2020年のJ1リーグ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
明治安田生命J1リーグ
シーズン 2020
優勝 川崎フロンターレ
ACL2021出場 川崎フロンターレ
ガンバ大阪
名古屋グランパス
ACL 2021 PO出場 セレッソ大阪
天皇杯出場 川崎フロンターレ
ガンバ大阪
試合数 306
ゴール数 866 (1試合平均2.83)
得点王 オルンガ (・28得点)
最大差勝利ホーム試合
浦和 6-0 仙台 (第23節・10月18日)
最大差勝利アウェー試合
札幌 1-6 川崎 (第10節・8月15日)
最多得点試合
名古屋 6-2 浦和 (第9節・8月8日)
横浜FM 6-2 浦和 (第27節・11月14日)
最多連勝記録
12 - 川崎(第13節-第25節)
最多連続負け無し記録
13 - 川崎(第24節-第25節)[注釈 1]
最多連続勝ち無し記録
17 - 仙台(第10節-第11節)[注釈 2]
最多連敗記録
7 - 清水(第11節-第24節)[注釈 3]
最多観客動員
34,521人 - 横浜FM vs G大阪 (第1節・2月23日)
最少観客動員
0人 - 第2節・第3節全試合
平均観客動員 5,796人
2019
2021

この項目では、2020年シーズンのJ1リーグについて述べる。

概要[編集]

J1リーグとして28年目のシーズン。明治安田生命保険相互会社をタイトルパートナー (冠スポンサー) として、「2020明治安田生命J1リーグ」(: 2020 MEIJI YASUDA J1 LEAGUE) の名称で行う (4年契約の2年目[1])。

当初、開催方式そのものに関して前年度と変更はなかった[2] が、本年からJ1のリーグ戦全試合においてビデオ・アシスタント・レフェリー (VAR) を導入することが公表されており[3]、第1節では実施されたが、新型コロナウイルス感染拡大の影響を受けた日程変更に伴い、審判員の確保が困難なことから、第2節以降は実施が見送られることになった[4]

第1節を終えた後、新型コロナウイルス感染拡大を受けてリーグが中断され、中断が長期化する中で、ホームスタジアムの利用頻度や試合日程、アウェイゲームやホームゲームの連戦格差など、競技の不公正が生じる可能性を踏まえ、3月19日に行われた臨時実行委員会での了承をもってリーグ昇降格に関する「特例ルール」の適用が決定した[5]。具体的には、J2からJ1への昇格が2枠に固定され、J1からJ2への(成績要件による)降格をなくす(即ち、2021年シーズンのJ1は現状よりチーム数が最大2増になる)というものである。

スケジュール[編集]

2019年12月16日に大会方式および試合方式が発表された[6]。これまでで最も早い2月21日開幕[7] (前年に引き続き金曜日開幕)、12月5日閉幕の全34節・合計306試合で行われる。なお東京オリンピック開催の関係で、7月4日・5日開催の第21節から8月14・15・16日開催の第22節までの約1か月半(6週間)にわたりリーグ戦を中断する予定とした[8]

また、2020年1月22日には今シーズンの全日程が発表され[9]、東京オリンピックの会場をホームスタジアムとするクラブについては会場準備の都合上スタジアムを使用できない期間があるため、FC東京は8試合[注釈 4][10]、鹿島アントラーズは5試合[11] それぞれアウェーの連戦が組まれる。また、浦和レッズもリーグ戦では11年ぶりに浦和駒場スタジアムを使用する日程が組まれた[12]

その後、第1節が行われた後の2月24日に示された新型コロナウイルス感染拡大についての国の専門家会議の見解[13] を受け、2月25日に行われた理事会で3月15日まで開催予定のJリーグ全公式戦(J1は第4節まで)の延期を決定[14]。さらに3月12日の理事会で、3月29日までに開催予定のJリーグ全公式戦(J1は第6節まで)の延期を決定[15]。この時点で4月3日(第7節)からの再開を目指したが、事態が収束しないことから、3月25日の臨時実行委員会でJ1の再開目標をゴールデンウィーク (GW) 明けの5月9日の第13節に再設定し、第12節までの延期を決定[16][注釈 5]

4月3日の臨時の実行委員会は、5回目の「新型コロナウイルス対策連絡会議」での専門家チームからの助言を受け、3月25日に決めた再開・開幕の日程を白紙に戻すことを決定[18]。4月8日に5月27日まで開催予定のすべての公式戦123試合(J1は第15節までのリーグ戦27試合とルヴァンカッププレーオフステージ第1戦)の延期を発表した上で、その後の開催予定も「未定」とした[19]、さらに4月30日には6月7日まで開催予定のすべての公式戦49試合(J1は第16節の9試合)の延期を発表した上で、その後の開催予定も引き続き「未定」とした[20]

5月29日に行われた臨時実行委員会で、J1の再開日を7月4日とすることを決定[21]。6月15日に再編された第2節以降の日程が発表された[22]。8月30日の第13節まで具体的に対戦カード、試合時間、会場が決定され、第14節以降は対戦カード、開催日(週末開催の場合は、土曜日又は日曜日と表示)のみ決定とされた。第2節・第3節についてはリモートマッチ(無観客試合)での開催とされ、以後の試合の扱いは決定次第公表とされた[23]。なお、試合運営方法の変遷については2020年のJリーグ#新型コロナウイルス感染拡大の影響を参照のこと。

参加クラブ[編集]

2020年シーズンのJ1のクラブ数は前年同様の18[24]2019年のJ2リーグ優勝の柏レイソル2018年シーズン以来2年ぶり、同2位の横浜FC2007年シーズン以来13年ぶりのJ1昇格。

チーム名 監督 所在
都道府県
ホームスタジアム 前年成績
北海道コンサドーレ札幌 オーストリアの旗セルビアの旗 ペトロヴィッチ[25] 01北海道 札幌ドーム J1 10位
ベガルタ仙台 日本の旗 木山隆之[26] 04宮城県 ユアテックスタジアム仙台 J1 11位
鹿島アントラーズ ブラジルの旗 ザーゴ[27] 08茨城県 県立カシマサッカースタジアム J1 03位
浦和レッズ 日本の旗 大槻毅[28] 11埼玉県 埼玉スタジアム2002 J1 14位
柏レイソル ブラジルの旗 ネルシーニョ[29] 12千葉県 三協フロンテア柏スタジアム j2Arrowupgreen.pngJ2 01位優勝
FC東京 日本の旗 長谷川健太[30] 14東京都 味の素スタジアム J1 02位
川崎フロンターレ 日本の旗 鬼木達[31]  14神奈川県 等々力陸上競技場 J1 04位
横浜F・マリノス オーストラリアの旗 アンジェ・ポステコグルー[32] 日産スタジアム J1 01位優勝
横浜FC 日本の旗 下平隆宏[33] ニッパツ三ツ沢球技場 j2Arrowupgreen.pngJ2 02位
湘南ベルマーレ 日本の旗 浮嶋敏[34] Shonan BMW スタジアム平塚 J1 16位
清水エスパルス オーストラリアの旗 ピーター・クラモフスキー[35] 22静岡県 IAIスタジアム日本平 J1 12位
名古屋グランパス イタリアの旗 マッシモ・フィッカデンティ[36] 愛知県 豊田スタジアム J1 13位
ガンバ大阪 日本の旗 宮本恒靖[37] 27大阪府 パナソニックスタジアム吹田 J1 07位
セレッソ大阪 スペインの旗 ロティーナ[38] ヤンマースタジアム長居 J1 05位
ヴィッセル神戸 ドイツの旗 トルステン・フィンク[39] 28兵庫県 ノエビアスタジアム神戸 J1 08位
サンフレッチェ広島 日本の旗 城福浩[40] 34広島県 エディオンスタジアム広島 J1 06位
サガン鳥栖 大韓民国の旗 金明輝[41] 41佐賀県 駅前不動産スタジアム J1 15位
大分トリニータ 日本の旗 片野坂知宏[42] 44大分県 昭和電工ドーム大分 J1 09位
  • 本拠地名については各チームのホーム開幕戦時点のもの[43]

監督交代[編集]

特記なき場合、監督代行はトップチームのヘッドコーチが務めている。

チーム名 前監督 退任日 監督代行 新監督 就任日 備考
ヴィッセル神戸 ドイツの旗 トルステン・フィンク 9月21日[44] スペインの旗 マルコス・ビベス[45] 日本の旗 三浦淳寛 9月24日[46] スポーツダイレクターより異動
清水エスパルス オーストラリアの旗 ピーター・クラモフスキー 11月1日[47] - 日本の旗 平岡宏章 11月1日[48] コーチからの昇格

キットサプライヤー・スポンサー[編集]

  • 鎖骨スポンサーは両側でスポンサーが異なる場合のみ左右の表示をする。
チーム名 メーカー 鎖骨 背中上部 背中下部 パンツ前面 パンツ背面
01北海道コンサドーレ札幌 Kappa ISHIYA TOHO
RESORT
あいプラン Diamond head CLASSIC
サッポロ クラシック

(FP 1st/GK 1st)
SAPPORO
(FP 2nd,3rd/GK 2nd,3rd)
- -
02ベガルタ仙台 adidas IRIS OHYAMA - やまや KADAN 七十七銀行 HASHIMOTOTEN -
03鹿島アントラーズ NIKE LIXIL mercari イエローハット[注釈 6] RISO NIPPON STEEL アイフルホーム -
04浦和レッズ NIKE MITSUBISHI
HEAVY INDUSTRIES
EneCle POLUS Shimachu
HOME’S
MITSUBISHI MOTORS DHL -
05FC東京 umbro XFLAG - Mitsubishi
Corporation
LIFEVAL TOKYO GAS TOKYO GAS -
06柏レイソル YONEX HITACHI
Inspire the Next
三協フロンテア Aflac 日立ビルシステム KASHIWA
Reysol×Save the Children
[注釈 7]
LAWSON[注釈 8]
07川崎フロンターレ PUMA FUJITSU RENOSY (左)
富士通
ビー・エス・シー (右)
SMBC日興証券 富士通エフサス 富士通
マーケティング
PFU -
08横浜F・マリノス adidas NISSAN MELCO MUGEN
ESTATE
Owltech 日清オイリオ - -
09横浜FC soccer junky ONODERA
GROUP
FUDEAL
CREATION (左)
ヨコレイ(右)
FRONTIER PC NITTAI jes DRAFT -
10湘南ベルマーレ PENALTY MELDIA
三栄建築設計
RIZAP 産業能率大学 日本端子 FUjiTA - -
11清水エスパルス PUMA Suzuyo Taica (左)
ITEC
ITEC CORPORATION
(右)
IAI S-TRUST JAL - -
12名古屋グランパス Mizuno TOYOTA グーネット(左)
au 5G (右・FP 1st/GK 1st)
au (右・FP 2nd/GK 2nd)
DENSO 豊田通商 TS3 TOYOTA
GAZOO Racing
-
13ガンバ大阪 umbro Panasonic DAIKEN (左)
DAICEL (右)
ROHTO SHIP
HEALTHCARE
TOYO
TIRES
吹田市[注釈 9] -
14セレッソ大阪 PUMA YANMAR - Nipponham SINGHA SHARP ナカバヤシ DANISH[注釈 10]
15ヴィッセル神戸 asics Rakuten Rakuten Medical
がん克服。生きる。
CONQUERING Cancer. (左)
Rakuten toto (右)
アンリ・シャルパンティエ Kawasaki NOEVIR ケンミン
焼ビーフン
-
16サンフレッチェ広島 NIKE EDION Hisense MAZDA 広島銀行 you
me
TERAL -
17サガン鳥栖 New Balance 佐賀新聞[注釈 11] /
K 木村情報技術[注釈 12]
竹下の
ブラックモンブラン
(左)
竹下のMilcook
ミルクック
(右)
Sojitz[注釈 13] 家具産地大川
関家具[注釈 14]
佐賀新聞 B mallage[注釈 15]
18大分トリニータ PUMA ダイハツ九州 Signpost (左)
SHOWA DENKO (右)
SBI GROUP SBI損保 SBIいきいき少短 SOPH. net one -

リーグ概要[編集]

戦前の予想では、連覇を目指す横浜FM、即戦力外国人を補強したFC東京、これまでの大型補強が実り天皇杯を獲得した神戸などが軸となるとみられていた[55][56] が、新型コロナウイルス感染拡大の影響を受けた長期中断を経て首位を快走したのは、前年3連覇を逃した川崎だった。

フォーメーションを4-4-2からより攻撃的な4-3-3に変更して臨んだ今シーズンは、中断明けからはMF三笘薫、FW旗手怜央といった大卒を含む新戦力がフィットして選手層に厚みが増し、1試合平均3点台に迫る攻撃力で他チームを圧倒。中断前の開幕節こそ鳥栖に引き分けたものの、そこから第11節までJ1史上初となる「同一シーズン10連勝」[注釈 16]を達成[57]。第12節のアウェイ名古屋戦で敗れ、続くアウェイ神戸戦で引き分けたものの、続く清水戦から再び連勝が始まり、第23節のホーム名古屋戦で前回対戦のリベンジを果たして記録を更新する11連勝を達成し[58]、最終的に第26節の札幌戦に敗れるまで連勝を12にまで伸ばした[59]。11月21日の28節A大分戦から自力優勝が可能となり、この試合では退場もあり0-1で敗れるも、25日の第29節で2位G大阪を5-0で下し、2年ぶり3度目の優勝を決めた。4節を残しての優勝決定は2010年の名古屋(3節残して優勝決定)を上回りJ1史上最速[60]。なお、川崎は第4節から最終節まで首位を維持している。以降、川崎は負けることがなく最終的に勝ち点を83まで伸ばし、チーム得点も88に、得失点差も+57を記録。この3つはいずれも2005年にJ1が1シーズン制・全18クラブになって最多記録を更新した[61]。2回戦総当たり制になった1996年以降でも勝ち点83はJ1歴代最多記録、チーム得点88と得失点差+57はJ1歴代2位の記録である。

次に、異例のレギュレーションとなった天皇杯への出場をかけた2位争い、AFCチャンピオンズリーグ (ACL) 出場権をかけた上位争いでは、まずは堅守のC大阪・名古屋・FC東京が上位を争う展開となる。C大阪が長く2位をキープし、その下にACLにより中盤時点で消化試合数が多いもののFC東京が堅守で食らいつき、名古屋は上記のように連勝中の川崎を破るなど、拮抗した展開となる。しかしC大阪が失速し始める頃から、安定した守備をもとに手堅く勝利をものにしたG大阪が第17節から12戦負け無し(10勝2敗)で勝ち星を伸ばし[62] 、9位から一気に2位まで上昇。その後も勢いを維持し、33節に横浜FCのホームで2-0で勝利し2位を確定、ACLグループステージ・天皇杯出場権を獲得。残る1枠(プレーオフ出場権[注釈 17])は名古屋・C大阪、更にはクラブ初の開幕4連敗も、ザーゴ監督による戦術の浸透で追い上げを果たす鹿島が、30節終了時に勝ち点1差で争う構図となった[注釈 18]。そんな中、32節のホーム横浜FC戦[注釈 19]をスコアレスドローで終え、試合のない次節に2位が消滅するも、最終節で広島に勝利した名古屋が自力で3位を守り確定させた[63]

最終節、4位直接対決として鹿島(勝ち点58)がホームにC大阪(同59)を迎えた試合は、83分に松田陸のゴールでC大阪が先制し、鹿島が90分にエヴェラウドのゴールで追いつく。その後、鹿島がATに猛攻を仕掛けるも、上田綺世のシュートがクロスバーに当たったところで試合終了、1-1で引き分けとなった。この結果、名古屋が勝利し勝ち点を63としたため、C大阪が4位、鹿島が5位で幕を閉じ、鹿島のACL出場が消滅した。その後、12月27日に行われた天皇杯準決勝の結果、決勝に進出した2チームが川崎とG大阪となったため、名古屋がACLグループステージ出場へ繰り上がり、4位を確保したC大阪が新たにACLプレーオフ出場権を獲得した[64]

結果[編集]

順位表[編集]

チーム 出場権または降格
1 川崎フロンターレ (C) (TQ) 34 26 5 3 88 31 +57 83 AFCチャンピオンズリーグ2021グループステージ1の出場権を獲得 
2 ガンバ大阪 (TQ) 34 20 5 9 46 42 +4 65
3 名古屋グランパス (TQ) 34 19 6 9 45 28 +17 63
4 セレッソ大阪 (Q) 34 18 6 10 46 37 +9 60 AFCチャンピオンズリーグ2021プレーオフの出場権を獲得 
5 鹿島アントラーズ 34 18 5 11 55 44 +11 59 J1残留
6 FC東京 34 17 6 11 47 42 +5 57
7 柏レイソル 34 15 7 12 60 46 +14 52
8 サンフレッチェ広島 34 13 9 12 46 37 +9 48
9 横浜F・マリノス 34 14 5 15 69 59 +10 47
10 浦和レッズ 34 13 7 14 43 56 −13 46
11 大分トリニータ 34 11 10 13 36 45 −9 43
12 北海道コンサドーレ札幌 34 10 9 15 47 58 −11 39
13 サガン鳥栖 34 7 15 12 37 43 −6 36
14 ヴィッセル神戸 34 9 9 16 50 59 −9 36
15 横浜FC 34 9 6 19 38 60 −22 33
16 清水エスパルス 34 7 7 20 48 70 −22 28
17 ベガルタ仙台 34 6 10 18 36 61 −25 28
18 湘南ベルマーレ 34 6 9 19 29 48 −19 27

最終更新は2020年12月19日の試合終了時
出典: J. League Data Site
順位の決定基準: 1. 勝点; 2. 得失点差; 3. 直接対決の勝点; 4. 直接対決の得失点差; 5. 直接対決の得点数; 6. 勝利数; 7. 得点数.
1 天皇杯優勝クラブにもAFCチャンピオンズリーグ2021参加資格が与えられるが、同大会優勝クラブがJ1リーグ戦上位に入った場合は、リーグ戦次点のクラブに参加資格が与えられる。

順位推移表[編集]

1節-17節[編集]

チーム / 節 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17
川崎フロンターレ 11 4 2 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1
セレッソ大阪 6 3 1 3 2 3 4 2 3 2 2 2 2 2 2 2 2
FC東京 3 2 7 4 2 3 4 6 6 4 6 4 3 3 3 3 3
名古屋グランパス 7 4 8 5 4 2 3 5 4 5 3 3 4 4 4 4 4
鹿島アントラーズ 18 18 18 18 15 17 17 12 12 11 12 10 9 9 6 5 5
柏レイソル 2 8 14 14 12 7 7 4 5 7 5 5 7 5 5 7 6
横浜F・マリノス 14 12 10 13 14 11 11 11 11 12 9 6 6 8 10 8 7
浦和レッズ 4 4 3 2 6 6 6 7 7 6 4 8 5 7 7 6 8
ガンバ大阪 5 10 10 8 5 3 2 3 2 3 6 7 8 6 8 9 9
サンフレッチェ広島 1 1 4 6 9 10 10 10 8 8 8 11 11 11 9 10 10
大分トリニータ 15 8 5 7 10 12 12 14 16 14 13 14 14 14 14 12 11
ヴィッセル神戸 7 15 13 12 8 9 9 9 10 9 10 9 10 10 11 11 12
北海道コンサドーレ札幌 16 11 6 8 7 8 8 8 9 10 11 13 12 12 12 13 13
横浜FC 7 12 9 10 13 14 14 17 17 16 14 12 13 13 13 14 14
サガン鳥栖 11 14 15 15 16 16 15 12 15 17 17 17 17 16 15 15 15
清水エスパルス 17 17 17 17 18 18 17 16 14 15 16 16 16 17 17 18 16
ベガルタ仙台 7 4 10 11 11 13 13 15 13 13 15 15 15 15 16 16 17
湘南ベルマーレ 13 16 16 16 17 15 16 18 18 18 18 18 18 18 18 17 18

18節-34節[編集]

チーム / 節 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34
川崎フロンターレ 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1
ガンバ大阪 9 7 4 4 5 4 2 2 2 2 2 2 2 2 2 2 2
名古屋グランパス 6 5 5 5 4 5 5 3 4 3 3 3 3 3 3 3 3
セレッソ大阪 2 2 3 3 3 2 2 4 5 5 6 4 5 4 4 4 4
鹿島アントラーズ 4 6 8 8 6 6 6 6 6 6 4 5 4 5 5 5 5
FC東京 3 3 2 2 2 3 4 5 3 4 5 6 6 6 6 6 6
柏レイソル 5 8 7 7 8 8 8 8 10 10 10 10 8 7 7 7 7
サンフレッチェ広島 10 11 11 11 11 10 10 10 8 9 8 7 7 8 8 8 8
横浜F・マリノス 7 4 6 6 7 7 7 7 7 7 7 7 9 9 9 9 9
浦和レッズ 8 9 10 9 9 9 9 9 9 8 9 9 10 10 10 10 10
大分トリニータ 12 12 12 12 12 12 12 12 12 12 11 11 11 11 11 11 11
北海道コンサドーレ札幌 13 15 15 13 14 14 13 13 13 13 13 13 13 13 13 13 12
サガン鳥栖 15 14 14 15 15 15 15 15 15 15 14 14 14 14 14 14 13
ヴィッセル神戸 11 10 9 10 10 11 11 11 11 11 12 11 12 12 12 12 14
横浜FC 14 13 13 14 13 13 14 14 14 14 15 15 15 15 15 15 15
清水エスパルス 16 16 17 17 17 17 17 17 17 17 17 17 17 17 17 18 16
ベガルタ仙台 17 17 16 16 16 18 18 18 18 18 18 18 18 18 18 16 17
湘南ベルマーレ 18 18 18 18 18 16 16 16 16 16 16 16 16 16 16 17 18

最終更新: 2020年12月19日
出典: J. League data

首位、AFCチャンピオンズリーグ2021 グループステージ
AFCチャンピオンズリーグ2021 グループステージ/プレーオフ

戦績表[編集]

ホーム / アウェー[1] CON VEG ANT URA REY TOK FRO YFM YFC BEL SSP GRA GAM CER VIS SFR SAG TRI
北海道コンサドーレ札幌

3–3

1–0

3–4

0–1

1–1

1–6

3–1

3–0

2–1

5–1

0–0

0–1

1–3

2–3

0–2

1–1

1–1

ベガルタ仙台

2–2

1–3

1–2

0–2

2–2

2–3

0–1

0–0

0–0

0–0

1–1

1–4

2–3

2–3

0–0

0–3

0–3

鹿島アントラーズ

0–2

2–1

4–0

1–4

2–2

1–1

4–2

3–2

1–0

2–0

0–2

1–1

1–1

2–2

1–0

2–0

0–2

浦和レッズ

0–2

6–0

1–0

0–4

0–1

0–3

0–0

0–2

0–0

1–1

0–1

1–2

3–1

1–2

1–0

2–2

2–1

柏レイソル

4–2

5–1

2–3

1–1

0–1

2–3

1–3

1–3

3–2

0–0

0–1

3–0

1–3

4–3

1–1

1–2

1–1

FC東京

1–0

1–0

1–2

2–0

1–3

0–4

0–4

2–1

3–0

3–1

1–0

0–1

2–0

1–0

1–0

2–3

2–3

川崎フロンターレ

0–2

1–0

2–1

3–1

3–1

2–1 3–1 3–2 3–1

5–0

3–0

5–0

5–2

3–2

5–1

0–0

2–0

横浜F・マリノス

4–1

3–1

2–3

6–2

1–1

1–3

1–3 4–0 3–2

3–0

2–1

1–2

1–2

2–3

3–1

1–1

4–0

横浜FC

1–2

1–1

1–0

0–2

0–3

1–0

1–5 3–1 4–2

1–3

3–2

0–2

1–2

2–1

0–2

1–1

2–3

湘南ベルマーレ

0–0

0–1

1–0

2–3

3–2

0–1

0–1 1–0 1–0

0–3

0–1

1–2

0–1

1–1

1–1

0–0

1–2

清水エスパルス

3–1

2–3

1–2

1–2

1–2

1–3

2–2

3–4

2–3

1–1

1–2

1–2

3–1

3–1

2–3

1–1

4–2

名古屋グランパス

3–0

1–0

1–3

6–2

0–1

1–0

1–0

2–1

0–0

3–1

3–1

2–2

1–0

2–1

1–0

1–0

0–0

ガンバ大阪

2–1

0–4

2–0

1–3

2–1

1–3

0–1

1–1

2–1

0–1

0–2

2–1

1–2 1–0

1–0

1–1

2–1

セレッソ大阪

2–0

2–1

1–2

3–0

0–0

0–0

1–3

4–1

1–0

1–0

2–0

0–2

1–1 0–0

0–1

1–2

1–0

ヴィッセル神戸

4–0

1–2

1–3

0–1

2–3

2–2

2–2

3–3

1–1

0–2

3–1

1–0

0–2 0–1

0–3

4–3

1–1

サンフレッチェ広島

2–2

1–1

3–0

1–1

0–1

3–3

0–2

3–1

1–1

1–0

4–1

2–0

1–2

1–2

2–1

3–0

1–2

サガン鳥栖

0–2

0–1

0–2

0–1

2–1

3–0

1–1

1–3

3–0

2–2

1–1

0–0

1–2

1–1

0–1

0–0

2–2
大分トリニータ

1–1

0–2

1–4

0–0

0–0

0–1

1–0

1–0

1–0

2–2

2–1

0–3

0–1

0–1

1–1

0–2

2–0

最終更新は2020年12月19日の試合終了時
出典: J. League Data Site
1左縦列のチームがホーム側。
: 青 = ホームチームが勝ち; 黄 = 引き分け; 赤 = アウェーチームが勝利。

対戦表[編集]

表彰[編集]

得点ランキング[編集]

順位 選手 所属 得点
得点王 ケニアの旗 オルンガ 柏レイソル 28
2 ブラジルの旗 エヴェラウド 鹿島アントラーズ 18
3 ブラジルの旗 レアンドロ・ペレイラ サンフレッチェ広島 15
4 日本の旗 小林悠 川崎フロンターレ 14
T5 ブラジルの旗 レアンドロ・ダミアン 13
日本の旗 三笘薫
ブラジルの旗 エリキ 横浜F・マリノス
ブラジルの旗 ジュニオール・サントス 横浜F・マリノス [注釈 20]
9 日本の旗 古橋亨梧 ヴィッセル神戸 12
T10 ブラジルの旗 レオナルド 浦和レッズ 11
日本の旗 家長昭博 川崎フロンターレ
ブラジルの旗 マルコス・ジュニオール 横浜F・マリノス

最終更新は2020年12月19日の試合終了時
出典: J. League Data

ハットトリック[編集]

J1
選手 所属 対戦相手 試合結果 日付 出典
オルンガ 柏レイソル 7節 ベガルタ仙台 5 - 1 (H) 7月26日 [66]
エヴェラウド 鹿島アントラーズ 8節 大分トリニータ 4 - 1 (A) 8月1日 [67]
前田直輝4 名古屋グランパス 9節 浦和レッズ 6 - 2 (H) 8月8日 [68]
長沢駿 ベガルタ仙台 27節 ガンバ大阪 4 - 0 (A) 11月14日 [69]
ジュニオール・サントス 横浜F・マリノス 浦和レッズ 6 - 2 (H) [70]
家長昭博 川崎フロンターレ 29節 ガンバ大阪 5 - 0 (H) 11月25日 [71]
Note:4 1試合4得点
(H) – ホーム (A) – アウェイ

月間MVP[編集]

J1
選手 クラブ 出典
2月・7月 家長昭博 川崎フロンターレ [72]
8月 オルンガ 柏レイソル [73]
9月 エリキ 横浜F・マリノス [74]
10月 井手口陽介 ガンバ大阪 [75]
11月 エヴェラウド 鹿島アントラーズ [76]
12月 ランゲラック 名古屋グランパス [77]

月間ベストゴール[編集]

J1
選手 クラブ 対戦相手 (試合会場) 得点時間 出典
2月・7月 前田直輝 名古屋グランパス 5節 鳥栖 (豊田ス) 62分 [78]
8月 トーマス・デン 浦和レッズ 12節 神戸 (埼玉) 33分 [79]
9月 清武弘嗣 セレッソ大阪 19節 仙台 (ユアスタ) 90+1分 [80]
10月 豊川雄太 23節 横浜FM (ヤンマー) 71分 [81]
11月 齊藤未月 湘南ベルマーレ 27節 神戸 (ノエスタ) 84分 [82]
12月 清武弘嗣 セレッソ大阪 31節 札幌 (札幌ド) 54分 [83]

月間優秀監督賞[編集]

J1
監督 クラブ 出典
2月・7月 鬼木達 川崎フロンターレ [84]
8月 [85]
9月 金明輝 サガン鳥栖 [86]
10月 宮本恒靖 ガンバ大阪 [87]
11月 平岡宏章 清水エスパルス [88]
12月 マッシモ・フィッカデンティ 名古屋グランパス [89]

観客動員[編集]

順位 チーム 合計 最多 最小 平均 推移
1 名古屋グランパス 145,472 16,825 0 8,557 -0.30990149210488−69.0%
2 横浜F・マリノス 135,466 34,521 0 7,969 -0.29503887449093−70.4%
3 浦和レッズ 133,780 20,288 0 7,869 -0.23019541305874−76.9%
4 川崎フロンターレ 133,659 21,117 0 7,862 -0.33783086971468−66.2%
5 ガンバ大阪 129,235 16,183 0 7,602 -0.27436119532265−72.5%
6 セレッソ大阪 119,240 19,553 0 7,014 -0.32595966167859−67.4%
7 鹿島アントラーズ 104,402 13,463 0 6,141 -0.29855607953717−70.1%
8 ヴィッセル神戸 102,713 25,059 0 6,042 -0.28114094272021−71.8%
9 FC東京 100,522 14,373 0 5,913 -0.18747622067216−81.2%
10 清水エスパルス 89,002 17,549 0 5,235 -0.34800239313967−65.1%
11 大分トリニータ 87,683 9,820 0 5,158 -0.33609174431485−66.3%
12 サガン鳥栖 79,468 9,451 0 4,675 -0.31063122923588−68.9%
13 サンフレッチェ広島 77,271 18,713 0 4,545 -0.32730808008066−67.2%
14 湘南ベルマーレ 75,933 13,071 0 4,467 -0.36856435643564−63.1%
15 北海道コンサドーレ札幌 73,155 8,905 2,039 4,303 -0.22927323103154−77.0%
16 ベガルタ仙台 70,773 13,968 0 4,163 -0.27807093714515−72.1%
17 横浜FC 60,519 6,965 0 3,560 -0.50417787848747−49.5%
18 柏レイソル 55,188 12,468 0 3,246 -0.34273044029142−65.7%
リーグ合計 1,773,481 34,521 0 5,796 −72.0%

最終更新:2020年12月19日
出典: J. League Data
註記:
第2節・第3節は全試合リモートマッチ(無観客試合)で開催。第4節以降は入場制限ありで開催。 前シーズンはJ2。

脚注[編集]

注釈[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 川崎の第24節は第13節の前に実施。
  2. ^ 仙台の第11節は第26節の後に第30節・第25節に続いて実施。
  3. ^ 清水の第24節は第16節に続いて実施。
  4. ^ FC東京は昨シーズンもラグビーワールドカップ2019の影響によりアウェー8連戦が組まれた。
  5. ^ この時点では、J3は4月25日、J2は5月2日を再開目標としておりJ1と時期がずらされているが、これについては村井満チェアマンがメディア向けブリーフィングの中で「一番規模の大きいJ1が十分に習熟する期間を設けること」とした上で、「GW中には多くのお客さまの移動もあると想定されますので、そうした中で、重ねてJ1が実施することで国民に迷惑をかけることがないように、あえてJ1はGWを外す」と説明した[17]
  6. ^ 表記はロゴの帽子マーク
  7. ^ 無償提供
  8. ^ スポンサーはローソンローソンエンタテインメント
  9. ^ 第25節より掲出[49]
  10. ^ 第26節より掲出[50]
  11. ^ 11月13日までの暫定的掲出[51]
  12. ^ 11月14日より掲出[52]
  13. ^ 11月20日より掲出[53]
  14. ^ 11月20日より掲出[54]
  15. ^ 11月20日より掲出[53]
  16. ^ それまでの同一シーズン連勝記録は2007年の鹿島、2018年のG大阪の持つ9連勝。
  17. ^ 天皇杯で、もとより出場権があるJ1チーム(川崎・G大阪)が優勝すれば、3位がグループステージから、4位もプレーオフから出場と繰り上がることとなっていた。
  18. ^ 勝ち点は名古屋が56、C大阪・鹿島が55。ただし残り試合数は、名古屋が3、C大阪4、鹿島2と異なっていた。
  19. ^ パロマ瑞穂スタジアムの改修前最終戦。
  20. ^ 第9節までは柏レイソルに在籍[65]

出典[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ “サッカー「Jリーグ」との「Jリーグタイトルパートナー契約」を更新 ~地域社会の活性化へのさらなる貢献に向け、Jリーグと「新しい価値」を共創~” (PDF) (プレスリリース), 明治安田生命保険, (2018年12月14日), https://www.meijiyasuda.co.jp/profile/news/release/2018/pdf/20181214_01.pdf 2018年12月14日閲覧。 
  2. ^ “2020Jリーグ 大会方式等の変更点について” (プレスリリース), 日本プロサッカーリーグ(Jリーグ), (2019年12月16日), https://www.jleague.jp/release/post-62303/ 2019年12月16日閲覧。 
  3. ^ “2020シーズンのビデオアシスタントレフェリー導入試合について” (プレスリリース), 日本プロサッカーリーグ, (2019年9月24日), https://www.jleague.jp/release/post-60611/ 2020年1月12日閲覧。 
  4. ^ “2020シーズンのビデオアシスタントレフェリー導入見送りについて” (プレスリリース), 日本プロサッカーリーグ, (2020年6月23日), https://www.jleague.jp/release/post-63542/ 2020年6月23日閲覧。 
  5. ^ “2020シーズンの大会方式変更について” (プレスリリース), 日本プロサッカーリーグ, (2020年3月19日), https://www.jleague.jp/release/post-63203/ 2020年3月19日閲覧。 
  6. ^ “2020明治安田生命J1リーグ 大会方式および試合方式について” (プレスリリース), 日本プロサッカーリーグ(Jリーグ), (2019年12月16日), https://www.jleague.jp/release/post-62305/ 2019年12月16日閲覧。 
  7. ^ “Jリーグ、来季日程発表 J1は史上最も早い2・21開幕”. スポーツニッポン. (2019年12月17日). https://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2019/12/17/kiji/20191216s00002179388000c.html 2019年12月17日閲覧。 
  8. ^ 公益財団法人日本サッカー協会 2020年度事業計画書 (PDF) - 日本サッカー協会 臨時評議員会 配布資料(2019年12月22日) 2020年1月4日閲覧。
  9. ^ “2020シーズンの日程が発表【Jリーグ】” (プレスリリース), 日本プロサッカーリーグ(Jリーグ), (2020年1月22日), https://www.jleague.jp/news/article/16542/ 2020年1月30日閲覧。 
  10. ^ “【F東京】五輪影響で2季連続のアウェー8連戦、ホーム開幕は昨季王者の横浜M…全日程発表”. スポーツ報知. (2020年1月22日). https://hochi.news/articles/20200122-OHT1T50127.html 2020年1月30日閲覧。 
  11. ^ “【鹿島】5月にACL含め最大8試合、夏場にアウェー5連戦、リーグ奪還へ試練…全日程発表”. スポーツ報知. (2020年1月22日). https://hochi.news/articles/20200122-OHT1T50124.html 2020年1月30日閲覧。 
  12. ^ “【浦和】五輪影響で埼スタ開催2か月半なし、7月5日札幌戦は駒場で開催…全日程発表”. スポーツ報知. (2020年1月22日). https://hochi.news/articles/20200122-OHT1T50125.html 2020年1月30日閲覧。 
  13. ^ 新型コロナウイルス感染症対策の基本方針の具体化に向けた見解”. 厚生労働省 (2020年2月24日). 2020年2月25日閲覧。
  14. ^ “2020Jリーグ 明治安田生命J1リーグ 第2節~第4節 明治安田生命J2リーグ 第2節~第4節 明治安田生命J3リーグ 第1節~第2節 JリーグYBCルヴァンカップ グループステージ第2節~第3節 開催延期のお知らせ” (プレスリリース), 日本プロサッカーリーグ, (2020年2月25日), https://www.jleague.jp/release/post-63079/ 2020年2月25日閲覧。 
  15. ^ “2020Jリーグ 明治安田生命J1リーグ 第5節~第6節 明治安田生命J2リーグ 第5節~第7節 明治安田生命J3リーグ 第3節~第4節 開催延期のお知らせ” (プレスリリース), 日本プロサッカーリーグ, (2020年3月12日), https://www.jleague.jp/release/post-63165/ 2020年3月19日閲覧。 
  16. ^ “2020Jリーグ 明治安田生命J1リーグ 第7節~第12節 明治安田生命J2リーグ 第8節~第12節 明治安田生命J3リーグ 第5節~第6節 JリーグYBCルヴァンカップ グループステージ 第4節~第6節 開催延期のお知らせ” (プレスリリース), 日本プロサッカーリーグ, (2020年3月25日), https://www.jleague.jp/release/post-63207/ 2020年3月25日閲覧。 
  17. ^ 第2回臨時実行委員会後メディアブリーフィング発言録”. J.LEAGUE.jp (2020年3月26日). 2020年3月26日閲覧。
  18. ^ 再開の日程は白紙に。第5回新型コロナウイルス対策連絡会議会見レポート”. J.LEAGUE.jp (2020年4月3日). 2020年4月8日閲覧。
  19. ^ “2020Jリーグ 明治安田生命J1リーグ 第13節~第15節 明治安田生命J2リーグ 第13節~第17節 明治安田生命J3リーグ 第7節~第10節 JリーグYBCルヴァンカップ プレーオフステージ第1戦 開催延期のお知らせ” (プレスリリース), 日本プロサッカーリーグ, (2020年4月8日), https://www.jleague.jp/release/post-63266/ 2020年4月8日閲覧。 
  20. ^ “2020Jリーグ 明治安田生命J1リーグ 第16節 明治安田生命J2リーグ 第18節~第19節 明治安田生命J3リーグ 第11節~第12節 開催延期のお知らせ” (プレスリリース), 日本プロサッカーリーグ, (2020年4月30日), https://www.jleague.jp/release/post-63381/ 2020年5月2日閲覧。 
  21. ^ “2020明治安田生命J1リーグ・J2リーグの再開およびJ3リーグの開幕日について” (プレスリリース), 日本プロサッカーリーグ, (2020年5月29日), https://www.jleague.jp/release/post-63469/ 2020年5月30日閲覧。 
  22. ^ “明治安田生命J1リーグ日程)” (プレスリリース), 日本プロサッカーリーグ, (2020年6月15日), https://www.jleague.jp/img/pdf/20200615_j1.pdf 2020年6月16日閲覧。 
  23. ^ “2020Jリーグ 日程発表!【Jリーグ】” (プレスリリース), 日本プロサッカーリーグ, (2020年6月15日), https://www.jleague.jp/news/article/17201/ 2020年6月16日閲覧。 
  24. ^ “2020 Jリーグ クラブ編成” (プレスリリース), 日本プロサッカーリーグ, (2019年12月16日), https://www.jleague.jp/release/post-62328/ 2019年12月16日閲覧。 
  25. ^ “2020年シーズン 北海道コンサドーレ札幌 契約合意スタッフのお知らせ” (プレスリリース), 北海道コンサドーレ札幌, (2020年1月6日), https://www.consadole-sapporo.jp/news/20200157399/ 2020年1月10日閲覧。 
  26. ^ 木山隆之氏 監督就任のお知らせ”. ベガルタ仙台 (2019年12月19日). 2019年12月19日閲覧。
  27. ^ ザーゴ氏の新監督就任について”. 鹿島アントラーズ (2020年1月2日). 2020年1月3日閲覧。
  28. ^ “大槻 毅監督続投のお知らせ” (プレスリリース), 浦和レッドダイヤモンズ, (2019年12月8日), http://www.urawa-reds.co.jp/static/ttt/162750.html 2019年12月15日閲覧。 
  29. ^ “2020シーズン トップチーム・アカデミー体制のお知らせ” (プレスリリース), 柏レイソル, (2020年1月14日), https://www.reysol.co.jp/news/topteam/032933.html 2020年1月14日閲覧。 
  30. ^ “長谷川健太監督 契約更新のお知らせ” (プレスリリース), FC東京, (2019年10月24日), https://www.fctokyo.co.jp/news/10656 2019年12月15日閲覧。 
  31. ^ “鬼木達監督契約更新のお知らせ” (プレスリリース), 川崎フロンターレ, (2019年12月25日), https://www.frontale.co.jp/info/2019/1225_8.html 2019年12月25日閲覧。 
  32. ^ “アンジェ ポステコグルー監督 契約更新のお知らせ” (プレスリリース), 横浜F・マリノス, (2019年11月11日), https://www.f-marinos.com/news/category=6_id=6575 2019年12月15日閲覧。 
  33. ^ “下平隆宏監督契約更新のお知らせ” (プレスリリース), 横浜FC, (2019年11月26日), https://www.yokohamafc.com/2019/11/26/69372 2019年12月15日閲覧。 
  34. ^ “浮嶋敏監督 2020シーズン続投のお知らせ” (プレスリリース), 湘南ベルマーレ, (2019年12月14日), http://www.bellmare.co.jp/229653 2019年12月15日閲覧。 
  35. ^ “ピーター クラモフスキー 監督就任のお知らせ” (プレスリリース), 清水エスパルス, (2019年12月14日), https://www.s-pulse.co.jp/news/detail/44117/ 2019年12月15日閲覧。 
  36. ^ “マッシモ フィッカデンティ監督、契約更新のお知らせ” (プレスリリース), 名古屋グランパス, (2019年12月20日), https://nagoya-grampus.jp/news/pressrelease/2019/1220post-1335.php 2019年12月20日閲覧。 
  37. ^ “1/8(水)2020シーズンキックオフイベント開催報告” (プレスリリース), ガンバ大阪, (2020年1月8日), https://www.gamba-osaka.net/news/index/c/0/no/10709/ 2020年1月10日閲覧。 
  38. ^ “契約更新について(ロティーナ監督)” (プレスリリース), セレッソ大阪, (2019年12月8日), https://www.cerezo.jp/news/2019-12-08-18-02/ 2019年12月8日閲覧。 
  39. ^ “2020シーズン「トップチームメンバーおよび選手背番号」決定のお知らせ” (プレスリリース), ヴィッセル神戸, (2020年1月21日), https://www.vissel-kobe.co.jp/news/article/17090.html 2020年1月21日閲覧。 
  40. ^ “城福浩監督、2020シーズン契約更新のお知らせ” (プレスリリース), サンフレッチェ広島, (2019年12月8日), https://www.sanfrecce.co.jp/news/team/2373 2019年12月15日閲覧。 
  41. ^ “金明輝監督 契約更新のお知らせ” (プレスリリース), サガン鳥栖, (2019年12月31日), https://www.sagan-tosu.net/news/p/4419/ 2020年1月1日閲覧。 
  42. ^ “【重要】 片野坂知宏監督 からサポーターの皆様に重要なお知らせ” (プレスリリース), 大分トリニータ, (2019年11月19日), https://www.oita-trinita.co.jp/news/20191155488/ 2019年12月15日閲覧。 
  43. ^ “2020明治安田生命Jリーグ ホーム開幕カード決定!” (プレスリリース), 日本プロサッカーリーグ, (2020年1月10日), https://www.jleague.jp/release/post-62736/ 2020年1月10日閲覧。 
  44. ^ “トルステン フィンク監督退任のお知らせ” (プレスリリース), ヴィッセル神戸, (2020年9月22日), https://www.vissel-kobe.co.jp/news/article/17854.html 2020年9月22日閲覧。 
  45. ^ 神戸・フィンク監督が退任 後任未定でビベスコーチが暫定監督”. スポニチアネックス (2020年9月22日). 2020年9月22日閲覧。
  46. ^ “三浦 淳寛新監督就任およびトップチーム新体制発表のお知らせ” (プレスリリース), ヴィッセル神戸, (2020年9月24日), https://www.vissel-kobe.co.jp/news/article/17861.html 2020年9月24日閲覧。 
  47. ^ “ピーター クラモフスキー監督 契約解除のお知らせ” (プレスリリース), 清水エスパルス, (2020年11月1日), https://www.s-pulse.co.jp/news/detail/45633/ 2020年11月1日閲覧。 
  48. ^ “平岡 宏章 監督就任のお知らせ” (プレスリリース), 清水エスパルス, (2020年11月1日), https://www.s-pulse.co.jp/news/detail/45634/ 2020年11月1日閲覧。 
  49. ^ “ガンバ大阪×吹田市「コロナに打ち勝とう!!」プロジェクト実施について” (プレスリリース), ガンバ大阪, (2020年10月16日), https://www.gamba-osaka.net/news/index/no/11563 2020年11月1日閲覧。 
  50. ^ “セレッソ大阪2020ユニフォーム(パンツ後部)スポンサー決定のお知らせ” (プレスリリース), セレッソ大阪, (2020年11月1日), https://www.cerezo.jp/news/2020-11-01-11-00/ 2020年11月1日閲覧。 
  51. ^ “株式会社佐賀新聞社様 ユニフォームスポンサー協賛のお知らせ” (プレスリリース), サガン鳥栖, (2020年2月3日), https://www.sagan-tosu.net/news/p/4493/ 2020年11月12日閲覧。 
  52. ^ “木村情報技術株式会社様ユニフォームスポンサー協賛のお知らせ” (プレスリリース), サガン鳥栖, (2020年11月12日), https://www.sagan-tosu.net/news/p/4984/ 2020年11月12日閲覧。 
  53. ^ a b “双日グループ 双日商業開発株式会社様ユニフォームスポンサー協賛のお知らせ” (プレスリリース), サガン鳥栖, (2020年11月20日), https://www.sagan-tosu.net/news/p/5006 2020年11月20日閲覧。 
  54. ^ “株式会社関家具様ユニフォームスポンサー協賛のお知らせ” (プレスリリース), サガン鳥栖, (2020年11月20日), https://www.sagan-tosu.net/news/p/5005 2020年11月20日閲覧。 
  55. ^ 2020年J1、識者の展望&順位予想。意外な優勝候補、不気味な存在は……。”. Number Web (2020年2月20日). 2020年11月29日閲覧。
  56. ^ 識者5人が「J1全順位」を予想。優勝に最も近いクラブはどこ?”. Sportiva (2020年2月20日). 2020年11月29日閲覧。
  57. ^ “川崎「同一シーズン10連勝」J1歴代最多 鬼木監督「ビッグゲームで勝ち切ったのは評価できる」”. 中日スポーツ. (2020年8月19日). https://www.chunichi.co.jp/article/107123 2020年11月29日閲覧。 
  58. ^ “川崎、J1最多11連勝 会心3発「歴史つくった」”. 日本経済新聞. (2020年10月18日). https://www.nikkei.com/article/DGXMZO65156230Y0A011C2UU1000/ 2002年11月29日閲覧。 
  59. ^ “川崎、12連勝でストップ 「大阪ダービー」は引き分け―J1”. 時事通信. (2020年11月3日). https://www.jiji.com/jc/article?k=2020110300523&g=spo 2002年11月29日閲覧。 
  60. ^ “【動画】川崎フロンターレが最速優勝&史上最多勝ち点達成!家長ハットや三笘2アシストなどで2位ガンバ大阪を5発粉砕”. Goal.com. (2020年11月25日). https://www.goal.com/jp/ニュース/jleague-md29-kawasaki-gamba-20201125/1kvxu0sdb37tlz9i15fedi94c 2020年11月29日閲覧。 
  61. ^ 連勝記録や最速優勝を経て…川崎F、最多得点や最多勝ち点など新たな記録を樹立”. サッカーキング (2020年12月19日). 2020年12月19日閲覧。
  62. ^ G大阪が12戦負けなし!クラブ記録にあと1と迫る!!イニエスタら主力途中投入の神戸は3連敗”. ゲキサカ (2020年11月11日). 2020年12月19日閲覧。
  63. ^ 残り1枠のACL出場権はウノゼロ勝利の名古屋が獲得! 得点王には32戦28発のオルンガ(柏)が輝く【サマリー:明治安田J1 第34節】”. J.LEAGUE.jp (2020年12月19日). 2020年12月19日閲覧。
  64. ^ 天皇杯決勝は川崎F対G大阪に決定!名古屋はACL本戦、C大阪がプレーオフから出場へ”. ゲキサカ (2020年12月27日). 2020年12月27日閲覧。
  65. ^ “ジュニオール サントス選手 期限付き移籍加入のお知らせ” (プレスリリース), 横浜F・マリノス, (2020年8月11日), https://www.f-marinos.com/news/category=5_id=7119 2020年8月27日閲覧。 
  66. ^ “2020明治安田生命J1リーグ 第7節 オルンガ 選手(柏)ハットトリック達成” (プレスリリース), 日本プロサッカーリーグ, (2020年7月26日), https://www.jleague.jp/release/post-63892/ 2020年7月26日閲覧。 
  67. ^ “2020明治安田生命J1リーグ 第8節 エヴェラウド 選手(鹿島)ハットトリック達成” (プレスリリース), 日本プロサッカーリーグ, (2020年8月1日), https://www.jleague.jp/release/post-63979/ 2020年8月2日閲覧。 
  68. ^ “2020明治安田生命J1リーグ 第9節 前田 直輝 選手(名古屋)ハットトリック達成” (プレスリリース), 日本プロサッカーリーグ, (2020年8月8日), https://www.jleague.jp/release/post-64090/ 2020年8月9日閲覧。 
  69. ^ “2020明治安田生命J1リーグ 第27節 長沢 駿 選手(仙台)ハットトリック達成” (プレスリリース), 日本プロサッカーリーグ, (2020年11月14日), https://www.jleague.jp/release/post-65114/ 2020年11月15日閲覧。 
  70. ^ “2020明治安田生命J1リーグ 第27節 ジュニオール サントス 選手(横浜FM)ハットトリック達成” (プレスリリース), 日本プロサッカーリーグ, (2020年11月14日), https://www.jleague.jp/release/post-65124/ 2020年11月15日閲覧。 
  71. ^ “2020明治安田生命J1リーグ 第29節 家長 昭博 選手(川崎F)ハットトリック達成” (プレスリリース), 日本プロサッカーリーグ, (2020年11月25日), https://www.jleague.jp/release/post-65280/ 2020年11月26日閲覧。 
  72. ^ J1受賞者 川崎フロンターレ MF41家長 昭博:明治安田生命Jリーグ 月間MVP”. J.LEAGUE.jp (2020年8月7日). 2020年8月7日閲覧。
  73. ^ J1受賞者 柏レイソル FW14オルンガ:明治安田生命Jリーグ 月間MVP”. J.LEAGUE.jp (2020年9月11日). 2020年9月11日閲覧。
  74. ^ J1受賞者 横浜F・マリノス FW17エリキ:明治安田生命Jリーグ 月間MVP”. J.LEAGUE.jp (2020年10月9日). 2020年10月9日閲覧。
  75. ^ J1受賞者 ガンバ大阪 MF15井手口 陽介:明治安田生命Jリーグ 月間MVP”. J.LEAGUE.jp (2020年11月13日). 2020年11月15日閲覧。
  76. ^ J1受賞者 鹿島アントラーズ FW9エヴェラウド:明治安田生命Jリーグ 月間MVP”. J.LEAGUE.jp (2020年12月11日). 2020年12月11日閲覧。
  77. ^ J1受賞者 名古屋グランパス GK1ランゲラック:明治安田生命Jリーグ 月間MVP”. J.LEAGUE.jp (2020年12月21日). 2020年12月22日閲覧。
  78. ^ J1受賞者 名古屋グランパス FW25前田 直輝:明治安田生命Jリーグ 月間ベストゴール”. J.LEAGUE.jp (2020年8月7日). 2020年8月7日閲覧。
  79. ^ J1受賞者 浦和レッズ DF20トーマス デン:明治安田生命Jリーグ 月間ベストゴール”. J.LEAGUE.jp (2020年9月11日). 2020年9月11日閲覧。
  80. ^ J1受賞者 セレッソ大阪 MF10清武 弘嗣:明治安田生命Jリーグ 月間ベストゴール”. J.LEAGUE.jp (2020年10月9日). 2020年10月9日閲覧。
  81. ^ J1受賞者 セレッソ大阪 FW32豊川 雄太:明治安田生命Jリーグ 月間ベストゴール”. J.LEAGUE.jp (2020年11月13日). 2020年11月15日閲覧。
  82. ^ J1受賞者 湘南ベルマーレ MF16齊藤 未月:明治安田生命Jリーグ 月間ベストゴール”. J.LEAGUE.jp (2020年12月11日). 2020年12月11日閲覧。
  83. ^ J1受賞者 セレッソ大阪 MF10清武 弘嗣:明治安田生命Jリーグ 月間ベストゴール”. J.LEAGUE.jp (2020年12月21日). 2020年12月22日閲覧。
  84. ^ J1受賞者 川崎フロンターレ 鬼木 達:明治安田生命Jリーグ 月間最優秀監督”. J.LEAGUE.jp (2020年8月7日). 2020年8月7日閲覧。
  85. ^ J1受賞者 川崎フロンターレ 鬼木 達:明治安田生命Jリーグ 月間最優秀監督”. J.LEAGUE.jp (2020年9月11日). 2020年9月11日閲覧。
  86. ^ J1受賞者 サガン鳥栖 金 明輝:明治安田生命Jリーグ 月間最優秀監督”. J.LEAGUE.jp (2020年10月9日). 2020年10月9日閲覧。
  87. ^ J1受賞者 ガンバ大阪 宮本 恒靖:明治安田生命Jリーグ 月間最優秀監督”. J.LEAGUE.jp (2020年11月13日). 2020年11月15日閲覧。
  88. ^ J1受賞者 清水エスパルス 平岡 宏章:明治安田生命Jリーグ 月間最優秀監督”. J.LEAGUE.jp (2020年12月11日). 2020年12月11日閲覧。
  89. ^ J1受賞者 名古屋グランパス マッシモ フィッカデンティ:明治安田生命Jリーグ 月間最優秀監督”. J.LEAGUE.jp (2020年12月21日). 2020年12月22日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]