林彰洋

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
林 彰洋 Football pictogram.svg
名前
愛称 アキ[1]、ビック、恐竜、京子水谷[2][3]
カタカナ ハヤシ アキヒロ
ラテン文字 HAYASHI Akihiro
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1987-05-07) 1987年5月7日(29歳)
出身地 東京都東大和市
身長 195cm
体重 91kg
選手情報
在籍チーム 日本の旗 FC東京
ポジション GK
背番号 33
利き足 右足
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2009-2010 イングランドの旗 プリマス・アーガイル 0 (0)
2010-2012 ベルギーの旗 オリンピック・シャルルロワ 10 (0)
2012-2013 日本の旗 清水エスパルス 40 (0)
2013-2016 日本の旗 サガン鳥栖 104 (0)
2017- 日本の旗 FC東京
代表歴2
2005-2007  日本U-20 3 (0)
2007-2012  日本U-23
2012- 日本の旗 日本 0 (0)
1. 国内リーグ戦に限る。2016年11月3日現在。
2. 2017.02.14現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

林 彰洋(はやし あきひろ、1987年5月7日 - )は、東京都東大和市出身の[4][5]プロサッカー選手JリーグFC東京所属。ポジションはゴールキーパー(GK)日本代表。妻はモデル・女優の広村美つ美(2016年3月23日入籍[6])。

来歴[編集]

プロ入り以前[編集]

幼少期にサッカーを始め、セレクションを経て柏レイソル青梅ジュニアユースに加入[7]。同クラブでは当初GKとフィールドプレーヤーを兼任していたが、プロ入りを見据えGKに専念するようになった[7]

自分の力でチームを全国高校サッカー選手権全国大会に出場させたいと[8]、同大会出場歴の無かった流通経済大学付属柏高等学校へ進学。高校No.1GKとして名を馳せ[8]、2005年にはPK戦の末に県予選を制して[8]同校初の全国出場を果たしたが、2回戦敗退

2006年流通経済大学へ進学。同年開催のAFCユース選手権ではU-19日本代表の正GKとしてプレー[9]。2007年には同代表でのプレーぶりがイビチャ・オシム日本代表監督の目に留まり[10]、A代表の候補合宿に現役大学生としては17年ぶりに選出された[11]同年のU-20ワールドカップでは正GKとしてベスト16進出に貢献。2008年3月にリーグ・アンFCメスの入団テストを受験するも不合格[12]

また、鹿島アントラーズ[13]サンフレッチェ広島[12]京都サンガF.C.の練習に参加し、複数のJリーグクラブが獲得に動いていた[14][12]

在学中、2007年及び2009年のユニバーシアードに出場し、2009年ベオグラード大会で銅メダル獲得。ベオグラードから帰国せず、ヨーロッパ各国のクラブに練習参加した[12]

プリマス・シャルルロワ[編集]

2009年7月末、リーガ1(ルーマニア1部リーグ)に昇格したFCアストラ・プロイェシュティとの契約が報じられたが[12]、自身のブログによればオファーは受けたが契約は見送った[15]9月3日、後にFLチャンピオンシップ(イングランド2部)のプリマス・アーガイルFCと契約を結んだ[16]。同クラブでの出場機会には恵まれず、2010年6月にベルギー3部のROCシャルルロワ=マルシェンヌへ移籍[17]。同年9月、第5節ボホルト戦でジョナサン・ボードン (enとの交代で公式戦初出場[18]。しかし、右手首の2度の負傷の影響により[19][20]その後はボードンが正GKを務めた。

清水エスパルス[編集]

所属クラブが経営難に陥ったこともあって[20]国内復帰を検討し、2012年1月にヴィッセル神戸の練習に参加[19][20]。翌2月には大学で師事したハーフナー・ディドGKコーチが在籍する清水エスパルスの練習に参加し[21]、同月15日に清水と正式契約を結んだ[22]。加入早々に山本海人からレギュラーを奪い、3月10日のJリーグ開幕戦で先発出場。失点減に貢献し[23]、翌4月にはアルベルト・ザッケローニ監督により5年ぶりに日本代表候補に招集された[24][25]

6月14日、若手で経験値のあるGKとして[26]ロンドンオリンピックに臨むU-23日本代表の予備登録メンバーにオーバーエイジ枠で選出された。林自身は意欲を示していたが、清水側が権田修一の控えという位置付けだったことに反発[26]。結局バックアップメンバーという形での選出になり[27]、チームに帯同して渡英し親善試合に出場したものの[28]、本大会直前に帰国した[29]

2013年は開幕戦から先発出場を続けていたが、第12節FC東京戦の敗戦によって直近4戦で3敗を喫したことを機に[30]櫛引政敏との入れ替わりで控えGKに追いやられた。

サガン鳥栖[編集]

2013年8月、GK陣の負傷が相次いでいた[31]サガン鳥栖期限付き移籍[32][33]。直前の試合では特別指定選手藤嶋栄介が出場し控えGKが不在になっていた陣容もあり[34]加入直後から先発に定着[35]。安定感のあるセービングと的確なコーチングでチームを鼓舞し、同じく新加入の菊地直哉と共にリーグ最多失点を喫していた守備の再建に成功[4]。自身の出場した13試合を11失点に抑え、J2降格の危機を救った[36]。同年末には西川周作の移籍に端を発してJリーグにおけるGKの移籍が活発化し、林の去就も注目されたが[37]鳥栖残留を選び[36]、2014年から完全移籍へ移行[38][39]

出場を重ねる中で安定感は高まり、2014年4月には2年ぶりに日本代表選出[40]。同年8月にはアギーレ新体制発足後初の日本代表に招集された[41]。通年では自身初のリーグ戦全試合フル出場を果たし、同年末には鳥栖の年間MVPに選ばれた[42]鹿島神戸からの打診[43][44]に応じず、海外移籍を断念し[45]2015年も鳥栖でプレー。2016年は自身2度目のリーグ戦全試合フル出場を果たした。

FC東京[編集]

2017年、地元クラブのFC東京へ完全移籍[46][5]。2月25日、開幕戦の鹿島アントラーズ戦、3月4日、第2節の大宮アルディージャ戦では好セーブもあり、開幕から2試合連続の完封勝利に貢献した。

所属クラブ[編集]

ユース経歴
プロ経歴

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度 クラブ 背番号 リーグ リーグ戦 リーグ杯 オープン杯 期間通算
出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点
日本 リーグ戦 リーグ杯 天皇杯 期間通算
2006 流経大 31 JFL 8 0 - 1 0 9 0
2007 1 4 0 - 0 0 4 0
2008 10 0 - 0 0 10 0
2009 1 0 - - 1 0
イングランド リーグ戦 FLカップ FAカップ 期間通算
2009-10 プリマス 37 2部 0 0
ベルギー リーグ戦 リーグ杯 ベルギー杯 期間通算
2010-11 シャルルロワ 1 3部 10 0
2011-12 0 0
日本 リーグ戦 リーグ杯 天皇杯 期間通算
2012 清水 31 J1 26 0 2 0 1 0 29 0
2013 1 14 0 0 0 - 14 0
鳥栖 33 13 0 - 5 0 18 0
2014 34 0 5 0 3 0 42 0
2015 23 0 4 0 3 0 30 0
2016 34 0 3 0 2 0 39 0
2017 FC東京
通算 日本 J1 144 0 14 0 14 0 172 0
日本 JFL 23 0 - 1 0 24 0
イングランド 2部 0 0
ベルギー 3部 10 0
総通算 177 0

代表歴[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 石川選手「次はアキ(林彰洋)なんで、余計に点を取ってやりたいですね」 BLOGOLA (2012年8月2日)
  2. ^ サッカーダイジェスト 2017J1&J2&J3選手名鑑(日本スポーツ企画出版社)p76
  3. ^ 「京子」に「水谷」 好きなように呼んで!? FC東京GK林、“総入れ替え”GK陣最年長の覚悟”. ゲキサカ (2017年3月16日). 2017年3月16日閲覧。
  4. ^ a b 鳥栖GK林彰洋 不敗神話継続 - ウェイバックマシン(2013年9月27日アーカイブ分)西日本新聞 (2013年9月26日)
  5. ^ a b 林彰洋選手 完全移籍加入のお知らせ FC東京 (2016年12月30日)
  6. ^ “日本代表GK林&広村“美つ美”3月23日の3時23分に結婚発表”. サンケイスポーツ. (2016年3月23日). http://www.sanspo.com/geino/news/20160324/mrg16032405030002-n1.html 2016年3月25日閲覧。 
  7. ^ a b 林 彰洋選手へのインタビュー (1/2) - ウェイバックマシン(2014年9月3日アーカイブ分) 清水区 (静岡県静岡市) (2012年4月4日)
  8. ^ a b c 林彰洋 / GK 流経大柏 3年 日刊スポーツ
  9. ^ a b c U-20 日本代表FIFA U-20ワールドカップ決める!! 流通経済大学サッカー部 (2006年11月8日)
  10. ^ 流通経大GK林、2階級特進のA代表候補 日刊スポーツ (2007年2月15日)
  11. ^ a b 日本代表候補トレーニングキャンプメンバー (2/15-19) 日本サッカー協会 (2007年2月14日)
  12. ^ a b c d e 未来の代表GK林がルーマニア電撃入団 日刊スポーツ (2009年7月29日)
  13. ^ 流通経大GK林が鹿島で英才教育 日刊スポーツ (2008年3月26日)
  14. ^ 京都が流経大GK林獲りへ 日刊スポーツ (2009年2月8日)
  15. ^ 今までの事!! 林彰洋オフィシャルブログ (2010年6月15日)
  16. ^ ルーマニア→イングランド GK林が電撃契約 - ウェイバックマシン(2009年9月6日アーカイブ分)スポーツニッポン (2009年9月4日)
  17. ^ GK林“ベルギー経由”でブラジルW杯へ - ウェイバックマシン(2010年6月17日アーカイブ分)スポーツニッポン (2010年6月15日)
  18. ^ Bocholt vs. Olympic Charleroi 0 - 4 SOCCERWAY(英語)
  19. ^ a b ベルギー3部所属GK林 J移籍視野に神戸の練習参加 スポーツニッポン (2012年1月25日)
  20. ^ a b c 元U-23代表・林が神戸の練習参加 - ウェイバックマシン(2012年1月25日アーカイブ分)デイリースポーツ (2012年1月25日)
  21. ^ 清水 GK林獲得濃厚に「ディドさんらに誘ってもらった」 スポーツニッポン (2012年2月7日)
  22. ^ 林 彰洋選手(ロイヤルオリンプッククラブ・シャルルロワ)完全移籍にて加入決定のお知らせ 清水エスパルス (2012年2月15日)
  23. ^ 清水林 ナビスコ初先発「全力出すだけ」 日刊スポーツ (2012年6月9日)
  24. ^ ザック日本国内合宿に磐田山田大記初招集 日刊スポーツ (2012年4月22日)
  25. ^ 日本代表候補トレーニングキャンプメンバー (2012/4/23-25@千葉) 日本サッカー協会 (2012年4月22日)
  26. ^ a b 林、控えGKに清水不満 協会と話し合う 日刊スポーツ (2012年6月15日)
  27. ^ a b U-23日本代表 メンバー 第30回オリンピック競技大会(2012/ロンドン) サッカー男子 キリンチャレンジカップ2012 vs U-23ニュージーランド代表 (7/11@東京/国立競技場) 日本サッカー協会 (2012年7月2日)
  28. ^ 国際親善試合 日本サッカー協会 (2012年7月18日)
  29. ^ GK林らバックアップメンバーが帰国へ サンケイスポーツ (2012年7月22日)
  30. ^ 選手出場記録 (1/2) Jリーグ (2013年12月7日)
  31. ^ 鳥栖 GK林(清水)を緊急補強 - ウェイバックマシン(2013年8月13日アーカイブ分)西日本新聞 (2013年8月13日)
  32. ^ 林彰洋選手 サガン鳥栖へ期限付き移籍決定のお知らせ 清水エスパルス (2013年8月12日)
  33. ^ 林 彰洋選手 清水エスパルスより期限付き移籍加入のお知らせ - ウェイバックマシン(2013年10月27日アーカイブ分) サガン鳥栖 (2013年8月12日)
  34. ^ 公式記録 2013Jリーグ ディビジョン1 第20節第1日 Jリーグ (2013年8月10日)
  35. ^ 選手出場記録 (2/2) Jリーグ (2013年12月7日)
  36. ^ a b 鳥栖GK林 今季も救世主 海外志向も「サガン愛」で残留 - ウェイバックマシン(2014年2月7日アーカイブ分)西日本新聞 (2014年2月7日)
  37. ^ J1守護神“玉突き移籍”8人巻き込む大シャッフル スポーツニッポン (2013年12月21日)
  38. ^ 林彰洋選手 サガン鳥栖へ完全移籍決定のお知らせ 清水エスパルス (2014年1月8日)
  39. ^ 林彰洋選手 清水エスパルスより完全移籍加入のお知らせ - ウェイバックマシン(2014年1月8日アーカイブ分)サガン鳥栖 (2014年1月8日)
  40. ^ 鳥栖・林 見てくれ! デっかい成長 生き残りへ意欲 195センチ長身が武器 - ウェイバックマシン(2014年4月9日アーカイブ分)西日本新聞 (2014年4月9日)
  41. ^ 『キリンチャレンジカップ2014』林彰洋選手 SAMURAI BLUEメンバーに選出のお知らせ サガン鳥栖
  42. ^ サガンサポーターが選んだ年間MVPにGK林選手 - ウェイバックマシン(2015年3月30日アーカイブ分)西日本新聞 (2014年12月13日)
  43. ^ 鹿島 鳥栖GK林獲りへ! 若返りへ、27歳大型守護神に白羽の矢 スポーツニッポン (2014年12月7日)
  44. ^ 神戸、鳥栖DF安田の獲得確実 日刊スポーツ (2014年12月24日)
  45. ^ 海外移籍は断念…鳥栖が守護神林と契約更新 ゲキサカ (2015年1月14日)
  46. ^ “林彰洋選手 FC東京へ完全移籍のお知らせ” (プレスリリース), サガン鳥栖, (2016年12月30日), http://www.sagan-tosu.net/news/info.html?seq=1791 2016年12月30日閲覧。 
  47. ^ U-18日本代表チーム スロバキア遠征メンバー (スロバキアカップ ピエスタニー2005) 日本サッカー協会 (2005年4月11日)
  48. ^ U-18日本代表チーム ポルトガル遠征(リスボン国際トーナメント 6/7-16)メンバー 日本サッカー協会 (2005年5月31日)
  49. ^ 【第24回ユニバーシアード競技大会 バンコク2007】ユニバーシアード日本代表チームメンバー 日本サッカー協会 (2007年8月4日)
  50. ^ 第25回ユニバーシアード競技大会(2009/ベオグラード)サッカー男子代表 メンバーリスト 日本サッカー協会 (2009年6月23日)
  51. ^ 日本代表候補トレーニングキャンプ メンバー (4/16-18) 日本サッカー協会 (2007年4月15日)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]