静岡ダービー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

静岡ダービー(しずおかダービー)は、静岡県ホームタウンを置くサッカークラブによって行われるダービーマッチである。 清水エスパルス静岡県静岡市)とジュビロ磐田静岡県磐田市)の対戦カードが著名である。

概要[編集]

日本サッカーリーグ時代
1975年に本田技研サッカー部、1979年にヤマハ発動機サッカー部がJSL1部に昇格。参加チームが関東と関西に偏る中、静岡県内の2チームは天竜川を挟んだ浜松市磐田市に本拠地を持ち、両社共に二輪生産拠点[1]としていたことから、「天竜川決戦」と称された[2]
JSL1部には裾野市に拠点を移したトヨタ自動車サッカー部が1987-88シーズンに昇格、12チーム中3チームが静岡県内に本拠地を置く時期も存在した。JSL2部には上記3チームのほかに日本軽金属サッカー部 (1972,1973)、藤枝市役所サッカー部 (1988-89)、中央防犯サッカー部 (1991-92)が在籍していた。
Jリーグ発足
1991年2月14日、Jリーグ発足に伴う初年度参加チームとして清水市(現:静岡市清水区)をホームタウンとする清水エスパルスの加盟が正式発表された。当時の清水市は少年サッカー大会での清水FC(優勝8回[3])、高校選手権で市内の学校(清水東高清商東海大一)が1980年から1988年の間に7度決勝進出(うち優勝4回)を重ね[4]、多数の選手を輩出している地域であること、および1991年の高校総体サッカー競技のためにつくられた日本平運動公園球技場があり、プロサッカーチームを大きく育てる「ホームタウン」にふさわしい候補地であることからの選出であった[5]。JSL1部の強豪であった本田技研およびヤマハ発動機は下部リーグとなるJFLへの加盟となった。
静岡ダービー
1993年にJリーグが開幕、横浜市をホームタウンとする横浜マリノス横浜フリューゲルスによる「横浜ダービー」が注目を集めた。当時JFLには本田技研・ヤマハ発動機と共に、福岡市移転前の中央防犯サッカー部(藤枝市)、鳥栖市移転前のPJMフューチャーズ(浜松市)、トヨタ自動車サッカー部を継承したトヨタ自動車東富士FC(裾野市)が参加、静岡県内ローカルの番組で県勢の対戦を「静岡ダービー」と称するようになった。Jリーグ参入を目指したヤマハ発動機サッカー部はジュビロ磐田と改称、Jリーグ準加盟が認められ、1993年10月16日、ヤマザキナビスコカップ予選にて、初めて公式戦で清水エスパルスとジュビロ磐田による静岡ダービーが開催された。試合は清水が2-0で勝利。
Jリーグチャンピオンシップ
1999年、清水エスパルスがJリーグディビジョン1においてセカンドステージの優勝を果たし、ファーストステージを制したジュビロ磐田との間で年間優勝を争うこととなった。この年はリーグでの勝ち点合計は清水エスパルスが65で1位であったのに対し、ジュビロ磐田は49でありリーグで6番目であった。Jリーグチャンピオンシップがホームアンドアウェイで開催され、1勝1敗ののちPK戦の末、ジュビロ磐田が勝利した。
エコパスタジアム開場
2001年、袋井市2002 FIFAワールドカップの試合会場となるエコパスタジアムが完成。2001年5月12日には杮落としとして、清水エスパルスとジュビロ磐田の試合を開催。観衆52,959人を集めた。試合は延長ののち、Vゴールで清水が勝利。
エコパスタジアムのある袋井市は磐田市に隣接していることもあり、磐田主管の試合では多くの観客来場が見込まれるホームゲームを開催、静岡ダービーも2012年まで開催された。一方清水は静岡ダービーの主管試合は2005年以降静岡市清水日本平運動公園球技場(現・IAIスタジアム日本平)で開催している。
トラブル
サポーター同士の小競り合い、乱闘も多く、荒れる試合になることもある。2011年のリーグ戦・清水主管の試合で、磐田側の一部サポーターが清水監督のアフシン・ゴトビに対し「ゴトビへ 核兵器つくるのやめろ」との垂れ幕を掲げ、実行者が退席処分を受けている[6]。また、2013年のリーグ戦・磐田主管の試合で、清水側の一部サポーターによる誹謗中傷となる横断幕を掲示する行為があり、クラブ社長が謝罪をしている。[7]
イベント
2012年4月14日、日本平で開催されたJ1リーグ第6節 清水エスパルス対ジュビロ磐田では、スカパーでJリーグオフィシャルサポーターを担当する乃木坂46がマスコットのパルちゃんと共にパフォーマンスを披露した。また富士市出身の若月佑美が清水エスパルスに、磐田市出身の深川麻衣がジュビロ磐田にエールを贈っている。[8]
掛け合い中継
清水エスパルスとジュビロ磐田の静岡ダービーを地元の放送局静岡放送が中継する際、「ダブル実況」というスタイルをとるのが恒例となっている。これは、実況アナウンサーを二人配置し、清水の選手がボールを支配しているときは清水担当のアナウンサー、磐田の選手がボールを支配しているときは磐田担当のアナウンサーが「掛け合い」で実況を行うものである。[9]
県外での開催
Jリーグのレギュラーシーズンにおいて、県外での開催が1回だけある。1994年2ndステージの清水主管の神戸総合運動公園ユニバー記念競技場での試合で、日本平スタジアムが座席増築や芝生張り替えなどの改修工事が行われ使用不可だったためである。
また第83回天皇杯準決勝として埼玉スタジアム2002で、第85回天皇杯準々決勝として丸亀競技場で開催されている。
J3発足
2014年、藤枝市をホームタウンとして藤枝MYFCJ3リーグに加入、静岡県からJリーグに加盟する3つ目のクラブとなった。一方でジュビロ磐田が2013年J1リーグ17位の結果を受けJ2所属となり、J1の清水エスパルスを含め3クラブとも異なるカテゴリーの所属となった。2015年のJ2リーグで2位となりジュビロ磐田が2シーズンぶりにJ1復帰を決めたものの、清水エスパルスはJ1リーグ17位となりJ2降格。1994年から続いてきたJリーグ戦での静岡ダービーは、2014年から3シーズン連続で開催されない。
JFLにおける県勢対戦
JFL所属チームに関しても、県内のチーム同士が対戦する場合に静岡ダービーと称する[10]。ホンダFCは1992年から継続して所属。富士市を本拠地とするジヤトコサッカー部との県勢対戦は1997年から7年間開催されている。2000年から2002年は大学サッカー連盟推薦枠で加入した静岡産業大学サッカー部とあわせ、県勢が3チーム所属していた。2012年から2年間所属した藤枝MYFCにより9年ぶりに復活。2014年に沼津市に本拠地を置くアスルクラロ沼津が加入。2014年以降ではホンダFCとアスルクラロ沼津の対戦が、全国規模のリーグ戦では唯一となっている。[11]

清水エスパルス vs ジュビロ磐田[編集]

ホームスタジアム[編集]

両チームのホームスタジアムは以下の通り。

チーム名 スタジアム名
命名権名称)
収容人員 画像
清水エスパルス 静岡市清水日本平運動公園球技場
IAIスタジアム日本平
20,281人
アイスタ
ジュビロ磐田 ヤマハスタジアム 15,165人
ヤマハ
清水・磐田
中立開催地
静岡県小笠山総合運動公園スタジアム
エコパスタジアム
50,889人
エコパ

リーグ戦戦績[編集]

清水エスパルス:17勝5分22敗 ジュビロ磐田:22勝5分17敗

月日 時期 会場 ホーム 得点 アウェイ 観客数
1994年 4月6日 J 1st第7節 草薙 清水 1v-0 磐田 17,806
5月18日 1st第17節 磐田 磐田 4-2 清水 14,756
9月3日 2nd第7節 神戸ユ 清水 0-1v 磐田 37.306
11月2日 2nd第17節 磐田 磐田 2-1 清水 15,377
1995年 4月22日 1st第10節 日本平 清水 2-3v 磐田 18,432
7月8日 1st第22節 磐田 磐田 2-1 清水 19,069
8月26日 2nd第5節 日本平 清水 0-2 磐田 20,295
10月18日 2nd第17節 磐田 磐田 3v-2 清水 17,976
1996年 4月27日 第10節 日本平 清水 1-2v 磐田 21,931
11月9日 第30節 磐田 磐田 1-2 清水 17,543
1997年 7月19日 1st第17節 日本平 清水 1-2 磐田 17,756
10月4日 2nd第17節 磐田 磐田 2-0 清水 17,117
1998年 5月2日 1st第10節 日本平 清水 2-1 磐田 19,544
10月31日 2nd第14節 磐田 磐田 1-0 清水 17,337
1999年 4月24日 J1 1st第8節 日本平 清水 2-5 磐田 19,343
8月14日 2nd第2節 磐田 磐田 0-1 清水 17,337
2000年 5月27日 1st第15節 磐田 磐田 0-2 清水 17,373
11月11日 2nd第12節 日本平 清水 1v-0 磐田 18,977
2001年 5月12日 1st第9節 エコパ 清水 1v-0 磐田 52,959
9月1日 2nd第1節 エコパ 磐田 3-1 清水 43,506
2002年 7月24日 1st第10節 磐田 磐田 3-1 清水 16,752
9月18日 2nd第4節 日本平 清水 0-2 磐田 15,186
2003年 4月19日 1st第4節 エコパ 清水 0-2 磐田 32,528
8月23日 2nd第2節 エコパ 磐田 1-0 清水 35,313
2004年 5月2日 1st第7節 エコパ 清水 1-0 磐田 39,120
10月2日 2nd第8節 エコパ 磐田 1-2 清水 28,756
2005年 4月2日 第3節 エコパ 磐田 1-1 清水 37,384
10月22日 第18節 日本平 清水 1-1 磐田 16,220
2006年 7月29日 第16節 エコパ 清水 2-0 磐田 24,920
11月26日 第33節 エコパ 磐田 1-0 清水 37,711
2007年 5月3日 第9節 日本平 清水 2-1 磐田 20,318
9月1日 第24節 エコパ 磐田 0-1 清水 33,678
2008年 5月3日 第10節 日本平 清水 1-1 磐田 20,330
11月8日 第31節 エコパ 磐田 1-0 清水 24,887
2009年 4月19日 第6節 エコパ 磐田 3-0 清水 22,152
8月22日 第23節 アウスタ 清水 5-1 磐田 20,116
2010年 7月17日 第13節 アウスタ 清水 0-0 磐田 19,968
8月22日 第20節 エコパ 磐田 2-1 清水 31,266
2011年 5月28日 第13節 アウスタ 清水 0-0 磐田 12,678
9月10日 第25節 エコパ 磐田 2-1 清水 30,516
2012年 4月14日 第6節 アウスタ 清水 3-2 磐田 16,334
10月6日 第28節 エコパ 磐田 0-1 清水 28,745
2013年 4月13日 第6節 アイスタ 清水 1-0 磐田 15,113
10月27日 第30節 ヤマハ 磐田 0-1 清水 12,467
2014年 - 2015年は、清水がJ1、磐田がJ2所属のため開催なし。
2016年は、磐田がJ1、清水がJ2所属のため開催なし。

Jリーグチャンピオンシップ[編集]

清水エスパルス:1勝1敗 ジュビロ磐田:1勝1敗

開催日 会場 ホーム 得点 アウェイ 観客数
1999年12月4日 第1戦 磐田 磐田 2v-1 清水 17,337
1999年12月11日 第2戦 日本平 清水 2v-1 磐田 20,309
  • 2試合で勝点および得点が同じとなったためPK戦を実施、磐田が勝利し年間優勝を獲得した。

Jリーグカップ戦績[編集]

清水エスパルス:3勝3敗 ジュビロ磐田:3勝3敗

開催日 大会 会場 ホーム 得点 アウェイ 観客数
1993年10月16日 予選Bグループ 第7節 日本平 清水 2-0 磐田 9,270
1998年7月15日 準決勝 日本平 清水 0-2 磐田 14,863
2008年5月25日 Bグループ 第4節 日本平 清水 4-2 磐田 12,389
2008年6月8日 Bグループ 第6節 ヤマハ 磐田 2-0 清水 11,731
2010年6月6日 Bグループ 第6節 アウスタ 清水 2-0 磐田 17,521
2013年3月23日 Aグループ 第2節 ヤマハ 磐田 5-1 清水 10,690

天皇杯戦績[編集]

清水エスパルス:1勝1敗 ジュビロ磐田:1勝1敗

開催日 大会・節 会場 ホーム 得点 アウェイ 観客数
2003年12月27日 第83回天皇杯 準決勝 埼玉 清水 2-4 磐田 11,233
2005年12月24日 第85回天皇杯 準々決勝 丸亀 磐田 0-1 清水 7,354

プレシーズンマッチ[編集]

Jリーグ開幕前のプレシーズンマッチとして両チームの対戦が組まれることが多い。1994年2月の磐田スタジアム落成記念試合を始め、2015年および2016年はキャンプ地の鹿児島にてスカパー!ニューイヤーカップで対戦している。 また、1996年から2001年までは名古屋グランパスを加えた3チームによる東海チャンピオンシップが開催された。

清水エスパルス vs ホンダFC[編集]

清水エスパルス:2勝0敗 本田技研/Honda:0勝2敗

開催日 大会 会場 ホーム 得点 アウェイ 観客数
2001年12月9日 第81回天皇杯3回戦 日本平 清水 2-0 本田技研 4,605
2010年9月5日 第90回天皇杯2回戦 アウスタ 清水 2-0 Honda 3,739

清水エスパルス vs 藤枝MYFC[編集]

清水エスパルス:1勝1敗 藤枝MYFC:1勝1敗

開催日 大会 会場 ホーム 得点 アウェイ 観客数
2013年9月8日 第93回天皇杯 2回戦 アイスタ 清水 2-0 藤枝 5,215
2015年9月9日 第95回天皇杯 2回戦 アイスタ 清水 2-4 藤枝 2,218

ジュビロ磐田 vs ホンダFC[編集]

ジュビロ磐田:0勝1敗 Honda FC:1勝0分

開催日 大会 会場 ホーム 得点 アウェイ 観客数
2011年3月26日 震災復興支援TM ヤマハ 磐田 0-3 Honda 約2,000

ジュビロ磐田 vs 藤枝MYFC[編集]

ジュビロ磐田:1勝0敗 藤枝MYFC:0勝1敗

開催日 大会・節 会場 ホーム 得点 アウェイ 観客数
2014年7月13日 第93回天皇杯 2回戦 ヤマハ 磐田 2-0 藤枝

JFLにおける県勢対戦[編集]

  • 本田技研 vs ヤマハ発動機 (1992年のみ 旧JFL1部)
  • ヤマハ発動機 vs 中央防犯 (1993年のみ 旧JFL1部)
  • 本田技研 vs PJMフューチャーズ (1993年のみ 旧JFL2部)
  • 本田技研 vs トヨタ自動車東富士FC (1993年のみ 旧JFL2部)
  • PJMフューチャーズ vs トヨタ自動車東富士FC (1993年のみ 旧JFL2部)
  • 本田技研 vs 中央防犯 (1994年のみ 旧JFL)
  • 本田技研 vs ジヤトコ (1997 - 2003年)
  • 本田技研 vs 静岡産業大学 (2000 - 2002年)
  • ジヤトコ vs 静岡産業大学 (2000 - 2002年)
  • ホンダFC vs 藤枝MYFC (2012 - 2013年)
  • ホンダFC vs アスルクラロ沼津(2014 - )

脚注[編集]

  1. ^ バイクのふるさと浜松”. 浜松市産業部産業振興課. 2015年12月26日閲覧。
  2. ^ 青山知雄 (2012年10月2日). “「静岡ダービーを再び日本の頂上決戦に」”. サッカーキング. 2014年8月3日閲覧。
  3. ^ 全日本少年サッカー大会出身Jリーガーは!? 歴史を学ぼう”. サカイク公式サイト (2011年8月11日). 2015年12月26日閲覧。
  4. ^ 全国高校サッカー選手権歴代優勝校”. 日刊スポーツ公式サイト. 2015年12月26日閲覧。
  5. ^ 大住良之 (2012年6月27日). “Jリーグを創った男・佐々木一樹 第2回”. Sportsnavi. 2015年12月26日閲覧。
  6. ^ 2011年5月29日スポーツニッポン
  7. ^ 10/27ジュビロ磐田戦における一部サポーター行為に対するお詫び”. 清水エスパルス公式サイト (2013年10月28日). 2016年2月15日閲覧。
  8. ^ 静岡ダービーにお邪魔しました!”. 乃木坂46公式サイト (2012年4月14日). 2015年12月26日閲覧。
  9. ^ 静岡ダービー”. 静岡放送公式サイト (2009年4月20日). 2015年12月26日閲覧。
  10. ^ 9年ぶり、JFLで静岡ダービー 1300人声援”. 静岡新聞公式サイト (2012年6月18日). 2015年12月26日閲覧。
  11. ^ 価値ある新静岡ダービー”. スルガ銀行公式サイト (2014年3月30日). 2015年12月26日閲覧。

関連記事[編集]