小林康剛

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
小林 康剛 Football pictogram.svg
名前
カタカナ コバヤシ ヤスタカ
ラテン文字 KOBAYASHI Yasutaka
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1980-06-15) 1980年6月15日(38歳)
出身地 茨城県那珂郡東海村
身長 183cm
体重 77kg
選手情報
ポジション FW
利き足 右足
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1999-2001年
2000
2002-2003
2004
2005-2007
2008-2009
2010-2014
鹿島アントラーズ
ベガルタ仙台 (loan)
川崎フロンターレ
水戸ホーリーホック
徳島ヴォルティス
ファジアーノ岡山FC
福島ユナイテッドFC
1 (00)
37 (06)
16 (03)
40 (09)
111 (20)
38 (19)
()
1. 国内リーグ戦に限る。2010年3月16日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

小林 康剛(こばやし やすたか、1980年6月15日 - )は、元サッカー選手、ポジションは主にFW

来歴[編集]

茨城県那珂郡東海村出身。中学卒業後、鹿島アントラーズユースに入団。1998年Jリーグユース選手権大会優勝に貢献[1]1999年に、同期の加藤慎也松島竜太矢畑智裕中嶋譲とともに鹿島アントラーズトップチームに昇格し、プロ入りした。

プロ入り後は、ベガルタ仙台川崎フロンターレ水戸ホーリーホック徳島ヴォルティスなどでFWとして活躍し、J2リーグでは208試合出場38ゴールの成績を残した。仙台および川崎時代の応援歌の原曲はゴダイゴの『ビューティフル・ネーム』。

2008年には、当時JFLファジアーノ岡山FCに移籍。同年にはリーグ得点ランキング3位となる19得点を挙げ、チームのJ2参入に貢献した。2010年からは、岡山時代の恩師でもある手塚聡監督の福島ユナイテッドFCでプレーした。2015年2月13日、現役引退を発表[2]。プロサッカー選手として16年を過ごした。

その後、IT企業に就職し、映像のディレクションや編集などの業務に従事している[3]

所属クラブ[編集]

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度クラブ背番号リーグ リーグ戦 リーグ杯オープン杯 期間通算
出場得点 出場得点出場得点 出場得点
日本 リーグ戦 リーグ杯天皇杯 期間通算
1999 鹿島 30 J1 0 0 0 0 0 0 0 0
2000 仙台 19 J2 37 6 2 0 0 0 39 6
2001 鹿島 31 J1 1 0 0 0 0 0 1 0
2002 川崎 21 J2 6 2 - 4 2 10 4
2003 34 10 1 - 4 0 14 1
2004 水戸 9 40 9 - 0 0 40 9
2005 徳島 13 38 11 - 2 2 40 13
2006 32 8 - 2 1 34 9
2007 9 38 1 - 2 1 40 2
2008 岡山 JFL 31 19 - 0 0 31 19
2009 J2 7 0 - 0 0 7 0
2010 福島U 東北1部 10 5 - 0 0 10 5
2011 10 11 - 1 0 11 11
2012 10 12 - 1 0 11 12
2013 JFL 15 4 - 0 0 15 4
2014 J3 23 2 - 0 0 23 2
通算 日本 J1 1 0 0 0 0 0 1 0
日本 J2 208 38 2 0 14 6 224 44
日本 J3 23 2 - 0 0 23 2
日本 JFL 46 23 - 0 0 46 23
日本 東北1部 30 28 - 2 0 32 28
総通算 308 91 2 0 16 6 326 97

その他試合

  • 2008年: 第12回 北九州市長杯争奪北九州招待サッカー大会 1得点

タイトル[編集]

  • JFLベストイレブン (2008年)

代表歴[編集]

  • U-19日本代表

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]