横浜ダービー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
横浜市旗

横浜ダービー(よこはまダービー)とは、日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)に加盟し、いずれも神奈川県横浜市をホームタウンとする横浜F・マリノス横浜FC横浜スポーツ&カルチャークラブ(Y.S.C.C.横浜)の各クラブが対戦する試合の呼称。1993年から1998年までJリーグに加盟していた横浜フリューゲルスと横浜マリノスとの対戦も横浜ダービーと称されていた。別途、神奈川県全域のサッカー・チームの対戦を指す神奈川ダービーがある。

ホームスタジアム[編集]

チーム名 スタジアム名
命名権名称)
収容人員 画像 備考
横浜F・マリノス
横浜フリューゲルス
横浜国際総合競技場
日産スタジアム
72,327人
日産ス
2010年までは横浜FCも使用
横浜F・マリノス
横浜FC
Y.S.C.C.横浜
横浜フリューゲルス
三ツ沢公園球技場
ニッパツ三ツ沢球技場
15,454人
ニッパ球
Y.S.C.C.横浜 三ツ沢公園陸上競技場 18,300人
三ツ沢陸
(準本拠地扱い)

横浜F・マリノス vs 横浜FC[編集]

ダービー時の試合前光景。横浜FCホームゲームにおけるマリノスサポーター。
ダービー時の試合前光景。マリノスホームゲームにおいて、横浜FC側から撮影

概要[編集]

  • 公式戦での対戦年度は2006年に開催されたプレシーズンマッチ(この場合の「公式戦」とは、イベントとして開催された興行試合のことであり、Jリーグが定義する「公式戦」にはカウントされない)。
  • リーグ戦での対戦は、両チームがJ1に所属した2007年に初めて実現した。
  • 天皇杯での対戦は2012年の天皇杯が初。
  • ルヴァン杯での対戦はない(2016年現在)。
  • それまでにも、公式戦ではないが練習試合などで対戦している。
  • 日産スタジアム(F・マリノス側)と三ツ沢公園球技場(横浜FC側)で開催されている(但し、F・マリノスが三ツ沢、横浜FCが日産スタジアムで年に数回主催開催を行う場合もある)。同じ都市で違う本拠地のダービーはこことさいたまダービーだけである。

戦績[編集]

リーグ戦[編集]

月日 時期 会場 ホーム 得点 アウェイ 観客数
2007年 3月10日 J1 第2節 三ツ沢 横浜FC 1 - 0 横浜FM 13,737
8月11日 第19節 日産ス 横浜FM 8 - 1 横浜FC 53,916
2008年から2018年は、横浜FMがJ1、横浜FCがJ2所属のため開催なし。
  • 初対戦は、横浜FCのホーム開幕戦となった。9年ぶりの横浜ダービーということでチケットの多くが発売日に売れ、かなり早い段階で売り切れた(三ツ沢での開催のため、席数が少ないとはいえ)など、注目を集めた。試合では、横浜FCが1-0でJ1初勝利を挙げた。
  • 2度目の対戦では、初対戦の雪辱を果たすべく、F・マリノス側はチケットの半額販売、「最後のダービー」という過激な煽り(この時点で横浜FCは最下位だった)、広告の大量掲示など、積極的な宣伝活動を行った結果、5万人を超える観衆を集めた。試合でも、チーム最高記録となる8得点を挙げ、その雪辱を果たした。

カップ戦・その他[編集]

月日 時期 会場 ホーム 得点 アウェイ 観客数
2006年 2月26日 プレシーズンマッチ 日産ス 横浜FM 4 - 0 横浜FC 12,496
2012年 10月10日 天皇杯 3回戦 日産ス 横浜FM 2 - 1 横浜FC 8,862
2018年 7月11日 天皇杯 3回戦 ニッパ球 -

トラブル[編集]

  • 2007年J1第19節(8月11日)の横浜FC戦(日産スタジアム)の前日(8月10日)深夜、同スタジアム南ゲート前で横浜FCサポーターの男性3人に暴行を加え怪我を負わせたとして、2008年1月に港北警察署はF・マリノスのサポーターグループのリーダーを傷害容疑で逮捕した[1]
  • 2008年8月、横浜FCのサポーターによる横浜FMの広告への意図的な破損、投棄行為が行われたため、F・マリノスは神奈川警察署へ届け出た上で横浜FCに抗議を行った。後に横浜FCが事実関係を認定すると共に、破損、投棄行為を行ったサポーターグループが横浜FMに謝罪した[2]
  • 2012年10月10日、天皇杯3回戦の横浜FC戦(日産スタジアム)。試合開始前、横浜FCサポーターが侮辱目的と思われる大型の横断幕を掲出した[3]。10月13日、横浜FCは公式サイト上にF・マリノス及び関係者に対する謝罪文を掲載し[3]。10月17日、横浜FCは当該行為首謀者を無期限の入場禁止処分とした[4]

横浜F・マリノス vs Y.S.C.C.横浜[編集]

2016年現在、リーグ戦での対戦こそないものの、2012年の天皇杯2回戦でF・マリノスとY.S.C.C.が対戦した(Y.S.C.C.は当時日本フットボールリーグ(JFL)所属)。Y.S.C.C.は公式ページで「世紀の一戦! 新たな、YOKOHAMAダービー!!」との文字が入った対戦カード告知画像を掲載した[5]。試合は4-2で横浜F・マリノスが勝利した。なお、これに勝利したF・マリノスの次戦(3回戦)の相手は横浜FCとなった(上述)。

月日 時期 会場 ホーム 得点 アウェイ 観客数
2012年 9月8日 天皇杯 2回戦 ニッパ球 横浜FM 4 - 2 YS横浜 4,201

横浜FC vs Y.S.C.C.横浜[編集]

公式戦での対戦はまだなし。

横浜フリューゲルス vs 横浜マリノス[編集]

概要[編集]

  • 公式戦での対戦年度は1992-1998年
  • 主に三ツ沢公園球技場(1997年度まで)と横浜国際総合競技場(1998年限り)で開催された。
    • 1998年度のマリノスのホームゲームは、横浜国際総合競技場におけるJリーグの試合の初開催である。
    • 1994年第1ステージ(サントリーシリーズ)のマリノス主催試合分は三ツ沢の芝生張替え工事などの関係で、特別にベルマーレ平塚の許諾を得て平塚競技場で行った
    • なお1992年-1995年までフリューゲルスは長崎県熊本県鹿児島県を「特別活動地域」としてホームタウンに準ずる地域として扱われたが、これらの地域で横浜ダービーが開催されたことはなかった。
  • Jリーグにおける、最初の(狭義での)ダービーマッチである。
  • 前述の通り、両チームの合併により今後は開催されない。

戦績[編集]

PK戦引き分け扱い

リーグ戦[編集]

PK戦引き分け扱い

開催年 開催日 大会 会場 ホーム 得点 アウェイ 観客数
1993年 6月12日 Jリーグ1st第9節 三ツ沢 横浜M 3 - 2 横浜F 11,734
7月10日 Jリーグ1st第17節 三ツ沢 横浜F 1 - 0 横浜M 13,943
9月3日 Jリーグ2nd第9節 三ツ沢 横浜F 3 - 2 横浜M 13,257
12月8日 Jリーグ2nd第17節 三ツ沢 横浜M 4 - 1 横浜F 13,024
1994年 4月23日 Jリーグ1st第11節 三ツ沢 横浜F 1 - 0 横浜M 14,326
6月11日 Jリーグ1st第21節 平塚 横浜M 2v - 1 横浜F 16,671
9月17日 Jリーグ2nd第11節 三ツ沢 横浜F 1 - 0 横浜M 14,508
11月16日 Jリーグ2nd第21節 三ツ沢 横浜M 2 - 0 横浜F 13,102
1995年 3月25日 Jリーグ1st第3節 国立 横浜F 0 - 1 横浜M 36,039
5月10日 Jリーグ1st第15節 三ツ沢 横浜M 0 - 0
(PK4-5)
横浜F 13,817
8月19日 Jリーグ2nd第3節 三ツ沢 横浜F 2v - 1 横浜M 14,104
10月7日 Jリーグ2nd第15節 三ツ沢 横浜M 1 - 0 横浜F 12,249
1996年 4月20日 Jリーグ第9節 三ツ沢 横浜F 1 - 2v 横浜M 13,670
11月2日 Jリーグ第28節 三ツ沢 横浜M 1 - 2 横浜F 12,016
1997年 7月12日 Jリーグ1st第15節 三ツ沢 横浜M 1 - 0 横浜F 12,307
9月10日 Jリーグ2nd第11節 三ツ沢 横浜F 2 - 3 横浜M 8,273
1998年 3月21日 Jリーグ1st第1節 横浜国 横浜M 1 - 2v 横浜F 52,083
9月15日 Jリーグ2nd第5節 横浜国 横浜F 0 - 2 横浜M 53,598

注:v = Vゴール

カップ戦・その他[編集]

横浜マリノス:1勝2敗
横浜フリューゲルス:2勝1敗

開催年 開催日 大会 会場 ホーム 得点 アウェイ 観客数
1992年 10月11日 ナビスコ杯予選L第9節 平塚 横浜M 1 - 2v 横浜F 5,109
12月6日 天皇杯2回戦 山城総 横浜F 2 - 4
(延長戦)
横浜M
1993年 9月11日 ナビスコ杯グループリーグ 三ツ沢 横浜F 3 - 1 横浜M 13,419

注:v = Vゴール

その他[編集]

  • 厳密には日本リーグの時代においてもマリノス、フリューゲルスの前身である日産、全日空に加え、同じく三ツ沢を本拠地とした古河電工のいずれかの対戦も現代であれば横浜ダービーと呼ばれることになるが、ダービーマッチという言葉が一般化したのはJリーグ発足後のことであり、Jリーグ元年の段階で唯一同じスタジアムを本拠地に構える2クラブであった両者の対戦を海外では「ローカル・ダービー」と呼ぶことが、中継の際NHKアナウンサー(当時)の山本浩に豆知識として語られた。

出典[編集]

関連項目[編集]