1995年のJリーグ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Jリーグ > 1995年のJリーグ
Jリーグ
シーズン 1995
優勝 横浜マリノス
ACC出場 横浜マリノス
試合数 364
ゴール数 1214 (1試合平均3.34)
得点王 福田正博浦和・32得点)
最大差勝利ホーム試合
平塚 7-0 鹿島(サントリー第13節・5月3日)
最大差勝利アウェー試合
横浜F 0-6 浦和(NICOS第1節・8月12日)
1-7 V川崎(NICOS第11節・9月23日)
最多得点試合
C大阪 3-6 V川崎(サントリー第18節・6月21日)
G大阪 4-5 清水(サントリー第20節・6月28日)
市原 6-3 横浜F(NICOS第17節・10月18日)
最多観客動員
56,652人 - 浦和 vs V川崎(サントリー第13節・5月3日)
最少観客動員
7,012人 - 広島 vs 名古屋(サントリー第8節・4月12日)
平均観客動員 16,922人
1994
1996

1995年Jリーグは、リーグ戦が3月18日に開幕、11月25日に日程を終了し、11月30日12月6日にチャンピオンシップを行った。リーグの優勝クラブはサントリーシリーズが横浜マリノス、ニコスシリーズがヴェルディ川崎で、チャンピオンシップにより決定された年間総合優勝は横浜マリノス

1995年シーズンのJリーグ参加クラブ[編集]

1995年シーズンのJリーグのクラブは以下の通り。昨シーズンのジャパンフットボールリーグ準会員かつ上位2位に入ったセレッソ大阪柏レイソルが新たに加わり、計14クラブとなった。

レギュレーション[編集]

基本的に前年のレギュレーションを踏襲している。リーグは2ステージ制で行われ、14クラブが各ステージごとにホーム・アンド・アウェー2回戦各26試合×2ステージ=52試合(総試合数182試合×2ステージ=364試合)を戦う。リーグ戦の試合数が大幅に増えたため[注 1]、このシーズンはヤマザキナビスコカップは行われなかった。

各試合の「完全決着方式」(前後半90分で決着が付かない場合、前後半15分ずつのVゴール方式による延長戦を行い、それでも決着が付かない場合はPK戦)は前年・前々年と同様であるが、この年から勝点制を採用し、「90分勝利」「Vゴール勝利」「PK戦勝利」に勝点3を、「PK戦敗北」に勝点1を与えることとした。各ステージの1位(ステージ優勝者)同士が2回戦制のJリーグチャンピオンシップを戦い、勝者が年間優勝、敗者が年間2位となる。なお、年間順位の3位以下は、チャンピオンシップに出場しなかった10クラブの間で「年間勝利数→得失点差→総得点」の順で定めた。

前年・前々年同様、それぞれのステージならびにチャンピオンシップは冠スポンサー大会とされ、第1ステージを「サントリーシリーズ」、第2ステージを「日本信販・NICOSシリーズ」とそれぞれ称して行った。又、チャンピオンシップについてもサントリーが冠スポンサーとなり「サントリー・チャンピオンシップ」の名称で開催された。

スケジュール[編集]

サントリーシリーズは3月18日開幕・7月22日閉幕で行われ、NICOSシリーズは8月12日開幕・11月25日閉幕で行われた。サントリーチャンピオンシップは11月30日・12月6日に行われた。

キリンカップサッカーおよびアンブロ・カップ日本代表が参加するためサントリーシリーズ第16節終了後に1ヶ月の中断期間が設けられたこともあり、ほぼ全期間にわたって週2回開催というタイトなスケジュールとなった。

リーグ概要[編集]

サントリーシリーズは、この年前年のワールドカップサウジアラビアをベスト16に躍進させたホルヘ・ソラリを招聘し、川口能活松田直樹といった若手を積極的に起用した横浜Mが首位争いを演じるが、第16節で「個人的な理由」から横浜M監督のソラリが退任し、後任に日産OBの早野宏史を抜擢。監督交代直後には3連敗を喫するなどするものの、後続のチームのもたつきに助けられる形で横浜Mが初のステージ優勝を達成する[1]。続くNICOSシリーズは地力を発揮したV川崎が3年連続でステージを制した。

一方この年はリーグ発足当初からの「Jリーグ人気」にやや陰りが見られる年ともなり、リーグ発足当初から続いていた「テレビ地上波での中継」(関東地区・録画放送含む)がNICOSステージ第3節で消滅、「プラチナチケット」とも呼ばれたスタジアムの観戦チケットも当日券が販売される状況となった[2]。また、NICOS第1節(8月12日)に横浜FのGK森敦彦が主審にボールをぶつける反則行為で3ヶ月の出場停止[注 2]、NICOS第11節(9月23日)の試合終了後、浦和DF田口禎則がサポーターに暴行しクラブ側の自主処分として同シーズンの残り全試合の出場自粛(リーグもこれを追認)[3] など、不祥事の相次いだシーズンでもあった。

なお、清水エスパルスの清水市日本平スタジアムが第1ステージから、浦和レッズの浦和市駒場スタジアムが第2ステージからそれぞれ改修工事を終えて本拠地に復帰した。セレッソ大阪は長居スタジアム全面改築のための暫定処置として長居第2陸上競技場を本拠地として使用した。

順位表[編集]

  • 以下の順位表において、勝利数・敗戦数はいずれも90分での勝利数・敗戦数を示す。
  • Jリーグ公式記録 では、両ステージ通算の順位を公表していないが、便宜上集計したものを示す。

サントリーシリーズ[編集]

開催期間:3月18日 - 7月22日

チーム 延勝 PK勝 PK敗 延敗
1 横浜マリノス 26 14 2 1 1 2 6 47 38 +9 52 チャンピオンシップに出場
2 ヴェルディ川崎 26 11 3 2 1 2 7 46 36 +10 49
3 浦和レッドダイヤモンズ 26 8 5 2 3 2 6 41 34 +7 48
4 名古屋グランパスエイト 26 9 3 3 1 2 8 50 48 +2 46
5 ジュビロ磐田 26 11 4 0 0 3 8 48 40 +8 45
6 ジェフユナイテッド市原 26 9 4 1 3 2 7 48 40 +8 45
7 ベルマーレ平塚 26 12 2 0 1 2 9 60 47 +13 43
8 鹿島アントラーズ 26 11 2 1 0 1 11 38 38 0 42
9 セレッソ大阪 26 9 3 1 2 2 9 43 44 −1 41
10 サンフレッチェ広島 26 10 2 1 0 3 10 38 33 +5 39
11 ガンバ大阪 26 9 1 0 1 1 14 49 54 −5 31
12 清水エスパルス 26 6 2 2 0 2 14 35 63 −28 30
13 横浜フリューゲルス 26 7 1 1 1 5 11 42 54 −12 28
14 柏レイソル 26 6 1 0 1 6 12 30 46 −16 22

NICOSシリーズ[編集]

開催期間:8月12日 - 11月25日

チーム 延勝 PK勝 PK敗 延敗
1 ヴェルディ川崎 26 18 1 0 2 0 5 60 26 +34 59 チャンピオンシップに出場
2 名古屋グランパスエイト 26 14 3 0 0 1 8 49 34 +15 51
3 横浜マリノス 26 11 1 3 1 1 9 39 37 +2 46
4 清水エスパルス 26 11 3 1 0 3 8 42 34 +8 45
5 柏レイソル 26 10 3 1 1 0 11 57 54 +3 43
6 鹿島アントラーズ 26 11 1 2 1 2 9 44 41 +3 43
7 ジェフユナイテッド市原 26 9 3 2 1 1 10 49 51 −2 43
8 浦和レッドダイヤモンズ 26 11 2 1 0 2 10 44 38 +6 42
9 ジュビロ磐田 26 10 3 0 1 1 11 40 37 +3 40
10 セレッソ大阪 26 9 1 2 1 5 8 36 39 −3 37
11 横浜フリューゲルス 26 7 4 0 1 1 13 36 57 −21 34
12 サンフレッチェ広島 26 9 0 0 1 4 12 31 43 −12 28
13 ガンバ大阪 26 5 3 0 2 5 11 38 53 −15 26
14 ベルマーレ平塚 26 4 2 1 1 4 14 34 55 −21 22

年間総合順位[編集]

上位2チームの順位はJリーグチャンピオンシップの結果により確定する。

チーム 延勝 PK勝 PK敗 延敗
1or2 ヴェルディ川崎 52 29 4 2 3 2 12 106 62 +44 108 チャンピオンシップに出場
1or2 横浜マリノス 52 25 3 4 2 3 15 86 75 +11 98
3 名古屋グランパスエイト 52 23 6 3 1 3 16 99 82 +17 97
4 浦和レッドダイヤモンズ 52 19 7 3 3 4 16 85 72 +13 90
5 ジェフユナイテッド市原 52 18 7 3 4 3 17 97 91 +6 88
6 ジュビロ磐田 52 21 7 0 1 4 19 88 77 +11 85
7 鹿島アントラーズ 52 22 3 3 1 3 20 82 79 +3 85
8 セレッソ大阪 52 18 4 3 3 7 17 79 83 −4 78
9 清水エスパルス 52 17 5 3 0 5 22 77 97 −20 75
10 サンフレッチェ広島 52 19 2 1 1 7 22 69 76 −7 67
11 ベルマーレ平塚 52 16 4 1 2 6 23 94 102 −8 65
12 柏レイソル 52 16 4 1 2 6 23 87 100 −13 65
13 横浜フリューゲルス 52 14 5 1 2 6 24 78 111 −33 62
14 ガンバ大阪 52 14 4 0 3 6 25 87 107 −20 57

チャンピオンシップ[編集]

Jリーグチャンピオンシップについてはサントリーが冠スポンサーとなり、サントリー・チャンピオンシップの名称で開催された。

合計スコアが2-0となり、横浜マリノスが年間王者に決定。

テレビ中継

表彰[編集]

受賞者
最優秀選手賞 ユーゴスラビアの旗 ドラガン・ストイコビッチ名古屋グランパスエイト
得点王 日本の旗 福田正博浦和レッドダイヤモンズ
新人王 日本の旗 川口能活横浜マリノス
最優秀監督賞 フランスの旗 アーセン・ベンゲル(名古屋グランパスエイト)
優勝監督賞 日本の旗 早野宏史(横浜マリノス)
優秀審判賞 日本の旗 小幡真一郎
審判員特別奨励賞 日本の旗 廣嶋禎数
チェアマン感謝状 アルゼンチンの旗 ラモン・ディアス

ベストイレブン[編集]

ポジション 選手名 受賞回数 所属クラブ
GK 日本の旗 菊池新吉 2 ヴェルディ川崎
DF 日本の旗 相馬直樹 鹿島アントラーズ
DF 日本の旗 井原正巳 3 横浜マリノス
DF ドイツの旗 ブッフバルト 浦和レッドダイヤモンズ
DF 日本の旗 鈴木正治 横浜マリノス
MF 日本の旗 柱谷哲二 3 ヴェルディ川崎
MF ブラジルの旗 ビスマルク 2 ヴェルディ川崎
FW 日本の旗 福田正博 浦和レッドダイヤモンズ
FW 日本の旗 三浦知良 2 ヴェルディ川崎
FW ユーゴスラビアの旗 ストイコビッチ 名古屋グランパスエイト
FW 日本の旗 森島寛晃 セレッソ大阪

得点ランキング[編集]

順位 選手 得点
1 日本の旗 福田正博(浦和) 32
2 イタリアの旗 サルヴァトーレ・スキラッチ(磐田) 31
3 アルゼンチンの旗 ダビド・ビスコンティ(横浜M) 27
4 ブラジルの旗 ベッチーニョ(平塚) 25
5 日本の旗 野口幸司(平塚) 23
日本の旗 三浦知良(V川崎)

記録[編集]

Jリーグ準会員[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

注記[編集]

  1. ^ この年の「全52節(26節×2)」という試合数は後に発足するJ2を含め過去最多(J2の年間試合数最多は2009年のJ2における全51節(18クラブ3回戦総当り)、J3は2015年のJ3における39節(13クラブ3回総当たり=各節休みのチームがあるため1チーム36試合)だった。当初は14チーム3回総当り・39試合による1シーズン制とすることも検討されていたが、スポンサー企業との契約が当年度まで残っていた都合もあり断念して年間4回総当りを維持したものである。[要出典]
  2. ^ この「出場停止3ヶ月」の処分は、個人に対するJリーグの処分としては2015年シーズン終了までで最も重い処分である。

出典[編集]

  1. ^ 【Jリーグ】鳥栖と同ケースの首位での監督交代は過去にも。95年の横浜はソラリ→早野監督のリレーで優勝を果たす”. サッカーダイジェスト (2014年8月10日). 2015年1月4日閲覧。
  2. ^ 大住良之 (1995年4月18日). “No.98 Jリーグ人気低下のいまこそ理念実現へ”. サッカーの話をしよう 大住良之オフィシャルサイト. 2015年1月4日閲覧。
  3. ^ 大住良之 (1995年10月3日). “No.121 田口事件”. サッカーの話をしよう 大住良之オフィシャルサイト. 2015年1月4日閲覧。