実業団・学生対抗陸上競技大会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

実業団・学生対抗陸上競技大会(じつぎょうだん・がくせいたいこうりくじょうきょうぎたいかい)は、日本実業団学生による対抗戦形式の陸上競技大会である。大会名に秩父宮賜杯が付く。別名オールスターナイト陸上

概要[編集]

1955年(昭和30年)に、本大会の源流となる『一般学生対抗陸上競技大会』が小田原市城山陸上競技場神奈川県小田原市)にて開催されたことに端を発する[1]

その後、1961年(昭和36年)に、秩父宮家から賜杯が下賜され、現在の『実業団・学生対抗陸上競技大会』として第1回大会が小田原市城山陸上競技場にて開催された[2]

現在は平塚競技場(Shonan BMW スタジアム平塚)に会場を移してナイター陸上競技大会として開催されている[3]

大会運営[編集]

  • 主催
日本学生陸上競技連合日本実業団陸上競技連合
  • 後援
スポーツ庁厚生労働省日本陸上競技連盟
  • 運営協力
関東学生陸上競技連盟、東日本実業団陸上競技連盟他
  • 協賛
ミズノ株式会社

競技種目[編集]

  • 男子
100m、400m、800m、110mハードル、400mハードル、100m+200m+300m+400mリレー
棒高跳走幅跳円盤投やり投
  • 女子
100m、400m、800m、110mハードル、400mハードル、100m+200m+300m+400mリレー
走高跳三段跳砲丸投ハンマー投

参加基準・選手団編成[編集]

  • 参加基準
1チーム1種目3名、リレー8名連記
  • 選手団編成
監督1名、コーチ2名、マネージャー1名、男子競技者33名、女子競技者33名

得点・表彰[編集]

  • 得点
個人種目には、1位6点、2位5点、3位4点、4位3点、5位2点、6位1点の得点とし、リレーは1位6点、2位3点とする。
  • 表彰
総合並びに、男女各優勝チームと個人に表彰する。
団体
総合優勝チーム:秩父宮賜杯内閣総理大臣杯
男子優勝チーム:文部科学大臣杯
女子優勝チーム:厚生労働大臣
個人
最優秀選手賞(男子):学生連合会長杯
最優秀選手賞(女子):実業団連合会長杯
最優秀新人賞(男女):河野一郎

歴代成績[編集]

実業団・学生対抗陸上競技大会
勝利チーム スコア 敗戦チーム
2015年 実業団 学生
2016年 実業団 学生
2017年 実業団 206ー187 学生

関連団体[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 城山陸上競技場の完成式”. 小田原市デジタルアーカイブ. 神奈川県小田原市. 2019年3月4日閲覧。
  2. ^ admin. “秩父宮賜杯 実業団・学生対抗 50年史”. 月刊陸上競技. 陸上競技社. 2019年3月4日閲覧。
  3. ^ 第59回実業団・学生対抗陸上競技大会 日本陸上競技連盟

外部リンク[編集]