ジルセウ・ジョゼ・ギマランイス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ジルセウ Football pictogram.svg
名前
本名 ジルセウ・ジョゼ・ギマランイス
Dirceu José Guimarães
ラテン文字 Dirceu
基本情報
国籍 ブラジルの旗 ブラジル
生年月日 (1952-06-15) 1952年6月15日
出身地 リオデジャネイロ
没年月日 (1995-09-15) 1995年9月15日(43歳没)
選手情報
在籍チーム 引退
ポジション MF
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1970-1972 ブラジルの旗 コリチーバ 26 (1)
1973-1976 ブラジルの旗 ボタフォゴ 52 (9)
1976 ブラジルの旗 フルミネンセ 22 (2)
1977-1978 ブラジルの旗 ヴァスコ・ダ・ガマ 25 (2)
1978-1979 メキシコの旗 クラブ・アメリカ 30 (10)
1979-1982 スペインの旗 アトレティコ・マドリード 84 (18)
1982-1983 イタリアの旗 ヴェローナ 29 (2)
1983-1984 イタリアの旗 ナポリ 30 (5)
1984-1985 イタリアの旗 アスコリ 27 (5)
1985-1986 イタリアの旗 コモ 25 (2)
1986-1987 イタリアの旗 アヴェッリーノ 23 (6)
1988 ブラジルの旗 ヴァスコ・ダ・ガマ
1988 アメリカ合衆国の旗 マイアミ・シャークス
1989-1991 イタリアの旗 エボリターナ
1991 イタリアの旗 ハーヴィー・ボローニャ (フットサル)
1992 イタリアの旗 ベネヴェント
1992-1993 イタリアの旗 ジャンパオリ・アンコーナ (フットサル)
1993 メキシコの旗 アトレティコ・ユカタン
代表歴
1973-1986 ブラジルの旗 ブラジル [1] 26 (4)
1. 国内リーグ戦に限る。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

ジルセウ(Dirceu)ことジルセウ・ジョゼ・ギマランイス(Dirceu José Guimarães、1952年6月15日 - 1995年9月15日)は、ブラジル出身の元同国代表サッカー選手ディルセウとも表記される。

国内外で成功を収め、FIFAワールドカップに3大会連続で出場した。

経歴[編集]

ブラジル時代[編集]

コリチーバFCでデビューすると、1973年からブラジルの強豪ボタフォゴFRに移籍、52試合に出場した。その後、フルミネンセFCCRヴァスコ・ダ・ガマに1年ずつ在籍し、それぞれ20試合前後の出番を得た。

メキシコ・スペイン時代[編集]

1978年にメキシコのクラブ・アメリカへ移籍した。そこでの活躍が認められ、1979年からはスペインのアトレティコ・マドリードへ移籍した。アトレティコでは3年間で84試合に出場し、18得点を記録するなど、攻撃的なサイドバックとして成功を収めた。

イタリア時代[編集]

1982年からは、イタリアのエラス・ヴェローナFCへ移籍し、以降はSSCナポリアスコリ・カルチョ1898コモ・カルチョUSアヴェッリーノ1912とイタリアのクラブを渡り歩き、結果を残した。

晩年[編集]

晩年には古巣のCRヴァスコ・ダ・ガマや、アメリカのマイアミ・シャークスなどに在籍し、イタリアのフットサルチームなどでもプレーした。1993年、メキシコのアトレティコ・ユカタンで現役を引退した。

1995年、交通事故により43歳で死去。

代表歴[編集]

代表では、キャリアを通じて26試合に出場した。また、1974 FIFAワールドカップ1978 FIFAワールドカップ1982 FIFAワールドカップと、ワールドカップに3大会連続で出場した。78年大会では、イタリアとの3位決定戦で、ディノ・ゾフを破る決勝点を決めた。

タイトル[編集]

出典[編集]