林健太郎 (サッカー選手)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
林 健太郎 Football pictogram.svg
名前
愛称 ヤシケン
カタカナ ハヤシ ケンタロウ
ラテン文字 HAYASHI Kentaro
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 1972年8月29日(41歳)
出身地 東京都町田市
身長 182cm
体重 75kg
選手情報
ポジション MF
利き足 右足
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1995-2000
1998 (loan)
2001-2005
2006-2009
ヴェルディ川崎
ヴィッセル神戸
東京ヴェルディ1969
ヴァンフォーレ甲府
125(14)
7(0)
125(4)
112(5)
代表歴
1995 日本の旗 日本 2(0)
1. 国内リーグ戦に限る。2008年12月7日現在。
テンプレート(ノート 解説)サッカー選手pj

林 健太郎(はやし けんたろう、1972年8月29日 - )は、東京都町田市出身の元サッカー選手。ボジションはDF/MF

プロフィール[編集]

非常にキック(パス)が正確な選手として評価される事が多い。182cmと長身であり空中戦にも強い。

大学卒業後、ヴェルディ川崎(現・東京ヴェルディ)に入団。当初はセンターバック、後にゲームメーカータイプのボランチとして長年ヴェルディを支え続けた。ヴィッセル神戸には'98年シーズン途中からの加入だったが、16連敗というJリーグワースト記録(当時)を作るほど深刻な不振に陥っていたチームの立て直しに貢献し、J1参入決定戦にてコンサドーレ札幌に競り勝ちJ1参入を決める原動力となった。2005年にレンタル終了後復帰したヴェルディのJ2降格が決定すると、米山篤志らと共にクラブから戦力外通告を受ける。

その後、ヴェルディと入れ替わるかたちでJ1へ昇格したヴァンフォーレ甲府大木武監督からのラブコールを受け移籍。豊富な運動量を求められる甲府において、林も「動く選手」に変身しつつあるが、どっしりと中盤の底に位置し、多彩な攻撃を操る様はまさに甲府のコンダクターである。移籍後も何度か古巣・ヴェルディのホームゲームに足を運び、様子をチェックしていた。

プロになってから一度もPKを外したことがないPK職人だが、2005年ゼロックス・スーパーカップ(東京V vs 横浜FM)以降PKを蹴っていなかった。しかし、4年後の2009年10月11日に行なわれた天皇杯全日本サッカー選手権大会での2回戦の関西大学との試合でのPK戦の5番手として得意の「コロコロPK」で成功している。甲府でのPKはこれが唯一で、かつプロ生活最後のPKとなった。なお、「コロコロPK」は遠藤保仁の代名詞となっているが、遠藤よりも先に披露している。

年齢からくる衰えとチームの若返りにより2009年を最後に現役を引退。2010年6月27日引退試合として「ヴァンフォーレ甲府 vs 林健太郎とゆかいな仲間達」が開催され、前半はゆかいな仲間達側で出場し1アシスト、後半はヴァンフォーレ甲府側で出場し1ゴールを決めた。

2011年から東京大学運動会ア式蹴球部(サッカー部)のコーチに就任した。また、コーチ業と並行してスカパー!J SPORTSでサッカー解説者としての活動も行っている。

人物[編集]

真摯な姿勢から後輩に非常に慕われており、ヴェルディ、甲府共に林を尊敬する選手も多く、将来的にコーチとしても解説者としても期待されていた。そのエピソードとしてヴェルディから戦力外通告を受けたとき、クラブの対応に不信感を抱いた高校・大学時代からの後輩山田卓也をはじめ、小林大悟ら主力もヴェルディを離れる決断をするきっかけの出来事となった。

一方で非常に熱くなる一面もあり、審判への抗議も多い。2007年には家本政明主審のジャッジに対し「相変わらずヘタクソだな」とスタンドから野次を飛ばし出場停止処分を受けている。また、フィリップ・トルシエが日本代表監督時の代表合宿に招集され、練習時にトルシエに「カカッテコイ!」と体当たりを促されて本気の体当たりを食らわし、トルシエの肋骨にひびを入れたという事もあった(当時のコーチ山本昌邦の著書より)。

このほか、『週刊サッカーダイジェスト』誌にて「MAESTROの独り言」と題したコラムを担当した。

引退試合[編集]

2010年6月27日

ヴァンフォーレ甲府 2 - 1 林健太郎とゆかいな仲間達 山梨中銀スタジアム
観客数: 6,331人
柏好文 19分にゴール 19分
林健太郎 83分にゴール 83分 (PK)
前園真聖 27分にゴール 27分
メンバー
  • ヴァンフォーレ甲府
ヴァンフォーレ甲府の選手一覧のうち2010年6月27日時点で登録されていた選手、31.林健太郎
  • 林健太郎とゆかいな仲間達
1.坂本武久、3.柳本啓成、4.林健太郎、5.柱谷哲二(選手兼監督)、7.前園真聖、8.森島寛晃、9.須藤大輔、10.福永泰、11.水内猛、13.野々村芳和、15.ビジュ、16.桜井直人、18.長谷川太郎、19.脇田寧人、20.仲田建二、21.外池大亮、22.羽地登志晃、23.山崎光太郎、24.倉貫一毅、25.堀井岳也、26.宇留野純、27.吾妻弘将、34.阿部謙作
  • 林健太郎は前半は林健太郎とゆかいな仲間達側、後半はヴァンフォーレ甲府側で出場。

所属クラブ[編集]

ユース経歴

プロ経歴

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度 クラブ 背番号 リーグ リーグ戦 リーグ杯 オープン杯 期間通算
出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点
日本 リーグ戦 ナビスコ杯 天皇杯 期間通算
1994 駒澤大 5 - - - 1 0 1 0
1995 V川崎 - J 43 0 - 3 0 46 0
1996 - 14 1 0 0 5 0 19 1
1997 4 9 0 5 1 2 0 16 1
1998 3 0 2 0 - 5 0
神戸 34 7 0 0 0 2 0 9 0
1999 V川崎 4 J1 29 7 4 0 4 0 37 7
2000 27 6 6 0 2 0 35 6
2001 東京V 17 2 2 0 2 0 21 2
2002 20 0 4 0 1 0 25 0
2003 29 1 3 0 3 0 35 1
2004 29 1 7 1 5 1 41 3
2005 30 0 6 0 1 0 37 0
2006 甲府 31 30 0 3 1 3 0 36 1
2007 24 1 5 0 1 0 30 1
2008 J2 31 4 - 2 0 33 4
2009 27 0 - 2 0 29 0
通算 日本 J1 311 19 47 3 34 1 392 23
日本 J2 58 4 - 4 0 62 4
日本 - - 1 0 1 0
総通算 369 23 47 3 39 1 455 27

その他の公式戦

代表歴[編集]

試合数[編集]

  • 日本の旗 国際Aマッチ 2試合 0得点(1995)


日本代表 国際Aマッチ
出場 得点
1995 2 0
通算 2 0

関連項目[編集]