第94回天皇杯全日本サッカー選手権大会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
第94回天皇杯全日本サッカー選手権大会
開催国 日本の旗 日本
開催期間 2014年7月5日-2014年12月13日
参加チーム数 88
優勝 ガンバ大阪
準優勝 モンテディオ山形
ACL2015出場 浦和レッズ(詳細後述
試合総数 87
ゴール数 308 (1試合平均 3.54 点)
観客動員数 289,522 (1試合平均 3,328 人)
得点王 宇佐美貴史 (ガンバ大阪)
永井謙佑名古屋グランパス) (6得点)
テンプレートを表示

第94回天皇杯全日本サッカー選手権大会(だい94かい てんのうはいぜんにほんサッカーせんしゅけんたいかい)は、2014年7月5日から2014年12月13日まで開催された天皇杯全日本サッカー選手権大会である。

ガンバ大阪が5年ぶり4回目の優勝を果たし、2000年の鹿島アントラーズ以来史上2チーム目の国内タイトル三冠を達成した。

概要[編集]

2013年11月14日の日本サッカー協会 (JFA) 理事会に於いて日程等の審議が行われてスケジュールが確定[1]、2014年3月13日のJFA理事会に於いて開催規程と運営要項の変更が話し合われてレギュレーションが確定し[2]、2014年5月19日に大会実施概要が公表された[3]

レギュレーションの大きな変更点としては、2014年からのJ3リーグ (J3) 発足に伴うシードチーム配分の変更が挙げられる。具体的には、従来の「日本フットボールリーグ (JFL) シード枠」(JFL前期終了時点での1位チーム)に代わり、「前回大会のアマチュアカテゴリー最優秀成績チーム」にシード権が与えられることになった[2]。なお、本年より創設されたJ3リーグ所属12チームに対して本大会へのシード権は付与されず、アマチュアシード枠で出場するAC長野パルセイロJ3リーグ戦限定で参加しているJリーグ・アンダー22選抜を除く10チームが各都県の予選に参加し、FC町田ゼルビアおよびSC相模原以外の8チームが当該各県予選で優勝し本大会に出場した。

また、決勝戦については、それまで長年にわたって決勝の会場となっていた国立霞ヶ丘陸上競技場が、2019年ラグビーワールドカップ、及び2020年夏季オリンピックに向けた新国立競技場への施設建て替え工事(2015年10月解体完了)に伴い使用できなくなることから、「3万人以上収容のキャパシティーを有するスタジアム」での開催を念頭に決勝戦の主管団体を公募したところ、東京都サッカー協会(東京スタジアム (味の素スタジアム))、大阪府サッカー協会(長居陸上競技場(ヤンマースタジアム長居))、神奈川県サッカー協会(横浜国際総合競技場(日産スタジアム))から応募があった。この3会場について、10月31日に天皇杯実施委員会にて実施委員16名による投票を行った結果、東京スタジアムと横浜国際が7票で同票となったが、「FIFAワールドカップ決勝FIFAクラブワールドカップ決勝の開催実績が多かった」との実施委員長裁定により横浜国際が天皇杯決勝の会場に推薦され、理事会で承認された[1][4]。決勝戦が国立霞ヶ丘陸上競技場以外で開催されるのは、第46回大会以来48大会ぶりとなる。また、決勝の日程についても、恒例の「元日決勝」から12月に前倒しされている(詳細後述)。

なお、次回の第95回(2015年度)からは、第2種(高校生・ユース)のチームの出場資格が廃止され、第2種チームの出場は今大会に出場した3チーム(モンテディオ山形ユース、山梨学院大学附属高校徳島市立高校)がひとまず最後となった[5]

優勝チームにはAFCチャンピオンズリーグ2015への出場権が与えられる。

日程[編集]

AFCアジアカップ2015が2015年1月9日に開幕することから、日本代表の準備期間を確保するために12月中に大会を終えることになり、決勝戦については恒例となった「元日決勝」から12月13日に前倒しされた[1][4]。元日に決勝戦を行わないのは、第47回大会以来47大会ぶりとなる[6]。また、決勝戦の日程前倒しと同時に、準決勝までがJリーグのリーグ戦日程と重なることを踏まえて準々決勝以降の日程間隔も見直された結果、全体の日程も8月開幕となった前回大会よりさらに1ヶ月半前倒しの7月開幕となった。なお、北海道代表は6月中に決定することができない[7] ため、北海道代表の関わる1回戦・2回戦は別の日に開催された。

日程見直しの結果、準決勝もこれまでと異なる「平日ナイトゲーム、2試合同時開催」(従前は日中の2試合時差開催)となったこともあり、総合テレビラジオ第1放送での中継は行われなかった(BS1でマルチチャンネル放送を実施)。

前回(第93回大会)・前々回(第92回大会)は3回戦終了後に組み合わせの再抽選が行われたが、今大会ではラウンド16[注 1](4回戦)終了後に決定することになっている[3]

試合 開催日 備考
1回戦 7月5日、6日(26日[† 1] 都道府県代表チーム、アマチュアシードチームの参加
2回戦 7月12日、13日(8月6日[† 2] J1、J2チームの参加
3回戦 8月20日[注 2]
ラウンド16(4回戦) 9月6日、7日(10日[† 3]
準々決勝 10月11日、12日(15日[† 4]
準決勝 11月26日
決勝 12月13日
  1. ^ マッチナンバー【6】(北海道代表 対 群馬県代表)のみ。
  2. ^ マッチナンバー【32】(コンサドーレ札幌 対 【6】の勝者)のみ。
  3. ^ Jリーグヤマザキナビスコカップ準々決勝に進出するJ1チームの試合および天皇杯ラウンド16に進出したJ2、J3チームの試合が対象。
  4. ^ Jリーグヤマザキナビスコカップ準決勝に進出するJ1チームの試合および天皇杯準々決勝に進出したJ2、J3チームの試合が対象

上記の日程は、レギュレーション発表時点の予定に基づいたが、ラウンド16(4回戦)については予備日の対象となるチーム(J2勢およびナビスコカップ準々決勝進出チーム)の関係する試合が8試合中7試合となった結果、本来日程であった9月6日には開催されず、1試合のみ9月7日に開催されることになった。同様の理由で、準々決勝も本来日程であった10月12日には開催されず、1試合のみ10月11日に開催されることになった。

出場チーム[編集]

以下の「出場回数」についてはJFAの公式記録に基づくが、基本的には「前身となるチーム(クラブ化前の実業団チーム、など)からの通算回数」としている。ただし、一部に例外もある。

Jリーグ ディビジョン1[編集]

2014年のJリーグ ディビジョン1所属の全18チーム。

チーム 出場回数
ベガルタ仙台 21回目
鹿島アントラーズ 31回目
浦和レッズ 50回目
大宮アルディージャ 20回目
柏レイソル 47回目
FC東京 21回目
川崎フロンターレ 31回目
横浜F・マリノス 37回目[備考 1]
ヴァンフォーレ甲府 23回目
チーム 出場回数
アルビレックス新潟 23回目
清水エスパルス 23回目
名古屋グランパス 38回目
ガンバ大阪 34回目
セレッソ大阪 46回目
ヴィッセル神戸 28回目
サンフレッチェ広島 63回目
徳島ヴォルティス 26回目
サガン鳥栖 23回目[備考 2]

Jリーグ ディビジョン2[編集]

2014年のJリーグ ディビジョン2所属の全22チーム。

チーム 出場回数
コンサドーレ札幌 34回目
モンテディオ山形 23回目
水戸ホーリーホック 19回目
栃木SC 17回目
ザスパクサツ群馬 12回目
ジェフユナイテッド千葉 50回目
東京ヴェルディ 40回目
横浜FC 16回目
湘南ベルマーレ 43回目
松本山雅FC 9回目
カターレ富山 7回目[備考 3]
チーム 出場回数
ジュビロ磐田 38回目
FC岐阜 9回目
京都サンガF.C. 32回目
ファジアーノ岡山 7回目
カマタマーレ讃岐 16回目
愛媛FC 16回目
アビスパ福岡 23回目
ギラヴァンツ北九州 7回目[備考 4]
V・ファーレン長崎 8回目
ロアッソ熊本 15回目
大分トリニータ 19回目

アマチュアシード枠[編集]

前回大会の本大会に出場したアマチュアカテゴリーのチーム(J1・J2シード以外の48チーム)の中で最も成績が優秀だったチーム

チーム 所属リーグ 出場回数 前回成績
AC長野パルセイロ[9] J3 3年連続4回目 4回戦進出

都道府県代表[編集]

埼玉県代表は3月30日に[10]、千葉・静岡・愛知・香川の4県代表は6月28日[11] に、5県と北海道・群馬県を除く40都府県の代表は6月29日に[12]、群馬県代表は7月6日に[13]、北海道代表は7月19日に[14] 決定した。

都道府県 チーム 所属リーグ 出場回数
北海道 クラブフィールズ・ノルブリッツ北海道 北海道 5年ぶり5回目
青森県 ヴァンラーレ八戸 JFL 3年連続4回目
岩手県 グルージャ盛岡 J3 7年連続8回目
宮城県 ソニー仙台FC JFL 9年連続17回目
秋田県 ブラウブリッツ秋田 J3 13年連続21回目
山形県 モンテディオ山形ユース プリンス東北 初出場
福島県 福島ユナイテッドFC J3 7年連続7回目
茨城県 筑波大学 関東大学1部 4年連続28回目
栃木県 栃木ウーヴァFC JFL 2年連続6回目
群馬県 tonan前橋サテライト 関東2部 初出場
埼玉県 さいたまSC 関東1部 7年ぶり7回目
千葉県 浦安SC 関東1部 2年連続2回目
東京都 明治大学 関東大学1部 5年ぶり13回目
神奈川県 Y.S.C.C.横浜 J3 2年ぶり6回目
山梨県 山梨学院大学附属高校 プリンス関東 3年ぶり2回目
長野県 上田ジェンシャン 北信越1部 14年ぶり5回目
新潟県 JAPANサッカーカレッジ 北信越1部 3年ぶり12回目
富山県 富山新庄クラブ 北信越1部 5年連続5回目
石川県 ツエーゲン金沢 J3 8年連続11回目
福井県 サウルコス福井 北信越1部 3年連続6回目
静岡県 藤枝MYFC J3 2年連続2回目[備考 5]
愛知県 トヨタ蹴球団 東海1部 2年連続2回目
三重県 ヴィアティン桑名 三重県1部 初出場
岐阜県 岐阜経済大学 東海学生2部 初出場
都道府県 チーム 所属リーグ 出場回数
滋賀県 びわこ成蹊スポーツ大学 関西学生1部 5年ぶり4回目
京都府 京都産業大学 関西学生1部 24年ぶり4回目
大阪府 FC大阪 関西1部 初出場
兵庫県 関西学院大学 関西学生1部 3年連続24回目
奈良県 奈良クラブ 関西1部 6年連続6回目
和歌山県 アルテリーヴォ和歌山 関西1部 6年連続6回目
鳥取県 ガイナーレ鳥取 J3 15年連続17回目
島根県 デッツォーラ島根 中国 2年連続9回目
岡山県 ファジアーノ岡山ネクスト JFL 4年連続4回目
広島県 SRC広島 中国 18年ぶり2回目[備考 6]
山口県 徳山大学 中国大学1部 2年ぶり7回目
香川県 多度津FC 四国 初出場
徳島県 徳島市立高校 プリンス四国 16年ぶり2回目
愛媛県 FC今治 四国 6年連続6回目
高知県 高知大学 四国大学1部 12年連続19回目
福岡県 福岡大学 九州大学1部 4年連続29回目
佐賀県 佐賀大学 九州大学1部 3年連続7回目
長崎県 三菱重工長崎SC 九州 2年連続8回目
熊本県 熊本教員蹴友団 熊本県1部 3年ぶり2回目
大分県 ヴェルスパ大分 JFL 5年連続5回目
宮崎県 ホンダロックSC JFL 3年ぶり11回目
鹿児島県 鹿児島ユナイテッドFC JFL 初出場[備考 7]
沖縄県 FC琉球 J3 5年連続8回目

出場回数に関する備考

  1. ^ 日産自動車サッカー部→横浜マリノスからの出場回数を含む。なお、横浜フリューゲルス(1999年に統合)の出場回数(13回)は含まない。
  2. ^ 鳥栖フューチャーズの出場回数(5回)を含む(なお、鳥栖と鳥栖Fには組織としての連続性はない。当該項参照)。
  3. ^ 前身の北陸電力アローズ北陸(10回出場)およびYKK APサッカー部(11回出場)の出場回数は含まない。
  4. ^ 前身の三菱化成黒崎サッカー部の出場回数(4回)を含まない。
  5. ^ 前身の静岡FC(2回出場)の出場回数は含まない。
  6. ^ 前回の出場は前身の広島教員サッカークラブ時代。
  7. ^ 前身のヴォルカ鹿児島(6回出場)およびFC KAGOSHIMA(1回出場、別に前身の「鹿屋体育大学クラブ」で1回出場)の出場回数は含まない。

試合結果[編集]

1回戦[編集]

2回戦[編集]

3回戦[編集]

ラウンド16(4回戦)[編集]

準々決勝[編集]

準々決勝の抽選は2014年9月16日日本サッカー協会ビル(JFAハウス)内日本サッカーミュージアムにて行われた。抽選方法としては前回大会を踏襲しているが、一部変更点がある。

  1. 8チームをすべて同じポットに入れる。
  2. トーナメント表の対戦カードごとにAポジション(ホームチーム)とBポジション(アウェーチーム)を設定。
  3. No.81のA→No.81のB→No.83のA→No.83のB→No.82のA→No.82のB→No.84のA→No.84のBの順に抽選し、対戦カードを決定。
  4. AポジションとなったG大阪・C大阪・名古屋・山形に対しては、準々決勝のホーム開催優先権が与えられ、抽選と同時に開催会場が確定した。なお、北九州については会場の都合からBポジションとなることがあらかじめ確定していた(結果的にNo.84のBとなっている)。

ドロワーは日本サッカー協会会長の大仁邦彌、天皇杯実行委員会委員長の佐々木一樹、スルガ銀行代表取締役社長兼CEOの岡野光喜、ゲストドロワーとして名波浩田中誠[15]

なお、今回の抽選会の模様の中継は前年までのNHK BS1ではなく、スカパー!にて「天皇杯ベスト8抽選会〜ラウンド16ハイライト〜」として放送された(無料放送を実施)。ゲストは準々決勝に進出したギラヴァンツ北九州監督の柱谷幸一と、解説の水沼貴史秋田豊。番組進行担当は中村義昭[16]

準決勝[編集]

決勝[編集]

決勝に勝ち進んだのは、2012年・第92回大会以来の決勝進出で、2009年・第89回大会以来5年ぶりの優勝を目指すガンバ大阪と、クラブ初のタイトルを目指すモンテディオ山形の2チーム[17]。G大阪はJ1復帰初年度で優勝を果たし、ナビスコカップと合わせて2014年シーズンの3冠を目指す。一方の山形はJ2では6位ながらもJ1昇格プレーオフを制してJ1昇格を決め、勢いを持続したまま決勝に臨むことになった。J2クラブの決勝進出は、J2勢同士の対戦となった2011年・第91回大会以来3大会ぶり、東北勢の決勝進出は、1933年・第13回大会に出場した仙台サッカークラブ以来81年ぶりとなる[18]

試合は前半4分、G大阪自陣前からGK東口順昭のフリーキックをFWパトリックが頭で落とし、FW宇佐美貴史が胸トラップからボレーシュート。一旦は山形GK山岸範宏がはじき返すが、こぼれ球に宇佐美自らが詰めて右足で押し込み、G大阪が序盤早々に先制点を挙げる[19]。前半22分には山形のコーナーキックのこぼれ球を宇佐美が奪ってドリブルで持ち上がりカウンター攻撃からパトリックにラストパス、これをパトリックが落ち着いて決め、G大阪が前半のうちに2点を挙げる[19]

躍進の立役者となったFW川西翔太を契約上の関係で[注 3]、MFキム・ボムヨンを出場停止で欠いた上で2点のビハインドという苦しい展開となった山形は、後半開始からDF舩津徹也を投入して守備を修正、後半15分にはFW林陵平を投入して運動量をさらに上げる作戦に出る。すると後半17分、攻撃参加していたDF石川竜也のクロスボールをMF松岡亮輔が反らし、MFロメロ・フランクが決めて山形が1点を返す[19]。その後も足の止まったG大阪に対して猛攻を仕掛ける山形だったが、逆に後半40分、山形DF山田拓巳が足を攣らせて一時ピッチを離れ守備が乱れた隙に、G大阪MF倉田秋からMF遠藤保仁を経由してゴール正面のFW宇佐美にラストパス。これを宇佐美が豪快に振り抜くと、シュートは山形DF當間建文の足に当たりながらもそのままゴールイン、ダメ押しの3点目を奪われる[19][21]

試合はそのまま終了。G大阪が3-1で山形を下し、5大会ぶり4度目の優勝。史上2チーム目となるリーグ戦・ナビスコカップ・天皇杯の国内主要タイトル三冠を達成した[19]。これに伴い、優勝チームに第2代表としての出場権が与えられるAFCチャンピオンズリーグ2015はリーグ戦2位の浦和レッズが第2代表に、リーグ戦3位の鹿島アントラーズが第3代表に繰り上がり(以上本戦からの出場)、リーグ戦4位の柏レイソルが新たに第4代表(プレーオフからの出場)としての出場権を獲得した[22][23]

トーナメント表[編集]

準々決勝 準決勝 決勝
                   
2014年10月15日        
 ガンバ大阪 2
2014年11月26日
 大宮アルディージャ 0  
 ガンバ大阪 5
2014年10月11日
   清水エスパルス 2  
 名古屋グランパス 2 (PK3)
2014年12月13日
 清水エスパルス 2 (PK5)  
 ガンバ大阪 3
2014年10月15日
   モンテディオ山形 1
 セレッソ大阪 0
2014年11月26日
 ジェフユナイテッド千葉 1  
 ジェフユナイテッド千葉 2
2014年10月15日
   モンテディオ山形 3  
 モンテディオ山形 1
 ギラヴァンツ北九州 0  

関連項目[編集]

脚注[編集]

注記[編集]

  1. ^ 今大会から「ラウンド16」の表記を取り入れた。従来の「4回戦」表記も一部に残る。
  2. ^ a b 8月20日開催予定だったマッチナンバー【57】(サンフレッチェ広島 対 水戸ホーリーホック)については、同日広島市内で発生した豪雨による土砂災害の影響で、緊急車両の優先通行等、被災地周辺の救助活動を優先させるため、開催日を8月27日に変更した[8]
  3. ^ 川西はG大阪からの期限付き移籍であり、G大阪との試合に出場出来ない契約となっていた[20]

出典[編集]

  1. ^ a b c (PDF) 2013年度 第7回理事会 協議事項 (Report). 日本サッカー協会. (2013-11-14). http://www.jfa.jp/about_jfa/report/PDF/k20131114.pdf 2014年5月4日閲覧。. 
  2. ^ a b (PDF) (別紙)天皇杯全日本サッカー選手権大会 開催規程変更 (Report). 日本サッカー協会. (2014-03-13). http://www.jfa.jp/about_jfa/report/PDF/k20140313_07_01.pdf 2014年5月4日閲覧。. 
    (PDF) (別紙)天皇杯全日本サッカー選手権大会 運営要項変更の件 (Report). 日本サッカー協会. (2014-03-13). http://www.jfa.jp/about_jfa/report/PDF/k20140313_07_02.pdff 2014年5月4日閲覧。. 
  3. ^ a b “第94回天皇杯全日本サッカー選手権大会 大会実施概要” (プレスリリース), 日本サッカー協会, (2014年5月19日), http://www.jfa.jp/news/00000816/ 2014年5月20日閲覧。 
  4. ^ a b “サッカー:天皇杯、来年の決勝は横浜・日産スタジアムで”. 毎日新聞. (2013年11月15日). http://mainichi.jp/sports/news/20131115k0000m050032000c.html 2014年5月7日閲覧。 
  5. ^ “天皇杯全日本サッカー選手権大会 大会形式等の変更について” (プレスリリース), 日本サッカー協会, (2014年11月13日), http://www.jfa.jp/match/emperorscup/news/00002582/ 2014年11月27日閲覧。 
  6. ^ “天皇杯は元日・国立改め12.13・横浜決戦へ!”. チケットぴあ (PIA Corporation). (2014年6月6日). http://ticket-news.pia.jp/pia/news.do?newsCd=201406060017 2014年8月28日閲覧。 
  7. ^ 第32回知事杯全道サッカー選手権大会 札幌地区予選”. 札幌地区サッカー協会. 2014年5月7日閲覧。
  8. ^ “第94回天皇杯全日本サッカー選手権大会 3回戦 サンフレッチェ広島 対 水戸ホーリーホック戦 8月27日(水)に延期” (プレスリリース), 日本サッカー協会, (2014年8月20日), http://www.jfa.jp/match/emperorscup/news/00001749/ 2014年8月20日閲覧。 
  9. ^ AC長野パルセイロがシードチームとして出場決定”. 日本サッカー協会 (2014年3月14日). 2014年5月4日閲覧。
  10. ^ “第94回天皇杯全日本サッカー選手権大会 埼玉県代表にさいたまSCが決定” (プレスリリース), 日本サッカー協会, (2014年4月1日), http://www.jfa.jp/match/news/00000499/ 2014年5月4日閲覧。 
  11. ^ “第94回天皇杯全日本サッカー選手権大会 千葉県など4県で代表決まる” (プレスリリース), 日本サッカー協会, (2014年6月28日), http://www.jfa.jp/match/emperorscup/news/00001131/ 2014年6月28日閲覧。 
  12. ^ “第94回天皇杯全日本サッカー選手権大会 40都府県で代表決まる” (プレスリリース), 日本サッカー協会, (2014年6月29日), http://www.jfa.jp/match/emperorscup/news/00001136/ 2014年7月3日閲覧。 
  13. ^ “第94回天皇杯全日本サッカー選手権大会 群馬県代表にtonan前橋サテライトが決定” (プレスリリース), 日本サッカー協会, (2014年7月6日), http://www.jfa.jp/match/emperorscup/news/00001195/ 2014年7月7日閲覧。 
  14. ^ “北海道代表にクラブフィールズノルブリッツ北海道が決定 第94回天皇杯全日本サッカー選手権大会” (プレスリリース), 日本サッカー協会, (2014年7月19日), http://www.jfa.jp/news/00001382/ 2014年7月19日閲覧。 
  15. ^ 天皇杯ベスト8、対戦カード決定!”. 第94回天皇杯全日本サッカー選手権大会公式サイト. 日本サッカー協会 (2014年9月17日). 2014年9月18日閲覧。
  16. ^ “【MEDIA】「天皇杯ベスト8抽選会〜ラウンド16ハイライト〜」に柱谷監督出演のお知らせ[スカパー!]” (プレスリリース), ギラヴァンツ北九州, (2014年9月15日), http://www.giravanz.jp/news/2014/09/media816.html 2014年9月16日閲覧。 
  17. ^ 天皇杯決勝は三冠目指すG大阪と初ファイナル進出の山形の対戦に”. SOCCER KING (2014年11月26日). 2014年11月29日閲覧。
  18. ^ 山形山田弾で決勝進出、東北勢81年ぶり”. 日刊スポーツ (2014年11月26日). 2014年11月29日閲覧。
  19. ^ a b c d e “3冠! G大阪5年ぶり4度目V/天皇杯詳細”. 日刊スポーツ. (2014年12月13日). http://www.nikkansports.com/soccer/news/f-sc-tp0-20141213-1408466.html 2014年12月14日閲覧。 
  20. ^ 頼野亜唯子 (2014年12月12日). “【山形】天皇杯ファイナルに導いた山田拓巳の決勝点 川西翔太が「泣きそうやった」と語った理由”. サッカーダイジェストweb. 2014年12月14日閲覧。
  21. ^ 宇都宮徹壱 (2014年12月13日). “記憶に残る3冠達成と悩ましい日程問題 天皇杯漫遊記2014 G大阪vs.山形”. スポーツナビ. 2014年12月14日閲覧。
  22. ^ “AFCチャンピオンズリーグ2015 グループステージ 組み合わせ決定” (プレスリリース), 日本サッカー協会, (2014年12月11日), http://www.jfa.jp/news/00002859/ 2016年1月2日閲覧。 
  23. ^ “ACL出場チーム決定 柏が第4代表に”. デイリースポーツ. (2014年12月14日). http://www.daily.co.jp/soccer/2014/12/14/0007582166.shtml 2014年12月14日閲覧。 

外部リンク[編集]