トニーニョ・セレーゾ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
トニーニョ・セレーゾ
名前
本名 アントニオ・カルロス・セレーゾ
Antônio Carlos Cerezo
愛称 ヒゲ、セレーゾ
ラテン文字 TONINHO CEREZO
基本情報
国籍 ブラジルの旗 ブラジル
生年月日 (1955-04-21) 1955年4月21日(68歳)
出身地 ベロオリゾンテ
身長 183cm
体重 78kg
選手情報
ポジション MF (DH)
利き足 右足
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1972-1983 ブラジルの旗 アトレチコ・ミネイロ 112 (12)
1973 ブラジルの旗 ナシオナルFC (loan) 20 (3)
1983-1986 イタリアの旗 ASローマ 70 (13)
1986-1992 イタリアの旗 UCサンプドリア 145 (14)
1992-1993 ブラジルの旗 サンパウロFC 72 (7)
1994-1994 ブラジルの旗 クルゼイロEC 10 (3)
1995-1995 ブラジルの旗 パウリスタFC
1995-1995 ブラジルの旗 サンパウロFC 8 (0)
1996-1996 ブラジルの旗 アトレチコ・ミネイロ
1996-1996 ブラジルの旗 アメリカ・ミネイロ
代表歴
1977-1985 ブラジルの旗 ブラジル 74 (6)
監督歴
1999 ブラジルの旗 アトレチコ・ミネイロ
1999 ブラジルの旗 ECヴィトーリア
2000-2005 日本の旗 鹿島アントラーズ
2006-2006 ブラジルの旗 グアラニFC
2007-2007 サウジアラビアの旗 アル・ヒラル
2008-2009 アラブ首長国連邦の旗 アル・シャバーブ
2009-2010 アラブ首長国連邦の旗 アル・アインFC
2010 ブラジルの旗 スポルチ・レシフェ
2012 ブラジルの旗 ECヴィトーリア
2013-2015 日本の旗 鹿島アントラーズ
1. 国内リーグ戦に限る。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

トニーニョ・セレーゾ (Toninho Cerezo) こと、アントニオ・カルロス・セレーゾポルトガル語: Antônio Carlos Cerezo1955年4月21日 - )は、ブラジルミナスジェライス州ベロオリゾンテ出身[1]の元サッカー選手、サッカー指導者。元ブラジル代表。現役時代のポジションはミッドフィールダーボランチ)。

ブラジル代表のレギュラーとして1978、1982年ワールドカップに出場したが、1986年ワールドカップは負傷で出場できなかった。強固なフィジカルやタックルだけでなく、豊富なスタミナ[2]、長短の正確なパスを武器に活躍した[1]。元オランダ代表のフランク・ライカールトが目標としていた選手であった[3]。利き手は右[4]

選手経歴[編集]

1980年代にブラジル代表ではジーコソクラテスパウロ・ロベルト・ファルカンと「黄金のカルテット」を中盤で形成した。ブラジルのアトレチコ・ミネイロでプロのキャリアをスタートさせ[1]、約10年間プレーし、ブラジル代表でも中心選手の一人として、1978年のアルゼンチンワールドカップに中心選手として出場、優勝には届かなかったが、ブラジルの3位に貢献した。1982年のスペインワールドカップにもジーコらと黄金のカルテットの一員として出場したが、セレーゾのミスパスによりロッシに得点を許し[1]、イタリアに敗れた後、全盛期にイタリアのセリエAに渡った。

ASローマ[編集]

ASローマではブラジル代表のチームメートであるファルカン、イタリア代表の中心選手ブルーノ・コンティ、ユベントスから移籍のボニエク、とともに中心選手の一人としてプレー。通算成績104試合25得点、2016年にはローマの殿堂入りも果たした[5]

1983-84シーズン、コッパ・イタリアの優勝に貢献[1]UEFAチャンピオンズカップ決勝進出に貢献、決勝でも先発としてプレーしたが決勝ではリヴァプールFCに敗れた。セレーゾは「試合後、ローマサポーターによるグラッツェ、ローマのサポーターソングが響いていたことは、とてもファンタスティックな光景だった。今でも、あの日のことを思い出すぐらいだ」と当時を振り返った[2]

1985-86シーズン、コッパ・イタリアで2度目の優勝に貢献したが、サンプドリアとの決勝第2戦でのけがのため、ブラジル代表として1986年メキシコワールドカップ出場を逃した[1][5]

UCサンプドリア[編集]

UCサンプドリアに移り、長年にわたり中心選手として活躍、チーム初のセリエA制覇やカップウィナーズカップ獲得など、ロベルト・マンチーニジャンルカ・ビアリジャンルカ・パリューカらとサンプドリアの黄金期を築いた。加入前には、ACミランと仮契約を結んでいたものの、ミランが翻意したため、サンプドリアへ加入した[6]

1987-88シーズン、コパ・イタリア優勝に貢献[1]

1988-89シーズン、コパ・イタリア優勝に貢献[1]、カップウィナーズカップ決勝の進出に貢献したがFCバルセロナに敗れた。

1989-90シーズン、負傷で決勝には出場できなかったが、カップウィナーズカップ優勝に貢献[1]

1990-91シーズン、怪我で多くの試合を欠場したが[7]、7節のACミランとのゲームでは決勝点を[7] 、26節のSSCナポリとのゲームの先制点、優勝が決定したレッチェとのゲームで先制点となるミドルシュートを決めるなど[7]、12試合の出場ながら、チームのリーグ初優勝に重要な役割を果たした[6]

1991-92シーズン、UEFAチャンピオンズカップ決勝の進出に貢献、決勝でも先発出場し、ペップ・グアルディオラをよく抑えたが[1]ジャンルカ・ビアリが決定的チャンスを3度逃がし[7]FCバルセロナに敗れ、同シーズン限りでサンプドリアを退団した。サンプドリアでは216試合で25得点を記録した[6]

サンパウロFC[編集]

1991-92シーズンのセリエA終了後、テレ・サンターナ元ブラジル代表監督の誘いで[1]、母国ブラジルのサンパウロFCに所属、カフー、ミューレルらとともに、サンパウロに多くのタイトルをもたらした。

1992年、リーグ優勝、1992年12月のトヨタカップでは先発出場し、効果的なパスを再三見せるなど[8]、優勝に貢献[8]、同年5月のUCサンプドリア所属時にチャンピオンズカップの決勝で敗れたFCバルセロナに勝利し雪辱を果たした。

1993年、リベルタドーレスカップ優勝、トヨタカップの優勝に貢献。ACミランとの対戦では、ACミランDF陣の隙を突く鋭いパスからミューレルの決勝点となるゴールをアシスト[1][9]、38歳ながら1ゴール1アシストを記録して大会MVPに選ばれた[10]。スーペルコパスダメリカーナ、レコパカップの優勝にも貢献した。

その後は1994年にクルゼイロECでプレー、サンパウロFCへ復帰、最後はアトレチコ・ミネイロでプレー後、1997年に現役を引退した[1]

鹿島の監督時、親友であるマンチーニの引退試合に急遽駆け付け、MVPを受賞した。

指導者経歴[編集]

また、1999年にECヴィトーリアの監督に就任して当時2部のクラブを若手主体で州選手権優勝に導いた。

2000年より鹿島アントラーズの監督に就任。就任1年目にJリーグ初の年間3冠(Jリーグ年間王者、ナビスコカップ天皇杯)に輝くなど在任中に合計5冠を獲得した。2005年シーズン終了後に勇退。6シーズンという長期政権をしいた[4]。(2008年に当時ガンバ大阪監督の西野朗に抜かれた。)

2006年よりブラジル・グアラニFCの監督に就任したが、チームの2部降格、フロントとの衝突もあって2ヶ月で退任。

2007年2月にサウジアラビアアル・ヒラルの監督に就任したが、成績不振により2ヶ月で解任。

2008年、UAEアル・シャバーブ・アル・アラビークラブの監督に就任し、チームを優勝に導き、最優秀監督賞を受賞。2009年10月、成績不振を理由に解任された。

2009年12月にUAEのアル・アインFCの監督に就任したが、2010年4月15日、AFCチャンピオンズリーグ2010FCパフタコール・タシュケントに2-3で敗れた直後に解任された。

2011年、イタリア・UCサンプドリアの強化部で一時的にスカウトを務め、その後古巣であるECヴィトーリアの監督に13年ぶりに就任。

2013年、8年ぶりに鹿島の監督に就任。第5節セレッソ大阪戦での勝利により、J1監督100勝目を史上最速で挙げた[4]。外国人監督としてはハンス・オフトを抜いて、最速189試合目での到達となった。2014年は優勝争いをするもわずかに優勝には届かず。2015年7月21日、成績不振により解任[4]。下位クラブへの取りこぼしや、采配のワンパターンぶりを指摘された[11]

人物・エピソード[編集]

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度クラブ背番号リーグ リーグ戦 リーグ杯オープン杯 期間通算
出場得点 出場得点出場得点 出場得点
ブラジル リーグ戦 ブラジル杯オープン杯 期間通算
1972 アトレチコ-MG 3 0
1973 4 0
1973 ナシオナル-AM 20 3
1974 アトレチコ-MG 5 0
1975 12 0
1976 19 2
1977 18 0
1978
1979 8 1
1980 19 4
1981 9 3
1982 3 0
1983 11 2
イタリア リーグ戦 イタリア杯オープン杯 期間通算
1983-84 ローマ セリエA 30 6
1984-85 22 3
1985-86 18 4
1986-87 サンプドリア 28 3
1987-88 28 3
1988-89 29 2
1989-90 21 2
1990-91 12 3
1991-92 27 1
ブラジル リーグ戦 ブラジル杯オープン杯 期間通算
1992 サンパウロ
1993 13 1
1994 10 3
1995 パウリスタ 3部
1995 サンパウロ 8 0
1996 アトレチコ-MG
1996 アメリカ-MG 2部
通算 ブラジル
イタリア セリエA
総通算

代表歴[編集]

獲得タイトル[編集]

選手[編集]

ナシオナルFC
アトレチコ・ミネイロ
ASローマ
UCサンプドリア
サンパウロFC

指導者[編集]

鹿島アントラーズ
アル・シャバーブ・アル・アラビークラブ

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m World Cup Legends: Brazil & Toninho Cerezo - BP Football 2014年7月12日
  2. ^ a b ローマで活躍した元日本代表監督&元鹿島監督が34年前のリバプール戦を振り返る soccer diggest web(2018年5月2日
  3. ^ 【FCBARCELONA ON TOUR JAPAN 2004 鹿島 vs FCバルセロナ レポート】ファンタジスタ“ロナウジーニョ”のプレーに満員の国立が酔いしれた!(04.08.02) J.League.jp
  4. ^ a b c d e ガンバ次期監督にセレーゾ氏浮上!幹部が近日中にブラジル入り - スポニチ 2017年9月9日
  5. ^ a b Hall of Fame”. A.S. Roma. 2017年4月14日閲覧。
  6. ^ a b c Toninho Cerezo, il 'Tira e molla' del centrocampo: il Brasile, la Roma e lo Scudetto con la Sampdoria”. GOAL (2022年4月21日). 2023年8月17日閲覧。
  7. ^ a b c d The forgotten story of Sampdoria's only scudetto -theguardian 2009年2月25日
  8. ^ a b 1992年トヨタカップ 同点ゴールへのセレーゾの関与 -賀川サッカーライブラリー 2018年10月08日
  9. ^ 連載 週刊サッカーダイジェスト・メモリアルアーカイブ その3 ― 1993年12月29日号 -SOCCERDIGESTWEB 2015年03月08日
  10. ^ FIFA CLUB WORLD CUP の歴史”. NTV. 2020年6月6日閲覧。
  11. ^ 鹿島セレーゾ監督解任 ワンパターン采配に批判の声 nikkansports.com
  12. ^ セレーゾ息子、女性モデルで今秋デビュー SANSPO.COM
  13. ^ 鹿島を率いて9年。トニーニョ・セレーゾが語る日本サッカーの成長”. ウエブスポルティバ. 2022年2月17日閲覧。

外部リンク[編集]