ファブリシオ・デ・ソウザ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ファブリシオ Football pictogram.svg
Fabricio futebolista.jpg
名前
本名 ファブリシオ・デ・ソウサ
愛称 ファブ、ファブリ
カタカナ ファブリシオ
ラテン文字 FABRICIO de sousa 
基本情報
国籍 ブラジルの旗 ブラジル
生年月日 (1982-07-05) 1982年7月5日(38歳)
出身地 サンタカタリーナ州
身長 179cm
体重 76kg
選手情報
在籍チーム ブラジルの旗 サントスFC
ポジション MF
利き足 右足
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2000-2001 ブラジルの旗 ウニオン・サン・ジョアン
2001-2005 ブラジルの旗 コリンチャンス
2006-2008 日本の旗 ジュビロ磐田 56 (6)
2008-2011 ブラジルの旗 クルゼイロ 153 (8)
2012-2014 ブラジルの旗 サンパウロ 35 (0)
2014 ブラジルの旗 ヴァスコ・ダ・ガマ (loan) 29 (2)
2015- ブラジルの旗 サントス
1. 国内リーグ戦に限る。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

ファブリシオ・デ・ソウザ(Fabricio de Sousa、1982年7月5日 - )はブラジルサンタカタリーナ州インビチュバ出身のサッカー選手MF)。

経歴[編集]

少年時代からサッカーやフットサルをプレーしており(当時はFW)、13歳の時にウニオン・サン・ジョアンのジュニアユースに加入した際にプロを目指そうと考えるようになったと言う。ここではじめ攻撃的MFを務めるが、監督からボランチにコンバートされてはまったことから、その位置でプレーするようになる。

リオ州選手権での活躍が評価され、2001年に19歳で名門コリンチャンスに加入。当時の監督だったカルロス・アルベルト・パレイラに重用され、20歳そこそこでレギュラーに定着。本人も「一流の選手たちとコンビを組んで、多くを学んだ」と回想している。

コリンチャンスのタイトル獲得に貢献した活躍ぶりから「ドゥンガの再来」と称され、ブラジルのB代表でも3試合に出場して2002年W杯のフル代表の候補にも上がった。またコリンチャンスの低迷期も活躍した実績のある選手ではあるが、広告代理店のサポートを受けたコリンチャンスが同じポジションにハビエル・マスチェラーノを加入させるなどの大物選手補強のあおりを受け、また本人もブラジル国外でプレーすることを希望していたことから磐田のオファーを機会に来日。

2007年末、磐田との契約を2009年1月末へ延長した上でクルゼイロへレンタル移籍をしていたが、2009年シーズンより完全移籍となった。

2012年からサンパウロへ移籍。

所属クラブ[編集]

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度クラブ背番号リーグ リーグ戦 リーグ杯オープン杯 期間通算
出場得点 出場得点出場得点 出場得点
ブラジル リーグ戦 ブラジル杯オープン杯 期間通算
2000 ウニオン・サン・ジョアン
2001
2001 コリンチャンス 8 1
2002 19 0
2003 40 3
2004 2 0
2005 16 0
日本 リーグ戦 リーグ杯天皇杯 期間通算
2006 磐田 25 J1 31 4 7 1 3 0 41 5
2007 25 2 4 0 1 0 30 2
通算 ブラジル
日本 J1 56 6 11 1 4 0 71 7
総通算

関連項目[編集]

外部リンク[編集]