2019年のJ3リーグ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
明治安田生命J3リーグ
シーズン 2019
優勝 ギラヴァンツ北九州
昇格 ギラヴァンツ北九州
ザスパクサツ群馬
試合数 306
ゴール数 813 (1試合平均2.66)
得点王 原大智 (F東23・19得点)
最大差勝利ホーム試合
G大23 6-0 福島 (第21節・9月1日)
最大差勝利アウェー試合
YS横浜 0-5 G大23 (第4節・3月31日)
最多得点試合
YS横浜 3-4 鳥取 (第1節・3月10日)
C大23 6-1 藤枝 (第4節・3月30日)
岩手 3-4 相模原 (第19節・8月4日)
YS横浜 2-5 福島 (第25節・10月5日)
最多連勝記録
7 - 群馬 (第18節-第24節)
最多連続負け無し記録
13 - 群馬 (第15節-第26節)
最多連続勝ち無し記録
14 - 岩手 (第21節-第34節)
最多連敗記録
8 - 岩手 (第22節-第29節)
最多観客動員
16,027人 - 熊本 vs G大23 (第22節・9月7日)
最少観客動員
267人 - F東23 - 相模原 (第27節・10月20日)
平均観客動員 2,396人
2018
2020

この項目では、2019年シーズンのJ3リーグについて述べる。

概要[編集]

J3リーグとして6年目のシーズン。

明治安田生命保険相互会社をタイトルパートナー (冠スポンサー)として、「2019明治安田生命J3リーグ」(: 2019 MEIJI YASUDA J3 LEAGUE) の名称で行う。2018年12月14日に明治安田生命保険との4年契約を更新し、タイトルマークデザインが変更された[1]。タイトルパートナー契約はJ3リーグ単独だった2014年シーズンを合わせて6年連続。

スケジュール[編集]

2018年12月14日に大会方式および試合方式が発表された[2]。3月9日開幕、12月8日閉幕の全34節・合計306試合で行われる。チーム数がJ1リーグと同じ18チームになったことから試合数もJ1と同じになったが、シーズン中にサッカー日本代表の試合などによる中断があるJ1よりも2週間遅い開幕となっている。

参加チーム数が2016年シーズン以来3年ぶりに偶数となることから、スケジュール上チーム単位で試合がない節は設定されない。

例年通り、原則ホームゲーム、アウェイゲーム連続2試合までとされるところ、9月から11月にかけ開催される2019 ラグビーワールドカップの影響で特例措置が講じられ、えがお健康スタジアムが試合会場となるロアッソ熊本は第23節から第26節、ミクニワールドスタジアム北九州ラグビーウェールズ代表のキャンプ地となるギラヴァンツ北九州は第21節から第24節、それぞれ4試合連続アウェーゲームが設定されている。

2019年シーズンのJ3クラブ[編集]

2019年シーズンのJ3のクラブ数は15。前年同様、FC東京U-23ガンバ大阪U-23セレッソ大阪U-23の「U-23(23歳以下)チーム」3チームが加わり、18チームでリーグ戦を戦う[3]2018年のJ2リーグ21位のロアッソ熊本と22位(最下位)のカマタマーレ讃岐は初の降格。ヴァンラーレ八戸日本フットボールリーグ (JFL) からの入会。

また、グルージャ盛岡は今シーズン(2019年2月1日)から「いわてグルージャ盛岡」にチーム名を変更し、略称も「盛岡」から「岩手」に変更される[3]ほか、ブラウブリッツ秋田は、2019年2月現在は登録上のホームスタジアムはあきぎんスタジアムのままであるが、本年度から全ホームゲームを秋田市八橋運動公園陸上競技場[注釈 1]での開催を基本とすることを明らかにしている[4]

チーム名 監督 所在
都道府県
ホームスタジアム 前年成績 ライセンス
ヴァンラーレ八戸 日本の旗 大石篤人[5] 02青森県 ダイハツスタジアム JFL 3位 J3
いわてグルージャ盛岡 日本の旗 菊池利三[6] 03岩手県 いわぎんスタジアム J3 13位 J3
ブラウブリッツ秋田 日本の旗 間瀬秀一[7] 05秋田県 あきぎんスタジアム J3 08位 J2
福島ユナイテッドFC 日本の旗 松田岳夫[8] 07福島県 とうほう・みんなのスタジアム J3 12位 J3
ザスパクサツ群馬 日本の旗 布啓一郎[9] 10群馬県 正田醤油スタジアム群馬 J3 05位 J1
Y.S.C.C.横浜 日本の旗 シュタルフ・悠紀リヒャルト[10] 14神奈川県 ニッパツ三ツ沢球技場 J3 15位 J3
SC相模原 日本の旗 三浦文丈[11] 相模原ギオンスタジアム J3 09位 J3
AC長野パルセイロ 日本の旗 横山雄次[12] 20長野県 長野Uスタジアム J3 10位 J2
カターレ富山 日本の旗 安達亮[13] 16富山県 富山県総合運動公園陸上競技場 J3 11位 J1
藤枝MYFC 日本の旗 石崎信弘[14] 22静岡県 藤枝総合運動公園サッカー場 J3 16位 J3
アスルクラロ沼津 日本の旗 吉田謙[15] 愛鷹広域公園多目的競技場 J3 04位 J3
ガイナーレ鳥取 日本の旗 高木理己[16] 31鳥取県 とりぎんバードスタジアム J3 03位 J2
カマタマーレ讃岐 日本の旗 上村健一[17] 37香川県 Pikaraスタジアム J2 22位 J2
ギラヴァンツ北九州 日本の旗 小林伸二[18] 40福岡県 ミクニワールドスタジアム北九州 J3 17位 J1
ロアッソ熊本 日本の旗 渋谷洋樹[19] 43熊本県 えがお健康スタジアム J2 21位 J1
FC東京U-23 日本の旗 長澤徹[20] 13東京都 J3 14位 -
ガンバ大阪U-23 日本の旗 森下仁志[21] 27大阪府 J3 06位 -
セレッソ大阪U-23 日本の旗 大熊裕司[22] J3 07位 -
  • チーム名・本拠地名については2019年1月11日付リリース時点のもの[23]。クラブライセンスについては2018年9月27日・10月25日承認時点のもの[24][25]。八戸のJFLの順位は年間総合順位。

キットサプライヤー・スポンサー[編集]

  • 鎖骨スポンサーは両側でスポンサー、もしくは表記が異なる場合のみ左右を表示する。
チーム名 メーカー 鎖骨 背中上部 背中下部 パンツ
01ヴァンラーレ八戸 ATHLETA MIST solution
Management Information System Technology
ATMIX
エプソンアトミックス株式会社(左)
緩消法(右)
玉姫グループ青森 ナナヨウ デーリー東北 三八五
MIYAGO GROUP
02いわてグルージャ盛岡 Under Armour パルコホーム 福田パン(左)
NNC(右)
株式会社
陽だまり工房
薬王堂 黄金の國、いわて パーツ産業
03ブラウブリッツ秋田 ATHLETA TDK あきたこまち(左)
秋田魁新報(右)
We Are AKITA!
細谷病院
Traffic カローラ秋田
COROLLA
-
04福島ユナイテッドFC hummel TOHO
BANK
- 東洋ワーク[注釈 2] zero one[注釈 3] 福島民報 福島トヨタ
05ザスパクサツ群馬 FINTA Farmdo
group
和豚
もちぶた
(左)
SUNWA(右)
Beisia CAINZ - -
06Y.S.C.C.横浜 younger - deleteC(左)[注釈 4]
ネッツトヨタ横浜(右)[注釈 5]
- - - -
07SC相模原 gol. ギオン Shinko(左)
クロニクル(右)
住宅情報館 神奈川トヨタ アクセスチケット J:COM
08AC長野パルセイロ PENALTY HOKUTO 栗田病院(左)
トヨタユー・グループ(右)
長野都市ガス MANATEC 炭平 信濃毎日
09カターレ富山 GOLDWin - 北陸電力(左)
YKK
AP
(右)
イセ食品 北日本新聞 izak -
10藤枝MYFC gol. 静環検査センター 焼津信用金庫(左)
角丸建設(右)
大井川茶園 かけ川海谷眼科 住友ベークライト -
11アスルクラロ沼津 PUMA USUI 加和太建設 SURUGA bank - MEIDEN -
12ガイナーレ鳥取 PUMA enetopia 山陰合同銀行(左)
大山どり(右)
因幡の白うさぎ 中海テレビ放送 三光 AXIS
13カマタマーレ讃岐 ATHLETA Rexxam - マルナカ - TADANO 百十四銀行
14ギラヴァンツ北九州 bonera TOTO - 安川電機 - ナフコ ZENRIN
15ロアッソ熊本 PUMA Hirata - マイナビ 白岳 (1st)
白岳しろ (2nd)
熊本電力 サトウロジック
16FC東京U-23 UMBRO MITSUI & CO. - - - - TOKYO GAS
17ガンバ大阪U-23 UMBRO Panasonic NIKKEI[注釈 6] ROHTO - - -
18セレッソ大阪U-23 PUMA YANMAR - Nipponham ナカバヤシ たこ焼道楽 わなか -

リーグ概要[編集]

前年最下位で、新監督に「昇格請負人」の異名を取る小林伸二を迎えて、組織的な守備を構築した北九州が開幕からスタートダッシュを見せる。リーグ中盤にさしかかると、序盤はもたついた降格組の熊本が首位を奪い、これに前シーズン途中から指揮を執る石崎信弘の下で堅い守りを見せ、前年16位 (下から2番目)からの快進撃を見せる藤枝がクラブ初の首位を奪えば、2年目の布啓一郎が攻撃的スタイルを構築した群馬が首位に躍り出るなど、夏の中断期間となる第20節終了時点では、首位藤枝から2位群馬、3位熊本、4位北九州までが勝点差3の中にひしめき合う四つ巴の様相を見せながら終盤戦を迎える[31]

第15節から12試合負けなし(8勝4分)、かつ第18節から7連勝した群馬が第21節終了時以降首位に浮上したものの、第20節から5連勝で追随していた北九州が第27節終了の段階で群馬をかわし首位に再浮上する。北九州はその後第29節まで4連勝で首位を維持したとはいえ、残り5節の対戦相手が熊本・群馬・讃岐・鳥取・藤枝と、上位を争う3チームとの直接対決を残していたが、第30節で熊本に引き分け、第31節で群馬を下すと、同じ第31節で2位藤枝がC大23に敗れたこともあり、一気に自動昇格圏に近づく[32]。迎えた第32節、北九州はホームで讃岐を下し、2位以内を確定。4年ぶりのJ2復帰を決めた[33]。さらに次の第33節では鳥取に引き分けたものの、2位藤枝が敗れたため、1試合を残して優勝を決めた[34]。J2からJ1に昇格初年度に優勝したケースは2011年の、2014年のG大阪と過去に2例あるが、前年の最下位チームが翌年に優勝するのはJリーグ史上初の快挙となった[35]

一方、残る藤枝・群馬・熊本による2位争いは、第32節で相模原に敗れた4位熊本が後退[36]。第33節で藤枝がYS横浜に敗れ、群馬が岩手に、熊本が福島に勝利した結果、得失点差で群馬が2位浮上、藤枝が3位となり、2位の座を賭けた最終節を迎えることとなった。熊本は最終節前の時点で2位群馬と勝点差3、得失点差が2位群馬の+24に対して熊本は+7と17の差があるため、逆転は厳しくなった[34]

結果[編集]

順位表[編集]

チーム 出場権または降格
1 ギラヴァンツ北九州 (C) (P) 34 19 9 6 51 27 +24 66 J2リーグ 2020へ昇格 1,2
2 ザスパクサツ群馬 (P) 34 18 9 7 59 34 +25 63
3 藤枝MYFC 34 18 9 7 42 31 +11 63 J3残留
4 カターレ富山 34 16 10 8 54 31 +23 58
5 ロアッソ熊本 34 16 9 9 45 39 +6 57
6 セレッソ大阪U-23 34 16 4 14 49 56 −7 52
7 ガイナーレ鳥取 34 14 8 12 49 59 −10 50
8 ブラウブリッツ秋田 34 13 10 11 45 35 +10 49
9 AC長野パルセイロ 34 13 10 11 35 34 +1 49
10 ヴァンラーレ八戸 34 14 6 14 49 42 +7 48
11 福島ユナイテッドFC 34 13 4 17 45 53 −8 43
12 アスルクラロ沼津 34 11 6 17 35 43 −8 39
13 Y.S.C.C.横浜 34 12 3 19 53 65 −12 39
14 カマタマーレ讃岐 34 10 9 15 33 49 −16 39
15 SC相模原 34 10 8 16 36 45 −9 38
16 FC東京U-23 34 9 9 16 43 52 −9 36
17 ガンバ大阪U-23 34 9 8 17 54 54 0 35
18 いわてグルージャ盛岡 34 7 5 22 36 63 −27 26

最終更新は2019年12月8日の試合終了時
出典: J. League data
順位の決定基準: 1.勝点 2.得失点差 3.総ゴール数 4.直接対決の結果 5.警告数 6.抽選.
1J2リーグ21位・22位との自動昇・降格については、J3の1位・2位クラブがJ1もしくはJ2ライセンスを保有している場合のみ行われ、保有していないクラブがあった場合は入れ替えチーム数がそのぶん減少する。
22位までにU-23チームが入賞した場合、U-23チームを除く13チームの成績を基として、自動昇格、または入れ替え戦出場チームを決定する。

順位推移表[編集]

1節-17節[編集]

チーム / 節 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17
ロアッソ熊本 6 11 14 9 13 11 5 5 4 1 1 2 1 1 1 1 1
藤枝MYFC 4 3 2 4 4 4 1 3 5 6 3 5 5 4 4 3 2
ギラヴァンツ北九州 1 1 1 1 1 2 3 1 1 2 2 1 2 2 2 2 3
セレッソ大阪U-23 3 2 3 2 3 1 2 4 3 5 6 8 6 7 6 4 4
ガイナーレ鳥取 2 9 13 14 15 17 16 11 14 11 16 12 14 11 10 7 5
ザスパクサツ群馬 6 6 7 11 8 12 13 16 13 10 9 6 4 6 5 5 6
カマタマーレ讃岐 4 3 4 3 2 3 4 2 2 3 4 3 3 3 3 6 7
ガンバ大阪U-23 6 10 14 8 6 7 8 7 8 7 7 9 8 5 7 8 8
カターレ富山 12 16 10 10 11 6 7 8 6 4 5 4 7 8 8 10 9
SC相模原 12 13 8 11 9 13 14 17 11 8 10 7 9 10 9 9 10
ヴァンラーレ八戸 6 5 6 5 7 8 12 15 17 16 17 13 10 12 13 11 11
アスルクラロ沼津 15 13 9 13 14 10 15 10 9 14 14 11 12 9 12 13 12
福島ユナイテッドFC 16 7 11 6 10 15 10 13 15 12 11 16 18 16 17 15 13
ブラウブリッツ秋田 6 11 17 16 12 9 9 9 12 17 12 14 16 13 14 12 14
いわてグルージャ盛岡 16 8 5 7 5 5 6 6 7 9 8 10 11 14 11 14 15
FC東京U-23 18 18 18 18 18 18 18 18 18 18 18 18 15 17 16 16 16
Y.S.C.C.横浜 14 17 12 17 17 16 11 14 16 15 15 17 13 15 15 17 17
AC長野パルセイロ 6 15 16 15 16 14 17 12 10 13 12 14 17 18 18 18 18

18節-34節[編集]

チーム / 節 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34
ギラヴァンツ北九州 3 4 4 4 4 3 2 2 2 1 1 1 1 1 1 1 1
ザスパクサツ群馬 5 3 2 1 1 1 1 1 1 3 3 3 3 3 3 2 2
藤枝MYFC 1 1 1 2 2 4 3 3 3 2 2 2 2 2 2 3 3
カターレ富山 9 10 10 8 6 5 5 5 5 5 5 5 5 5 5 5 4
ロアッソ熊本 2 2 3 3 3 2 4 4 4 4 4 4 4 4 4 4 5
セレッソ大阪U-23 6 6 5 5 5 7 9 8 8 10 8 7 7 7 6 7 6
ガイナーレ鳥取 4 5 6 6 7 6 6 6 6 6 6 6 6 6 7 6 7
ブラウブリッツ秋田 10 12 12 14 13 9 7 9 9 7 9 9 9 8 9 8 8
AC長野パルセイロ 16 15 15 15 15 15 14 14 15 15 12 12 11 11 10 10 9
ヴァンラーレ八戸 13 13 9 12 10 12 10 10 10 8 7 8 8 9 8 9 10
福島ユナイテッドFC 14 11 7 11 8 10 8 7 7 9 10 10 10 10 11 11 11
アスルクラロ沼津 11 14 14 10 11 8 11 11 11 11 13 14 14 16 13 12 12
Y.S.C.C.横浜 18 18 18 18 17 16 16 16 16 16 17 17 15 17 17 15 13
カマタマーレ讃岐 7 9 11 9 12 13 12 12 14 14 14 15 16 13 15 13 14
SC相模原 12 8 13 13 14 14 15 15 12 12 11 13 13 14 12 14 15
FC東京U-23 17 17 17 17 18 18 18 18 18 17 16 16 17 15 16 17 16
ガンバ大阪U-23 8 7 8 7 9 11 13 13 13 13 15 11 12 12 14 16 17
いわてグルージャ盛岡 15 16 16 16 16 17 17 17 17 18 18 18 18 18 18 18 18

最終更新: 2019年12月8日
出典: J. League data

首位、J2リーグ 2020に昇格
2位、J2リーグ 2020に昇格

戦績表[編集]

ホーム / アウェー[1] VAN GRU BLA FUK SPA YSC SGM PAR KAT MYF AZU GAI KAM GIR ROS T23 G23 C23
ヴァンラーレ八戸

4–1

1–2

2–3

1–1

3–4

0–1

1–0

2–0

0–3

0–1

2–2

5–1

0–3

1–2

1–0

2–2

2–3

いわてグルージャ盛岡

0–2

3–1

2–0

2–2

2–1

3–4

1–2

1–2

0–3

1–0

1–2

1–1

2–3

0–1

1–1

3–3

1–3

ブラウブリッツ秋田

0–1

3–1

0–2

2–2

2–0

0–0

0–0

1–1

0–0

0–1

0–2

5–0

0–0

1–2

0–0

3–0

3–0

福島ユナイテッドFC

1–2

2–1

1–2

1–2

0–3

0–0

1–2

1–2

3–1

0–1

1–2

1–0

1–2

1–0

2–1

2–1

1–1

ザスパクサツ群馬

0–1

1–0

2–2

2–0

3–2

2–1

3–2

0–0

2–2

2–1

5–0

3–1

0–1

3–1

4–1

0–0

5–1

Y.S.C.C.横浜

1–1

3–0

1–2

2–5

0–2

1–3

3–0

0–2

3–0

4–2

3–4

2–3

0–2

2–2

3–2

0–5

3–0

SC相模原

1–0

1–0

1–2

1–1

0–1

1–2

0–1

0–0

1–1

3–0

2–1

1–1

1–3

1–0

3–3

1–0

0–2

AC長野パルセイロ

0–2

1–2

1–1

1–2

0–1

3–0

2–0

1–2

0–0

1–0

0–1

0–0

2–1

1–0

1–0

1–2

1–1

カターレ富山

1–2

5–0

1–2

1–3

1–0

2–0

2–1

1–2

0–1

1–1

5–0

1–2

1–1

1–1

2–0

3–1

3–0

藤枝MYFC

2–1

2–1

1–0

1–0

1–1

3–1

2–1

2–0

1–2

0–0

1–1

1–0

1–0

1–0

3–0

2–1

0–1

アスルクラロ沼津

1–2

1–0

1–0

2–4

1–1

1–3

1–0

0–0

0–3

0–1

3–1

1–2

0–1

0–2

2–2

0–0

4–0

ガイナーレ鳥取

0–2

1–1

1–4

1–2

1–0

0–3

2–0

1–1

1–1

1–2

2–1

1–0

0–2

3–1

3–2

2–2

3–1

カマタマーレ讃岐

1–0

1–0

1–0

2–1

0–1

3–0

1–0

0–1

0–2

2–1

1–2

0–1

1–1

2–2

1–3

1–1

2–3

ギラヴァンツ北九州

1–1

2–1

2–0

2–0

1–0

3–1

2–1

2–2

1–1

0–0

0–2

1–1

4–0

1–2

2–0

2–1

0–2

ロアッソ熊本

1–0

2–0

0–0

2–1

2–1

1–1

2–3

2–2

2–1

0–0

3–2

3–2

0–0

1–1

1–2

1–0

3–2

FC東京U-23

1–0

0–1

2–3

2–1

2–4

2–0

1–1

1–1

1–1

0–1

1–0

2–2

1–1

0–2

2–0

5–1

2–0

ガンバ大阪U-23

2–2

1–2

3–1

6–0

0–1

0–1

3–2

1–2

2–3

3–1

0–2

3–1

2–2

0–1

1–2

2–1

1–2
セレッソ大阪U-23

0–3

2–1

1–3

1–1

3–2

1–0

3–0

0–1

0–0

6–1

2–1

2–3

1–0

2–1

0–1

2–0

1–4

最終更新は2019年12月8日の試合終了時
出典: J. League data
1左縦列のチームがホーム側。
: 青 = ホームチームが勝ち; 黄 = 引き分け; 赤 = アウェーチームが勝利。

表彰[編集]

得点ランキング[編集]

順位 選手 所属 得点
得点王 日本の旗 原大智 FC東京U-23 19
2 日本の旗 髙澤優也 ザスパクサツ群馬 17
3 日本の旗 森島康仁 藤枝MYFC 16
T4 日本の旗 武颯 福島ユナイテッドFC 15
日本の旗 進昂平 Y.S.C.C.横浜
6 日本の旗 浅川隼人 Y.S.C.C.横浜 13
T7 日本の旗 上形洋介 ヴァンラーレ八戸 11
日本の旗 中村亮太 ブラウブリッツ秋田
日本の旗 大石治寿 SC相模原
日本の旗 髙木彰人 ガンバ大阪U-23[注釈 7]
日本の旗 林誠道 ガイナーレ鳥取
日本の旗 北村知也 ロアッソ熊本
日本の旗 安藤瑞季 セレッソ大阪U-23

最終更新は2019年12月8日の試合終了時
出典: J. League Data

ハットトリック[編集]

J3
選手 所属 対戦相手 試合結果 日付 出典
塚元大 ガンバ大阪U-23 13節 ガイナーレ鳥取 3 - 1 (H) 6月23日 [38]
三田尚希4 ヴァンラーレ八戸 16節 カマタマーレ讃岐 5 - 1 (H) 7月14日 [39]
髙木彰人 ガンバ大阪U-23 17節 セレッソ大阪U-23 4 - 1 (A) 7月21日 [40]
森島康仁 藤枝MYFC 18節 FC東京U-23 3 - 0 (H) 7月27日 [41]
唐山翔自 ガンバ大阪U-23 21節 福島ユナイテッドFC 6 - 0 (H) 9月1日 [42]
浅川隼人 Y.S.C.C.横浜 29節 アスルクラロ沼津 4 - 2 (H) 11月4日 [43]
Note: 4 1試合4得点

月間MVP[編集]

J3
選手 クラブ 出典
2月・3月 山田寛人 セレッソ大阪U-23 [44]
4月 森島康仁 藤枝MYFC [45]
5月 髙木彰人 ガンバ大阪U-23 [46]
6月 北村知也 ロアッソ熊本 [47]
7月 フェルナンジーニョ ガイナーレ鳥取 [48]
8月 髙澤優也 ザスパクサツ群馬 [49]
9月 中村亮太 ブラウブリッツ秋田 [50]
10月 林誠道 ガイナーレ鳥取 [51]

月間ベストゴール[編集]

J3
選手 クラブ 対戦相手 (試合会場) 得点時間 出典
2月・3月 福家勇輝 カマタマーレ讃岐 1節 岩手 (ピカスタ) 27分 [52]
4月 高瀬優孝 ロアッソ熊本 7節 沼津 (愛鷹) 3分 [53]
5月 黒木晃平 9節 鳥取 (えがおS) 57分 [54]
6月 我那覇和樹 カマタマーレ讃岐 12節 YS横浜 (ピカスタ) 34分 [55]
7月 池谷友喜 17節 F東23 (味フィ西) 30分 [56]
8月 林誠道 ガイナーレ鳥取 19節 49分 [57]
9月 濱託巳 アスルクラロ沼津 24節 群馬 (正田スタ) 83分 [58]
10月 髙橋大悟 ギラヴァンツ北九州 26節 岩手 (ミクスタ) 2分 [59]

月間最優秀監督賞[編集]

J3
監督 クラブ 出典
2月・3月 小林伸二 ギラヴァンツ北九州 [60]
4月 石﨑信弘 藤枝MYFC [61]
5月 渋谷洋樹 ロアッソ熊本 [62]
6月 小林伸二 ギラヴァンツ北九州 [63]
7月 髙木理己 ガイナーレ鳥取 [64]
8月 布啓一郎 ザスパクサツ群馬 [65]
9月 安達亮 カターレ富山 [66]
10月 髙木理己 ガイナーレ鳥取 [67]

観客動員[編集]

順位 チーム 合計 最多 最小 平均 推移
1 ギラヴァンツ北九州 102,831 12,270 3,744 6,049 0.34392357253944+34.3%
2 ロアッソ熊本 94,065 16,027 3,085 5,533 0.050104384133612+5.0%
3 ザスパクサツ群馬 61,098 5,881 1,875 3,594 0.074118350268978+7.4%
4 AC長野パルセイロ 51,006 4,247 1,434 3,000 -0.84411930219471−15.5%
5 SC相模原 48,940 5,504 1,609 2,879 -0.83256217466744−16.7%
6 カターレ富山 46,535 5,254 1,774 2,737 0.025093632958801+2.5%
7 アスルクラロ沼津 41,992 5,315 932 2,470 -0.86454322716136−13.5%
8 ガイナーレ鳥取 37,889 4,011 946 2,229 -0.83891607075649−16.1%
9 カマタマーレ讃岐 35,906 3,339 1,120 2,112 -0.6872762772535−31.2%
10 ヴァンラーレ八戸 29,919 2,797 907 1,760 -0.79710144927536−20.2%
11 藤枝MYFC 29,581 3,973 748 1,740 0.39646869983949+39.6%
12 ブラウブリッツ秋田 26,793 3,858 736 1,576 -0.55512504402959−44.4%
13 いわてグルージャ盛岡 23,249 3,212 516 1,368 0.125+12.5%
14 FC東京U-23 21,684 2,072 267 1,276 -0.74056877539176−25.9%
15 ガンバ大阪U-23 21,472 2,662 700 1,263 -0.91389290882779−8.6%
16 福島ユナイテッドFC 21,115 3,406 436 1,242 -0.78807106598985−21.1%
17 セレッソ大阪U-23 20,340 4,755 647 1,196 0.075539568345324+7.5%
18 Y.S.C.C.横浜 18,617 1,610 337 1,095 0.08955223880597+8.9%
リーグ合計 733,032 16,027 267 2,396 −3.8%

最終更新:2019年12月8日
出典: J. League Data
註記:
前シーズンはJ2。 前シーズンはJFL。

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 2019年4月1日から「ソユースタジアム」(ソユスタ)の命名権名称を使用。
  2. ^ 第11節より掲出[26]
  3. ^ 第11節より掲出[27]
  4. ^ 第27節より掲出[28]
  5. ^ 第27節より掲出[29]
  6. ^ 第7節より掲出[30]
  7. ^ 第17節を最後にモンテディオ山形へ移籍した[37]

出典[編集]

  1. ^ “サッカー「Jリーグ」との「Jリーグタイトルパートナー契約」を更新 ~地域社会の活性化へのさらなる貢献に向け、Jリーグと「新しい価値」を共創~” (PDF) (プレスリリース), 明治安田生命保険, (2018年12月14日), https://www.meijiyasuda.co.jp/profile/news/release/2018/pdf/20181214_01.pdf 2018年12月14日閲覧。 
  2. ^ “2019明治安田生命J3リーグ 大会方式および試合方式について” (プレスリリース), 日本プロサッカーリーグ, (2018年12月14日), https://www.jleague.jp/release/post-57434/ 2018年12月14日閲覧。 
  3. ^ a b “2019 Jリーグ クラブ編成” (プレスリリース), 日本プロサッカーリーグ, (2018年12月14日), https://www.jleague.jp/release/post-57436/ 2018年12月14日閲覧。 
  4. ^ “2019シーズン・チケット販売概要について” (プレスリリース), ブラウブリッツ秋田, (2019年1月11日), http://blaublitz.jp/whatsnew/54924.html 2019年1月12日閲覧。 
  5. ^ “【2019シーズン】監督就任のお知らせ” (プレスリリース), ヴァンラーレ八戸, (2018年12月11日), http://www.vanraure.net/archives/613771 2018年12月11日閲覧。 
  6. ^ “菊池利三監督 2019シーズン続投のお知らせ” (プレスリリース), グルージャ盛岡, (2018年12月26日), http://grulla-morioka.jp/tab02_team/181226news_005/ 2018年12月28日閲覧。 
  7. ^ “間瀬秀一監督 2019シーズン続投のお知らせ” (プレスリリース), ブラウブリッツ秋田, (2018年12月3日), http://blaublitz.jp/whatsnew/54569.html 2018年12月3日閲覧。 
  8. ^ “松田岳夫氏 来季監督就任のお知らせ” (プレスリリース), 福島ユナイテッドFC, (2018年12月28日), http://fufc.jp/news_cat/201812281000 2018年12月28日閲覧。 
  9. ^ “【トップチーム】2019シーズン 布啓一郎監督 契約更新のお知らせ” (プレスリリース), ザスパクサツ群馬, (2018年12月8日), http://www.thespa.co.jp/thespa/club_newsinfo/news/newsdesc.cgi?newsid=2018120804 2018年12月8日閲覧。 
  10. ^ “シュタルフ悠紀リヒャルト監督就任のお知らせ” (プレスリリース), Y.S.C.C.横浜, (2019年1月17日), http://www.yscc1986.net/news/2019/01/17 2019年1月17日閲覧。 
  11. ^ “三浦文丈 監督就任のお知らせ” (プレスリリース), SC相模原, (2019年1月11日), https://www.scsagamihara.com/news/post/20190111001 2019年1月11日閲覧。 
  12. ^ “横山 雄次氏 トップチーム監督就任のお知らせ” (プレスリリース), AC長野パルセイロ, (2018年12月8日), https://parceiro.co.jp/info/detail/sRyLgQIRVWP7xbNnpe2PSXZUa05QeWViZURyTGdJYlN3YTc4ZC1Id0xtR2c4aUs0VkVOOWU2X3QxYm8 2018年12月8日閲覧。 
  13. ^ “安達亮監督 来季続投のお知らせ” (プレスリリース), カターレ富山, (2018年11月2日), http://www.kataller.co.jp/news/2018/1102.html 2018年11月2日閲覧。 
  14. ^ “石﨑信弘監督 2019シーズン続投のお知らせ” (プレスリリース), 藤枝MYFC, (2018年12月3日), http://myfc.co.jp/news/20181203/26269/ 2018年12月3日閲覧。 
  15. ^ “吉田 謙監督、契約更新のお知らせ” (プレスリリース), アスルクラロ沼津, (2019年1月2日), https://www.azul-claro.jp/information/42623/ 2019年1月2日閲覧。 
  16. ^ “髙木 理己U-18監督 トップチーム監督就任のお知らせ” (プレスリリース), ガイナーレ鳥取, (2019年1月11日), https://www.gainare.co.jp/news/detail/41006/ 2019年1月12日閲覧。 
  17. ^ “上村健一氏 トップチーム監督就任のお知らせ” (プレスリリース), カマタマーレ讃岐, (2018年11月30日), https://www.kamatamare.jp/news/?id=298&item=TEAM 2018年11月30日閲覧。 
  18. ^ “小林 伸二 氏 監督およびスポーツダイレクター就任のお知らせ” (プレスリリース), ギラヴァンツ北九州, (2018年12月17日), https://www.giravanz.jp/news/p33473.html 2018年12月17日閲覧。 
  19. ^ “渋谷洋樹監督、来季続投のお知らせ” (プレスリリース), ロアッソ熊本, (2018年11月18日), http://roasso-k.com/news/news_view.htm?id=4522 2018年11月18日閲覧。 
  20. ^ “2019シーズンFC東京トップチーム編成について” (プレスリリース), FC東京U-23, (2019年1月12日), https://www.fctokyo.co.jp/news/9670 2019年1月12日閲覧。 
  21. ^ “コーチングスタッフ就任のお知らせ” (プレスリリース), ガンバ大阪U-23, (2019年1月8日), http://www.gamba-osaka.net/news/index/c/0/no/8965/ 2019年1月8日閲覧。 
  22. ^ “2019シーズンチームスタッフ決定のお知らせ” (プレスリリース), セレッソ大阪U-23, (2019年1月14日), https://www.cerezo.jp/news/2019-01-14-3/ 2019年1月14日閲覧。 
  23. ^ “2019明治安田生命Jリーグ ホーム開幕カード決定!~ 2019年も平日金曜開幕! ~” (プレスリリース), 日本プロサッカーリーグ, (2019年1月11日), https://www.jleague.jp/release/post-57633/ 2019年3月3日閲覧。 
  24. ^ “クラブライセンス交付第一審機関(FIB)決定による 2019シーズン Jリーグクラブライセンス判定について” (プレスリリース), 日本プロサッカーリーグ, (2018年9月27日), https://www.jleague.jp/release/post-55789/ 2019年3月3日閲覧。 
  25. ^ “2019シーズン J3クラブライセンス判定結果について (現J3クラブ)” (プレスリリース), 日本プロサッカーリーグ, (2018年10月25日), https://www.jleague.jp/release/post-56253/ 2019年3月3日閲覧。 
  26. ^ “東洋ワーク株式会社による株式会社AC福島ユナイテッドの株式取得に関するお知らせ” (プレスリリース), 福島ユナイテッドFC, (2019年6月4日), http://fufc.jp/news_cat/201906041706 2019年6月18日閲覧。 
  27. ^ “株式会社zero one ユニフォームパートナー(背中・裾)決定のお知らせ” (プレスリリース), 福島ユナイテッドFC, (2019年6月6日), http://fufc.jp/news_cat/201906061730 2019年6月18日閲覧。 
  28. ^ “みんなの力で、がんを治せる病気にするプロジェクト deleteC 】 ユニフォームロゴ掲載について” (プレスリリース), 横浜スポーツ&カルチャークラブ, (2019年10月19日), http://www.yscc1986.net/news/2019/10/19 2019年10月22日閲覧。 
  29. ^ “オフィシャルクラブパートナー契約 締結のお知らせ” (プレスリリース), 横浜スポーツ&カルチャークラブ, (2019年10月16日), http://www.yscc1986.net/news/2019/10/16 2019年10月22日閲覧。 
  30. ^ “株式会社日本経済新聞社様との「ガンバ大阪U-23 ユニフォーム広告(鎖骨)」パートナー契約締結のお知らせ” (プレスリリース), ガンバ大阪, (2019年4月25日), https://www.gamba-osaka.net/news/index/no/9414/ 2019年6月23日閲覧。 
  31. ^ 四つ巴のJ2残留争い。どこが残り、どこが落ちるのか…降格回避の命運を握るJ3の動向は?”. GOAL.com (2019年11月15日). 2019年11月26日閲覧。
  32. ^ ギラヴァンツ北九州がザスパとのJ3上位対決に勝利。次節J2昇格決定に“王手””. フットボールチャンネル (2019年11月17日). 2019年11月26日閲覧。
  33. ^ “J3北九州 4季ぶりJ2復帰!“昇格請負人”小林監督が1年で導く”. スポーツニッポン. (2019年11月25日). https://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2019/11/25/kiji/20191124s000023DD505000c.html 2019年11月26日閲覧。 
  34. ^ a b “北九州がJ3初優勝!群馬が2位浮上、鹿児島の命運握る藤枝は3位で最終節へ”. ゲキサカ. (2019年12月1日). https://web.gekisaka.jp/news/detail/?291867-291867-fl 2019年12月2日閲覧。 
  35. ^ “J3北九州がJリーグ史上初の快挙!前年最下位から優勝決める”. スポニチ (スポーツニッポン新聞社). (2019年12月1日). https://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2019/12/01/kiji/20191201s000023DD297000c.html 2019年12月2日閲覧。 
  36. ^ “ロアッソ敗戦、昇格遠のく 相模原に0-1”. 熊本日日新聞. (2019年11月25日). https://this.kiji.is/571470599087408225?c=92619697908483575 2019年12月2日閲覧。 
  37. ^ “髙木 彰人選手 モンテディオ山形へ育成型期限付き移籍のお知らせ” (プレスリリース), ガンバ大阪, (2019年7月25日), https://www.gamba-osaka.net/news/index/no/9897/ 2019年7月26日閲覧。 
  38. ^ “2019明治安田生命J3リーグ 第13節 塚元 大 選手(G大23)ハットトリック達成” (プレスリリース), 日本プロサッカーリーグ, (2019年6月23日), https://www.jleague.jp/release/post-59179/ 2019年6月23日閲覧。 
  39. ^ “2019明治安田生命J3リーグ 第16節 三田 尚希 選手(八戸)ハットトリック達成” (プレスリリース), 日本プロサッカーリーグ, (2019年7月14日), https://www.jleague.jp/release/post-59487/ 2019年7月14日閲覧。 
  40. ^ “2019明治安田生命J3リーグ 第17節 髙木 彰人 選手(G大23)ハットトリック達成” (プレスリリース), 日本プロサッカーリーグ, (2019年7月21日), https://www.jleague.jp/release/post-59586/ 2019年7月21日閲覧。 
  41. ^ “2019明治安田生命J3リーグ 第18節 森島 康仁 選手(藤枝)ハットトリック達成” (プレスリリース), 日本プロサッカーリーグ, (2019年7月27日), https://www.jleague.jp/release/post-59636/ 2019年7月29日閲覧。 
  42. ^ “2019明治安田生命J3リーグ 第21節 唐山 翔自 選手(G大23)ハットトリック達成” (プレスリリース), 日本プロサッカーリーグ, (2019年9月1日), https://www.jleague.jp/release/post-60106/ 2019年9月1日閲覧。 
  43. ^ “2019明治安田生命J3リーグ 第29節 浅川 隼人選手(YS横浜)ハットトリック達成” (プレスリリース), 日本プロサッカーリーグ, (2019年11月4日), https://www.jleague.jp/release/post-61416/ 2019年11月4日閲覧。 
  44. ^ J3受賞者 セレッソ大阪U-23 FW34山田 寛人:明治安田生命Jリーグ KONAMI月間MVP:明治安田生命Jリーグ 月間表彰”. J.LEAGUE.jp (2019年4月11日). 2019年4月11日閲覧。
  45. ^ J3受賞者 藤枝MYFC FW20森島 康仁:明治安田生命Jリーグ KONAMI月間MVP:明治安田生命Jリーグ 月間表彰”. J.LEAGUE.jp (2019年5月10日). 2019年5月10日閲覧。
  46. ^ J3受賞者 ガンバ大阪U-23 FW18髙木 彰人:明治安田生命Jリーグ KONAMI月間MVP:明治安田生命Jリーグ 月間表彰”. J.LEAGUE.jp (2019年6月13日). 2019年6月13日閲覧。
  47. ^ J3受賞者 ロアッソ熊本 FW13北村 知也:明治安田生命Jリーグ KONAMI月間MVP:明治安田生命Jリーグ 月間表彰”. J.LEAGUE.jp (2019年7月11日). 2019年7月11日閲覧。
  48. ^ J3受賞者 ガイナーレ鳥取 FW10フェルナンジーニョ:明治安田生命Jリーグ KONAMI月間MVP:明治安田生命Jリーグ 月間表彰”. J.LEAGUE.jp (2019年8月14日). 2019年8月14日閲覧。
  49. ^ J3受賞者 ザスパクサツ群馬 FW17髙澤 優也:明治安田生命Jリーグ KONAMI月間MVP:明治安田生命Jリーグ 月間表彰”. J.LEAGUE.jp (2019年9月14日). 2019年9月15日閲覧。
  50. ^ J3受賞者 ブラウブリッツ秋田 MF9中村 亮太:明治安田生命Jリーグ KONAMI月間MVP:明治安田生命Jリーグ 月間表彰”. J.LEAGUE.jp (2019年10月11日). 2019年10月12日閲覧。
  51. ^ J3受賞者 ガイナーレ鳥取 MF13林 誠道:明治安田生命Jリーグ KONAMI月間MVP:明治安田生命Jリーグ 月間表彰”. J.LEAGUE.jp (2019年11月8日). 2019年11月9日閲覧。
  52. ^ J3受賞者 カマタマーレ讃岐 FW21福家 勇輝:明治安田生命Jリーグ 月間ベストゴール:明治安田生命Jリーグ 月間表彰”. J.LEAGUE.jp (2019年4月11日). 2019年4月11日閲覧。
  53. ^ J3受賞者 ロアッソ熊本 DF24高瀬 優孝:明治安田生命Jリーグ 月間ベストゴール:明治安田生命Jリーグ 月間表彰”. J.LEAGUE.jp (2019年5月10日). 2019年5月10日閲覧。
  54. ^ J3受賞者 ロアッソ熊本 MF2黒木 晃平:明治安田生命Jリーグ 月間ベストゴール:明治安田生命Jリーグ 月間表彰”. J.LEAGUE.jp (2019年6月13日). 2019年6月13日閲覧。
  55. ^ J3受賞者 カマタマーレ讃岐 FW9我那覇 和樹:明治安田生命Jリーグ 月間ベストゴール:明治安田生命Jリーグ 月間表彰”. J.LEAGUE.jp (2019年7月11日). 2019年7月11日閲覧。
  56. ^ J3受賞者 カマタマーレ讃岐 MF17池谷 友喜:明治安田生命Jリーグ 月間ベストゴール:明治安田生命Jリーグ 月間表彰”. J.LEAGUE.jp (2019年8月14日). 2019年8月14日閲覧。
  57. ^ J3受賞者 ガイナーレ鳥取 MF13林 誠道:明治安田生命Jリーグ 月間ベストゴール:明治安田生命Jリーグ 月間表彰”. J.LEAGUE.jp (2019年9月14日). 2019年9月15日閲覧。
  58. ^ J3受賞者 アスルクラロ沼津 DF38濱 託巳:明治安田生命Jリーグ 月間ベストゴール:明治安田生命Jリーグ 月間表彰”. J.LEAGUE.jp (2019年10月11日). 2019年10月12日閲覧。
  59. ^ J3受賞者 ギラヴァンツ北九州 MF28 髙橋 大悟:明治安田生命Jリーグ 月間ベストゴール:明治安田生命Jリーグ 月間表彰”. J.LEAGUE.jp (2019年11月8日). 2019年11月9日閲覧。
  60. ^ J3受賞者 ギラヴァンツ北九州 小林 伸二:明治安田生命Jリーグ 月間優秀監督賞:明治安田生命Jリーグ 月間表彰”. J.LEAGUE.jp (2019年4月11日). 2019年4月11日閲覧。
  61. ^ J3受賞者 藤枝MYFC 石﨑 信弘:明治安田生命Jリーグ 月間優秀監督賞:明治安田生命Jリーグ 月間表彰”. J.LEAGUE.jp (2019年5月10日). 2019年5月10日閲覧。
  62. ^ J3受賞者 ロアッソ熊本 渋谷 洋樹:明治安田生命Jリーグ 月間最優秀監督賞:明治安田生命Jリーグ 月間表彰”. J.LEAGUE.jp (2019年6月13日). 2019年6月13日閲覧。
  63. ^ J3受賞者 ギラヴァンツ北九州 小林 伸二:明治安田生命Jリーグ 月間最優秀監督賞:明治安田生命Jリーグ 月間表彰”. J.LEAGUE.jp (2019年7月11日). 2019年7月11日閲覧。
  64. ^ J3受賞者 ガイナーレ鳥取 髙木 理己:明治安田生命Jリーグ 月間優秀監督賞:明治安田生命Jリーグ 月間表彰”. J.LEAGUE.jp (2019年8月14日). 2019年8月14日閲覧。
  65. ^ J3受賞者 ザスパクサツ群馬 布 啓一郎:明治安田生命Jリーグ 月間優秀監督賞:明治安田生命Jリーグ 月間表彰”. J.LEAGUE.jp (2019年9月14日). 2019年9月15日閲覧。
  66. ^ J3受賞者 カターレ富山 安達 亮:明治安田生命Jリーグ 月間優秀監督賞:明治安田生命Jリーグ 月間表彰”. J.LEAGUE.jp (2019年10月11日). 2019年10月12日閲覧。
  67. ^ J3受賞者 ガイナーレ鳥取 髙木 理己:明治安田生命Jリーグ 月間優秀監督賞:明治安田生命Jリーグ 月間表彰”. J.LEAGUE.jp (2019年11月8日). 2019年11月9日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]