コンテンツにスキップ

中山仁斗

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
中山 仁斗
名前
愛称 マサト、ゴン[1]
カタカナ ナカヤマ マサト
ラテン文字 NAKAYAMA Masato
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1992-02-06) 1992年2月6日(32歳)
出身地 兵庫県尼崎市
身長 180cm
体重 73kg
選手情報
在籍チーム 日本の旗 ベガルタ仙台
ポジション FW
背番号 9
利き足 左足
ユース
2010-2013 大阪産業大学
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2014-2015 ガイナーレ鳥取 54 (13)
2016 レノファ山口FC 29 (11)
2017-2018 モンテディオ山形 37 (5)
2019 ジュビロ磐田 14 (2)
2020-2021 水戸ホーリーホック 73 (25)
2022- ベガルタ仙台 53 (16)
1. 国内リーグ戦に限る。2023年12月14日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

中山 仁斗(なかやま まさと、1992年平成4年〉2月6日 - )は、兵庫県尼崎市出身のプロサッカー選手Jリーグベガルタ仙台所属。ポジションはフォワード

来歴

[編集]

地元の長洲SCサッカーを始める。

大阪産業大学附属高等学校を経て大阪産業大学へ進学。大阪産業大学時代の同期は、江口直生

2014年より、ガイナーレ鳥取へ入団[2]2015年シーズンにはJ3リーグでチーム最多となる10得点を記録した。

2016年、同期のMF安藤由翔と共にレノファ山口FCへ完全移籍[3][4]。その年の7月10日に行われたJ2第22節ギラヴァンツ北九州戦(維新百年記念公園陸上競技場)で後半16分からの出場でハットトリックを達成した[5]

2017年、モンテディオ山形へ完全移籍[6][7]

2019年シーズンより、ジュビロ磐田へ完全移籍[8]。4月10日に行われたルヴァン杯松本山雅FC戦で移籍後初ゴールを含む2得点を挙げ、チームの勝利に貢献した[9]。5月18日のJ1第12節・ベガルタ仙台戦では、前半19分にアダイウトンの先制点をアシストし、前半34分には自身J1リーグ初得点となる追加点を挙げ、1得点1アシストの活躍で磐田のリーグ戦ホーム初勝利に貢献した[10]。7月3日に行われた天皇杯2回戦・ホンダロックSC戦では、ハットトリックを達成した[11]。このハットトリックもあり、大会2試合で6得点を挙げて大会得点王となった。

2020年、水戸ホーリーホックへ完全移籍[12]。加入初年度から主力に定着し、キャリアハイの13ゴールをマーク。翌2021年も攻撃の中心として12ゴールを決め、2年連続での二桁ゴールを達成。

2022年よりベガルタ仙台に完全移籍で加入[13]。キャリアハイのリーグ戦14得点を記録し、JPFAアワードのJ2ベストイレブンに選ばれた[14]

エピソード

[編集]
  • ゴンの愛称で呼ばれている元磐田の中山雅史と名前が1文字違いのため、昔からあだ名が「ゴン」であった[15]。また、磐田に移籍際はチームメイトや加入時に監督だった名波浩から「ゴン」と呼ばれていた[1]
  • 仙台入団時のコメント「顔は戦国武将みたいで怖そうですが…」[13] がサポーターに受け、「武将キャラ」が定着。シーズン終了後にはイベントで伊達武将隊とのコラボレーションにより実際に武将姿を披露した[16][17]

所属クラブ

[編集]

個人成績

[編集]
国内大会個人成績
年度クラブ背番号リーグ リーグ戦 リーグ杯オープン杯 期間通算
出場得点 出場得点出場得点 出場得点
日本 リーグ戦 リーグ杯天皇杯 期間通算
2014 鳥取 18 J3 23 3 - 2 1 25 4
2015 31 10 - 2 0 33 10
2016 山口 32 J2 29 11 - 3 0 32 11
2017 山形 39 15 2 - 0 0 15 2
2018 22 3 - 4 0 26 3
2019 磐田 32 J1 14 2 6 2 2 6 22 10
2020 水戸 9 J2 38 13 - - 38 13
2021 35 12 - 0 0 35 12
2022 仙台 27 14 - 1 1 28 15
2023 26 2 - 2 1 28 3
2024 - - - - - - - -
通算 日本 J1 14 2 6 2 2 6 22 10
日本 J2 192 57 - - 10 2 202 59
日本 J3 54 13 - 4 1 58 14
総通算 260 72 6 2 16 9 282 83

タイトル

[編集]

個人

[編集]

脚注

[編集]
  1. ^ a b 【磐田】10年ぶり“ゴンゴール”!新加入FW中山仁斗、紅白戦で今年チーム初得点 スポーツ報知 2019年1月20日
  2. ^ 大阪産業大学 中山仁斗選手 加入内定のお知らせ』(プレスリリース)ガイナーレ鳥取、2013年12月16日http://www.gainare.co.jp/news/detail/23745/2016年1月6日閲覧 
  3. ^ 中山仁斗選手 完全移籍加入のお知らせ』(プレスリリース)レノファ山口FC、2016年1月6日http://www.renofa.com/archives/6551/2016年1月6日閲覧 
  4. ^ “J2昇格の山口、J3鳥取から安藤と中山が完全移籍”. スポーツニッポン. (2016年1月6日). https://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2016/01/06/kiji/K20160106011813290.html 2016年1月6日閲覧。 
  5. ^ “サッカー J2 北九州に5-1圧勝 勝ち点→34 中山選手がハット /山口”. 毎日新聞山口版. (2016年7月11日). http://mainichi.jp/articles/20160711/ddl/k35/050/297000c 2016年10月14日閲覧。 
  6. ^ 中山 仁斗選手 モンテディオ山形に完全移籍のお知らせ』(プレスリリース)レノファ山口FC、2016年12月27日http://www.renofa.com/archives/18653/2016年12月27日閲覧 
  7. ^ “中山 仁斗選手 完全移籍加入のお知らせ”. モンテディオ山形. (2016年12月27日). http://www.montedioyamagata.jp/news/y-2016/n-00006491/ 2016年12月27日閲覧。 
  8. ^ 中山 仁斗選手が完全移籍加入 ジュビロ磐田 2019年1月9日
  9. ^ 初先発・中山仁斗が2発!磐田が松本を下して公式戦2連勝、静岡ダービーに弾み ゲキサカ 2019年4月10日
  10. ^ “ゴン”中山がJ1初弾含む1G1A!!磐田が仙台を下して2戦ぶり白星”. ゲキサカ (2018年5月18日). 2018年5月18日閲覧。
  11. ^ 磐田鈴木新監督の初陣飾る5発「勝って良い流れを」 日刊スポーツ 2019年7月3日
  12. ^ 中山 仁斗選手 ジュビロ磐田より完全移籍加入のお知らせ 水戸ホーリーホック 2019年12月26日
  13. ^ a b 水戸ホーリーホック 中山仁斗選手 完全移籍加入のお知らせ』(プレスリリース)ベガルタ仙台、2021年12月26日https://www.vegalta.co.jp/news-team/2021/12/post-918.html2021年12月26日閲覧 
  14. ^ 【JPFAアワード2022】”. 一般社団法人 日本プロサッカー選手会. 2023年1月18日閲覧。
  15. ^ 磐田中山「まさと」がレジェンド「まさし」背中追う 日刊スポーツ 2019年1月12日
  16. ^ セルバにユアスタがやってくる powered by SGC ~ベガルタ仙台の2023は、始まっている。~開催のお知らせ』(プレスリリース)ベガルタ仙台、2022年12月15日https://www.vegalta.co.jp/news-club/2022/12/post-894.html2022年12月17日閲覧 
  17. ^ #武将トーク #戦術トーク へ参集頂きありがとう御座った! 【公式】奥州・仙台おもてなし集団 伊達武将隊 2022年12月17日

関連項目

[編集]

外部リンク

[編集]