福永泰

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
福永 泰 Football pictogram.svg
名前
カタカナ フクナガ ヤスシ
ラテン文字 FUKUNAGA Yasushi
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 1973年3月6日(42歳)
出身地 東京都町田市
身長 172cm
体重 64kg
選手情報
ポジション FWMF
利き足
ユース
青山学院大学
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1995-2001 浦和レッドダイヤモンズ 130 (26)
2002-2003 ベガルタ仙台 13 (0)
監督歴
2015 青山学院大学
1. 国内リーグ戦に限る。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

福永 泰(ふくなが やすし、1973年3月6日 - )は東京都町田市出身の元サッカー選手、サッカー指導者。ポジションはミッドフィールダー

来歴・人物[編集]

テスト生として1995年に浦和レッドダイヤモンズに入団、ファーストステージ途中からデビュー。フォワードとしてこの年のレッズの躍進を支える原動力となり、浦和のエース福田正博とのコンビネーションは「フクフク・コンビ」と呼ばれた。

1997年ギラン・バレー症候群により長期欠場を余儀なくされた。その後もフォワードからボランチまでこなせる器用な選手として重宝された。2002年にはベガルタ仙台に移籍する。同年4月14日の古巣・浦和戦で左膝十字靭帯損傷の重傷を負う。

2003年に仙台を退団した後も現役続行を目指しリハビリを続けたものの負傷が完治せず2004年に引退を表明した。現在はサッカー解説者。芸能人女子フットサルチーム「ミスマガジン」の監督も務めている。母校青山学院大学サッカー部コーチもしている。2010年現在はヘッドコーチ。

また、ケータイ版レッズプレスにおいて、浦和の試合分析をするコラムが人気を博している。

仙台時代の応援歌の原曲は真島昌利の『ゴーゴーヘドロマン』。

同学年の水内猛と仲がよい。ただし、福永が浦和で活躍し始めたころから水内の出番が少なくなったため、一緒に公式戦に出た試合は少ない。ちなみに仲良くなったのは浦和入団以降だという。もっとも水内は高校時代から福永のことを知っていたらしい。それというのも水内は桐蔭学園(福永が在籍した高校)にライバル意識を持っていたためだという。

2016年よりベガルタ仙台のトップチームコーチに就任した[1]

所属クラブ[編集]

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度 クラブ 背番号 リーグ リーグ戦 リーグ杯 オープン杯 期間通算
出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点
日本 リーグ戦 ナビスコ杯 天皇杯 期間通算
1995 浦和 - J 26 4 - 3 0 29 4
1996 - 28 6 13 2 4 1 45 9
1997 11 0 0 5 0 2 1 7 1
1998 10 31 4 3 2 0 0 34 6
1999 J1 14 3 2 1 0 0 16 4
2000 J2 22 9 2 0 4 0 28 9
2001 14 J1 9 0 1 0 0 0 10 0
2002 仙台 20 J1 6 0 0 0 0 0 6 0
2003 7 0 1 0 0 0 8 0
通算 日本 J1 121 17 25 5 9 2 155 24
日本 J2 22 9 2 0 4 0 28 9
総通算 143 26 27 5 13 2 183 33

指導歴[編集]

  • 2009年 - 2015年 青山学院大学サッカー部
    • 2009年 コーチ[1]
    • 2010年 - 2014年 ヘッドコーチ[1]
    • 2015年 監督[1]
  • 2016年 - ベガルタ仙台トップチームコーチ

出典[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]