パウロ・ロベルト・ファルカン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ファルカン Football pictogram.svg
名前
本名 パウロ・ロベルト・ファルカン
Paulo Roberto Falcão
愛称 L'ottavo re di Roma (第8代ローマ王)
ラテン文字 FALCÃO
基本情報
国籍 ブラジルの旗 ブラジル
生年月日 (1953-10-16) 1953年10月16日(63歳)
出身地 アベラルド・ルスポルトガル語版
身長 183cm
体重 73kg
選手情報
ポジション MF
利き足 右足
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1972-1980 ブラジルの旗 インテルナシオナル 158 (22)
1980-1985 イタリアの旗 ローマ 107 (22)
1985-1986 ブラジルの旗 サンパウロ 10 (0)
代表歴
1976-1986 ブラジルの旗 ブラジル 36 (9)
監督歴
1990-1991 ブラジルの旗 ブラジル
1991-1993 メキシコの旗 クラブ・アメリカ
1993 ブラジルの旗 インテルナシオナル
1994 日本の旗 日本
2011 ブラジルの旗 インテルナシオナル
2012 ブラジルの旗 バイーア
2015-2016 ブラジルの旗 スポルチ
2016 ブラジルの旗 インテルナシオナル
1. 国内リーグ戦に限る。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

パウロ・ロベルト・ファルカンPaulo Roberto Falcão1953年10月16日 - )は、ブラジルサンタカタリーナ州出身で、元同国代表プロサッカー選手、サッカー指導者。元日本代表監督。現役時代のポジションミッドフィールダー

経歴[編集]

選手として[編集]

1970年代後半から1980年代中期のブラジルを代表するボランチ。下がり目の位置から放つ正確なロングパスを駆使して中盤を操り、機を見て前方へ進出しミドルシュートを放つ、またトリッキーなパスを使って攻撃に変化を与えることを得意とした。 そのプレイスタイルは、イタリアのサポーターから「ユニフォームとスパイクの代わりにスーツと革靴を身に着けても、彼は同様のプレイができるだろう」称えられた[要出典]

クラブではインテルナシオナルリオグランデ・ド・スル州選手権に5回、ブラジル全国選手権に3回優勝。1980年にイタリアのASローマに移籍すると1982-83シーズンに41年ぶりのリーグ優勝に貢献。翌1983-84シーズンにはUEFAチャンピオンズカップ準優勝に導いた。ローマのサポーター達はファルカンを「王政ローマ時代の7人のローマ王達に匹敵する」と賞賛し「L'ottavo re di Roma (第8代ローマ王) 」とした。

ブラジル代表では1976年に代表デビューを飾るが、通算記録は36試合9ゴールと少なめである。当初は攻撃的MFとしてプレーしていたため、ジーコの控えであった。しかし1982年ワールドカップでは、ボランチとしてジーコソクラテストニーニョ・セレーゾとともに黄金のカルテットを形成した。特に2次リーグ・イタリア戦の後半23分の2-2の同点に追いつくミドルシュートの場面などは、ゴールに至るパスや他選手との連動性の巧妙さと共にその存在感を示した。

現役時代のファルカンは整形外科医としての顔を持ち、「ドトール (先生・博士) 」と渾名されたソクラテスに劣らぬ理知的なサッカー選手として認知され、卓越した戦術眼を称えて「走る指揮官」の異名が定着した。そのことから、現役引退後は「名監督」になるだろうと期待された[要出典]

1999年ワールドサッカー誌の20世紀の偉大なサッカー選手100人で85位に選出された。

引退後[編集]

1990年にブラジル代表監督に就任し、指導者としてのキャリアを本格的にスタートさせた。カフーマウロ・シルバら若手選手を中心に代表招集を行い、1991年コパ・アメリカに挑み準優勝の成績を残すが、1年で解任された。

その後はメキシコのクラブ・アメリカや、プロとして初めて契約したインテルナシオナルを指揮した。

1994年ハンス・オフトの後任として日本代表監督に就任する。当時のマスコミからはこれを意外な人物として受け止められた。当初、日本サッカー協会 (JFA) は経験豊富で「修羅場をくぐった経験のある人物」(川淵三郎談) を代表監督に、という選考条件でテレ・サンタナらとの間で交渉を進めていたが、スタッフ費用込の年契約10億円という金銭面で折り合いが合わず決裂。元フランス代表監督のミシェル・イダルゴ、元アルゼンチン代表選手であったオズワルド・アルディレスに打診するも拒まれる。その後、当時のJFA関係者であったセルジオ越後を通じてファルカンと交渉に至り、その結果の人選であった。

ファルカンは数年後を睨み、オランダ2部SBVエクセルシオールから帰国した小倉隆史前園真聖ら多くの若手選手を代表に抜擢するも、前任の代表監督であるハンス・オフトの細かい戦術的指揮から、ほぼ選手の自主性に任せたファルカンの指導法に選手らが戸惑い、「オフトと違う」と監督としてのファルカンを疑問視する声が出始める。

そして、就任直後のキリン杯においてフランス代表に惨敗、広島で行われたアジア大会準々決勝で韓国代表に敗れると、これらの責任を問われ解任された。敗戦後に会場を去るとき、サポーターの一人に「ブラジルに帰れ。二度と来るな」と叫びながら空き缶を投げられるも、「日本にも一人だけ本物のサポーターがいたな」と話した[1]

その後は1996年から2010年まで、ブラジルのテレビ局「ヘジ・グローボ」で、14年間に渡って解説者として活躍した。また「ラジオ・ガウーショ」でサッカー選手のインタビュー番組を毎週行っていた。

2011年に古巣のインテルナシオナルの監督として久しぶりに監督復帰を果たした。2012年ECバイーアの監督を務めた [2]

2015年9月20日スポルチ・レシフェの監督に就任した[3]

代表歴[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 久保武司『ドーハ組VS南ア組 時空を超えたサッカー日本代表論』産経新聞出版 2010年 p81
  2. ^ Falcão confirmed as new Bahia coach”. Sambafoot (2012年2月7日). 2016年3月5日閲覧。
  3. ^ Sport anuncia a chegada de Falcão, que assina até o final de 2016”. GloboEsporte.com (2015年9月20日). 2016年3月5日閲覧。

外部リンク[編集]