維新百年記念公園陸上競技場

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
維新百年記念公園 > 維新百年記念公園陸上競技場
維新百年記念公園陸上競技場
Ishin Memorial Park Stadium outview.JPG
維新百年記念公園陸上競技場の位置(山口県内)
維新百年記念公園陸上競技場
施設情報
所在地 山口県山口市維新公園4-1-1
位置 北緯34度9分16.1秒
東経131度26分14.7秒
座標: 北緯34度9分16.1秒 東経131度26分14.7秒
開場 1963年昭和38年)5月
拡張 2007年平成19年) - 2011年平成23年)
所有者 山口県
運用者 一般財団法人山口県施設管理財団
グラウンド 天然芝
ピッチサイズ 107m×71m[1]
照明 鉄塔4基・1500ルクス
大型映像装置 あり
建設費 約81.5億円[1]
設計者 山口県建築指導課
佐藤総合計画[2]
建設者 鴻池組・井森工業・山口建設特定JV[2]
旧称
山口県営陸上競技場
使用チーム、大会
当項目を参照
収容能力
約20,000[1]
アクセス
JR大歳駅矢原駅から徒歩1km
メインスタンド(第4コーナー側)からフィールドを臨む
メインスタンド

維新百年記念公園陸上競技場(いしんひゃくねんきねんこうえんりくじょうきょうぎじょう)は、山口県山口市維新公園四丁目の維新百年記念公園内にある日本陸上競技連盟公認第1種陸上競技場[1]。施設は山口県が所有し、一般財団法人山口県施設管理財団指定管理者として運営管理を行っている。

概要[編集]

1963年(昭和38年)5月に、同年10月開催の第18回国民体育大会の主会場「山口県営陸上競技場」として建設された、維新百年記念公園内で最も古くからある施設である。

現在の競技場は、2011年(平成23年)に山口県で開催された第66回国民体育大会(おいでませ!山口国体)、第11回全国障害者スポーツ大会(おいでませ!山口大会)の主会場とすることを念頭に、2007年(平成19年)からの4年計画[3] で改築が行われたものである。

設計のコンセプトとして以下の3点を掲げている[2]

山なみと調和した雲のような風景
山々や公園の並木に囲まれた周囲の景観との調和に配慮し、メインスタンドの屋根はスタンド頂部を支点に高さ56.2mの2本のマストで吊られた半吊り屋根構造となっている(なお、屋根があるのはメインスタンドのみで、サイドスタンド・バックスタンドには屋根がない)。
誰もがスポーツを楽しめる空間
トップアスリート向けだけではなく、一般県民にも広く利用されることを想定し、バリアフリーの対策としてエレベータースロープの設置といったユニバーサルデザインに配慮している。
エコロジカルな競技場
雨水や地下水、太陽光などの自然エネルギーを有効に循環させて利用させている。

改築にあたっては、現在の日本陸連第1種公認基準適合と共にJ2クラスの本拠地誘致を見据えて各種規格が見直され、トラックを400m×9レーン[1] に増加、雨天走路の新設、バックスタンドおよびサイドスタンド下部の椅子席化(サイドスタンド上部は芝生席)とメインスタンド椅子席の個席化、夜間照明(鉄塔4基・1500ルクス確保)、大型映像装置(西側サイドスタンド裏)の設置などが行われた[2]

新競技場はスタンド整備の落札業者が指名停止になるなどの問題のため一般競争入札が3度行われるなどのトラブルもあったが、当初の計画より半年遅れの2011年(平成23年)3月19日に完成した[4]。翌日の第39回全日本実業団ハーフマラソン大会がこけら落しとなる予定だったが、東日本大震災の影響でオープニングセレモニー並びに全日本実業団ハーフマラソン大会が中止となった。2013年に当時中国リーグ所属だったレノファ山口FCJリーグ準加盟した際に本競技場をホームスタジアム登録しており、2014年以後JFLおよびJリーグでのレノファのホームゲームは主に本競技場で開催されている。

収容人員は20,000人とされている[1]が、J2以上の公式戦では芝生席(約5,000人相当)が認められていないこと、レノファ山口がJ2に参入する際の2015年のJ2ライセンス審査において「芝生の常緑化」「常設記者席の設置」の必要性が指摘され2015年度末に改修工事を実施した[5]関係で、2016年時点での「入場可能数」は14,850人となっており[6]、J1基準(収容人員15,000人以上)は満たしていない。これについて、山口県知事の村岡嗣政は2016年5月17日の定例記者会見でレノファのJ1ライセンス申請に関連して「座席の増設など申請に必要な施設についてJリーグと打ち合わせて、支障がないようにしたい」とJ1ライセンス基準に適合した改修を行う計画があることを示唆[7]、2016年シーズンオフに両サイドスタンドの芝生席の一部を立ち見席に改修して収容可能人員15,115人を確保した。

なお、「山口県営陸上競技場」(改修前)の施設概要は以下の通り。

  • 日本陸上競技連盟第一種(旧基準)公認競技場。
  • トラック:400m×8レーン(全天候型)
  • フィールド:101m×71m(天然芝)
  • 収容人員:23,000人(ベンチシートのメインスタンド+バックスタンド・サイドスタンド芝生席)

開催された主なイベント・大会[編集]

陸上競技[編集]

サッカー[編集]

その他[編集]

アクセス[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f 陸上競技場”. 山口県施設管理財団. 2014年2月11日閲覧。
  2. ^ a b c d 公共建築紹介 維新百年記念公園陸上競技場”. 一般社団法人公共建築協会 中国地区事務局. 2013年9月1日閲覧。
  3. ^ 維新百年記念公園陸上競技場整備基本計画(概要版) (PDF)”. 山口県公式サイト. 山口県土木建築部都市計画課. 2010年11月20日閲覧。
  4. ^ “維新公園陸上競技場 3月19日オープン”. 山口新聞 (みなと山口合同新聞社). (2010年11月16日). http://www.minato-yamaguchi.co.jp/yama/news/digest/2010/1116/2p.html 2010年11月20日閲覧。 
  5. ^ “県:レノファ・ホームスタジアム、J2昇格で改修へ 4億円の補正予算案発表”. 毎日新聞山口版. (2015年11月26日). http://mainichi.jp/articles/20151126/ddl/k35/010/504000c 2016年1月31日閲覧。 
  6. ^ 維新百年記念公園陸上競技場”. 日本プロサッカーリーグ. 2016年1月31日閲覧。
  7. ^ “サッカー J2 J1ライセンス申請へ 県も支援方針打ち出す/山口”. 毎日新聞山口版. (2016年5月18日). http://mainichi.jp/articles/20160518/ddl/k35/050/418000c 2016年6月7日閲覧。 
  8. ^ 第8回田島直人記念陸上競技大会 兼 小学生中学生高校生育成強化陸上競技会 (PDF) 山口県陸上競技協会
  9. ^ 月刊陸上競技マガジン 2016年2月号より
  10. ^ a b アクセスガイド”. レノファ山口FC. 2016年2月17日閲覧。
  11. ^ a b c d 交通アクセス”. 山口県施設管理財団. 2014年2月11日閲覧。
  12. ^ 【山口維新】維新百年記念公園陸上競技場”. 日本フットボールリーグ. 2014年11月22日閲覧。

外部リンク[編集]

先代:
県営陸上競技場
岡山市
国民体育大会
主競技場

山口国体 (1963年)
次代:
県営新潟陸上競技場
新潟市
先代:
県総合スポーツセンター陸上競技場
千葉市
国民体育大会
主競技場

おいでませ!山口国体
次代:
岐阜メモリアルセンター長良川競技場
岐阜市