第79回天皇杯全日本サッカー選手権大会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
第79回天皇杯全日本サッカー選手権大会
開催国 日本の旗 日本
参加チーム数 80
優勝 名古屋グランパスエイト
準優勝 サンフレッチェ広島F.C
試合総数 79
テンプレートを表示

第79回天皇杯全日本サッカー選手権大会(だい79かいてんのうはいぜんにほんサッカーせんしゅけんたいかい)は、1999年11月28日から2000年1月1日まで開かれた天皇杯全日本サッカー選手権大会である。

この大会は名古屋グランパスエイトが4年ぶり2度目の優勝。

概要[編集]

出場チーム[編集]

J1リーグ[編集]

J2リーグ[編集]

JFL[編集]

大学[編集]

2種[編集]

都道府県代表[編集]

試合[編集]

1回戦[編集]

  • 順天堂大学 2-0 愛知学院大学
  • 栃木SC 0-2 ジュビロ磐田ユース
  • 草津東高校 0-2 FC東京
  • 初芝橋本高校 2-1 八戸大学
  • 日本文理大学 1-2v サガン鳥栖
  • 名古屋SC 3-4 ジヤトコ
  • 前橋商業高校 1-2 ヴァンフォーレ甲府
  • ソニー仙台 2-1 岩手大学
  • 丸岡高校 1-11 大塚
  • 山口教員団 2-3v 福岡大学
  • ブレイズ熊本 0-8 モンテディオ山形
  • 沖縄国際大学 0-2 テイヘンズFC
  • FCプリメーロ 0-2 アルビレックス新潟
  • 鹿屋体育大学クラブ 1-0 甲南大学
  • 奈良産業大学 2-7 デンソー
  • 石見FC 7-3 徳島商業高校
  • 国見高校 0-4 国士舘大学
  • 専修大学 1-0 山形FC
  • 広島大学 0-6 大分トリニータ
  • 各務原高校 2-8 アローズ北陸
  • 阪南大学 1-2 コンサドーレ札幌
  • マインドハウスTC 2v-1 三菱自動車水島
  • 南国高知FC 3-7 本田技研
  • 香川紫雲FC 4v-3 日精樹脂工業
  • ホンダロック 0-5 ベガルタ仙台
  • 水戸ホーリーホック 5-1 TDK
  • 境高校 0-6 大宮アルディージャ
  • 韮崎アストロス 4(PK2-4)4 道都大学
  • 愛媛FC 0-3 川崎フロンターレ
  • 城西大学 4-1 九州INAX
  • 立命館大学 2-1 筑波大学
  • 横浜FC 8-0 新潟大学

2回戦[編集]

  • 順天堂大学 3-0 ジュビロ磐田ユース
  • FC東京 6-0 初芝橋本高校
  • サガン鳥栖 2-1 ジヤトコ
  • ヴァンフォーレ甲府 0(PK3-4)0 ソニー仙台
  • 大塚 0-2 福岡大学
  • モンテディオ山形 3-0 テイヘンズFC
  • アルビレックス新潟 1-0 鹿屋体育大学クラブ
  • デンソー 7-0 石見FC
  • 国士舘大学 1-2 専修大学
  • 大分トリニータ 10-0 アローズ北陸
  • コンサドーレ札幌 3-0 マインドハウスTC
  • 本田技研 6-0 香川紫雲FC
  • ベガルタ仙台 1-2 水戸ホーリーホック
  • 大宮アルディージャ 3-0 道都大学
  • 川崎フロンターレ 5-1 城西大学
  • 立命館大学 1-4 横浜FC

3回戦[編集]

  • ジュビロ磐田 2-0 順天堂大学
  • ベルマーレ平塚 3-4v FC東京
  • 鹿島アントラーズ 1-0 サガン鳥栖
  • 名古屋グランパスエイト 4-0 ソニー仙台
  • セレッソ大阪 4-1 福岡大学
  • ヴィッセル神戸 0(PK3-4)0 モンテディオ山形
  • 浦和レッドダイヤモンズ 3-1 アルビレックス新潟
  • 柏レイソル 4-2 デンソー
  • 清水エスパルス 2-1 専修大学
  • 京都パープルサンガ 1-0 大分トリニータ
  • アビスパ福岡 1-0 コンサドーレ札幌
  • サンフレッチェ広島 3-2 本田技研
  • 横浜F・マリノス 2-1 水戸ホーリーホック
  • ガンバ大阪 1-0 大宮アルディージャ
  • ジェフユナイテッド市原 2-3 川崎フロンターレ
  • ヴェルディ川崎 3v-2 横浜FC

4回戦[編集]

  • ジュビロ磐田 3-0 FC東京
  • 鹿島アントラーズ 1-2 名古屋グランパスエイト
  • セレッソ大阪 3-4v モンテディオ山形
  • 浦和レッドダイヤモンズ 0-2 柏レイソル
  • 清水エスパルス 2(PK4-2)2 京都パープルサンガ
  • アビスパ福岡 1-2 サンフレッチェ広島
  • 横浜F・マリノス 2-1 ガンバ大阪
  • 川崎フロンターレ 1-3 ヴェルディ川崎

準々決勝[編集]

  • ジュビロ磐田 0-1 名古屋グランパスエイト
  • モンテディオ山形 0-2 柏レイソル
  • 清水エスパルス 0-2 サンフレッチェ広島
  • 横浜F・マリノス 0-1 ヴェルディ川崎

準決勝[編集]

  • 名古屋グランパスエイト 2-0 柏レイソル
  • サンフレッチェ広島 7-2 ヴェルディ川崎

決勝[編集]

2000年1月1日
名古屋グランパスエイト 2 - 0 サンフレッチェ広島
呂比須ワグナー 56分にゴール 56分
ドラガン・ストイコビッチ 82分にゴール 82分[4]
国立霞ヶ丘陸上競技場
観客数: 47,172人
主審: 岡田正義

脚注[編集]

  1. ^ 日産自動車サッカー部→横浜マリノスからの出場回数を含む。なお、横浜フリューゲルス(1999年に統合)の出場回数(13回)は含まない。
  2. ^ 鳥栖フューチャーズ(5回出場)の回数を含む。
  3. ^ 横浜FCはこの年のJFL前期で1位になっていて、本来なら自動的に天皇杯出場権獲得になるところだったが、準加盟扱いのため自動出場は出来ず、神奈川大会を勝ち抜いて出場したものである。
  4. ^ 第79回天皇杯決勝 ストイコビッチゴール(Youtube)

関連項目[編集]