平塚競技場

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
平塚市総合公園 > 平塚競技場
平塚競技場
"Shonan BMW スタジアム平塚"
平塚競技場
平塚競技場の位置(神奈川県内)
平塚競技場
施設情報
所在地 神奈川県平塚市大原1‐1
位置 北緯35度20分36.74秒
東経139度20分28.39秒
座標: 北緯35度20分36.74秒 東経139度20分28.39秒
開場 1987年3月
修繕 1994年2月
所有者 平塚市
運用者 平塚市
グラウンド 天然芝(107m×71m)
ピッチサイズ 105m×68m
照明 4基
大型映像装置 オーロラビジョン
使用チーム、大会
湘南ベルマーレ(Jリーグ)
天皇杯全日本サッカー選手権大会
全国高等学校サッカー選手権大会神奈川県予選
収容能力
15,690人
アクセス
#アクセスを参照。

平塚競技場(ひらつかきょうぎじょう、Hiratsuka Stadium)は、神奈川県平塚市平塚市総合公園内にある陸上競技場球技場としても使用される。施設は平塚市が所有し、運営管理も平塚市が行っている。

なお、横浜市港北区に本社を置く自動車ディーラーのモトーレン東洋命名権を取得しており、2012年3月から「Shonan BMW スタジアム平塚」(ショウナン ビーエムダブリュー スタジアムひらつか、略称「BMWス」)の呼称を用いている(後述)。

施設概要[編集]

  • 日本陸上競技連盟第2種公認
  • トラック:全天候舗装、400m×8レーン
  • フィールド:天然芝(ティフトン419+ペレニアルライグラス)
  • 照明設備:照明塔4基
  • スコアボード:電光式(バックスタンド中央部・下に聖火台有り)
    • 最上段はロールテロップ式のフリーボード(1行・2005年よりカラー)。下部は球技用得点掲示板 後述の映像装置設置以後の2010年11月末以後はJリーグなど全国大会規模のものでは使用していない
  • 大型映像表示装置:三菱電機オーロラビジョン(アウェイ側ゴール裏スタンド後方・サイズは799インチ。2010年11月設置)
  • 収容人員:15,690人[1]

施設[編集]

  • 当初はメインスタンドのみ座席、ゴール裏とバックスタンドは芝生席で約1万人収容だったが、湘南ベルマーレがJリーグ昇格を果たした1993年末からの突貫工事で芝生の張替え、メインスタンドの座席改修、バックスタンド(ベンチタイプのイス席)とゴール裏(立見席)の新設によって、18,500人収容に改築された(2014年にJリーグへの公式届出の収容人員は3,400人少ない15,100人に修正、2015年に増築等により15,200人に修正)。
  • なお同競技場では、バックスタンドの座席設置・嵩上げ工事が行われた1994年から2016年まで、聖火台・電光掲示板を挟む形で左右に分断される形となっており、バックスタンド全体を自由に行き来することができなかったが、2016年11月から2017年4月にバックスタンド中央の聖火台が置かれていた個所に、新たに座席を増築する工事を実施しており、収容人員はこれによりさらに500人程度増えて、15,690人[1]になり、バックスタンド全体が自由に行き来できるようになった[2]
  • 改修前の芝生は、『高麗芝』が使われていた。
  • ゴール裏のスタンドは,2000年のベルマーレのJ2降格以後、しばらくベルマーレの開幕戦・ゴールデンウィーク中の試合・上位同士の対戦など、特に観客動員が見込める試合以外では開放してこなかったが、J1昇格争いで観客数が増加し、2009年9月13日の横浜FC戦で応援がゴール裏側に移されたため、それ以降のホームゲームではホーム側ゴール裏スタンドは常時開放されている。
  • 屋根はメインスタンドの中央付近にのみ設置されている。Jリーグクラブライセンス制度においては、全体のキャパシティーの3分の1程度を屋根で覆うように勧告している(B等級)が、現状ではメインスタンドの約900席程度しか敷設されておらず、Jリーグからの是正勧告を受けているが、増設に関しては大規模な改築をする必要があるため、中長期的な計画として検討を重ねるとしている[3]
  • 大型映像装置設置以前、サッカーのメンバー表はベンチ裏にアクリル板で表示する方法を取っていた。試合開始前のスタメン発表、および選手交代時はバックスタンド中央の電光板の簡易フリーボードにも選手名を表記したことがある。なお使用されたものは原則として全て保存してあり、その数は約1000枚(板を両面とも使用したため、表示選手数は約2000人分)に及ぶ[4]
バックスタンド
メインスタンド
大型映像装置
Jリーグのナイター開催時(バックスタンド)
湘南ベルマーレの応援団席。人文字を作る

映像装置[編集]

2010年2月、同年秋ごろをめどに業者からのリースという形で大型映像装置を取り付ける方針を正式に決めた。サイズは799インチ(幅17.6m、高さ10m)、アウェーゴール裏立見席付近への設置を予定しており、まず6年間(2015年度まで)のリース契約を結び、それ以後は改めて調整する見込みとしていた。[5]

2010年7月、定例平塚市議会にて映像装置の設置が正式に決定し、リース期間は2010年12月1日から2015年11月30日の5年間(リース契約先・三菱電機クレジット株式会社)で、リース料は毎月445万4596円、5年間総額2億6721万5760円(保守点検含む)だった。[6]

2010年12月、三菱電機製のオーロラビジョンが納入された。ハイビジョン対応の高輝度LED方式で、画面サイズは800型(縦9.84m×横17.76m 174.76m2)である[7]。リース期間終了後、平塚市に無償譲渡という形で寄贈された。

施設命名権[編集]

2011年8月、平塚市は新たな財源確保のため、3年契約、年間2000万円以上の条件で平塚競技場の施設命名権販売を開始した[8]。公募の結果、ドイツ大手自動車会社であるBMWの日本法人・BMW JAPANの正規ディーラーのモトーレン東洋(ジャスダック上場企業であるサンオータスの子会社)が応募し、命名権を取得した(2012年3月1日から3年間、年額2,000万1円)[9][10]。2012年3月1日より、「Shonan BMWスタジアム平塚」(略称BMWス)の呼称を使用している。

歴史[編集]

  • 1987年 - 旧農林水産省果樹試験場跡地に整備された平塚市総合公園の中核施設としてオープン。
  • 1992年 - ベルマーレのホームスタジアムとなる。
  • 1993年 - ベルマーレに対して、Jリーグ側から昇格に際し、競技場の基準不足が指摘される。昇格見送りの可能性もあったが、秋に平塚市が急遽補正予算を組み、シーズンオフの12月にスタジアム改修工事着工。
  • 1994年 - 2月、バックスタンドとゴール裏の立見席が完成。
  • 2002年 - 5月20日サッカーナイジェリア代表2002 FIFAワールドカップの事前キャンプ地として使用し(31日まで)、横浜F・マリノスとベルマーレを相手に2試合の国際親善試合を実施。
  • 2002年 - 11月9日1995年から1998年までベルマーレで活躍した中田英寿が付けた背番号『7』にちなみ、7ゲート(ホーム側バックスタンド)の入口は『7番 HIDEゲート』と称し、当時身に付けていたデザインのユニフォーム(背中)をモチーフにしたプレートが埋め込まれた。
  • 2006年 - JリーグからJリーグアウォーズでベストピッチ賞を受賞。(J2クラブのスタジアムとしては初受賞)
  • 2010年 -
    • 2月20日 11年ぶりにJ1に昇格したベルマーレの記念試合「We’re back」として、ベルマーレOB×中田英寿が率いるTAKE ACTION F.C.が対戦。
    • 11月20日 J1第31節に行われたベルマーレ対名古屋グランパス戦で名古屋がJリーグ初優勝を決める。
    • 11月28日 バックスタンド裏に大型映像表示装置を設置し、この日より稼動を開始(詳細は先述)。
  • 2012年 - 施設命名権の導入により、Shonan BMW スタジアム平塚へ改称。
  • 2014年 - 公式収容人数を18,500人から15,100人に変更。
  • 2015年 - 公式収容人数を15,100人から15,200人に変更。
  • 2017年 - 公式収容人数を15,200人から15,650人に変更

アクセス[編集]

鉄道[編集]

バス[編集]

自動車[編集]

その他[編集]

  • ベルマーレはホームゲーム開催時に平塚駅および伊勢原駅から有料シャトルバスを運行している。

その他[編集]

エリア放送[編集]

総務省ホワイトスペース特区の先行モデルに選定され [17]、 湘南ベルマーレが実験試験局による実証実験を実施 [18]エリア放送の制度化後は神奈川県初の地上一般放送局の免許を取得し[19]、「ベルセグ」という愛称 [20]ワンセグ放送をしていた [21] が、2014年(平成26年)3月に廃止した [22]

場内に地上一般放送局1局を設置していた [23]

免許人 局名 呼出符号 物理チャンネル 周波数 空中線電力 ERP
株式会社湘南ベルマーレ 湘南ベルマーレ平塚エリア放送 JOXZ3AK-AREA 42ch 647.142857MHz 760μW 2.14mW

42chは、2011年(平成23年)7月24日までテレビ神奈川(tvk)の横浜送信所で使われていたチャンネルだった。

脚注[編集]

  1. ^ a b 湘南ベルマーレのスタジアム紹介においては、これよりも40人ほど多い15,732人と表記している
  2. ^ スタジアム平塚 座席420席分増設、工期11月〜来春 /神奈川(毎日新聞)
  3. ^ 平塚市議会でのShonan BMWスタジアム平塚についての質疑(ネオ・ベルマーレ 2014年6月24日 2015年5月12日閲覧 数田俊樹平塚市議会議員の質疑を掲載)
  4. ^ 球場ネームプレート「中田」「反町」ら財政難で売却へ…湘南 - スポーツ報知2010年11月29日
  5. ^ 2月定例市長記者会見・平成22年度当初予算(案)を編成 神奈川県平塚市・記者発表資料 2010年2月10日
  6. ^ 出典・平塚市ホームページ 7月定例市長記者会見・平塚競技場大型映像装置の設置(2010年7月22日発行)
  7. ^ “平塚競技場向け大型映像装置(オーロラビジョン)納入のお知らせ” (プレスリリース), 三菱電機, (2010年12月1日), http://www.mitsubishielectric.co.jp/news/2010/1201.html 2014年1月17日閲覧。 
  8. ^ 8月定例市長記者会見 「平塚競技場」のネーミングライツスポンサーを募集”. 神奈川県平塚市・記者発表資料 (2011年8月18日). 2010年12月28日閲覧。
  9. ^ 平塚競技場のネーミングライツスポンサーと愛称が決定”. 神奈川県平塚市・記者発表資料 (2011年12月16日). 2011年12月28日閲覧。
  10. ^ 当社子会社における平塚競技場ネーミングライツ取得について (PDF) サンオータスプレスリリース 2011年12月16日
  11. ^ a b c スタジアム”. Jリーグ. 2014年1月17日閲覧。
  12. ^ a b c d アクセス”. 湘南ベルマーレ. 2014年1月17日閲覧。
  13. ^ a b アクセス”. 平塚市. 2014年1月17日閲覧。
  14. ^ 第15回JFL第18節 福島-佐川印 開催会場変更のお知らせ”. 日本フットボールリーグ (2013年5月24日). 2013年5月24日閲覧。
  15. ^ 福島×湘南「2daysだJ!」情報☆”. 福島ユナイテッドFC (2015年6月16日). 2015年6月21日閲覧。
  16. ^ 関学大・多田が9秒94 追い風4.5メートルの参考記録ながら国内初の9秒台/陸上 サンケイスポーツ 2017年6月10日付
  17. ^ 「新たな電波の活用ビジョンに関する検討チーム」報告書の公表及び「ホワイトスペース特区」先行モデル決定 総務省 報道資料 平成22年8月6日(国立国会図書館のアーカイブ:2013年10月1日収集)
  18. ^ ホワイトスペース特区中間報告資料 (PDF) 湘南ベルマーレ(総務省ホワイトスペース推進会議第4回会合資料4-1)2011年7月13日
  19. ^ 免許取得状況 エリア放送開発委員会(Internet Archiveのアーカイブ:2014年2月2日収集)
  20. ^ 日本初のスタジアム内エリア放送「ベルセグ」を開始 ~エリアワンセグを正式サービス化~ 湘南ベルマーレ ニュース 2012年7月18日
  21. ^ エリア放送を行う地上一般放送局の免許状況(詳細)関東総合通信局(国立国会図書館のアーカイブ:2013年8月1日収集)
  22. ^ 関東総合通信局のエリア放送の概要の国立国会図書館のアーカイブ:2014年3月1日収集国立国会図書館のアーカイブ:2014年4月2日収集の比較による。
  23. ^ エリア放送の業務区域を記載した地図 (PDF) 関東総合通信局 - 地上一般放送局の免許状況(詳細)(国立国会図書館のアーカイブ:2014年1月7日収集)

外部リンク[編集]