柏木陽介

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
柏木 陽介 Football pictogram.svg
名前
愛称 ヨースケ、浦和の太陽
カタカナ カシワギ ヨウスケ
ラテン文字 KASHIWAGI Yosuke
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1987-12-15) 1987年12月15日(30歳)
出身地 兵庫県神戸市
身長 176cm
体重 73kg
選手情報
在籍チーム 日本の旗 浦和レッズ
ポジション MF
背番号 10
利き足 左足
ユース
1994-1997 神戸市立松尾小学校 (SNSC 須磨ナイスサッカークラブ)
1997-1999 御津町立御津小学校
2000-2002 御津町立御津中学校
2003-2005 サンフレッチェ広島ユース (県立吉田高校)
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2006-2009 サンフレッチェ広島 112 (18)
2010- 浦和レッズ 255 (41)
代表歴2
2010-2016 日本の旗 日本 11 (0)
1. 国内リーグ戦に限る。2017年12月3日現在。
2. 2016年10月6日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

柏木 陽介(かしわぎ ようすけ、1987年12月15日[1] - )は、兵庫県神戸市生まれ、揖保郡御津町 (現:たつの市) 育ちのサッカー選手Jリーグ浦和レッズ所属。元日本代表

ポジションはミッドフィールダー広島県立吉田高等学校卒業。妻は元TBSアナウンサーの佐藤渚[2]。 マネジメント事務所はレプロエンタテインメント所属。

来歴[編集]

プロ入り前[編集]

兵庫県神戸市生まれ、揖保郡御津町育ち。小中学校の同級生には木下真吾がいた。中学3年時、ヴィッセル神戸ユースに進もうとしていたが、サンフレッチェ広島からスカウトされ、テストを経て2003年広島ユースに加入。その当時は体がかなり細かったこともあり[3]、関西圏チームのどこからも具体的なスカウトはなかった。

元々は攻撃的なMFの選手だったがボランチにコンバートされ、高校2年からレギュラーを掴み、チームの中軸としてユースチームで高円宮杯全日本ユース選手権の初制覇、日本クラブユース選手権の連覇を達成し、高校3年次には2種登録選手としてナビスコカップに出場。またU-17、U-18日本代表にも選出。

サンフレッチェ広島[編集]

2006年に広島のトップチームに昇格。同期入団は橋内優也槙野智章趙佑鎮ら。6月にミハイロ・ペトロヴィッチが監督に就任すると、「若手を積極的に起用する」という方針[4] から攻撃的MFとしての出場が増加し、レギュラーに定着[5]。17試合に出場し、シーズン終盤の快進撃に貢献した。11月にはAFCユース選手権2006に出場し、3得点4アシストを挙げる。この活躍を受けてペトロヴィッチからは、「広島のダイヤモンド」[6] と称された。

2007年4月15日、日本代表強化合宿でオシムジャパンの候補に初選出[7]。同年、2007 FIFA U-20ワールドカップに出場。10番を背負いセントラル・ミッドフィールダー[8] として、サイド梅崎司田中亜土夢ボランチ青山隼と共に中盤を構成し「調子乗り世代」の主力として活躍、決勝トーナメント進出を果たす[9]。それが認められ、同年北京オリンピックアジア予選メンバーに選ばれ予選突破に貢献する[3]。柏木本人がブンデスリーガへの移籍を希望していた[10] ほか、シーズン終了後に広島のJ2降格が決定したことから複数クラブからのオファーがあった[11][12] が、最終的に広島に残留した。

2008年には背番号が27から10に変更された。なお、広島の背番号10は代々高木琢也久保竜彦ウェズレイらストライカーの選手が背負っており、中盤の選手が10を背負うのは柏木が初であった。北京五輪代表候補にも名前が挙がっていたが、序盤の怪我による不振から北京五輪本大会のメンバーには選ばれなかった[13]

2009年は、J1復帰初年度でありながら4位と躍進した広島の攻撃の中心として活躍した。

浦和レッズ[編集]

2009年12月15日、浦和レッズへの完全移籍が両チームから発表された[14][15]。柏木はこの移籍について、ステップアップのためのものとコメントしている[14]。なお、契約満了をもっての移籍であったため移籍金は発生せず、トレーニング育成費として浦和から広島に4800万円が支払われると報道された[16]。同年12月21日にはアジアカップ最終予選イエメン代表戦に向けたA代表に初招集された。

2010年1月9日、埼玉スタジアムで浦和への加入記者会見が開かれた[17]。背番号はかつて浦和に大きな貢献をもたらした広瀬治小野伸二三都主アレサンドロが着用していた「8」に決定した。シーズン開幕直後は不慣れなサイドでの起用、本職のトップ下に入っても周りの選手との連携や広島と浦和のサッカースタイルの違いに苦しみ、なかなか本領を発揮することが出来ずにいた。しかし、8月末に阿部勇樹が退団した影響もあって手薄になったボランチで起用されるようになってからは、得点に絡む場面が増えるなど徐々に本領を発揮出来るようになっていった。浦和移籍後初得点は5月5日のJ1第10節名古屋グランパスエイト戦の後半3分に記録した。最終的にこのシーズンは公式戦全試合出場したエジミウソンに次ぐ、公式戦43試合に出場した。

2011年1月、AFCアジアカップ2011に出場する日本代表に選出[18]トップ下を務める本田圭佑の負傷により、グループリーグ第3戦サウジアラビア戦に同ポジションで先発出場した。この試合は大勝し献身的なプレーは評価された一方得点やアシストはつかず、本田の復帰により以後の出場は無かった(日本はこの大会優勝)。

2011年、シーズン当初は前年度から大きく様変わりした戦術に合わず、自身の調子もチームの成績も芳しくない時期が続いたため、一時はスタメン落ちも経験した。しかし、シーズン終盤にかけて調子を上げ、11月26日のJ1第33節アビスパ福岡戦では前半終了間際に起死回生の同点ゴールを挙げる等の活躍を見せ、チームのJ1残留に大きく貢献した。

2012年、広島時代の恩師でもあるミハイロ・ペトロヴィッチ氏が新監督に就任し、柏木自身はかつて広島時代もプレーしたシャドーのポジションでプレー。攻撃の中心として、以前の輝きを感じさせるプレーを随所に披露した。チームは最終節の名古屋戦を柏木の得点もあって2-0で勝利。この結果シーズン3位となり、AFCチャンピオンズリーグの出場権を獲得した。

2014年、開幕直前に新加入の青木拓矢が怪我で離脱するアクシデントもあり開幕からボランチ起用された。 ボランチでも高度なパスセンスと高い位置で奪い取るディフェンスで、攻守に貢献している。 連勝の止まった5月5日ヴァンフォーレ甲府戦以降は再びトップ下に戻った。

2015年、攻撃的なズラタン武藤雄樹などを補強したためボランチに固定された。7月、東アジアカップ2015に出場する日本代表メンバーに選出されたが、直前のリーグ戦で左内転筋を負傷し出場辞退となってしまった。10月、再び代表に招集され10月13日のイラン戦で約3年ぶりに、背番号7を託され国際Aマッチ出場を果たした。

2016年、6年ぶりとなる背番号10に変更。これはクラブとして福永泰以来日本人では16年ぶりとなる背番号10となった。年間通してコンスタントに活躍し、初のJリーグベストイレブン受賞を果たした。

2017年、第5節のヴィッセル神戸戦で2得点1アシストの活躍で勝利に貢献した。11月15日、ヴィッセル神戸から破格の年俸での獲得オファーを受けていたが、浦和レッズへの愛情がまさったことなどからオファーを断り浦和に残留した[19]AFCチャンピオンズリーグ2017で浦和の10年ぶり優勝に貢献し、大会MVPを受賞した。スペイン『マルカ』紙、2017年の世界のサッカー界を代表する100人の内の1人に、日本人として唯一選出された[20]

2018年、阿部勇樹からチームキャプテンを引き継いだ。5月19日、第15節のガンバ大阪戦で、史上52人目となるJ1通算350試合出場を達成した[21]

所属クラブ[編集]

ユース経歴
プロ経歴

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度クラブ背番号リーグ リーグ戦 リーグ杯オープン杯 期間通算
出場得点 出場得点出場得点 出場得点
日本 リーグ戦 リーグ杯天皇杯 期間通算
2005 広島 35 J1 0 0 1 0 0 0 1 0
2006 27 17 1 1 0 1 0 19 1
2007 31 5 7 0 4 1 42 6
2008 10 J2 31 4 - 4 0 35 4
2009 J1 33 8 5 3 2 1 40 12
2010 浦和 8 34 4 6 0 3 0 43 4
2011 31 5 6 1 2 1 39 7
2012 30 6 6 1 3 0 39 7
2013 34 8 5 0 0 0 39 8
2014 33 3 8 1 2 0 43 4
2015 33 5 2 0 2 0 37 5
2016 10 33 5 1 0 1 0 35 5
2017 27 5 0 0 0 0 27 5
2018
通算 日本 J1 336 55 48 6 20 3 404 64
日本 J2 31 4 - 4 0 35 4
総通算 367 59 48 6 24 3 439 68
  • 2005年はユース所属。

その他の公式戦

国際大会個人成績 FIFA
年度 クラブ 背番号 出場 得点 出場 得点
AFCACLクラブW杯
2013 浦和 8 6 1 -
2015 5 0 -
2016 10 7 0 -
2017 10 1 2 1
通算 AFC 28 2 2 1

その他の国際公式戦

タイトル[編集]

チーム[編集]

サンフレッチェ広島ユース
サンフレッチェ広島
浦和レッズ

代表[編集]

日本代表

個人[編集]

代表歴[編集]

出場大会[編集]

試合数[編集]

  • 国際Aマッチ 11試合 0得点 (2010年-2016年)


日本代表国際Aマッチ
出場得点
2010 1 0
2011 2 0
2012 1 0
2015 3 0
2016 4 0
通算 11 0

出演[編集]

CM[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 柏木 陽介|チーム|URAWA RED DIAMONDS OFFICIAL WEBSITE”. 2015年12月28日閲覧。
  2. ^ “浦和・柏木がTBS佐藤アナと入籍”. デイリースポーツ online (株式会社デイリースポーツ). (2016年3月3日). http://www.daily.co.jp/newsflash/gossip/2016/03/03/0008857754.shtml 2016年3月3日閲覧。 
  3. ^ a b 読売新聞 (2007年10月16日). “走る中盤攻守のキーマン”. 2009年7月1日閲覧。
  4. ^ Yahoo!スポーツ (2009年3月6日). “広島が“魅せるサッカー”でJ1に挑む”. 2009年7月1日閲覧。
  5. ^ 中国新聞 (2008年2月19日). “柏木、左脚故障 開幕は微妙”. 2009年7月1日閲覧。
  6. ^ サンフレッチェ広島. “PickUpPlayer 柏木陽介”. 2009年6月27日閲覧。
  7. ^ 日刊スポーツ (2007年4月15日). “「気を失うほどの選手ではない」:オシム語録”. 2009年7月1日閲覧。
  8. ^ Nummber Web. “「さばくボランチ」で存在感を示す!遠藤を追う柏木陽介の自覚と決意。”. 2011年3月23日閲覧。
  9. ^ Yahoo!スポーツ (2007年6月27日). “柏木陽介、飛躍へのターニングポイント”. 2009年7月1日閲覧。
  10. ^ MSN産経ニュース (2007年9月9日). “U-22柏木陽介がブンデス移籍熱望!すでに大物代理人と契約”. 2009年7月1日閲覧。
  11. ^ 日刊スポーツ (2007年12月7日). “浦和が広島MF柏木獲りへ”. 2009年7月1日閲覧。
  12. ^ 日刊スポーツ (2007年12月14日). “広島MF柏木に柏からオファー”. 2009年7月1日閲覧。
  13. ^ スポニチアネックス. “五輪落選の柏木、金崎が“逆転招集””. 2009年7月1日閲覧。
  14. ^ a b サンフレッチェ広島 (2009年12月15日). “柏木陽介選手の移籍についてのお知らせ”. 2009年12月16日閲覧。
  15. ^ 浦和レッドダイヤモンズ (2009年12月15日). “柏木陽介 選手、加入のお知らせ”. 2009年12月16日閲覧。
  16. ^ スポーツ報知 (2009年12月16日). “広島・柏木が浦和に完全移籍…年俸4000万円3年契約”. 2009年12月16日閲覧。
  17. ^ 浦和レッドダイヤモンズ (2010年1月9日). “柏木陽介、レッズ加入記者会見で決意を語る”. 2010年1月10日閲覧。
  18. ^ 浦和レッドダイヤモンズ (2010年12月24日). “日本代表”. 2010年12月30日閲覧。
  19. ^ 【浦和】神戸が獲得オファーのMF柏木と契約更新「浦和レッズへの愛情がまさった」 スポーツ報知 2017年11月15日
  20. ^ スペイン紙が「今年の100人」選出。100位にあの日本人選手がランクイン フットボールチャンネル 2017年12月25日
  21. ^ 2018明治安田生命J1リーグ 第15節 柏木 陽介 選手(浦和)J1通算350試合出場達成”. Jリーグ.jp (2018年5月19日). 2018年5月25日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]