年度第11回理事会 関連資料No.10 (PDF)
  4. ^ “15年度決勝、味スタで元日開催=天皇杯サッカー”. 時事通信社. (2014年11月13日). http://www.jiji.com/jc/c?g=spo_30&k=2014111300903 2014年11月13日閲覧。 
  5. ^ a b c d “来年度の天皇杯は元日決戦に…会場は味スタ、今後は関西での開催案も”. SOCCER KING. (2014年11月13日). http://www.soccer-king.jp/news/japan/emperorcup/20141113/249970.html 2014年11月13日閲覧。 
  6. ^ a b 日本サッカー協会 2015年度 第7回理事会 (PDF)
  7. ^ “味スタで天皇杯決勝 来年度は元日復活へ”. 日刊スポーツ. (2014年11月13日). http://www.nikkansports.com/soccer/news/p-sc-tp1-20141113-1395491.html 2014年11月13日閲覧。 
  8. ^ “テレビ放送の同時配信の試験的な提供(試験的提供A)の実施について” (PDF) (プレスリリース), 日本放送協会, (215-11-05), http://www.nhk.or.jp/mediaplan/pdf/netriyou27_1105jisshi.pdf 2016年1月3日閲覧。 
  9. ^ “第95回天皇杯全日本サッカー選手権大会 メインビジュアルに、「GIANT KILLING」の達海猛監督を起用”. 日本サッカー協会. (2015年7月24日). http://www.jfa.jp/news/00006871/ 2015年8月29日閲覧。 
  10. ^ “第95回天皇杯全日本サッカー選手権大会 長崎県など4県で代表決まる”. 日本サッカー協会. (2015年6月28日). http://www.jfa.jp/match/news/00006574/ 2015年6月29日閲覧。 
  11. ^ “第95回天皇杯全日本サッカー選手権大会 福岡県代表に福岡大学が決定”. 日本サッカー協会. (2015年7月5日). http://www.jfa.jp/match/news/00006653/ 2015年7月5日閲覧。 
  12. ^ “第95回天皇杯全日本サッカー選手権大会 島根県と広島県で代表決まる”. 日本サッカー協会. (2015年7月12日). http://www.jfa.jp/match/emperorscup_2015/news/00006748/ 2015年7月13日閲覧。 
  13. ^ “第95回天皇杯全日本サッカー選手権大会 香川県代表に多度津FCが決定”. 日本サッカー協会. (2015年8月1日). http://www.jfa.jp/match/news/00006944/ 2015年8月1日閲覧。 
  14. ^ “第95回天皇杯全日本サッカー選手権大会 山梨県、徳島県、愛媛県で代表決まる”. 日本サッカー協会. (2015年8月2日). http://www.jfa.jp/match/news/00006947/ 2015年8月2日閲覧。 
  15. ^ “第95回天皇杯全日本サッカー選手権大会 岡山県代表にファジアーノ岡山ネクストが決定”. 日本サッカー協会. (2015年8月9日). http://www.jfa.jp/match/news/00007026/ 2015年8月9日閲覧。 
  16. ^ “第95回天皇杯全日本サッカー選手権大会 沖縄県代表にFC琉球が決定”. 日本サッカー協会. (2015年8月12日). http://www.jfa.jp/match/news/00007061/ 2015年8月12日閲覧。 
  17. ^ “第95回天皇杯全日本サッカー選手権大会 佐賀県、宮崎県で代表決まる”. 日本サッカー協会. (2015年8月16日). http://www.jfa.jp/match/news/00007096/ 2015年8月16日閲覧。 
  18. ^ “第95回天皇杯全日本サッカー選手権大会 栃木県など1府5県で代表決まる”. 日本サッカー協会. (2015年8月22日). http://www.jfa.jp/match/news/00007180/ 2015年8月22日閲覧。 
  19. ^ “第95回天皇杯全日本サッカー選手権大会 47都道府県代表全て決定”. 日本サッカー協会. (2015年8月23日). http://www.jfa.jp/match/news/00007188/ 2015年8月23日閲覧。 
  20. ^ “第95回天皇杯全日本サッカー選手権大会 2回戦 横浜F・マリノス vs MIOびわこ滋賀(マッチナンバー【40】) 試合の取り扱いについて”. 日本サッカー協会. (2015年9月9日). http://www.jfa.jp/match/news/00007362/ 2015年9月9日閲覧。 
  21. ^ “天皇杯4回戦組み合わせが決定!!J3町田は浦和と激突”. ゲキサカ (講談社). (2015年10月22日). http://web.gekisaka.jp/news/detail/?174653-174653-fl 2015年10月22日閲覧。 
  22. ^ “天皇杯ラウンド16の試合日時と会場が決定…浦和とJ3町田は熊谷陸で対戦”. サッカーキング. (2015年10月23日). http://www.soccer-king.jp/news/japan/emperorcup/20151023/362763.html 2015年10月23日閲覧。 
  23. ^ a b “第95回天皇杯全日本サッカー選手権大会 ラウンド16抽選会テレビ放送のお知らせ”. 日本サッカー協会. (2015年10月14日). http://www.jfa.jp/match/news/00007648/ 2015年10月14日閲覧。 
  24. ^ 第95回天皇杯全日本サッカー選手権大会 ベスト16組合せ抽選会を生中継!!”. NHKスポーツオンライン. 2015年10月15日閲覧。
  25. ^ “第95回天皇杯全日本サッカー選手権大会 準々決勝~決勝 マッチスケジュール(キックオフ時間、試合会場)決定” (プレスリリース), 日本サッカー協会, (2015年11月18日), http://www.jfa.jp/news/00008019/ 2015年11月18日閲覧。 
  26. ^ “ガンバの連覇か、浦和の9年ぶり優勝か ~第95回天皇杯決勝へ~” (プレスリリース), 日本サッカー協会, (2015年12月31日), http://www.jfa.jp/news/00008494/ 2016年1月1日閲覧。 
  27. ^ “カギ握る先制点=G大阪-浦和で元日決勝-天皇杯サッカー”. 時事ドットコム. (2015年12月31日). http://www.jiji.com/jc/zc?k=201512/2015123000357 2016年1月1日閲覧。 
  28. ^ 浅田真樹 (2015年12月30日). “来季のためにも天皇杯を。無冠の浦和・ペトロビッチ監督が燃やす執念”. Sportiva. 集英社. 2016年1月1日閲覧。
  29. ^ a b “G大阪 長谷川監督“元日に戦える幸せ”最後の1冠奪取へ”. スポーツニッポン. (2015年12月31日). http://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2015/12/31/kiji/K20151231011781180.html 2016年1月1日閲覧。 
  30. ^ “AFCチャンピオンズリーグ2016 浦和レッズの本大会出場決定およびFC東京のプレーオフ出場権獲得のお知らせ” (プレスリリース), 日本サッカー協会, (2015年12月29日), http://www.jfa.jp/news/00008473/ 2016年1月2日閲覧。 
  31. ^ “ハリル監督が天皇杯視察「ガンバは勝つ資格あった」”. 日刊スポーツ. (2016年1月1日). http://www.nikkansports.com/soccer/japan/news/1586787.html 2016年1月1日閲覧。 
  32. ^ “20針縫っても執念フル出場 流血の槙野が衝撃シーン振り返る「肉が見えていた」”. スポーツニッポン. (2016年1月2日). http://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2016/01/02/kiji/K20160102011792660.html 2016年1月3日閲覧。 
  33. ^ “連覇のG大阪、「3度目の正直」で今季初タイトル”. 産経新聞. (2016年1月1日). http://www.sankei.com/west/news/160101/wst1601010033-n1.html 2016年1月3日閲覧。 
  34. ^ a b “G大阪、天皇杯連覇! パトリック2発でCS準決勝から浦和を連続撃破”. スポーツニッポン. (2016年1月1日). http://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2016/01/01/kiji/K20160101011791520.html 2016年1月1日閲覧。 
  35. ^ a b “G大阪、パトリックの2発で連覇達成! 浦和との元日決戦を制す/天皇杯”. サンケイスポーツ. (2016年1月1日). http://www.sanspo.com/soccer/news/20160101/jle16010116100006-n1.html 2016年1月1日閲覧。 

外部リンク[編集]