ホージェル・マシャド・マルケス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ホージェル
2017年のホージェル
名前
本名 ホージェル・マシャド・マルケス
Roger Machado Marques
ラテン文字 Roger
基本情報
国籍 ブラジルの旗 ブラジル
生年月日 (1975-04-25) 1975年4月25日(48歳)
出身地 ポルト・アレグレ
身長 176cm
体重 75kg
選手情報
ポジション DF (LSB, CB)
利き足 左足
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1994-2003 ブラジルの旗 グレミオ 404 (4)
2004-2005 日本の旗 ヴィッセル神戸 46 (4)
2006-2008 ブラジルの旗 フルミネンセ 123 (10)
代表歴
2001 ブラジルの旗 ブラジル 1 (0)
監督歴
2014 ブラジルの旗 ジュベントゥージ
2015 ブラジルの旗 ノヴォ・アンブルゴ
2015-2016 ブラジルの旗 グレミオ
2017 ブラジルの旗 アトレチコ・ミネイロ
2018 ブラジルの旗 パルメイラス
2019-2020 ブラジルの旗 バイーア
2021- ブラジルの旗 フルミネンセ
1. 国内リーグ戦に限る。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

ホージェル・マシャド・マルケス(Roger Machado Marques、1975年4月25日 - )は、ブラジルリオ・グランデ・ド・スル州ポルト・アレグレ出身のサッカー指導者、元プロサッカー選手

来歴[編集]

ユース時代からグレミオに所属し、1995年にはリベルタドーレス杯を制し、同年に東京で開催されたインターコンチネンタルカップにも出場したが、アヤックスに延長PKで敗れた。1996年に神戸で開催されたレコパ・スダメリカーナではインデペンディエンテを4-1と下し優勝した。約10年に渡って同クラブで活躍した[1]ルイス・フェリペ・スコラーリ監督時代の2001年にはブラジル代表に選出されて1キャップをマークしている。

2004年から1シーズン半、Jリーグヴィッセル神戸に所属。グレミオからヴィッセルへの移籍を決めた理由について、海外のクラブでプレーしてみたいと考えていたこと、1996年のレコパ・スダメリカーナで訪れた神戸をもう一度訪れてみたかったことを理由に挙げた[1]。2004年5月22日のガンバ大阪戦でJリーグ初ゴールを決めた[2]。神戸ではチーム事情のため本来のポジションではない、左ウイングの位置でプレーしていたこともあった[1]

2006年に帰国し、フルミネンセでプレー、2008年にはリベルタドーレス杯で決勝に進出したがLDUキトに敗戦して2度目の優勝は出来なかった。

引退後には監督に転身、アトレチコ・ミネイロを率いて州選手権優勝も果たした、Jリーグのチームを指揮してみたいと話している[1]

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度クラブ背番号リーグ リーグ戦 リーグ杯オープン杯 期間通算
出場得点 出場得点出場得点 出場得点
ブラジル リーグ戦 ブラジル杯オープン杯 期間通算
1994 グレミオ セリエA 21 0
1995 16 1
1996 24 0
1997 5 0
1998 24 2
1999 15 0
2000 3 0
2001 18 0
2002 23 0
2003 39 1
日本 リーグ戦 リーグ杯天皇杯 期間通算
2004 神戸 6 J1 28 3 6 1 1 0 35 4
2005 18 1 5 0 0 0 23 1
ブラジル リーグ戦 ブラジル杯オープン杯 期間通算
2006 フルミネンセ セリエA 29 3
2007 26 0
2008 18 0
通算 ブラジル セリエA 261 7
日本 J1 46 4 11 1 1 0 58 5
総通算 307 11

代表歴[編集]


ブラジル代表国際Aマッチ
出場得点
2001 1 0
通算 1 0

脚注[編集]

  1. ^ a b c d 元ヴィッセル神戸のDFホージェル、日本への思いや監督哲学を語る”. Footballista (2023年7月31日). 2023年9月23日閲覧。
  2. ^ “ホージェル”. data.j-league. https://data.j-league.or.jp/SFIX04/?player_id=7752 2020年4月17日閲覧。 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]