レオヴェジウド・リンス・ダ・ガマ・ジュニオール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ジュニオール Football pictogram.svg
Leovegildo lins da gama júnior.JPG
名前
本名 レオヴェジウド・リンス・ダ・ガマ・ジュニオール
Leovegildo Lins da Gama júnior
ラテン文字 JÚNIOR
基本情報
国籍 ブラジルの旗 ブラジル
生年月日 (1954-06-29) 1954年6月29日(64歳)
出身地 パライバ州ジョアン・ペソア
身長 174cm
体重 85kg
選手情報
ポジション DF / MF
利き足 右足
代表歴
1976-1992 ブラジルの旗 ブラジル 74 (6)
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

ジュニオール (Júnior) ことレオヴェジウド・リンス・ダ・ガマ・ジュニオール(Leovegildo Lins da Gama Júnior、1954年6月29日 - )は、ブラジル出身の元サッカー選手。ポジションはDF (左サイドバック) 、MF

黄金のカルテット」を擁した1982年ワールドカップ・スペイン大会ブラジル代表で左サイドバックとして出場した。サイドバックながら多くの時間を中盤より前のエリアでプレイし、ブラジル代表のサイド攻撃を支えた。1992年、最後にブラジル代表としてプレーしたのは38歳の時であった。

1980年代中盤頃からはMFとしてプレイし、1986年ワールドカップ・メキシコ大会にはMFとして出場した。

2006年には、チッタとともにスカウティング担当として、ジーコ監督率いるワールドカップドイツ大会日本代表スタッフに加わった。

なお、1990年9月17日には東京・青山CAYにてサンバ歌手としてライブを行い、その模様はJúnior Live in Japanとのタイトルで翌年にCD化され発売されている(現在は廃盤)。

所属クラブ[編集]

指導者歴[編集]