第86回天皇杯全日本サッカー選手権大会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
第86回天皇杯全日本サッカー選手権大会
開催国 日本の旗 日本
参加チーム数 80
優勝 浦和レッズ
準優勝 ガンバ大阪
試合総数 79
テンプレートを表示

第86回天皇杯全日本サッカー選手権大会(だい86かい てんのうはいぜんにほんサッカーせんしゅけんたいかい)は、2006年9月17日から2007年1月1日まで開催された天皇杯全日本サッカー選手権大会である。

概要[編集]

JリーグのJ1(18クラブ)、J2(13クラブ)に所属する全クラブに加え、JFL、大学から各1チーム、各都道府県予選を勝ち上がった47チーム、計80チームが本大会に出場した。

この大会の優勝チームは浦和レッドダイヤモンズで、Jリーグ発足後初の大会連覇を達成。またコンサドーレ札幌がJ2所属クラブとしては第81回川崎フロンターレ以来、2チーム目のベスト4入りを果たした。

スケジュール[編集]

1回戦 9月17日 都道府県代表39チーム、大学シードチームの出場
2回戦 9月23日[1] 1回戦シード都道府県代表8チームの出場
3回戦 10月8日 J2チーム、JFLシードチームの出場
4回戦 11月4日、5日[2] J1チームの出場
5回戦 12月9日[3]
準々決勝 12月23日
準決勝 12月29日
決勝 2007年1月1日 国立霞ヶ丘陸上競技場
  1. ^ マッチナンバー28(東平尾公園博多の森球技場)は9月24日開催
  2. ^ 予備日11月8日。Jリーグヤマザキナビスコカップ決勝進出チームが対象。(2006年は鹿島アントラーズジェフ千葉
  3. ^ 予備日12月16日。J1・J2入れ替え戦出場チームが対象。(2006年はアビスパ福岡

出場チーム[編集]

J1リーグ[編集]

J2リーグ[編集]

  1. ^ トヨタ自動車工業サッカー部(15回出場)の出場回数を含む
  2. ^ 鳥栖フューチャーズ(5回出場)の回数を含む。

JFL[編集]

大学[編集]

都道府県代表[編集]

  1. ^ アルエット熊本(5回出場)の回数を含む。

試合[編集]

1回戦[編集]

2回戦[編集]

3回戦[編集]

4回戦[編集]


5回戦[編集]

準々決勝[編集]

準決勝[編集]

決勝[編集]

2007年元日の決勝に勝ち進んだのは、2006年のJ1を制し、シーズン二冠と天皇杯連覇を狙う浦和レッズと、「6度目の正直」でJリーグ発足後初めて決勝に勝ち進んだガンバ大阪の対戦となった。両チームは前年の天皇杯覇者(浦和)とシーズン覇者(G大阪)としてゼロックススーパーカップを皮切りにリーグ戦の開幕戦と最終戦と、いずれもシーズンの節目となるタイミングで対戦していた。この試合は浦和監督のギド・ブッフバルトのラストゲームであると同時に、G大阪の精神的支柱であったDF宮本恒靖の移籍前ラストゲームでもあった。

2006年シーズンの対戦成績は浦和の2勝1分けであったが、この日の浦和はシーズンのレギュラーメンバーであったFW田中達也とDF坪井慶介をけがで欠き、FWワシントン、MF三都主アレサンドロ、DF田中マルクス闘莉王がコンディション不良や移籍準備のためいずれもブラジルに帰国中、と大幅に戦力を落としており、ほぼベストメンバーをそろえたG大阪に試合開始直後から再三押し込まれた。G大阪の2トップ、播戸竜二マグノ・アウベスが前半だけで2人あわせて7本のシュートを放つも、浦和のGK都築龍太が再三ファインセーブを見せるなど得点を許さず、前半はスコアレスドローで折り返す。

後半もG大阪の攻勢が続くが、これに対して浦和は反転攻勢をかけるべく62分にDF平川忠亮に代えてMF長谷部誠を、76分にMF小野伸二に代えてFW岡野雅行をそれぞれ投入。これが功を奏し、87分に長谷部のパスを受けた岡野がG大阪のDFをかわしてセンタリング、それを受けたFW永井雄一郎が右足でゴールを決め、浦和が先制。これを守りきった浦和が2年連続6度目(前身の三菱重工時代を含む)の、また1992年の日産FC横浜マリノス以来(Jリーグ発足後は初)となる連覇を成し遂げた。G大阪はシュート数で21本対6本と終始試合を圧倒しながら決定力不足が響いた。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]