ジュリアーノ・ベレッチ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ジュリアーノ・ベレッチ Football pictogram.svg
Beletti Chelsea2.jpg
チェルシーFCでのペレッチ
名前
本名 ジュリアーノ・アウス・ベレッチ
Juliano Haus Belletti
ラテン文字 BELLETTI
基本情報
国籍 ブラジルの旗 ブラジル
イタリアの旗 イタリア (二重国籍)
生年月日 (1976-06-20) 1976年6月20日(42歳)
出身地 カスカヴェウ
身長 179cm
体重 74kg
選手情報
ポジション MF / DF (RSB)
利き足 右足
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1994-1995 ブラジルの旗 クルゼイロEC 
1996-1998 ブラジルの旗 サンパウロFC 
1998-1999 ブラジルの旗 アトレチコ・ミネイロ 
1999-2002 ブラジルの旗 サンパウロFC 
2002-2004 スペインの旗 ビジャレアルCF 
2004-2007 スペインの旗 FCバルセロナ 
2007-2010 イングランドの旗 チェルシーFC 
2010-2011 ブラジルの旗 フルミネンセFC 
2011 ブラジルの旗 セアラーSC
代表歴
2001–2005 ブラジルの旗 ブラジル 23 (1)
1. 国内リーグ戦に限る。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

ジュリアーノ・アウス・ベレッチJuliano Haus Belletti1976年6月20日 - )は、ブラジルパラナ州カスカヴェウ出身の元サッカー選手。ポジションはミッドフィールダーディフェンダー

経歴[編集]

イタリア系の出身であり、イタリア国籍も持つ。

ブラジル2部リーグでプレーしていた父と同じゴールキーパーとしてサッカーを始め、11歳の時にはフットサルの全国大会で優勝する程であったが、14歳の頃にフィールドプレイヤーに転向した[要出典]

2002年に初の海外クラブとなるビジャレアルCFに加入し、2003-04シーズンにはUEFAカップでベスト4に進出した。2004年に加入したFCバルセロナでの、危なげながらもそのアグレッシブなプレーはソシオにも愛された。2005-06シーズンのUEFAチャンピオンズリーグ決勝戦では、途中出場ながら劇的な逆転の決勝ゴールを決め、FCバルセロナを2度目のビッグイヤー獲得に導いた。

2007年8月にイングランド・プレミアリーグチェルシーFCに移籍金550万ユーロ(約6億8千万円)で移籍。攻撃的なプレーに加え、ベテランらしい安定感でチェルシーのディフェンスラインを支えた。試合の相手によって、パウロ・フェレイラマイケル・エッシェンと併用されていた。2008-09シーズンにジョゼ・ボシングワが加入してきてからは中盤での起用も増えた。

2001年のコパ・アメリカで右ウイングバックのポジションでの活躍が評価され、以来、カフーの控えではあったが、ブラジル代表に定着する。2002年に開催された2002 FIFAワールドカップでは、出場機会こそ準決勝の途中出場1試合のみだったが、控えとして優勝したチームに貢献した。ルイス・フェリペ・スコラーリ元ブラジル代表監督のお気に入りであったが、シシーニョらが台頭してからは代表に招集されなくなった。

2011年3月にフルミネンセFCを退団。6月に現役生活に終止符を打つことを宣言した[1]

所属クラブ[編集]

タイトル[編集]

脚注[編集]

関連項目[編集]