柳川雅樹

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
柳川 雅樹 Football pictogram.svg
名前
愛称 ヤナ
カタカナ ヤナガワ マサキ
ラテン文字 YANAGAWA Masaki
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1987-05-01) 1987年5月1日(32歳)
出身地 兵庫県三田市
身長 184cm
体重 78kg
選手情報
ポジション DF
ユース
2003-2005 ヴィッセル神戸ユース
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2006-2009 ヴィッセル神戸 47 (1)
2010 ヴァンフォーレ甲府 (loan) 6 (0)
2011.1-2011.7 ヴィッセル神戸 0 (0)
2011.7 ザスパ草津 (loan) 10 (0)
2012 栃木SC 4 (0)
2013-2014 ガイナーレ鳥取 37 (0)
2015 グローバルFC 37 (3)
2016-2017 JPVマリキナFC 50 (5)
代表歴
2005-2007  日本 U-20
1. 国内リーグ戦に限る。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

柳川 雅樹(やながわ まさき、1987年5月1日 - )は兵庫県出身の元サッカー選手。ポジションはディフェンダー(DF)

来歴[編集]

三田市内の弥生FCでサッカーをはじめ、ヴィッセル神戸ジュニアユース、ヴィッセル神戸ユースに所属した。

ユース1、2年時はFWをしていたりとレギュラーではなかったが、3年時に木山隆之がユースの監督に就任するとCBとしてレギュラーに定着する。3年時の夏休み期間中、ユースの選手数名がトライアルも兼ねてトップチームの練習に参加していたが、そのメンバーには入っていなかった。その後のJサテライトリーグの試合を見た、トップチーム監督のパベル・ジェハークから評価され、逆転でのトップチーム昇格を果たす。

Jユースサハラカップ2005では増田清一木下真吾紀氏隆秀らと共に準優勝という結果を残す。この大会での活躍が認められ、青木孝太長沢駿佐野克彦らとU-19日本代表に初招集される。

2006年1月に行われたU-19カタール国際ユースにU-19日本代表として参加後、ヴィッセル神戸に新設されたU-23で活動予定であったが、スチュワート・バクスター監督から見てみたいという要望がありトップチームのグアムキャンプに参加する。

バクスター監督の下、チーム史上初めて高卒新人開幕スタメンを果たし、2006年5月A契約締結条件をクリアし、チーム史上最速でA契約を締結する。

U-19日本代表としてAFCユース選手権2006・インド大会に出場していたが、J1昇格争いをしていた神戸からの要望によりU-20ワールドカップ出場権獲得(ベスト4進出)が決まると、代表チームを離れ、神戸に戻ることになった。

翌2007年7月にはU-20日本代表としてFIFA U-20ワールドカップ・カナダ大会に出場した。ユース代表合宿中のルームメイトは同郷出身の香川真司で、よくマリオカートやトランプをしていて、勝つまで終わりにしない香川は負けず嫌いで、アジア予選に恋愛小説・恋空を持ってきていたことが一番驚いたと話していた。

身長184cm、体重78kgの大型DFとして将来の日本サッカー界期待のプレーヤー。2009年7月7日、神戸市在住の女性と入籍したことを自身のブログで明らかにした。

2010年は、ヴァンフォーレ甲府へ期限付き移籍。6試合出場しJ1昇格に貢献した。

2011年、神戸に復帰したが、2011年7月にザスパ草津へ期限付き移籍。同年11月30日、神戸から契約満了に伴い、来シーズンの契約を更新しないことが発表された。

2012年より栃木SCに完全移籍した。

2013年、栃木との契約を残していたが、ガイナーレ鳥取へ完全移籍[1]。2014年シーズン終了後、契約満了により鳥取を退団[2]

シーズンオフは、ヴィッセル神戸在籍時から親交のあった鈴木規郎とよく海外を飛び回っている。またフィリピンではヴィッセル神戸以来6年ぶりに、同じクラブに所属している。

2015年、フィリピンユナイテッド・フットボールリーググローバルFCへ完全移籍。同リーグでは初めてJリーグクラブから直接の移籍選手となる。[3]AFCカップ2015に出場。

2016年、同リーグの日系クラブ、JPVマリキナFCへ完全移籍。キャプテン兼コーチ、広報担当として幅広く仕事をこなし、1部リーグ初挑戦であった同クラブのリーグ戦4位に貢献する。この年のリーグ、Best Defenderに選出される。

怪我により2018年2月に現役を引退し、サッカー選手のマネジメント会社を設立した[4]

所属クラブ[編集]

ユース経歴
プロ経歴

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度クラブ背番号リーグ リーグ戦 リーグ杯オープン杯 期間通算
出場得点 出場得点出場得点 出場得点
日本 リーグ戦 リーグ杯天皇杯 期間通算
2006 神戸 32 J2 28 1 - 1 0 29 1
2007 22 J1 2 0 1 0 0 0 3 0
2008 32 10 0 1 0 0 0 11 0
2009 3 2 0 0 0 0 0 2 0
2010 甲府 3 J2 6 0 - 0 0 6 0
2011 神戸 32 J1 0 0 0 0 - 0 0
草津 27 J2 10 0 - 0 0 10 0
2012 栃木 23 4 0 - 0 0 4 0
2013 鳥取 2 12 0 - 0 0 12 0
2014 J3 21 0 - 2 0 23 0
フィリピン リーグ戦 リーグ杯オープン杯 期間通算
2015 グローバル 32 UFL1部 16 2 4 0 5 1 25 3
2016 マリキナ 32 18 1 7 3 - - 25 4
2017 マリキナ 3 PFL1部 25 1 - - - - 25 1
通算 日本 J1 14 0 2 0 0 0 16 0
日本 J2 60 1 - 1 0 61 1
日本 J3 21 0 - 2 0 23 0
フィリピン UFL/PFL 59 4 11 3 5 1 75 8
総通算 154 5 13 4 8 0 175 9

その他の公式戦

代表歴[編集]

脚注[編集]

  1. ^ “柳川 雅樹選手(栃木SC) 新加入のお知らせ” (プレスリリース), ガイナーレ鳥取, (2012年12月27日), http://www.gainare.co.jp/news/detail/19586/ 2012年12月27日閲覧。 
  2. ^ “契約満了選手のお知らせ” (プレスリリース), ガイナーレ鳥取, (2014年12月3日), http://www.gainare.co.jp/news/detail/27702/ 2014年12月3日閲覧。 
  3. ^ “柳川 雅樹選手 移籍先決定のお知らせ” (プレスリリース), ガイナーレ鳥取, (2015年1月25日), http://www.gainare.co.jp/news/detail/28113/ 2015年1月25日閲覧。 
  4. ^ 三田出身、元ヴィッセルの柳川さん マネジメント会社設立”. 神戸新聞NEXT (2018年9月3日). 2019年4月19日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]