茨田陽生

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
茨田 陽生 Football pictogram.svg
名前
愛称 バラ[1]
カタカナ バラダ アキミ
ラテン文字 BARADA Akimi
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1991-05-30) 1991年5月30日(27歳)
出身地 千葉県浦安市[2]
身長 173cm
体重 63kg
選手情報
在籍チーム 日本の旗 大宮アルディージャ
ポジション MF (OH/DH) / DF(SB)
背番号 8
利き足 右足
ユース
2001-2009 柏レイソル
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2009-2016 柏レイソル 179 (7)
2017- 大宮アルディージャ 66 (7)
1. 国内リーグ戦に限る。2018年11月17日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

茨田 陽生(ばらだ あきみ、1991年5月30日 - )は、千葉県浦安市出身のプロサッカー選手Jリーグ大宮アルディージャ所属。ポジションはミッドフィールダー

来歴[編集]

プロ入り前[編集]

千葉県浦安市の実家で、4人兄弟の末っ子として誕生[2]。父親が好きな歌手の井上陽水にちなんで名付けられた[3]。サッカー経験者の父親、サッカー少年だった兄3人の影響で、幼稚園生の頃からボールを蹴っていた[2][4]

小学校入学後は父がコーチを務めていたFC浦安ブルーウイングスに所属しながら、ジェフユナイテッド市原(当時)やFC東京のサッカースクールに通っていたが、4年生の時に柏レイソルの下部組織に加入した[4]。中学時代から各世代の年代別日本代表に選出され、数々の海外遠征、国際大会を経験した。

高校3年時の2009年にはトップチームに2種登録され[5]、同年5月30日、18歳の誕生日にナビスコカップグループリーグ第4節清水エスパルス戦で公式戦初出場を果たした。18歳0日でのデビューは、菅沼実大津祐樹に次ぐクラブ史上3番目の若さであった。

柏レイソル[編集]

2010年、トップチームに昇格。ネルシーニョ監督によりリーグ開幕戦からスターティングメンバーに抜擢され、同年5月16日J2第13節徳島ヴォルティス戦で公式戦初得点を記録した。同年10月11日第90回天皇杯3回戦ヴィッセル神戸戦で規定の試合出場時間をクリアし、プロA契約を締結[6]。ルーキーイヤーながらサイドハーフボランチとしてリーグ戦26試合に出場し3得点を挙げ、J2優勝に貢献した[7]

2011年8月、U-22日本代表に選出され、親善試合エジプト戦に後半32分から出場した[8]。同年のリーグ戦では、主にボランチとして27試合に出場。最終節浦和レッズ戦では、1点リードで迎えた後半31分にチーム待望の追加点を挙げ、Jリーグ史上初となる昇格初年度でのJ1優勝を決定付けた[9]2011 FIFAクラブワールドカップでも3試合に出場し、FIFA公式サイト上で酒井宏樹と共に「柏の誇るヤングスター」と称賛を受けた[10]

2012年4月、U-23日本代表候補トレーニングキャンプに参加[11]ロンドン五輪サッカー日本代表の予備登録メンバーに選出されたが、本登録メンバーには残らなかった。クラブでは、リーグ戦28試合に出場。チームの守備面での不安定さが目立ち、ボランチとして守備に追われることが多かったが[12]トップ下のポジションに入った第31節ガンバ大阪戦では先制点をアシストするなど、持ち前の攻撃センスを遺憾なく発揮した[12]

2013年はトップ下、ボランチとしてリーグ戦23試合に出場。ヤマザキナビスコカップ決勝浦和レッズ戦では、出場停止となった主将・大谷秀和の穴を埋めて浦和の猛攻を耐え凌ぎ、14年ぶり2度目のナビスコカップ制覇に貢献した[13]

2015年は下部組織時代に指導を受けた吉田達磨が監督に就任し、4-1-4-1システムのアンカーとしてリーグ戦28試合に出場した[14]

2016年は2ndステージに入ると本来のボランチではなく、右サイドバックとしてレギュラーに定着した。

大宮アルディージャ[編集]

2016年12月30日、大宮アルディージャに完全移籍で加入することを発表した。2017年4月30日、第9節の浦和との埼玉ダービーでは移籍後初得点を決めて首位を撃破すると共に、チームにシーズン初勝利をもたらした。

プレースタイル[編集]

精度の高いキック、ボールコントロール技術が持ち味のボランチ[5]。柏の下部組織に所属していた頃から天才肌の選手として期待され[12]、その素質に対しては、当時トップチームのエースだったフランサも称賛を惜しまなかった[15]。同じ柏下部組織出身で1学年先輩の工藤壮人からも「センスの塊」「天才」と評されている[16]2011 FIFAクラブワールドカップに出場した際は、FIFA公式サイト上で「中盤センターで攻守のバランスを取るかじ取り役」と紹介され、レアンドロ・ドミンゲスジョルジ・ワグネルの自由な攻撃参加を陰で支えたプレーヤーとして称賛された[10]

広い視野を持ち、後方からのビルドアップに長けているが[5]、より攻撃センスを活かせる2列目でのプレーも高く評価されている[12][17]

人物[編集]

所属クラブ[編集]

ユース経歴
プロ経歴

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度クラブ背番号リーグ リーグ戦 リーグ杯オープン杯 期間通算
出場得点 出場得点出場得点 出場得点
日本 リーグ戦 リーグ杯天皇杯 期間通算
2009 39 J1 0 0 2 0 0 0 2 0
2010 20 J2 26 3 - 2 1 28 4
2011 J1 27 1 0 0 1 0 28 1
2012 28 0 4 1 4 0 36 1
2013 23 0 2 0 2 0 27 0
2014 23 1 8 1 2 0 33 2
2015 8 28 0 1 0 2 0 31 0
2016 24 2 4 0 2 0 30 2
2017 大宮 40 30 1 2 0 1 0 33 1
2018 8 J2 36 6 - 2 1 38 7
2019 -
通算 日本 J1 183 5 23 2 14 0 220 8
日本 J2 62 9 - 4 2 66 11
総通算 245 14 23 2 18 2 286 18
その他の公式戦
国際大会個人成績 FIFA
年度 クラブ 背番号 出場 得点 出場 得点
AFCACLクラブW杯
2011 20 - 2 0
2012 6 1 -
2013 7 0 -
2015 8 10 1 -
通算 AFC 23 2 2 0
その他の国際公式戦

出場歴[編集]

タイトル[編集]

柏レイソル

代表歴[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 柏レイソル公式プロフィール
  2. ^ a b c d e 「ディズニー」よりサッカー - レイソルMF茨田陽生(19) - YOMIURI ONLINE 2010年10月13日[リンク切れ]
  3. ^ 田中直希「ロンドン橋を踏破せよ INTERVIEW vol. 4 茨田陽生」エル・ゴラッソ関西版 No. 936(2010年11月5日)p. 17
  4. ^ a b 茨田陽生「五輪で良いプレーをして14年のW杯出場を目指す」 - サッカーキング 2012年6月22日
  5. ^ a b c 柏レイソルU-18 茨田陽生選手がトップチーム選手登録 - 柏レイソル公式サイト 2009年05月24日
  6. ^ 茨田陽生選手 プロA契約へ - 柏レイソル公式サイト 2010年10月28日
  7. ^ 若手とベテランが融合した新生レイソル、茨田「ここがスタートライン」 - ゲキサカ 2010年11月8日
  8. ^ U-22日本代表 国際親善試合 日本vsエジプト 札幌ドーム - 日本サッカー協会 2011年8月10日
  9. ^ 【J1 : 第34節 浦和 vs 柏】柏側レポート - J's GOAL 2011年12月4日
  10. ^ a b FIFAが酒井をバルサの名手に例えて紹介「柏の誇るヤングスター」 - サッカーキング 2011年12月10日
  11. ^ 酒井宏樹選手、茨田陽生選手が『U-23日本代表候補』に選出 - 柏レイソル公式サイト 2012年4月6日
  12. ^ a b c d J1第31節 : ドローに終わるも2人の若武者が躍動 - Goal.com 2012年11月7日
  13. ^ 【柏番からの視点】実は決定機も変わらず。完璧な守備で浦和を抑え、シナリオ通りにナビスコを制した策士ネルシーニョ - フットボールチャンネル 2013年11月4日
  14. ^ 柏中枢アンカーの定位置を争う茨田陽生、秋野央樹について吉田達磨監督は? - フットボールチャンネル 2015年8月19日
  15. ^ 【柏番の視点】手負いの状態でナビスコ決勝に挑むレイソル。エース・レアンドロはチームの救世主となれるか? - フットボールチャンネル 2013年11月2日
  16. ^ 「狙う男」若手台頭導く - YOMIURI ONLINE 2010年11月9日
  17. ^ 【後藤健生コラム】柏レイソルの攻撃サッカーと茨田陽生の才能 - J SPORTS 2010年9月28日
  18. ^ 茨田陽生選手が入籍 - 柏レイソル公式サイト 2011年11月18日
  19. ^ 茨田陽生選手に第1子(長女)誕生 - 柏レイソル公式サイト 2012年3月18日
  20. ^ 川浪吾郎選手、茨田陽生選手が『Uー19日本代表』に選出 - 柏レイソル公式サイト 2010年5月12日
  21. ^ 「アイツ、たぶん俺のこと好きですよ」 - BLOGOLA 2010年5月27日
  22. ^ 茨田陽生選手が『U-22日本代表』に選出 - 柏レイソル公式サイト 2011年8月8日
  23. ^ 酒井宏樹選手、茨田陽生選手が『ロンドンオリンピック予備登録メンバー』に選出 - 柏レイソル公式サイト 2012年6月14日

関連項目[編集]

外部リンク[編集]