東城穣

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
東城穣
個人情報
フルネーム 東城穣
誕生日 (1976-08-30) 1976年8月30日(44歳)
出身地 日本の旗 日本
埼玉県所沢市
国内
リーグ 役割
2002- Jリーグ 審判員
国際
リーグ 役割
2007- FIFA選出 審判員

東城 穣(とうじょう みのる、1976年8月30日 - )は、埼玉県所沢市出身の元サッカー審判員

来歴[編集]

所沢市立向陽中学校でサッカーを始め、高校時代は浦和SCユースを経て浦和レッズユースの1期生として活動[1]城西大学経済学部経営学科在学中に2級審判員の資格を取得する[1]。卒業後、埼玉県内の公立中学校の教諭としての勤務中の2002年に1級審判員の資格を取得。埼玉県サッカー協会勤務を経て、2008年からはスペシャルレフェリー(SR、現プロフェッショナルレフェリー:PR)として、主にJリーグで主審を務めた。

2007年に国際審判員として登録され、同年のトゥーロン国際大会で主審を務めるなど、国際審判としても活動している。2010年7月からは日本サッカー協会とイングランドサッカー協会の交流プログラムの一環として、佐藤隆治とともにイングランドに派遣されることになった。

2020シーズン限りでJリーグ担当審判員を引退し、日本サッカー協会と審判指導者(Jリーグ審判デベロプメントマネジャー)契約を締結した[1]

担当した主な国際大会[編集]

FIFAワールドカップ・アジア予選[編集]

AFCアジアカップ[編集]

AFCチャンピオンズリーグ[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b c 審判指導者 <プロフィール> (PDF) - 公益財団法人日本サッカー協会 2021年度 第1回理事会 関連資料、2021年1月21日閲覧。

外部リンク[編集]