ロベルト・リベリーノ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
リベリーノ Football pictogram.svg
Roberto Rivelino 1974b.jpg
名前
本名 ロベルト・リベリーノ
Roberto Rivelino
愛称 リーバ
ラテン文字 RIVELINO
基本情報
国籍 ブラジルの旗 ブラジル
生年月日 (1946-01-01) 1946年1月1日(71歳)
出身地 サンパウロ市
身長 169cm
体重 73kg
選手情報
在籍チーム 引退
ポジション FW/MF
利き足 左足
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1962-1975 ブラジルの旗 コリンチャンス 471 (141)
1975-1978 ブラジルの旗 フルミネンセ 158 (53)
1979-1982 サウジアラビアの旗 アル・ヒラル 57 (23)
代表歴
1965-1978 ブラジルの旗 ブラジル 122 (43)
監督歴
1994 日本の旗 清水エスパルス
1. 国内リーグ戦に限る。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

ロベルト・リベリーノ(Roberto Rivelino, 1946年1月1日 - )は、ブラジルサンパウロ出身の元サッカー選手、指導者である。元ブラジル代表で、現役時のポジションはフォワードミッドフィールダーだった。ニックネームはリーバ(ヒーヴァ)。名前はホベルト・ヒヴェリーノとも表記される。

利き足である左足から巧みなフェイント、正確なパスや強烈なシュートを放ち、またフリーキックの名手でもあることから左足の魔術師と呼ばれた。

経歴[編集]

選手[編集]

1962年に名門クラブコリンチャンスに入団。1965年にトップチームの公式戦にデビュー。同年、19歳でブラジル代表に初選出されハンガリー戦に出場した。

1970年メキシコワールドカップでは、左ウイングのレギュラーとして3得点をあげるなど活躍し、優勝に貢献した。ペレトスタンジャイルジーニョジェルソンクロドアウドらを擁したブラジルは、7戦全勝と圧倒的な強さを見せつけ、史上最強のブラジル代表といわれた。

ペレの引退後のブラジル代表ではトップ下の位置で背番号10をつけ、ペレの後継者として活躍した。1974年ワールドカップでも3得点をあげた。この大会では対東ドイツ戦では、相手選手の作った壁の間にはいったジャイルジーニョがリベリーノがボールを蹴る直前にしゃがみ込み、そのわずかなすき間を通過させるという、トリッキーなゴールを決めた[1]

1978年ワールドカップでは大会に入ってからの足の負傷で3試合の出場にとどまった。リベリーノはワールドカップに3度出場、15試合6得点。代表公式戦には通算122試合出場、43得点をあげた。

晩年はサウジアラビアアル・ヒラルでプレーし1982年に引退。

その後[編集]

1994年セカンドステージから清水エスパルスの監督に就任したが,成績不振のためこの年限りで辞任した。 澤登正朗へFKの個人指導をする等、自らの技術をチームに伝える指導に熱心であった。 また、後にブラジル代表選手となるジャウミーニャを入団させた。彼はチーム在籍1年であったが、ドリブルからシュートまで持っていける個人技でチームの攻撃を担った。(その後、彼はパルメイラスを経て、デポルティーボ・ラ・コルーニャで1997年~2004年まで在籍。(2002-2003年のレンタル移籍も含む)ピッチの魔術師と言われ、ヨーロッパの舞台に活躍した。)

1999年ワールドサッカー誌の20世紀の偉大なサッカー選手100人で38位に選出された。

2003年から2004年までコリンチャンスでゼネラルマネージャーを務めた。

エラシコ[編集]

エラシコはリベリーノが得意にしていたフェイントの一種でポルトガル語で輪ゴムの意。 リベリーノのエラシコは左足のアウトサイドをボールに軽く当て相手にその方向へ行くと思わせ、すぐ次の瞬間に同じ足のインステップで切り返し相手を抜き去るという難易度の高い技である。インステップで切り返した時にボールが指ではじいた輪ゴムのように素早く移動することからエラシコと名付けられた。 リベリーノがエラシコの発明者と広くいわれているが、リベリーノは後にコリンチャンスのチームメイトであったセルジオ越後が教えたと語っている。リベリーノが、テストマッチで初めて越後のエラシコを見た時、フルバックのエドアルドがピッチ外に出されそうになるほどのフェイントになった。リベリーノは見たものが信じられず、越後に何をしたか問うと、越後はリベリーノにやり方を教えた。越後はリベリーノに「僕が発明し、君が完璧にした」と言っている。今ではC.ロナウドやイブラヒモビッチが度々使用していることでも有名である。[1][2] 現在の使い手としては同じブラジルのロナウジーニョが有名である。彼によってエラシコの名が有名になった。

代表歴[編集]

出典[編集]

  1. ^ Japan's home away from home” (英語). FIFA.com. 2014年3月21日閲覧。 '"Though the popular belief is that Ronaldinho inherited the trick from the one and only Roberto Rivellino, the fact is that it was patented by Sergio Echigo, a nisei – a child of Japanese immigrants – who played for Corinthians in the 1960s."'
  2. ^ RIVELINO Rivelino: A very special left foot” (英語). FIFA.com. 2012年8月12日閲覧。 '"Rivelino has been attributed with inventing the elástico, although he has always maintained that he learned the dribbling trick from Sergio Echigo, a midfielder of Japanese descent who was a youth-team colleague of his at Corinthians."'