2003年のJリーグ ディビジョン1

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
Jリーグ ディビジョン1
シーズン 2003
優勝 横浜F・マリノス
降格 ベガルタ仙台
京都パープルサンガ
ACL2004出場 横浜F・マリノス
ジュビロ磐田
試合数 240
ゴール数 718 (1試合平均2.99)
得点王 ウェズレイ(名古屋・23得点)
最大差勝利ホーム試合
磐田 7-2 東京V(1st第7節・5月5日)
磐田 5-0 京都(1st第8節・5月11日)
最大差勝利アウェー試合
神戸 0-8 大分(1st第14節・7月26日)
最多得点試合
C大阪 6-4 浦和(1st第5節・4月26日)
最多観客動員
59,729人 - 横浜FM vs 神戸(1st第15節・8月2日)
最少観客動員
3,452人 - 市原 vs 神戸(1st第3節・4月12日)
平均観客動員 17,351人
2002
2004

この項目では、2003年シーズンのJリーグ ディビジョン1(J1)について述べる。

2003年シーズンの所属クラブ[編集]

2003年シーズンの所属クラブは以下の通りである。この内セレッソ大阪大分トリニータが前シーズンJ2リーグからの昇格クラブである。

レギュレーション[編集]

最大の変更点として、延長戦が廃止になったことが挙げられる。これにより、前後半90分で勝敗が決しない場合は引き分けとし、両チームに勝ち点1ずつを与える異なり、順位は勝ち点、得失点差、総得点の順位で決定されることになった。

スケジュール[編集]

日本代表の強化期間、FIFAコンフェデレーションズカップ2003に出場のため、ファーストステージには6週間の中断期間が設けられた。

  • 3月21日 - ファーストステージ開幕
  • 5月24日 - ファーストステージ第10節、中断期間へ
  • 7月5日 - ファーストステージ再開、第11節
  • 8月2日 - ファーストステージ終了
  • 8月16日 - セカンドステージ開幕
  • 11月29日 - セカンドステージ終了

リーグ概要[編集]

1990年代後半を席巻した鹿島アントラーズジュビロ磐田の2強が世代交代期に入る一方、岡田武史を招聘した横浜F・マリノスイビチャ・オシムの指導で急速に力をつけたジェフユナイテッド市原が台頭するなど、チームの上下関係が大きく変動する兆しを見せた年であった。特にセカンドステージは、上位3チームの勝ち点、勝敗がまったくの同数になる(得失点差で横浜FMが優勝)という混戦ぶりであった(2003年J1・2ndステージ最終節参照)。

結局、ファーストステージ、セカンドステージの双方で横浜FMが優勝したため、2年連続でJリーグチャンピオンシップは開催されず、横浜FMが自動的に年間優勝となった。また、年間総合順位の2位も(チャンピオンシップの敗者ではなく)年間勝ち点の2位である磐田になった。

一方残留争いは、1stステージの遅れを挽回できなかったベガルタ仙台京都パープルサンガが降格となった。

この年J1に参加した大分トリニータは大分市営陸上競技場がJリーグの基準を満たしていない(座席で15000人以上収容が必要だが、同スタジアムは芝生席が主である)ため、大分ビッグアイに本拠地を一本化。ヴィッセル神戸は神戸ウイングスタジアムに本拠地を移転。また、浦和レッズはさいたま市駒場スタジアムに加え埼玉スタジアム2002も正式に本拠地登録した。また東京スタジアム命名権の売却成立により「味の素スタジアム」(味スタ)に名称を変更した。

2ndステージでは最下位の大分トリニータが最少失点をマークするといった珍記録が生まれた。

順位表[編集]

1stステージ[編集]

開催期間:3月21日 - 8月2日

チーム
1 横浜F・マリノス (A) 15 10 2 3 29 16 +13 32
2 ジュビロ磐田 15 9 4 2 34 17 +17 31
3 ジェフユナイテッド市原 15 8 3 4 33 20 +13 27
4 FC東京 15 7 4 4 14 11 +3 25
5 セレッソ大阪 15 8 1 6 29 29 0 25
6 浦和レッズ 15 7 3 5 25 23 +2 24
7 名古屋グランパスエイト 15 5 8 2 19 16 +3 23
8 鹿島アントラーズ 15 7 2 6 23 21 +2 23
9 柏レイソル 15 6 3 6 19 19 0 21
10 東京ヴェルディ1969 15 6 1 8 28 32 −4 19
11 清水エスパルス 15 5 3 7 20 18 +2 18
12 ガンバ大阪 15 4 4 7 26 29 −3 16
13 ヴィッセル神戸 15 5 1 9 18 34 −16 16
14 大分トリニータ 15 4 3 8 20 21 −1 15
15 ベガルタ仙台 15 3 3 9 17 28 −11 12
16 京都パープルサンガ 15 3 1 11 14 34 −20 10

最終更新は2003年8月2日の試合終了時
出典: J.League Data Site
順位の決定基準: 1. 勝点; 2. 得失点差; 3. 得点数.

 

2ndステージ[編集]

開催期間:8月16日 - 11月29日

チーム
1 横浜F・マリノス (A) 15 7 5 3 27 17 +10 26
2 ジェフユナイテッド市原 15 7 5 3 24 18 +6 26
3 ジュビロ磐田 15 7 5 3 22 17 +5 26
4 鹿島アントラーズ 15 6 7 2 21 19 +2 25
5 FC東京 15 6 6 3 32 20 +12 24
6 浦和レッズ 15 6 5 4 29 19 +10 23
7 ガンバ大阪 15 6 5 4 24 17 +7 23
8 名古屋グランパスエイト 15 6 4 5 30 26 +4 22
9 東京ヴェルディ1969 15 5 6 4 28 25 +3 21
10 清水エスパルス 15 6 3 6 19 26 −7 21
11 柏レイソル 15 3 7 5 16 20 −4 16
12 セレッソ大阪 15 4 3 8 26 27 −1 15
13 ヴィッセル神戸 15 3 5 7 17 29 −12 14
14 京都パープルサンガ 15 3 4 8 14 26 −12 13
15 ベガルタ仙台 15 2 6 7 14 28 −14 12
16 大分トリニータ 15 1 8 6 7 16 −9 11

最終更新は2003年11月29日の試合終了時
出典: J.League Data Site
順位の決定基準: 1. 勝点; 2. 得失点差; 3. 得点数.

年間総合順位[編集]

チーム 出場権または降格
1 横浜F・マリノス (C) 30 17 7 6 56 33 +23 58 ACL2004の出場権を獲得 

2 ジュビロ磐田 30 16 9 5 56 34 +22 57
3 ジェフユナイテッド市原 30 15 8 7 57 38 +19 53
4 FC東京 30 13 10 7 46 31 +15 49
5 鹿島アントラーズ 30 13 9 8 44 40 +4 48
6 浦和レッズ 30 13 8 9 54 42 +12 47
7 名古屋グランパスエイト 30 11 12 7 49 42 +7 45
8 東京ヴェルディ1969 30 11 7 12 56 57 −1 40
9 セレッソ大阪 30 12 4 14 55 56 −1 40
10 ガンバ大阪 30 10 9 11 50 46 +4 39
11 清水エスパルス 30 11 6 13 39 44 −5 39
12 柏レイソル 30 9 10 11 35 39 −4 37
13 ヴィッセル神戸 30 8 6 16 35 63 −28 30
14 大分トリニータ 30 5 11 14 27 37 −10 26
15 ベガルタ仙台 (R) 30 5 9 16 31 56 −25 24 J2 2004へ降格 

16 京都パープルサンガ (R) 30 6 5 19 28 60 −32 23

最終更新は2003年11月29日の試合終了時
出典: J. League Data Site
順位の決定基準: 1. 勝点; 2. 得失点差; 3. 得点数.
1st・2ndの両ステージを同一チームが制覇したため、チャンピオンシップは開催せずに順位が確定。

得点ランキング[編集]

全日程終了時[1]

順位 選手 所属 得点
得点王 ブラジルの旗 ウェズレイ 名古屋グランパスエイト 32
2 ブラジルの旗 グラウ ジュビロ磐田 21
3 ブラジルの旗 エメルソン 浦和レッズ 18
4 大韓民国の旗 崔龍洙 ジェフユナイテッド市原 17
5 日本の旗 久保竜彦 横浜F・マリノス 16
日本の旗 大久保嘉人 セレッソ大阪

出典[編集]

  1. ^ 2003 Jリーグ ディビジョン1 2nd 得点順位表 【第15節】”. J. League Data Site. 2018年1月29日閲覧。